おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

凶悪

オープニングからかなりショッキングなシーンで、これもまた怖い映画だけどなんだかんだで最後まで観てしまった。。。監督が白石和彌で俳優陣が山田孝之, ピエール瀧, リリー・フランキーといえば、深くはいりこまされるのはわかってたけど、ここまで凶悪だとちょっとひいちゃうよね。ピエール瀧も怖いし、先生演じるリリーフランキーもはまり役(笑いながら人殺すような)だし、いわずもがな山田孝之もうまい。あとなにげに妻役の池脇千鶴ちゃんもぐっとくる演技してました。なんにしても後味悪い映画だったけどやっぱすごいよね。怖い夢にでてきそう。でもさすがにもう観ないかな。。。
※映画『凶悪』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】今夜ぶっこむ映画は先週ぶっこみマシーンを回してぶっこまれたこの映画凶悪笑い事じゃないんですよ実際にあった事件のベースですからねベストセラーとなったノンフィクション小説今日は9月囚の告発を検索にある死刑囚の告白を受けたらなる凶悪事件の真相を追うジャーナリストの姿を描く主人公のじゃないとエンジェルの山田孝之ピエール瀧先生と呼ばれる冷血の男リリーフランキーが変身監督悪パラダイスイントーキョーのございますということでムービーウォッチメンを食べビールやからねリスナーの皆さんから彼女ですねもうこの辺はぶっこんできたぞーって方からのメールのぶっこみ頂いておりますありがとう申し訳メールの量自体は普通だそうですね感想は7割ほど後味最悪これ多分貶してるんじゃないですねリリーフランキーとの意見が多かった意見としてはキャラ設定が中途半端に入ったよね皆さんのことがはまった部分じゃないんですかねえちょっとだとこぶっこましてもらいますよしか来ないと勝手ですが亡くなる弔電御岳山143まずは口を見たことにより自分の中での今年の流行語はあまちゃんのじぇじぇじぇでもなく半沢直樹の倍返しでもなくて機種でピエール瀧さん演じる須藤が何度も口にしているぶっこむに決まりましたそれくらいこの台詞は印象に残りましたがこの映画ピエール瀧さんの演技というかかお力が素晴らしかったと思います拘置所面会所ですが主人公の富士見激昂するシーンがありますが面会所のガラス越しにもたついがビンビンに伝わってきて鳥肌もんでしたこれね誰もが印象に残るは女じゃないとかね作品の内容はどんとどす黒いものが腹にた。私好みの内容でした110でなんとかあるぶっこむシーンではノート先生先生こと木村は迷っていこうね実行犯とちょっと操ってるかはあるかね木村は全くと言っていいほど罪悪感を感じておらず文字通り凶悪な存在として描かれています藤井は主人公の記者さんですよろしく藤井は正義感をむき出して事件を闇に埋もれさせまいと奔走するわけですがこれが物語が進行するにつれふじ若とほぼ投げ出して仕事に没頭するようになるよう祈って話の流れでございます私たちは同じタイプの夜冷たい熱帯魚同じ3日よりはっきりとメッセージを受け取ることができたようにも思いますもしも冷たい熱帯魚好きな映画でした他にも焼却炉の真価のクリスマスパーティーのローストチキンのつなぎありましたね意地悪つなぎねもはや笑うしかないような文字通りの凶悪な奴も多くとても楽しめましたって胸だけ参加のぶっこみでございましたねもうちょっと寝ててあげましょう川上さん監督演出脚本が酷すぎます何をどうしたらこういう作品が出来上がるのですが8時の時は保険金搾取と裏切りのけじめですが画面では弱すぎて全く伝わってきません結果両者だけは過激な不快な映像の出来上がりです犯人像は狡猾な男凶暴な男それだけの記号記号全部ぼやけてきますねということなんですかねはいはいはい8名参加とぶっこみ私もね僕もして頂きましたもうぶっこみの使い方よくわかってますが入ってましょうあそうですね今日は来ねあの話ずいぶん前からにまずサンプル DVD をちょっとお借りしておりましてますで拝見していたのとも新宿ピカデリーにとりましたあの作品がですね 冷たいよねの中でもいました同じく一括の実録犯罪も傑作ですね本当にも言いましたけどこういうエクストリームな表現とかこういうエンターテイメントに対する校授業は2分にちゃんと言ってか日本も増えているって事があるんじゃないかとですねゆっくりも薬もならないような作品に日本の観客もさすがに入ってるって事じゃねーのかなと金でなくでみんな大好き山田孝之さんのただでさえおっかない顔の向こうに持っとかないピエール瀧さんとリリーフランキーさんが悪そうな顔でニヤついているそして実はベースっぽくってタイトル今日は殺した見ただけでもうねアンテナこれ間違いなく面白いでしょそれは別にミニシアター系の映画版じゃなくてもこれは普通じゃない者が見れんだろうっていうのがやっぱりもちゃんとアンテナ菊陽なってるよとま**の番組をお招きしてお話しました日本にとってどうなんだって話しまったけどそん中でも話題でもちょっと出ましたけど今やこういうだから全然バイオレンスようなものが非常に困ってですねなかなか返せなくなっている中ですね犯罪ものであればそれじゃないようで起工業で成功しているのであればそれがまあすっかりなまってしまった日本のエンターテイメント業界の突破口となりうる可能性になるんじゃないかという話まさにこの天気じゃない今日はそこそこ入ってるって言うのは小さいもの特集でもあるね例えば GTA 5みたいな ZAQ に戦えない病気ですよ300円とかだけど使っていることなんていうか世界中の GTA 5やってるようなやつだね日本の今までの中で本物それは米じゃんって言うようなもんだけなんだろうみたいに考えた時に例えばこれパチスロ化犯罪ものみたいの一つの突破口た理由なんとか今日は降るとかあるや漫画闇金ウシジマくんとかそういうものが突破口になるんじゃないかもですねなので皆さん今すぐ劇場にぶっこんでいただこうと思っていますでも打ってますよねまた元の愛犬家殺人事件の音ボディは透明だよテニスの死体がなかったらばれないんだっては透明だってあれあれ的な様子にさなんでも明らかに行って髪を触れるとしてねこれ打っての作り手が明らかに混んでるわけですよ連覇してぶっこんできたけどそこにとってみてもこの兄弟に対してすごく的確なアプローチを測ってるなーっていう感じがしますねはいもとの事件いわゆる上申書殺人事件って言われるね僕はあまり良くなかったですけどね今回この機会には元々の和室の習慣40身長45で報じられて出ますの警察のためて動かすまでってもらってその経緯はまだと新潮文庫から出てる村で読めますよはい僕も読んでこれ負けない形になりますかっていう形になります勝手こと繰り返してそれだけで時間が余っちゃうんでもそういうのはもう飛ばしてそんなことは百も承知で入ってませんしない形になりますがまあ面白かったかもね取材の話もですねこのお話の面白さっていうと語弊があるかもしんないけどその強さの部分はねまあ愛犬家殺人事件の責任って先が分からないほど黒かもしてないし彼ほどそのなんとか仕事じゃないしまあ彼みたいな異常なんだったしました死体にこういうことをしましたこれことしましたみたいなそこまで異常なとこまで行ってないにしてもこの方やっぱに入ってて同一線上にあるとか持っててこれあの冷たい熱帯魚の時に言ったことも通じますけど令和本当にものようにしかないってことですよねつまりセクションによく出てくるようなカリスマを背負ったサイコキラーハンニバルとかと思う全然違うわけですよじゃなくてなことは一切書いたあるなら別にしたりとか アンナハーレントの真の姿って何本様だってまさにその話をしてるわけですよねつまりこの現実の博っていうのは我々の日々の平穏な暮らしこの平穏に暮らせるこの世界と隔絶したとこにあるもんじゃないよとハンニバルレクターじゃなくても我々の暮らしのすぐ隣って完全に続き空間ドンキホーテにあるドンキホーテに全然いるコンビニはドンキホーテにいるんだよとパチンコ屋ドンキホーテコンビニレンタルビデオ屋にいるそういうものだと改めて思いださせてくれると思ってあのもうちょっと描いてもいいんじゃないかというようなことを言ってて冷たい熱帯魚まさにねよしさんの脚本書かれたしそうですね色々あるけど例えば最近だとあのウィリアムフリードキンのきらきらキラースナイパーとか変な邦題だけどあれに出てくるなんかもありがたいが噛んだと思います例えば凶悪な犯罪超残酷な犯罪に手を染めている人が同時に自分の家族はちゃんと大事にしてたり損得だけだから面白そういう人にとっては特別の人は身内と他人の線引きってのはもう絶対的なもんだねうちはもうそれを取ってそんなに済んだみたいなそういう事みたいな村とかそういう考え方もしやすいから自分の家族だけはちゃんと大事にしてたりそれこそ例えば例えば例えば例えばディズニーランド黒い家映画がありますので重く見た時であれは忘れ悪魔のいけにえであり同時に回すの保険警察にもがちょっと通じるものがあるんだけど黒い家振り込んでく場面で暗闇の中に購買部がこれ小説に内蔵されても自分の損得とか危険な快楽にしか興味ないってもこのバイブが動くと来てた森田監督米アレンジするなと思ったけど同時に見ながらこの家が物凄いファンシーなグッズが増えてたりとかねって言っただけだったらもっと見てたの思い出したんですけどなのですね今回の映画化は明らかにそういう人か薄っぺらくのあり方のそういう側面を出そうとして園子温作品色が濃くなって思わせるそもそもなんかちょっと背景がねあるような感じだからそれはそれでいいんだけどね3連発するけど観客も使ってるわけですけどこの単純に殺すとか暴力を振るっていう文脈では使われているんだけどでもそれだけじゃないとか怖くて要はそれらのこの子とか暴力を振るうとかいった手段を含めて仕事を片付けちまおう仕事なんかしちゃおうぜぐらいの物件仕事を片付けるのに殺すの暴力も振るうも選択肢に入ってるって言うその重さに対して意味合いが軽いそれが怖いんだからこのブラックユーモアとって聞いてると同時にやっぱり恐ろしいとこういうとこだからバランスが思いついてこれだってもちろん当然元のあの凶悪の原作本にぶっこむなんて触れた出てきませんからこんなもんじゃねでも貰ったというのはですね映画というのは嫌いだっていうのはハングオーバーシリーズもっとフィリップさんの件でございますがまさにこの曲はこの子のキャスティングを思いつきそれを実現させた時点でもう走るよね何を見た人全員が口をそろえであろうやっぱピエール瀧さんでしょうねやっぱ玉結びキラキラから玉結びの滝さんでも知ってるんだねまたちょっと違う考えがあると思ってますよね でありながら獄中から園部県の実はまだ明かされてないようだ言っても告白して物語全体の発端となる人物マスオというこれ絶対の実際の元になった人物後藤という人のする事っていう人のこの写真見るとですね実際のルックスは血が混ざるとぴんからトリオ宮代を混ぜたような薬剤はありえないルックスをしているんですけどここでやっぱピエールさんとキャスティングが絶妙だと思うのはあのガタイもでかいし顔も洪水しますすごいと本気で強いわけですよこれ私は身をもって体験しますが都合と本気で怖いんだけど同時日本史的な部分でですね爺さんにも通じる部分とまさにそうなんだけど基本的な部分でそこに人間的魅力が半端ない人って言うかなだからあの何をやろうと魅力がある人っていうかさわかりますというバランスが元々ある人なのでそれをリパブリックイメージとちょっとあるじゃないですかピエールさんは何かを秘めた強さはあるけどでも人間的魅力が半端じゃないみたいなという意味でも文字通り体現しちゃってこの絶妙な感じなのであればオープニングいきなりも極悪非道の限りをねその彼が作るところから始まってもドン引きだってどこから始まってでもそこもやっぱその他の硬いと前に止まってるねそっから体の中に入ったらしくなっちゃってなんかそのしおらしくなるところのなんかちゃんとしてる部分っていうかちゃんと自分の部分もあるからあのこういうふうになるのもわかるなぁと思うからまた後でまた言ってんしてさっきまですごい丁寧に英語だったのにもう一個買っとかねその山田孝之さんエンジェルスの藤井という北側にカットが変わってる間に祖父の声でふざけんじゃねーぞさっきまでの話と私の高木さんにカットが戻ると鬼の形相で立っててしかもそこで行ったそこで全編に渡ってすごく和太鼓が効果的に疲れてんだけどそこでとんとんとんとんとんとんとんみたいなみたいな 別冊映画秘宝驚愕の世界映画チケットですね孫もお父さんもねいっぱい書かれておりますが山下健次郎さんが絞殺されている通りですねこれは是非さっきのとっているのはあるって事になるもの回るにおける男だけどその他の役割を担っているんだからリリーさんの女性的な部分がすごく実際の殺せんせーことみ神っていう人なんですけどその人の写真見ると本当に普通にそうなのでここに色気のあるキャスティングというアレンジを加えて来た来た来た誰にも止められないし自分が何かこの二人の標的になった日にゃんでしょそれがすごく怖かった上で来るって凄いなあと思うけどそれを受けるのがみんな大好き山田孝之の若手俳優最強の眼力と山田くんの強みは上映館ですよねちゃんと汚れるって言うか完成なままよ俺が出せるってかねはいあのーなんかそんなに大袈裟な表情を作ってるわけじゃないのにそれが表現できる子のトライアングルができた時点でもう8時ですよ黒点出てませんですよね他の細かいほんと完璧で例えばですねすずさんの舎弟を演じるトヨタ小林克也さんといない若手の俳優さん入れてますけどこれね説明しようかといえばあのママさんしちゃった自分さん率いる若手とかに続きそうな感じなので非常に個性が強いというような悪いやつじゃ全くないんだけど例えば突っ込まれ続ける動産のむけんちゃんってますね米村亮太朗さんとかねこの調子がいいんだけど嘘ついて素晴らしいですそして何より全体のクライマックスさんですねこれねこれは彼が殺害されてしまうという場面がマ**全体のテンション MAX の場面なんだけど実年齢よりはるかに上に見えることないって言うねなんとあとリリーさん高森忙しくてもうちょっと若い子来て自分なら何やってもいいやぐらいの感じでええという音で後でさっき言ったあの和太鼓音楽使い含め完全に令和ですね心をなんて素敵な高揚感を狙ったその演出であるとか全てが合わさって初めて成立したここまでは奇跡の本老人虐待を受けてるようにしか見えない人もハイテンションでちょっと確認のための話したけどそこを売ってる全体の構成とかにすごく上手いということは絶対にあの主人公がいますよね直接統治者として巻き込まれていく主人公が良いものとなるような主人公がいないんですよ連れてはあくまで後から取材想像した話だしそれを話しているその額である須藤自身もまた鼻から今日は加賀人間なのであの要は一般的に感情移入できるよ再度の乗り物になるような主人公になれないわけですよつまりエンターテイメント映画花としてはちょっとしづらい事件とも言えるんだけどこれをですね狭窄眼鏡枠はどういう風にしてるかと言うと非常に大胆な三部構成にしてるとまず最初は本当かどうかわかんない段階で取材を進めてからですから面会室での英会話だけ何故これらの今村勤さんとかとの美術の面会室の再現度とかすごく小菅の面会室の 確かにそれは怒られたっていう実感を感じる瞬間が5分に訪れるわけですよで例えば例えば一度埋めたしたよーどうやら移民ユンボで掘り起こして写したんじゃないかっていう疑念が湧くが立ち上がるその瞬間それまでは非常に良く気持ち良いと言ってもいいようなカメラワークできたこの作品がやっとカメラがぐっとダイナミックにケレン味たっぷりに動き出してその藤井の視線の向こうに誰かが操ってるのかわかんない程度に遠いミニユンボ映し出すその瞬間今まで抑えに抑えてとカメラが動いて振って向こうに禍々しいものがいるって確信を深めていくプロセスプロセスと同時にしてですねそれまでは誰か面会室で会話してるかいわがさきさんと山田さん塗装の切り返しショットで別個にうつされていたと面会との対話がだんだんクス動画はまってくに対してた高木さんが話しているショットが実は仕切り板に移ったと藤井の顔がその滝さんの顔の近くに来投影されるようになってくだけどだんだんどうかしてるような感じに見えていくっていうことですね例えばあの別の事件話しましょうかで話しててこれ関係ねえやんそうの殺人の告白してお互い笑っちゃうかもあそことかも完全に二人の顔が一致しちゃってるこれはですねこの組織にどんぐらい顔が映るか先生と直接対面するシーンでかなり周到に計算されているという風に思いました外から見てもすごくですし手で見るからは一気にその話が実際が過去に行ってそっから45分ほど男は他のとこですけど進行が全く出てこないちょっとこれ冒険的な構成になっていたこれもすごく効果をあげて僕思いますまず過去に戻るポイントとか最高ですよねこの映画なとこじゃないすかね寂れたねもう覗いてみるとそっから57年前の出来事が実はまさにそこで行われているかのように先生が最初の達人を行ってもこの先生でリリーさんの最初にネクタイを締めてんだけどちょっと李さんがですねの演技が直角に入ってちょっとそれが明らかに慣れてないんだけど同時にちょっとふざけてるみたいに見えるていうバランスになってるんでそこは言われたくねえここのポイント確認等自身のテンションが上がってるからうんこみたいなので主人公がいなくてもいいですねそうそうちなみにそのずっと過去から話が進んで殺人しんどいと過去に同時に見てるとか言うんですけどあの演出をしてるなと思ってなちょっと気になるに打ち込むそのバランスがポッ白石和彌監督のはなかっぱ相当の腕じゃないかなって思ったしました主人公がずっと中継てるわけですけど再び登場する第3部クロスポイント最高にスリリングで現在にようやく追いついてその先生がずっと犯罪犯されてるんですがそこに呼んで隠し撮りしている動画きてようやく追いつくわけですけどでこれ観客はどういう風に感じるかというとではの視点で45/45我々は楽しいんですねとテンションが高い犯罪の現場を楽しんだ後の我々がここでハッとに先生の内側の外部の視点を全く書いた側外側から見られてることに気づく外部の視点を改めて意識する犯罪が露見する恐ろしいことしてたって気づくと同時に写真甲府支店に感情移入するとこちらもまた先生側から向こうがある先生がカメラを隠し撮りしてるこちらふっと見るその瞬間にまさに信玄から3回だった瞬間二重の意味で世界が一気に反転するんですよこの瞬間に見られて シークレット感動の名作中の名作くんとサンシャインをさせる問題提起があったりとかあるわのつくもはじめさんのつくもはじめさん演じる悪徳業者これも不動産ブローカーだったのでこれによってやっぱりこのローレン化社会にあるかなしかもその服っていう仕事に就きながらちょっとグロス損得でしか見ないという教育の在り方見たいので非常に素晴らしいアレンジだと思うんだけどそのつくもはじめさんがよくに事の真相に大事な人物のに今ある不慮の事故になるまでを地上に計算のひとときをワンカットですお願いショットで見せて他の店とかも非常に見事なものですごく面白いんだけどただですね僕僕に証券で思ったのですねま高校ハンデ予想記者や福祉がですねまよ正義の正義の意志からですねこの事件を追及してなんだけどだんだんなんかを自らも闇に囚われてくるみたいなそうな部分ですよでも面白いですねこれあのこれを予定にその指揮者の闇みたいなことを描かないと単純なひろ話にもなりかねないしそれはしたくないこれもわかりますしあれはさっきも言ったけど老人老齢化社会になってくと老人問題まさに全ては地続き自分たちが正義の側にいるって言うかなと思う関係じゃないよってを示すために彼のその自分の家での事情の話がやってるのこれも分かります後は分かるんだけど正直第二部のテンションが圧倒的なので正直に話しにブレーキがかかるなって感じちょっと辞めなかったので立てますあと最後に先生がねその要するにそのその製品とらわれるがあまり殺したいと思ってるのはお前だろみたいなこと言ってね読んだけどそれって先生達と同じ今日は来れんとられたって話じゃなくて別に違うねそれはねえちゃんの演技そのものはすごく迫力があったけどなんかでいくつ僕はイマイチ納得できずですねそこまで真面目に並んでもなんてことちょっと思ったりもしましたがただま些細なことですって合計150点ぐらいのもんでございます白石和彌監督って客の丘泉さんぼくぜん先ほど外で東京が見れるあのの共通する人間昆虫記徹子さん原作のテレビドラマシリーズの方が見ましたけど間違いなく素晴らしい力を持ってると思いました
おすすめの記事