おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

マチネの終わりに

最初けっこう退屈な映画かなあと思ったけど、ストーリーが進んでいくうちにだんだん面白くなってきた。マネージャーの女性(桜井ユキ)の演技がいいよね。なんかすすんでいくうちにだんだん魅力的になっていく。
音楽も素敵で映像もきれいだし観てよかった。(パスしようかなと思っていた、、、)伊勢谷友介もなにげにいい味出してるよね。
※映画『マチネの終わりに』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】人は変えられるのは未来だけだと思い込んでたけど実際は未来は常に過去を変えてるんですごきげんようベルで今日も本を読む文学 YouTuber で印刷読みましたので社長をしていきます今回紹介するのはこちら平野啓一郎とマチネの終わりに累計50万円部突破のベストセラー大人の恋愛小説です11月1日より映画も公開されていませんまたアメトークの読書芸人の回では又吉直樹さんそしてオードリーの若林さんが大絶賛した作品です本作は高尚な文学に触れない忘れられない人がいるメロドラマが好き大人の男女にオススメですので当てはまるという方は最後までご覧頂けると嬉しいですところで皆さんマチネの意味をご存知ですか本日の墓標カードポチッと押してみてください私は本作を読んで初めて知ったのですがフランス語で明日午前の意味ですね劇場の昼公演を指すそうですなんでそれがタイトルに使われているのか後ほど分かりますその平野啓一郎さんは日食でデビューをしたい名称で芥川賞を受賞しています私は以前にある男を読み処女動画も出していますまたワイルドのハロメンの新訳なども行なっており文学的な表現が特徴で兄として幅広い世代に支持を得ている実力派ですこれまでたった3度しか会ったことがなくしかも人生で最も深く愛した人主人公は二人ます一人目は天才クラシックギタリスト牧野聡超絶技巧曲の解釈どれをとっても完璧性格だと言うと社交的だよ人に富んだ会話が超映画では福山雅治さんが役を務めますがそのものですねそんな彼が38歳の時に出会ったのが国際ジャーナリスト小峰洋子40歳こちらは石田ゆり子さんが演じていますパリを拠点にバリバリバリバリ働く彼女には何と翻訳者がいるんですねそれでも一言会話を交わせば二人の感覚がピッタリ合わさって着替えて行く遠距離三角関係だけでも恋の障壁としては十分なのにまきのにはスランプの足音が忍び寄りようこは医薬滞在の危険な経験が多いきます人の恋路を邪魔する奴も出てきてすれ違いがも二人の運命はいかにアラフォーの味のある深い恋愛小説特徴乾燥を三つにまとめてみました高尚な表現シンプルな通り大人の恋愛中に飲めて行きます一つ目は高尚な表現皆さん例えばですがこの人の才能凄いなって思った時にと表現しますか大体この人臭い通っていう感じだと思うんですよねでもこの世界では違いますようこは天才ギタリスト牧野のことを神様が戯れにおって投げた紙飛行機みたいな才能という印象を抱きました押される文学的ですよね本作はとにかく交渉で芸術的な表現がたくさん出てきます一つの出来事を説明するにしてもダンテの神曲を引用してみたり会話をするにつけてもんそのワンシーンで例えてみたりこれは全部で9色を青なんですけれども第3章のタイトルはベニスに死す症候群アカデミックにあふれ出ますそうで読めない漢字もあれマスター渡せばこういう雰囲気にもうみんな頭いいのはわかったからお腹いっぱい感じてしまう部分があって前半はなかなかページが進みませんでしたでも一方でこれだけの教養を求めているのなら40に差し掛かったところで牧野もようこもはまって運命を感じるっていうのも必然だと思いますよねもちろん本文の中で難しいところ説明がなされていますので後半になってだんだんと味がわかりました文学だけではなく シュートを中心とした政治や歴史にも踏み込めますし運命論ってどうなんだろう孤独ってなんだろうと哲学的にも考えましたね私も幸福について述べているところが好きですね幸福とは日々経験されるこの世界の表面にそれについて語るべき相手の顔がくっきりと示されることだったわこんな感じで私みたいに詳しくは分からないけれども心に響いたところを不正していて読み返すっていうのでもいいと思いませんそれぐらいしみじみと感じられる場所が大石一冊の価値が重い平野さんにしか投げないスケールの物語だと思います目はシンプルな通り一つ目の特徴を聞いて難しいなら読むのはようなって思った人がいると思うんですよねでも安心して下さいこのストーリー自体はめっちゃくちゃシンプルです色々な障害に阻まれながらも二人のプラトニックな恋愛の行方を見届けていくっていう物語なので大胆に言ってしまえばメロドラマ一時期流行った韓流ドラマのような感じと読むの休憩しても流れは忘れにくいしたら難しい声を読んでしまっても話は飛ばないから自分のペースに合わせて読むことができると思います私自身もゆっくり噛み締めながら読めましたして読むのが似合ってる作品だと思うんですよね交渉と言いましたけれども行動を見ると人間味があって共感もできます秋にぴったりなしっとりと読みたい一冊ですね2つ目は大人の恋愛彼らの愛は暖流とエレガントが混じって渋みが滲み出るような印象を持ちました気になるのは40という年齢ですもう衝動的には走れない見えない壁のようなものを感じるんですよなるほど恋の行動は人も謙虚に勝てることだった年齢とともに人が恋愛から遠ざかってしまうのは愛したいという情熱の枯渇より愛されるために自分に何が欠けているのかという10代の頃ならば誰もが知っているあのつんだ自意識の斑紋を鈍化させてしまうからであるそれでも愛の喜びを見つける二人なのですがやはり一人で過ごしてきた期間が長いからなのかどこまで相手に踏み込んでいいのか探るような部分が見受けられましたセンシティブな問題については触れずに気遣う場面や開いているからこそ身を引くという考え方これはある種大人の不器用さを感じられますよね個人的には前半の愛に目覚める当たりそして人間関係のコースが大人の若きウェルテルの悩みという印象を持ちましたして映画のララランドのような印象も受けましたからここら辺好きな人は楽しい暑いかなと思いますまた主人公はアラフォーなんですけども従来の設定は2003年から2008年あたりということで献杯アラフィフの方も楽しめると思います冒頭に引用した過去は変えられるのかというテーマに対して皆さんはどう思いますか一般的にはタイムマシンでもない限り過去なんて変えられるわけないだろうって思いますよねでも例えばこの書評が1年ぶり100万再生としますそしたら一年前のあの時頑張って作ってた時のことを思い出したらポジティブな気持ちになると思うんですね自分が今畑に行って頑張って作ったから100万サイズになったんだなーって星の思い出でも100万再生行った翌日に運営からその動画が消されたとしますこの時点で1年前の頑張ってたとき思い出してみましょう自分何やってたんだろうってたれぞう動画作ってさ100万歳背中有頂天になっててさちゃんと構ってあんな感じで思い出になる可能性高いですよねこうして一つの角が感じ方を変えてしまうこれが未来の出来事が過去を変えるって本の中で行ってるんですこの という考え方が本作の一番のテーマとして敷かれておりまきの土曜午後希望にそして絶望に導いていくんですね最後の結果は一体どうなってしまうのかラストシーンは牧野のコンサートの昼公演後つまりマチネの終わりにすべてが詰まっています平野啓一郎マチネの終わりに参考までに動画概要欄に詳細リンクを貼っておきますそしてなんとこのマチネの終わりには漫画版も出ているんでしょ電子書籍のイーブックジャパンアプリ限定で配信されています連載版というのも出ておりましてこちらはなんと無料で少しずつ読めるということなのでちょっと実際に見ていきたいと思いますイーブックジャパンアプリを登録しますと赤色の本型のアイコンが出てきますのでそれをタップして全体無料でタブがあるのでこちらをカップとおありましたマチネの終わりに11月映画公開の話題作これを見てみましょう今だと大八幡まで連載されていますねこのように連載板であれば無料でストーリーを追っていくことができます毎週金曜日の配信です私はママも全て読みましてこちらも面白かったですねまずは贅沢な全面カラーそして難解な部分が省かれていますので展開が多いやつ門です通りの良いとこ取りをしてる感じいきなり原作はきついかなって漫画で入るのはお勧めです例えばさっきの過去は変えられるのかの例え話で庭石っていうのが出てくるんでしょこれ私呼んでるだけだといまいちイメージがつかなかったでも漫画で出てきた時にどうやって視覚的にクリアになりました原作ファンにとってはどうなのかって言いますとストーリーの改変はありませんでしただから違和感を覚えないと思いますしこんなお話だったって思い出しやすい思いますこちらの詳細も合わせてリンクを貼っておきますのでぜひダウンロードしてチェックしてみてくださいちょっとここで回しを渡し先日友達と一緒に上野方面まで遊びに行きまして帰り道にアメ横持って行こうってなったんでしょそしたら友達がここまで来るとの上によりも多くの方が近くに来たら行こうよ聞いてるよ暑いねはい来ましたありがとうございますこの動画が面白いなになったなと思ってくださった方でよろしくお願いします行っておりますので登録して頂けると嬉しいですご感想などをコメントしてください
おすすめの記事