どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

嘘を愛する女

長澤まさみと高橋一生が共演し、恋人の大きな嘘に翻弄されるキャリアウーマンの運命を描いたラブサスペンス。オリジナルの優れた映画企画を募集する「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」の第1回でグランプリを受賞した企画を映画化した。食品メーカーに勤める川原由加利は、研究医である優しい恋人・小出桔平と同棲5年目を迎え、公私ともに充実した日々を送っていた。そんなある日、自宅で桔平の帰りを待つ由加利のもとに、警察が訪ねてくる。桔平がくも膜下出血で意識を失っているところを発見されたのだが、桔平の所持していた運転免許証や医師免許証はすべて偽造されたもので、職業も名前も全てが嘘であると判明したのだ。ショックを受けた由加利は桔平の正体を突き止めるべく、私立探偵の海原匠と彼の助手キムに調査を依頼。やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ未完成の小説が見つかる。その内容をもとに、いまだ病院で眠り続ける桔平の秘密を探るため瀬戸内海へと向かう由加利だったが……。「ゆうちょ銀行」など数々の人気CMを手がけた中江和仁が長編映画初メガホンをとった。
※映画『嘘を愛する女』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
けっこうせつない映画でしたね。5年間同棲していた高橋一生演じる桔平がある日突然、くも膜下出血で意識不明となり、職業だけでなく名前までもが嘘だったと知った長澤まさみ演じる由加利が彼の秘密に迫っていくというストーリー。少し前まで「天国と地獄」のドラマを観てたのもあるけど、高橋一生さんの怪演というか独特のアンニュイな空気感の演技がいいよね。長澤まさみさんも当たり前だけど「コンフィデンスマンJP」のダー子とは全然違う(笑)やっぱりいろんな映画やドラマを観てると、それぞれの作品でがらっとスイッチを変えられる俳優さんってほんとすごいなと思う。毎回同じキャラの俳優もいるけどね。ただちょっとストーリー的には中盤間延びした感じ。辛口だけど元AKBの川栄さんって必要かなあって感じた。でもなにげにDAIGOっていい演技してるね。バラエティーでしか見たことなかったけど抑え目な感じでこれからも俳優として活躍しそう。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画 1

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】1.あなたは誰?映画『嘘を愛する女』長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説今回は嘘を愛する女のレビューをしてみたいという風に思いますこの作品主演は長澤まさみになります彼女長澤まさみさんが演じる主人公は河原ゆかりという名前の女性なんですけども彼女は食品メーカーで開発の責任者を務めるバリバリのキャリアウーマンです彼女は奇しくも東日本大震災が起きた2011年の3月の11日の日に通勤途上の電車のホームで気分が悪くなってしゃがみこんでしまいますそこに通りかかった男性これ高橋一生さんが演じます小出切ってこの小出きっぺいが偶然通りかかってますねまあその時は全然初対面なんですけども主人公のゆかりさんを解放しますそんなことがきっかけになって二人は恋愛関係になり同棲生活を始めます二人の交際は順調に続いて5年の月日が流れたある日なんと桔平さんねえさんの方がくも膜下出血で倒れ意識不明の重体となってしまいますなんとその知らせをゆかりさん主人公のね女性に伝えたのは二人の刑事でしたなぜ刑事がその知らせを彼女のもとに伝えに来たのかこのきっぺいがね承知していた運転免許証がですねまったくの嘘だと住所だけが実際のマンションの住所になっているけども名前も記載内容も全てデタラメだということが発覚します5年間同棲生活を送った桔平は一体何者だったのだろうかショックに打ちひしがれた主人公の縁は同僚の叔父に当たる探偵灰原の方にですね彼の素性を探る仕事を依頼をその中で彼がねこっそりとコインロッカーに隠し持っていたノート PC があることがわかりますなんとそこのそのノート PC の中には原稿用紙700ページに至るですね長い執筆途中のですね長編小説がありましたその内容はどうも彼の素性を確認するにあたって大きな手がかりになりそうだというような感じがしましてその小説の内容に基づいて捜索を続けていきます結果的にですね主人公の縁とそして探偵の柏原は瀬戸内のある場所にですね出かけて手がかりを探すことになりますだというお話でございます予告編をみると非常に助かるな映画という印象を受けますけれどもまあ私と見た感じではねあんまりサスペンスとかスリラーのヒリヒリするような様子はないのでそういったジャンルが苦手な方も安心して見に行くことができる映画かなという風に思いますがどんな映画かって言うと結構ね今日はなラブストーリーでありヒューマンドラマという風になりましたのミステリーの様子は強くありますからミステリーピュアなラブストーリーそしてヒューマンドラマでこの三つの要素が絡まった物語かなという風に思いましたあの非常にね切ない映画ですよはい特にあの高橋一生が演じる音切って桔平のこの彼の素性が分からないわけなんですけども本当にクライマックスになるまで彼らは一体何を 生きてきたのかってことに想像を巡らせるは巡らせるほどですねなんかぼんやりとした切なさが襲ってくるようなそんな物語ですね高橋一生のねかもね存在感演技が本当にねあの素晴らしいですあのなんかな長澤まさみ演じる主人公の縁とも出会った瞬間からですね何ともねあのわけわからないんですけども家スロでななんとも虚ろげだねキャラクターが滲み出てるんですよね彼がエンジェルスのキャラクター体の中からですねそういったそのなんか撃ちそうな感じがですね不思議と滲み出てくるところがですねえもいわれるの感覚を掴みどころのないようなね切なさみたいなものを醸していて非常になりジョーカーのあふれる作品になっていました終わり方もねまああのまだ公開が始まったばっかりなのでネタバレは一切いりませんけれども割と私好みの終わり方ですねあの非常にすっきりとした気分で映画館を愛でることができましたねラブストーリーとしても見てもいいしねそれ結構泣けるこの絵が私の好みは泣ける映画なんですけど住みはねかなりあの泣ける映画でもあります何時なら失恋も含めて何がしかの人間関係的なのや喪失感を味わった人を特にねアラサー女性って年代を限定することがわかんないんですけども女性の方なんかもねあの何ちゅう底の高橋一生に嫌悪感を抱かなければ負けるかを抱くような気が気じゃないからママさくも高橋さんの横に鍵を快諾しないと思うんだけれどもあの違和感を感じなければね非常に胸にかかるしねあの涙が出てくるような仕上がりの映画になってるかという風に思いました人で脇を固めるところので演技も素晴らしかったですよあの探偵の柏原を演じる吉田鋼太郎さんの演技もね素晴らしかったしもちろん主演の長澤まさみさんはもう私はまあみたいなもんだって素晴らしいに決まっていう感じなんですけども意外と良かったね DAIGO DAIGO さん良かったですねしろに抑え目の演技でいつもバラエティテレビのバラエティに出てるキャラと全く違うキャラでしたけどもその違ったキャラを音を巧みな演技で素晴らしく演じきっていたけども何か一方でねしっかりとあの DAIGO らしさも出ていて彼のキャリアを築く上では非常に成功した作品なんじゃないかなという風に思いましたねちょっとねあの AKB 後川井さんファンの方には申し訳ないですけど考えさんの円卓はでキャラクターとして別になくてもこの映画のクオリティは変わらなかったんじゃないのかなまあ別に足を引っ張ってるわけじゃないのでいいんですけどママあのやっても良かったんじゃないのかなと正直思いましたことで全体的には非常に素晴らしい映画で私も泣いてしまったんですけど特にクライマックスのところなんかはただね贅沢を言えばちょっとね中だるみがあったかなちょっとあの銭湯の家にあの二人が探偵の音柏原と主人公の縁が出かけて行った後の下りなんですけどもねあの創作活動してる時のくだりなんすけどなんかね妙にほのぼのとした BGM が流れたりとかしてですねちょっと中だるみをした違和感はありました少しだけですけどもねあそこなんか変にあのなんかほっこりとしたね音楽を入れずになんか無音にしても良かったんじゃないのかなと思ってあの辺のところだけサスペンスフルにしたほうが映画全体が引き締まってあのクライマックスのあの泣けるシーンもねより際立ったんじゃないのかなって今ちょっと素人ながらあの生意気にちょっと言わしてもらっちゃってますけどもそう感じた部分もありましたこの作品は全体的にねあの総括して言うとま高橋一生さん演じるきっぺいにねどれだけこう何て言うんだろうな親しみを持ってるか観客が男性か女性かによって感情移入できるかどうかとなるけれども少なくともねこの桔平というキャラクターになんかこう親しみを持てるかどうかっていうところがねこの映画を楽しめるかどうかっていうところのキーポイントになってくるのかなという風に思いました実はねちょっと私の長男にね 高橋一生少しだけ似てるんでね私はそのぶんをねちょっと感情移入するきっかけとなって猫の餌が非常に仲の良かったです以上に素敵なカードで言葉そんな話でででもなんでもねえじゃんって感じなんですけどもはいそういう風に思いました大特典の方は100点満点中78点ですはいあのオススメの一本です
おすすめの記事