おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

空飛ぶタイヤ

映画版とドラマ版どっちも見たけど、個人的は仲村トオル主演のドラマ版のほうが好きかな。でも基本的にはストーリーはほぼ同じなので、一気に見たい方は映画版、じっくり一話一話見たい方はドラマ版がいいかなと思います。いわゆる大手自動車メーカー(三菱自動車)のリコール隠しを扱った話なんだけど、原作者の池井戸さんが三菱銀行出身なのもあってか、かなり踏み込んだアツい脚本になっています。最後はけっこうスカッとするような内容にはなっていましたが、実際の事件のときにはこんなにうまくはいかず、運送会社は廃業に追い込まれたようです。でも映画版もドラマ版も俳優陣も素晴らしい演技でとてもよかったです。いろんな人に見てほしい。
※映画『空飛ぶタイヤ』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】本日はですね池井戸潤さん原作の映画空飛ぶタイヤについて紹介していければと思っておりますすでにですね映画七つの会議城戸淳さん原作のもの紹介したんですけどまっちゃですね飯山の方面白いでぜひ見てくださいみたいな感じだったんだけどこっちは池井戸潤さんの作品としてそのビジネス小説働く人の話をして非常に良いですね面白い部分ってのはあるんですけどもこっちの方がめちゃめちゃ重厚でございます非常に来いろいろ考えさせられると言うかだからこそ多分お仕事されてる方からするとして胸に迫るものは半沢直樹とかその七つの会議と会場にですねあるんじゃないかと思いますのでちょっとこちらのですね映画も本日オススメしたいと思っている次第でございます本日お話しするラインナップのようなんですけどまず空飛ぶタイヤとは会って話から始めさせて頂いてその後に家モチーフとなった事項について解説をさせていただきたいと思いますその後でせましを扱っているブランドと話をさせて頂いてさな正義の積み重ねと話をさせていただくで最後に拝師の巧みさについてお話をして締められればと思っていますでまずですねどういう話なのって所から話進めていければと思うんですけれどもまずこの空飛ぶ物体はですね赤松運送という小さな運送会社でございますね若松運送の配送トラック野間ですねまた釣りに事故起こしてしまうことからそのトラック自動車とかもしかグループ会社であるホープ銀行警察週刊誌などに話がどんどんどんどん広がって舞台が大きくなっていくというのがこの空飛ぶタイヤの舞台でございます原作はお伝えした通りですけれども半沢直樹シリーズと化した街ロケットシリーズの池井戸潤さん原作小説を書かれていて監督はですね超高速参勤交代とか釣りバカにした割と軽めな作品を扱って来られた元監督が監督を務められております七つの会議との一番の違いを流すの会議ってチーム TBS がそのお坊さんが配給していると形なんですけどこちらですねま制作と配給松竹がやっているのでそういった意味でその半沢直樹とか下町ロケットとかのそのその路線は別についていないところありますだからこそそれはいい意味でそのそれだと切り離して一本の映画として楽しむことができるし日本の映画として楽しむことができるんだけれどもテイストってのはちゃんとそこにはあるのでちょっと違う部分もあるけれども延長戦として半沢直樹が好きな人と必ずの会議好きな人もこちらの映画を楽しむ事が出来るって良い映画だというふうに思っていますで何が起きたのってことなんですけれどもストーリーとしては赤松運送のトラックがタイヤ脱落事故脱輪事故を起こして死傷者が出てしまいますお母さんが子連れで歩いていたらお母さんにタイヤがなくなってしまっていたばし事故が起きましたその自己投資振り落とされていてなんでそれを運行していた赤松運送の社長がそもそも用意して扱いを受けて会社倒産寸前の被害含めてですけども突き進んでいってしまうという感じになりますなんですけれどもどうも探って事故原因は整備不良じゃなくてほっと自動車製の車両自体に欠陥がある疑いというのが出てきますではその疑いを晴らそうとするんですけれどもそれで色々と社長自身が動いていくとそこに潜む嫌ですねあまりにも大きなものでいろいろと大変な事態に話が展開していくというのが空飛ぶタイヤの通りでございますこちらの話ですね厳密にという厳密にはのもそのモチーフになった実際の事故と非常に似通っておりますあと3ページぐらい使ってできればと思うんですけれどもその事故というのが三菱自動車および子会社の三菱ふそうが繰り返し再三にわたって行なってしまったリコール隠しに起因するものでございます具体的に今回の映画で描かれるのは2000年に起きたリコール隠し事件とそのリコール隠しをが明るみになった後も一部そのリコールをひた隠しにしたことによって起きてしまった2002年の横浜母子3人死傷事故この二つがですね今回話では描かれるものでしてその後ですねまこの事故をもとに2004年にはリコール隠しが起きてるね三菱三菱ふそう中心ですけれどもえーと逮捕者も出るという時代になりました今回この空飛ぶタイヤがですね映画化されるにあたっていくつかですねこの事故について私も調べてみました映画化された時にでも調べてブログに記していたんでしょうからまた引用してきたんですけれどもまずですねとレスポンスのまあうち2004年8月6日のものなんですけどにはこんなものは 2000年のリコール隠し事件の時は三菱車ユーザーや社内関係者からの告発が発端だった今回は02年1月に神奈川で起きた痛ましい死亡事故がきっかけだという風な記述がありますこちらもですね小説の花嫁小説が出た時の話ですねこっち小説は02年に横浜市で起きた三菱自動車西大型トレーラーの dazzlin で星3人が死傷した事故や三菱自動車リコール隠し事件が下敷きとされると社長や元幹部が逮捕される企業の遵法精神が壊れた音三菱銀行員の池井戸潤さんが小説化し07年1月の直木賞候補にも挙がったという風に2009年の朝日新聞デジタルには記載がされておりましたすいません5時2004年前の話でございますけれどもこういった形でですねいろいろ調べるとこの横浜母子3人死傷事件なんかもですね痛ましい事故なのが調べられる分かり次第でございますこれは現実の話が続くんですけれどもですねまず2000年にこのなのでこれで2000年のリコール隠し事件なんですけど2000年7月6日に当時まだ風入手法交通省になる前ですけども長男さんによってリコール隠しが発覚しますなんですけれどもそのリコール隠しのリコールの調査期間っていうのが過去2年間のみだったのでその2年よりも前の量はリコールについてそのも明るみにでなかったりを隠し続けたけどそこに関して結果的にその隠したそれよりも前のリコールしなきゃいけないって言うと血管が禁止て2000年の1月10日にその横浜母子3人死傷事故ってのが起きてしまってお母さんがですね脱輪したタイヤに真光でと言うか当たってしまってなくなるという痛ましい事故が起きましたお子さんが二人4歳と一歳かな打者とお子さん無事だったんですけれどもお母さん非常に悲しい事故が起きましたその時に三菱側ですねトラックの異常は運転車の整備不良と主張をしました今からふたを開ければねって感じであるんですけれどもそういう風に言いましたそしたらその9ヶ月後にまた8ヶ月後にはこのような事故が起きますと横浜市でトラクターのクラッチケイトが破損すると事故が起きてこれに対して三菱がは整備不良が関係多発性なしと国交省に報告をしていますまたかと思うんですけどその3日後にもっと大変なことが起きてしまいました山口県の山口トラック運転手死亡事故ってのでブレーキが効かなくなったら冷蔵車が暴走して運転手が死亡するという事故が発生しませんそしたら三菱側はトラックの異常は運転車の整備不良と主張つまりこっちで死傷事故が起きた時と全く同じ主張を繰り返す形になりますけれどもこんなの客観的に見ればおかしいと何もちろん一目瞭然でございます結果的には自給率は省きますけれども当然それらはですねえリコール隠してあるとか整備不良精力量じゃなくて元々の血管ってことが明るみになりまして神奈川県では業務上過失致死傷容疑で三菱自動車工業本社などを家宅捜査で2度目のリコール隠しが発覚しまして三菱ふそう神奈川県警に逮捕された法人としての三菱自動車が起訴されてアドレスねまあやみか色々あったということが発表されますので結果もなく急に体に処分されたりとかしてだと三菱自動車工業元社長ら役員6人を業務上過失致死傷があればまた9月には新たな形でもひどいひどいリコール隠しというのがかなり長いスパンによって起きていたということがございました私達ですね2002年でしょだから高校生の時確かにその時に連絡をして社会に出てすごい詳しくね見ていたわけじゃないので詳しくお知らないんですけれどもまた三菱ふそう三菱テレビで何騒いでいているのではその裏では改めて振り返るとお母さんとはトラックの運転手です実際に尊い命が失われるというのがリコール隠しに起きたので非常に痛ましいですけども客観的に声に言ってもなんか関係者じゃないのになんかこうね苛立ちを覚える部分もあるので被害者家族だったらもう出ないような怒りと悲しみを覚えてしまうんだろうなと思う次第でございます夕方なので非常にですねそれをモチーフにしてまんまなんですよそのお母さんが脱輪事故によってなくなるでなくなったらそのトラックの運送会社が悪いって言われて自動車会社本体はリコールをひた隠しにするっていう 空飛ぶタイヤと今説明した時間の実際に起きたことなので本当にその現実の話確かに今回の半沢直樹で待てここが変だよ日本国の再生とかで形で現実と被る部分であるんですけれども今回はそれがその判断だけど確かに大切なひとの子弟が枯れましたけども空飛ぶタイヤでは実際に起きたあの人の死と言うかあの痛ましい事故を防ぐことができたであろう痛ましい事故を名詞として描いているので非常にそこの重さと言うかこれが面白いですお勧めですなんて軽いことは全然言うことができない重厚さというのもこの映画ですね兼ね備えてる歌がある意味そこをちゃんと制作陣は汲み取っているからこそ映画も凄い硬派な作りをしているから悪い笑えるしなんでもほとんどないしそういう形で真摯に作られた映画だなって思います後でも私ですねそのまこういう事態即借り香料は亡くならずに済んだ命が亡くなったリコール隠しによっててそこで私自身がちょっと同士の連想してしまうのが覚えてますか2000年代流行ったことなんですけれどもパロマの湯沸かし器がその血管を血管腫血管腫よりか何かでまああのー二酸化炭素一酸化炭素二酸化炭素中毒を起こしてしまって死亡者が何人か出てしまったっていう一連の事故がありますこれもリコール隠しと言うかあの事故が続いていた残りの事故じゃないよ何回もそれが起きたんですね彼は貸切事故で調べれば出てきますけれども何も何もなくなってしまっているんですけれどもあのこのパロマの湯沸かし器事故で発覚する前に一番最後になくなってしまった大学生がいらっしゃるんですけれども私彼と高校の同級生だったんですというか昔も一緒だったんですなのでお母さんも知ってるし彼ともずっと離さ音あるしたんならさすがにここじゃないですけれども一緒に撮った写真撮った写真とかなあれですよだからその初めてあのまあその亡くなったって知ったのはまた治一郎してるんでその浪人生ん時だったんですけれどもだから卒業した翌年彼だったんですけれど初めてその同世代の人が亡くなってしまったっていうのをこのパロマの事故だったのでだからすごいそれを覚えているしなんかその後かかったんでしょだからあなたの夫が亡くなったってのはその場で聞いてたんですけどこういうことだったパロマの一連のねその素敵な事故だったってことでマジたその後訴訟起こされたら調べていただければと思うんですけれどもあったんですけれどもこの経験がネットからその当事者じゃない佐渡市五所宮定市同級生なんだけれどもでもそういうそれと連想しちゃうわけですよだからその空飛ぶタイヤを見ていてもすごくこう映画として親子で作っている子映画として見応えがあるけどもメールすごくメールがあったのでなんかそういう痛ましい事故とかをもし皆さんが自信がないから親族として被害者のかたとかは全く違う部分でもなんかその事故とかで大切なことを亡くされた方とかにはなかなかお勧めしにくい映画でもあると言うか正直な気持ちだけれども普通にその重い話だけれども行けるとブランドの部分と踏襲されていてまそれが半沢直樹島で多くの視聴者に支持されているような大逆転劇ですね最後にその会社がピンチに陥るけどもちゃんと真実は明るみに出るっていうところは描かれますし半沢直樹とか探しロケットの爽快さはないけれども暑いか逆転劇シリーズに堪能することができるのでちょっとテイストの度合いと言うかエンタメ度下げつつも魅力だエッセンスっての他の作品を映像化されたものと一緒ですのでエンターテイメントとして非常に硬派なエンターテイメントとして人としてですね楽しむことができる方は多くいらっしゃるんじゃないかなと思ったけど私のように今ちょっと色々と自分の殻を何かと連想するところがある方っていうのはもしかしよると思う部分はあるのかなと思うのでそこもし何か思い当たる節がある方はですねちょっと一旦胸に手を当てた上で鑑賞するかどうかに関しては再考してみてはいかがでしょうかという感じでございますですねこの映画は小さな正義の積み重ねによって真実が明るみに出るという映画になっていますどういうことかというと魔法の人と比較すると分かりやすいんですけれども主人公が倍に開始するような話ではありませんで主人公はその成敗の場所を与えられませんだからハンズまで言うと取締役会に入ってその場で糾弾するとかそういうことは アクアすごい上の雲の上に入っています主人公がしかもそれなと諦めざるを得ないところまで追い詰められていくんですけれども主人公自身そして主人公の周り関連する人物複数人の本当にその小さな整理小さな正義がいっぱい積み重なることによって物語は最終的に10回の大逆転して結末を迎えるという形になっておりますので映画としてもやっとする部分の結末ストーリーテリングとしてもやっとする部分はなくですね池井戸さんの作品らしい結末というのが迎えられるというのがこの映画だと思いますなので細いてみな半沢直樹が上杉家大戦争を見ることができますのでそういった部分は魅力的だなという風に思います俳優陣もすごいですねバスが硬派であのこれ公式ページで今のデータが閉じちゃってるのでちょっと辛いものしかなかったんですけれどもこれ公開された当時てまだジャニーズの写真が全部であんまり使えなかったんでこれ駄目だってさんとジャニーズジュニアのふたり写真なしになっているんですけれどもまあ運送会社で長瀬さんの社長で徳永さん主人公でマイリストのがディーンフジオカさん演じる澤田になるんですけどもまさわだがキーパーソンとしている話が進んでて岸部さんと禿さんとかが出ているという感じですねだかほ銀行が出高橋一生さんが入っていても重要な立ち回りを演じるというとこですねなんですけれども週刊誌であるとか警察であるとかも話が出てくるので単純にその銀行と会社運送会社と自動車会社と三者間では半沢みたいな感じで自分で全部やってやっちゃうのかあの球団するとかじゃなくて警察の力も借りてですね不正が明るみになってこの空飛ぶタイヤでございます明日でも出てますけども見てますけどもと様ですなのでたまにですねまジャニーズに感謝もよくいろんな議論が出ますよね要はジャニーズとかアイドルとかっていうのはいつもアイドルと仮定した時にそれた人物俳優として使うのはどうなんだっていう議論論争ってな常に今ございますけれどもいいですよ本当にすごいされておりますのでそこはもう適材適所というかアイドルだろうが歌手だろうが歌舞伎役者だろうが芸人だろうがその適材適所でドラマとしてですね必要と言うかで会っていれば全然私はですねいいと思いますので今回のキャスティングは光がアプリ化作品は重厚に作られますので今回も同様では同様ですけれどもキャスティングもすごくマッチしていたという風に思ってございます以上ですねなのでそれと歌いが非常に重いです重いですけれども物語としてはちゃんとストーリーテリング池井戸潤さんの原作らしい結末を迎えるですね作品になっておりますのでま半沢直樹を好きな方でも半沢直樹もですね9月いっぱいで最終回を迎えてしまいますさすがですねここ皆さん来ると思いますのでまあの TBS 日曜劇場とか TBS 系列のそのまま映画である七つの会議以外にもこういうテイストも皆さん是非ご覧になってみてはいかがでしょうかございます本日も連絡ましたございましたそれでは
おすすめの記事
ヤマシタトモコのコミックを実写化!映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、滝藤賢一の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
ヤマシタトモコのコミックを実写化!映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、滝藤賢一の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 さんかく窓の外側は夜漫画...