おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

娼年

男子大学生が体を売るバイトをするというお話。ある意味、松坂桃李くんのAVという感じの内容だけどまあまあ面白かった。性描写は男性目線すぎという感じ(女性からするとどうなんでしょう)がしたが、誰でもこういったアブノーマルの部分ってあると思うし、リアルでもけっこうこういうシチュエーションありそう。個人的に西岡徳馬さんの演技サイコーだった(笑)
※映画『娼年』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】映画批評今回ご紹介する作品は2018年公開三浦大輔監督の少年です原作は石田衣良の恋愛小説で2016年に舞台化された後2年後の2018年に映画化されました舞台版でも主演を務めた松坂桃李が引き続き映画版でもどう役を演じ女優陣は一部を除き一新されていますバーでのアルバイトに明け暮れる名門大学生森中領日々の生活や女性との肉体関係に魅力を感じない彼は無気力な日々を過ごしていましたそんなある日同級生でポストの立場がある女性と共に来店女性の名は御堂静女性向け会員制ボーイズクラブのオーナーだと名乗る彼女はようにある試験を受けさせるというのは序盤のあらすじこの辺りまではまあごく普通の大人向けの恋愛映画の雰囲気ではありますが何と言えばいいのか正直なところかなりエロいです間違いなく家族団欒の場で流したらダメなやつですストーリーと言うか全体の雰囲気は女性向けなのでもう少しそういうシーンはオブラートに包んだ表現でシチュエーションなどの方に力を入れるパターンかと思いきやもはや AV レベルの描写が数多くありますとはいえそこは一応映画ですので局部が見えたりモザイクは入ったりというわけではありませんが主演の松坂桃李といえばヒーロー戦隊のレッド出身ということもあり本来なら正統派で優等生な役を演じることは多いイメージからおそらくですが彼の役の幅を広げるためにオファーを受けたのではと考えちゃいますだとしてもちょっとエグすぎる気がしますちなみにほとんどの女優陣もヌードも辞さない体当たり艶技で相当に頑張っていますこの辺りはさすがプロの女優達だなぁと感心させられましたただ今作のレビューを読むと結構評価がばらついていて特に女性の辛辣な感想が多い印象でした詳しい内容は伏せますが確かに一部の行為がちょっと男性視点のような演出が多かった印象ですね工作は一応 R 18指定作品にはなっていますがそれでも数に一つの映画として世に放たれていることを考えると割と日本もオープンな国だなぁとしみじみ感じましたレディースコミックの実写化みたいそんな本作の評価は星5満点中星3の60店純粋な松坂桃李のファンはどういう印象なので今回は取り上げるのに少し躊躇しましたが道が紹介している方が少なかったのであえて選んでみましたではまた次回 三浦大輔監督の R 18作品です女性がお金を払って男性から性的な早退の風俗女性に男性が主人公っていう話なんですけどもどこからが演技でどこまでが欲情なのかわからないガッツリとしたがっつりな濡れ場は本当に満載でしたもちろん AV 的なエロいだけの見せ方ではなくて単純に暗かったり逆光だったりコメディっぽくしたりとおっぱいモロ出しはもちろんなんだけどエロいだけの画面じゃなくてどこか切なくなるような笑えてくるよ泣けてくるよ苗作りドラマ作りがさすが三浦監督と言ったとこでしたね若干エロ目的のもの見たさで見てみた不純な動機ではあるんですけどお金というたいかによって真剣に女性の生徒向け始める女性の複雑な形の性欲と向き合い始める主人公にぎくりとして今までね僕が行ってきたそういった行為がすごく雑なものだったんじゃないのかなと気がつくと合成しながら見ていませんただね意外と混ん的な描写がイマイチで割と順調にトラブルも何もなく AV 男優的ピストンの速さてきただけな成長を遂げてしまうのが残念でならなかったですよねもっとこういうこともない女の人妻女考えてるんだよ的な豆知識とか男番勝負っていう職業のリスクとか嫌なところ給与面とかもね含めてみたかったですし男がね勝負少年をやることによってその彼の日常生活の変化の描写ってのも欲しかったですよねまた AV 顔負けの撮影と親に絶対見せたくないって言うね松坂桃李の体当たりないんだよかったんですけどもう少し女性の心に踏み込んだ深みがほしいなと感じる映画でした
おすすめの記事