おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

単純に広瀬すずちゃんかわいい。いわゆるスポ根もので、脚色はかなりしてるだろうけど実話ってのがすごいよね。ストーリー自体は予想通りでとくに特筆すべきものはないけど、青春ものが好きな人はけっこうハマるかも。バブリーダンスのあの高校みたいな感じだったのかな。実際は福井にある商業高校のチアダンス部だったらしい。ある意味マイナースポーツだし、指導者が優秀でメンバーにやる気があればけっこういけちゃうものなのかもしれないですね。楽しい映画でした。家族で見るのもおすすめ。
※映画『チア☆ダン』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】この五十嵐先生を支えていた映画があるんだその映画こそがあなたもよく知っているあの名作映画子供向けの映画に見えて実はこれは大人向けの映画なんだよねエンタメ好きなたちへお送りするながら劇専用チャンネル鷺谷政明の一人園芸協会です2020年の5月22日金曜日夜9時から全国放送でチアダン映画チアダンが放送されました今日はチアダンに関する話をしたいと思うんですが私は結構前にですねこの映画がレンタル解禁されたタイミングでもすでに見させては頂いてはいたんですけども改めてこの映画の解説をしたいというふうに思うんですがこの映画はですねもともと2017年の3月に公開された映画で河合勇人監督で制作されましたこの映画はすごく良い映画で素晴らしい映画だと思うんですけどもまこの河合勇人監督の取り方が素晴らしいんですねそもそも事実を元にした映画になるので余計なことしないんですよこの監督はもう全てが邪魔しない演出ででもただ淡々とこの福井県福井県立福井商業高等学校ですねごめん西福井県立福井商業高等学校の実際に成し遂げた事実を河合勇人監督が淡々の取るんですがこの取り方が非常に良くてテンポもいいし面倒くさいこと何一つしないしわかりやすいし素晴らしい例えばこのチアダンという事実を黒澤明監督とか三谷幸喜監督とかが入ったらって感じになったと思うんですよ黒澤星が妙に入ってたり三谷幸喜縁が妙に入ってたりとかしてちょっと面白さがあると思うんですが事実をそのまま伝えつつ映画としてちゃんと面白くするということをするという地味な能力も映画監督には必要だと思うのでこの河合勇人という監督は素晴らしいあの作品にしたなという風な印象がありますねを語る上で重要なのがあの先生なんですよね基本的にはこの先生の目線で物語進んでいくのでこの先生がどういう背景でこのチアダン福井県立福井商業高等学校が後アブが全部はりまで至ったかということを見る上で五十嵐裕子先生の話を聞く必要があるんですね俺はね基本的にとんでもない面白いものを見た時っていうのはもうこれ修正なんだけど昔からどうやってこういう面白いものができたのかというのカウント大分市からタバコのチアダンで言うと五十嵐裕子先生はどうしてこういうことになったのかってのも調べる癖がついていて五十嵐裕子先生ってのはどうしてこういう風になって言ったのかっていうの調べたんですけども分かる限りでねこの五十嵐裕子先生がすごい熱血漢で町屋部を立ち上げて前に引っ張っていったという風に思われがちなんですけど実際は全然違うんですよこの五十嵐先生っていうの約11年間ほどうつ病とまでは言わないけどマチ約11年近く持っていたって言った方がいいかな赴任した学校がヤンキーだとか犯罪起こすような生徒もいてちょっともう私教師としてもやっていけないかもしれないみたいな学校に登校する時に音とかも出社だよね出社して行く時にあの角を曲がれば学校なんだけどその角がどうしても曲がれないっていうぐらいも学校に行くのが嫌だというような約11年ぐらいそういう人生だったらしいんですね五十嵐先生はちょっとこのままだと駄目になってしまうかもしれないと言ってお願いを出すんですよ先生は小学校21年やってきたけど孤軍奮闘してもうちょっと心が参ってしまうと 異動届を出してもとりあえずこの環境を変えようということで異動届を出して別の学校に行くことになるんですが別の学校に行くことになったその事例町のねじゃああんたもこの学校に入ってないのねと分かったじゃあ別の学校なお前なっていう字で待ちの時にこの五十嵐先生がたまたまつけたテレビ番組で神奈川県立厚木高等学校のダンスドリル部員って言うのかなというまとにかくそのチアダンス選手権でその日本人初の優勝決めたその高校のチア部のニュースを見て衝撃を受けたことがこの映画にも繋がっていく一番最初の話なわけよつまり要約すると高校の先生になりました不倫されました学校に行きましたよろしくお願いしますでもなんかその生徒たちとうまくやっていけずに悶々とした11年を過ごしもう私この格好で行っていけないかもしれないと思っているお届けを出した異動届を出してそれが受理されてじゃあお前別の方向なっていうことになったなったんだけどもうそれを判断待ちと言うか次どこの高校にお前どうにさせようかなという判定待ちの時にたらたまたまつけたテレビ番組のニュースで神奈川県立厚木高等学校のダンスドリル部が全米チアダンス選手権大会で日本人初の優勝決めた事を取り上げたニュースを見た時に俺かと思ったらしいのつまりね五十嵐先生っていうのはチームの経験もくそも何もないのよメモそれを見て次の不倫赴任先で私がやることはもうこれだってなんかねこの人思ったら死んだもん勝手に使命感のようにそれで赴任していた福井県の高校でチア部を始めるんだけどっていう話なわけでもなかなか始めてもうまくいかないじゃないそんないきなりさー実績もやったこともないようなチェアを始めたとこでうまくいかないよねでもまあなんとか頑張って頑張ってそれで全米制覇まで行くんだけどここで一個一園芸協会んだから一蓮華境界の彼方なだからこそ言っておきたいのはこの五十嵐先生を支えていたその映画こそがあなたもよく知っているあの名作映画天使にラブソングをなんですよこの天使にラブソングをという映画は2の方で主演女優ゴールドバーグ扮するですがコンクールで優勝決めたことは掲げるラストシーンがあるこれをイメージしたらしいのよもうこの中にある日本でもこないだ天使にラブソング1の方だけどテレビで再放送されましたよねだからそのちょっと後にこの子は何が放送されるって言うのもまたちょっと乙なもんなわけですよつまり要約するとそんな感じで五十嵐先生の支えになっていたものが天使にラブソングをというこの間日本でも再放送された映画でありでこのチアダンを見た人にすべての人に今すぐ YouTube 検索して欲しいのがさんま玉緒のあんたの夢かなえたろかスペシャルというテレビ番組なんですよこのテレビ番組の中でこの五十嵐先生が大好きな曲サンボマスターのできっこないをやらなくちゃという曲に合わせて現役のチアダンのメンバージェッツのメンバーをはじめとする OB のメンツもいっぱい集まってくるその演奏を本物のサンボマスターがするっていう企画を放送した映像が YouTube で今だったらまだ見れるのでチアダンを見た人は是非サンボマスターできっこないをやらなくちゃさんま玉緒の夢叶えたろかとかその辺で検索して今すぐ見て欲しいですよ先生が五十嵐先生が見れるしてその本物の五十嵐先生にサプライズとして昨日ジェッツからのサプライズイベント及び OB からの これ確か昭和何年かの正月企画だったと思うんだけどこれが見れますのでぜひそこも見て欲しいなーっていう風に思いますてこの家は何という映画に関してなんですけどこの家は何ていう映画のすごいところは女子の成長型映画の決定版と言うかね女子高生達が全然何もできないところから練習を積んですごい成長していくということで言うとスイングガールズがあげられるんですよねスイングガールズっていうのはその前に矢口史靖監督がウォーターボーイズという映画で実際その川越の高校であったモーターボーイズつまりそのシンクロナイズドスイミングをやるダンス男の高校生たちの実在する高校生たちをモデルにした映画でヒットしたこれを皮切りにしてスイングガールズというジャズやるべっていうキャッチコピーで田舎の東北の女子高生達がスイングつもりジャズをやっていくやっていきながら全国の大会に出て行くみたいな映画を作ったわけですね映画がこそがこの矢口監督のこういったまウォーターボーイズスイングガールズ系こそが成長期高校生映画としてのピークだったわけなんですがそれを完全に覆したのがこのチアダンだと思うんですねまた後アダモま事実ですしこのテレビで放送されたことに関してちょっと違うのがねこのチアダンとスイングガールズとの一番の違いっていうのは感動の2段名前なんですよ実際起きたことをそのまま淡々と描写するという感動と高校生達が優勝してわーっていうところで回るっていうのが一番良い終わり方だと思うんだけどもこのチアダンの面白い所っていうのは感動の2段構えっていうのはまあ広瀬すずを中心とするとの高校生の子達が優勝してわーっていうところの描写の後に教師の立場から見た感動があるんですよ天海祐希さん実在のモデルで言えば五十嵐先生から見た苦悩葛藤と苦悩の描写が本編では続くんですよただこれテレビの家放送ではかなりそこがかなり早足でパットがあってしまってましたけど実際は映画の完成版の方では易感染性つもり天海祐希の描写がかなり事細かに一番最後に描かれてるんですね作り方が素晴らしかったんですよだから今回のテレビのテレビ放送での打ち上げに興味を持った人是非 DVD をブルーレイでのエッチあだも見て欲しいなあというふうに思いましたこのチアダンの音出ているキャストのキャストに関して一つ一つ一つ取り上げていくと的場広瀬すずっていうのはまあとにかくその田舎娘役が非常に似合う女の子でこのというのは俺の中ではもう是枝監督から始まった是枝監督のうみまちダイアリーから始まった女の子だというふうに思っているのでこのチアダンの映画の撮影がま2017年映画の公開が20147年なんですけどうみまちダイアリー2015年ぐらいなんですよなのでチアダンから始まったこの天才女優が2017年ぐらい行ったらまだイケイケですからかなり月にある状態で撮られてる映画法非常に貴重であるとそれからまあ広瀬すずっていう子は静岡出身なんですね二高出身出身の子でもあるのでもこの福井弁にしてもし俺がはまると言うか甘いんだよねだからすごくハマっていたと思うしまあここに広瀬すずを持ってきたところもすごくいいなという風に思ったしもう一人とびっことしてあげておかなければいけないのが中条あゆみでもなくまもみゆきさんもね敢闘賞なら間違いないわけで福原遥でもなくチラ見の福原遥は埼玉県の出身なんですがこの映画の中にトッピングで言うとねとみたみうなんですよちょっとあの子のチアダンのメンバーの中で一番太ったぽっちゃり下さ女の子この薬っていうのは例えばそのフラガールで言うところのしずちゃん見られ役なわけでねこの時たミューっていう人は今日から俺はありも出てたし三年 A 組にも出てたし 終わるにも出てましたねそれから木村の兄貴の向上にも出演してたこれ今も非常により売れてる子でねこの子どんなんか配役と言うかすごくうまくいってたなーっていうふうに思う富田美憂のことはちょっと取り上げておきたいなーっていうふうに思うしそしてこの富田美憂役役目だったと思うんですけどもこのを感じるといえばこの人安藤玉恵安藤玉恵さん大好きでねこの人はもう本当にいいねいい女優さんですよんで大体こういう映画でちょい役で嫌なお母さん薬としてよく出てくるんですけどやまやさんの一番いい演技ということで夜深夜食堂なんですよこの人連合会の中でもとって深夜食堂に関する話はしてますけども深夜食堂の中のも常連メンバーとして出ている安藤玉恵さん以上にも雨なのでとかも見てる年寄りプロデュース監督の配役のセンスっていうのがやっぱり抜け目ないなーっていうのを感じるんですよね後はこの映画で出てた男優女性が女子高生達が中心の映画ですけどもまたん言う男性で言うとまあらたまっけんゆうですよね千葉真一の息子山田孝之の連れで緊急事態宣言中に送ってまあでもね俳優だしイケメンだし才能あるから沖縄行って緊急事態宣言中だろうと好きなことも出ると行ってもいいけどまだと言われた男ですか電話のやりとして名を馳せるんだまだ早いもうちょっとちゃんと演技というものをちょっとやっぱりもう一年早い早いとは言わないわここで調子こいてると足元すくわれると思うのでもう一年は頑張って山田孝之みたいになれるぐらい山田孝之がいるところぐらいまで行かないとまたちょっと早いんじゃないかなっていう風に気がするんですよ沖縄行って朝食にはちょっと殺して足元すくわれちゃうんじゃないかなっていう音千葉真一さんみたいになっちゃうんじゃないかなって気がするんですけどねそれからもう一人で言うとねえおか出てるんですね俺の前の伊藤健太郎が伊藤健太郎といえばこの後で後に今日から俺はの伊藤真司役でブレイクしている中条あやみにずっと隠してたあの子ですねまあ非常にあの成長型っていうのもこの人蓮華経会の映画レビューの中でもずっと話してきてますけどもまあ成長していく過程を見せていくというのは映画のヒットのも前提条件見たところがあるのでそれまでこれまでは矢口史靖監督を始めとするぞ犬が主であるとかモーターボーイズみたいなようなフォーマットがですみたいになってたんですけどもこのチアダンで初めて王道路線を覆したあーまーこれまで通りの手法を踏襲しつつその先生目線もう一個加えてあって今これねテレビを見た人だと分からないと思うんでもう1回ちょっとさっきも言ったけどもう1回ブルーレイを DVD でレンタルしてその本店の方も見て欲しいんだけどねこの全部が完結した後に行かないつもり天海祐希目線の物語が始まるのがすごく感動2回もう1回感動できるというところがねすごくはの発明だったって言うと大げさなんだろうけどもまぁそこはそこそこの作りが素晴らしいので是非ちょっとそっちを見て欲しいなという風に思うんですけどもまぁでもこの映画の実際やったことというのは結果さえ出せばどんなにバカだろうと頭が悪かろうと見た目が悪かろうと不細工だろうと味噌だろうと全部ひっくり返せるということを教えてくれる映画だと思うんですよねでそれが実際のでなされているというところを踏まえると喧嘩高校生が頑張って全国生が全米制覇しちゃったすごい話という子供向けの映画に見えて実はこれ大人向けの映画なんだよねそこがなんかすごくこの映画の魅力かなという風に感じるんでしょうねだからなんか大人になっていくにつれて7で揉めないように無理しない範囲でその場を収めることが大人のかっこよさだみたいなふうに思う所ってあると思うんだけどでもこの五十嵐先生が教えてくれたことを覚え どうしてこの家アダルト映画が教えてくれる事っていうのは隣になったって子供たちと一緒になってみら四ついくらでも自由に作れるんだっていうことだと思うしつくづくこの映画を見てると高校教師っていうことの仕事のやりがいってらっすごいなーっていうふうに思うよね間違いなくこの高校生の子達はチアダンスで全米を生が出来るなんて思って見なかったと思うし俺の本気度が高校生たちを覚醒させて全米制覇させるようなところまでに刺されちゃうんだよねだから本当に先生の家から一つで高校生なんて言う56から17時のクソガキなんていうのはいかにもできてしまうんだっていうことをもう1回その大人になった我々は感じた上でこれからの若者をどうするかなと俺は考えるほど大層な人間じゃないんだけどでもやっぱそれぐらい十代の若者っていうのは本当にその綺麗事の可能性に満ちているんだなっていうことを感じた作品でもありましたねだから今このこの中にある状況をどのようにして行くべきかっていうことだってもしかすると今の高校生たちのことこたちのこの子達の方が何かその良い解決策を見出せるかもしれないしよくわからないですとかとりあえず学校休みになるから嬉しいですみたいなことを言っている子達でも先生の指導の仕方ひとつによってはいかようにでもそのいう制度等からこのチアダンみたいな全米制覇するような天才的な能力を発揮する生徒が出てこないとも限らないのでなんかそんな事を教えてくれれば習って事を考えると実は大人向けの映画なのかなという風に思ったりしました私は映画批評サイトをやってるんですけどこの映画に関しても9点満点中の9点を付けたぐらい素晴らしい映画だなという風に思いましたあなたはどういう風に思ったでしょうかこの番組では満たしても嬉しくなるようなコメントに関しては一つ残らず全て番組の中で紹介させて頂いておりますそしてここまで聞いていただいたのでぜひチャンネル登録といいねまたよろしくお願いいたします
おすすめの記事