おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

いま、会いにゆきます

これ観たの何度目かなあ。2004年の作品だけどいま色あせない名作だよねぇ。いまは亡き竹内結子さんの透明感が半端ない。これは好きになっちゃうよね、獅童君も。お医者さん役の小日向さん(今見ると若い、、、)の台詞もいいよね、深みがあって、。(原作にはいないらしいけど)エンディングのオレンジレンジの「花」もぴったり。これからも定期的に見たい映画です。
※映画『いま、会いにゆきます』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】いま、会いにゆきますですでも随分今になっている作品だと思うんですけどもま竹内結子さんが主演をされて今大ヒットした映画僕映画ちょっと見たことがないんでただ竹内結子さんのそのなんですかねイメージっていうのはものすごくあってま竹内ゆうこさんってこの共有された中村獅童さんと結婚されてっていう形があったのでまあこんな感じなのかなっていう形で読んだ作品ですねでこの小説に関しても最後で終わりとだいどんでんというか種明かしみたいのが出てきてそれがその妻の手紙っていう形のところでまストーリーの中の一番肝っていうか元々はその男性なぜ旦那さんが松馬の消えていく時期っていうのは把握していてデスも限られた時間の中で自分が生まれ変わった何も説明せずにある夫婦に子供がいてその夫婦の奥さんがまあ若くして亡くなってしまうてそれでま子どもと息子息子一人っ子父親一人の生活送ってた時にある日突然その妻が生まれ変わると言うか現れるんですねそこでただその妻記憶喪失でその妻に対して自分たちの妻でありこのこの子やなんだよっていうところからまた奇妙な生活が始まってくってストーリーになるんですけれどもその妻がなんで現れたかっていうの男性は走っていててそれは妻が死ぬ前に雨が降る雨が降る松井のことなんですけどその頃にあなた達が心配だからもう一度戻ってくるわっていうことを最後にそれでなくなっていくただその時に自分たちがいられるのはその自分がその戻ってくるのは明日の雨の時期が終わる頃にはも離れてしまうっていうのを言っていたのでそれで旦那さんはその現れたっていう現実を受け入れながらも雨が上がっていく言われ梅雨明けの時に松島が消えていくっていうのをマウス感じていてでその限られた8つまたいなくなるまでの限られた時間を自分がまあ過ごしていくかっていうのの限られた時間をどういう風に使っていくかっていうところのはストーリー展開で日々の生活であったりとかそこでのもう一度その生まれ変わった妻と記憶喪失の妻と行為を恋をしていくっていうまた一度あの妻とした恋をもう一度記憶喪失のそこに初めて出てきた少女ともう一度恋をしていくっていう Love Story になるんですけども限られた時間の中で少しずつそのなんですかね以前の自分とかつては生きていた時の妻がどういうラブストーリーを現実だかっていうのをその新しく生まれ変わった妻に説明していく中でどんどんどんどんま絆が生まれてきそこでまぁ恋が芽生えというその Love Story ただそれは限られた時間で終了してしまうものだって言うところのバス通りでずっと続いていくわけですけれども最後のその妻の痙攣妻がアイツの手紙を残しておいてくれてでそれを見た時に全くその実は違う話が存在したっていうところが孫の一番最後には急激なんですが展開が変わってくるところがあのなのでまあ普通にすごくのラブストーリーなど読みやすいんですけども最後に急展開があってそこで感動っていうような作品になってるんですけどもまあそのなんですかねまぁ最近読んでるその壮絶な共通のものだと思うんでそこに限られてそしてその結果が分かっている例えば旦那さんにすればその今生まれ変わった妻っていうのは本当にどういう形かわからないけれどもまた消えて僕らのもとを去ってしまうということの結論が分かっている中であのその中でどういう限られた中でどういう風な人生送ってっていう所っていうのをマジと角そうなんですかね例えばそれがしっていう形でも分かっている結末があってただそれまでに自分の人生をどういう風に送って行くかっていうそこのまあ最近俺の中のテーマにまわしと2 ですけどもやっぱりあのそこ認識してるとすごく光輝きるんだなっていうものなんですよねだからすごく美しいしただこれはもう本当に端の部分須磨のその最後の手紙のとこは一番も言われ衝撃的な話でまあおおまかなストーリーで言うとざっくりと言えば彼女もその理由は自分の運命を知っていながら自分の運命を自分で決めていくっていうストーリーなんですね自分がこういう風になるって言うのを結果が分かっていながらその中で自分がどういうものを選択するかっていうでそれは必ずしも幸せだけではなくて辛い事っていうのもあるにも関わらずちゃんと自分で後悔のないその人生を選ぶっていうその人生を選ぶっていう感覚がなんていうかね頭ん中で結構なんでもなんでも考えながらもやはり自分もそういう選んでクソもただその過ごしていくではなくて選んでいく人生をちょっと送って行かないといけないなっていうのなんかすごく痛感させられてあともう一つはこのこの女性が本当になんか聖母マリアみたいな感じなんですね本当にも理想的な女性だったりとかするんで小説の中でなんかこの女性をその身をさんっていうのは主人公なんですけどその女性に今多分読んでる読者の方も恋をして行くみたいな形の通りになるのかなっていう所は本当に理想的な女性ではあるのでなんていうかねまあ僕はだったのでそういった面からしてもすごく面白い小説だったのかなっていうもしこれは女性よりも男性が見た方がやっぱりすごく何ですかね面白いのかなもともとその後真の方の目線でその辺が枯れてる形なんですけど本当に相手の女性がすごく美しいような形で書かれてるのなのでまぁ恋愛の小説なので女性が選んでる形だと思うんですけどもまた生が読むと何ですかイメージしやすかったりとかそういうところが出てくるのかなっていう頭なんかねなんか出てきたところがあったのでそういう映像化されてるされるための小説でありま竹内結子さんというのがちょっとこの後にそのまま妊娠されてっていう形だったのですごくなんかリンクしてて彼女ですかね市田上のステージにあげような作品になったのかなっていう感じがしますね全然見てないんで分かんないですけどすごくなんか神格化されるようなその後に彼女と一体に対するな形だったのでよりなんかその竹内結子さんからしてもなんか神格化されるような作品になってるのかなっていう感じはしますがちょっと映画も見てみたいかなっていう感じはしました後にこだわったその表現ちょっとあったのでなんかその辺がその辺だけちょっと本当に綺麗にすごい面白かったんですけど何度も何度も頭の中でそのみおさんの心境っていうのを何度も何度も頭の中でどういう心境でこういう行動をとったのかなっていうのを自分の中で置き換えてみて自分だったらどうするのかなっていうのを結構問題提起されるようなところもあったのでその辺は本当に読むに値する作品なのかなっていう感じを思いました今日の読書感想文なります
おすすめの記事
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
どもども、さむたろうです^^ おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめていま...