おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

わたしを離さないで

2016年のTBSドラマ。リアルタイムで見てたけど今見てもいいよね。カズオイシグロの原作。「臓器提供するために生まれてきた子供たち」というテーマは重いです。倫理的な問題は別にしていまのクローン技術があれば同じようなことが可能なのかもしれないですね。怖いよね。しかし三浦春馬くんいい俳優だったよなあ。このドラマ出てる人全部うまいけど。綾瀬はるかちゃんも変わんないね。いま「天国と地獄~サイコな二人~」も見てたりするけど。
※ドラマ『わたしを離さないで』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】今日は1月10日日曜日は大体9時ぐらいです夜の書き方緊急事態宣言が発令されまして不要不急の外出はしないようにというするからの言葉があったわけですけどまた一か月以上ですね巣ごもり生活が始まると思うと気が滅入ってしまうんですけどまだ見てない映画とかドラマとか本読んだりとか行ったりでもいいんですけど嫌ならできることですねやってまあこういった事態をですねできたらいいなと思って今日は去年の10柄も去年見たてんがらもんと映画から追いかけてる三浦春馬君のドラマをですねまた見たんでそれの感想動画を上げていきたいなと思ってたので Amazon プライムで見れるものまで見てるんですけどおそらくドラマトゥーウィークスとわたしを離さないで見えないと思うけど今回は私を離さないでドラマの感想ではをあげたいと思ったのでネタバレに触れてしまうのでまだ見てないから行きますね見てから本編を見てからですねこの動画を見ていただけると嬉しいなと思ってわたしを離さないですけど主人公は三浦春馬君ではないのに重要な人物が主人公の綾瀬はるかと三浦春馬君と3人がこの話しよう人物ですけどあくまでも主人公はあるかで会って彼女の視点で物語を語っていくっていうのそういうドラマ見ますね姉さん2016年の1月から3月 TBS 系の金曜ドラマとして放映されたドラマですけどあの子検索がありまして2017年にノーベル賞を取ったかぞ石黒さんていう日系のイギリス人の方がいるんですけど西都賀日本で言うと芥川賞みたいな賞の最終候補に残った作品のような息子の原作が私を離さないでっていう作品を原作としてはやっぱりかなりしっかりとした作品であって原作を基に作ったドラマなんですけど名前とか常固有名詞とか色々舞台とか全部日本版として日本人が分かりやすいように変更してドラマ化したしてる作品イリスの物価文藝賞の最終候補応援されたようですね確かですかでも Amazon プライムで見れるのでぜひ見ていただきたいなと思ってこの話はですね楽しい作品ではないんですよやっぱり考えてしまうような作品になってコメディでもないしエンターテイメントでもないっていう感じがしましたねどちらかと言うともっと技術的な内容と言うかその人間のですね しまったよな普遍的なテーマを取り上げたとかそういうような難しい難しドラマになってるとこは結構考えながら見ちゃったし見終わった後もかなり楽しめそういう作品だから見て笑ったりとかするんじゃないので予めわかっていた方がいいかなと思いますね全体的にですねこれ10はあるんですけど三部航平みたいな感じになってて大きく分けるとですね三浦春馬君と綾瀬はるかちゃんとか3人が同級生って設定なんですけど本人の了承で青春で今健在健在な分け方くっきりとドラムを分けてるけどわかりやすい最初はですね最初の123話ぐらいは幼少期なので彼らはあまり出てこないんですよ子供時代っていうことなんで子役が子役の形がドラマの中でお話を膨らましてくっていう形だから最初のうちは何だあんまりこう見れないんですよ綾瀬はるかちゃんとはるかちゃんを少し見れんですけど春馬くんとかお母さんとかあんまり出てこないでもですね重要な部分なんで必ず見て欲しいな物体が陽光学園なんか全寮制の雪学校みたいなところが舞台ので全寮制と言うかネタバレに触れるんですけど彼らは全員が提供するために生まれてきた子たちだから 芸術を学ぶことを学びながらそのやっぱ人間らしい生活をしながらですね友達とのコミュニケーションだとかそれとも育みながらなってくっていうことなの幼少期ではいつも見てる人だけに見せてくれるとこが重要で彼らはそんな臓器提供するために自分まれてきたってこと知らないから女の子と疑問に思ってしまうんだからいろんな謎が出てきてなんか違和感とか不安感に苛まれながらもその日なんですね楽しく学園生活を送っていくっていう構成の2部2部青春期に入る前に自分たちの生まれてきたっていう使命と宿命みたいなのを知らされるんですけどそこでショックを受けるわけなんですかそこから青春期はまたその自分達に対する宿命宿命みたいなもんと向き合ってどうかっていうような話になってんでそれを乗り越えて今現在実際も臓器提供が始まる始まった始まっている状況をそれ3部まあそういう話なんで構造はミステリーなんですけどかなり重いし深い内容なんですよねただそんな学校なんてあるわけないですけど臓器提供だとかっていうようなとか人身売買ってそういう文ミスト式みたいなのが暗躍している国ってのあるんですけどもそれが当たり前になってる世界って今ない理由なんだからそういうはこの小説内ではそういったその臓器提供するってシステムがいいと思う当たり前の家作られててそれと舞台設定になってるんですね社会的にシステム化されてる理由そういったあるというか一種のアナザーワールドみたいな話になってきた服は敵である種ジャーナリズム的な芸術みたいなそんなような作品に感じました例えばピカソのゲルニカって言う多分一番有名な作品があるんですけど 不快な料理まあ恐らく原作者の数え黒沢この作品にいろんななんて使うよ自分の訴えたいことって言うかそれともの桜通り混んでると思うよ例えばまくろくろももちろんそうですけど人身売買や臓器提供するとかはやっぱりしゃべっていうようなところはかごに色々あったありましたねその魔女狩り的な事もあったしユダヤ人迫害とかその今で言うとブラックライブズマターとか黒人対する差別とか差別ってのは世界的に色んな所で起きてるわけよね破損したところ問題っていうものを抽象化して作品の世界観を作り上げたっていう風に考えてもそんなに外れてないんじゃないかなと思うんですよね僕は特にできるよって言うの他人から決められるということで戦時中のこととかも思い出したし日本で言うと神風特攻隊とかですね必ずしもこの行ったら死んでしまうっていう状況を作りなさいでは神風特攻隊でますね思い出してしまいました本当に悲しい話ですよね視点が綾瀬はるかちゃんの子ってなんですけど彼女は当然提供者であり色々決められる立場でこの世界で弱い立場の人間描くことでその彼の苦しみとか悩みとかというものでもやっぱり心打たれてやっぱりそれぐらい9ぐらいではるかちゃんが気づくことがあって自分達は提供して決められるんだけど決められてしまっているんだけどその提供される人間いつか生きるよ決まってるとだから私たちと違いはないんだよみたいなことを言うんですこの言葉がですね結構僕が重要だと思っててやっぱりその生きる生きて死ぬまでの期間の長さではないんじゃなくて事を言ってるんだと思ってる間に自分がどう生きてきた頃の方が重要なんじゃないかっていうことを言ってるように僕が簡単かな 三浦春馬くんのマーチトルネ結びつけたりしてしまったんですよね僕は彼の生きてきた人生とは他の人のじゃがいもの小芋たものないかなと思ったんですがとてもいろんなことを経験したし時間を無駄に過ごしてなかったような生き方をしてるんだなっていうのに思ったんですね彼を彼の映画とかそういったものを見てきて追いかけてきて全部は僕は知らないですけどファンの一人も全然知らないですけどそういう言い方してきたなんだってことがよくわかったとって彼の人生はとても密の濃いもんだったんじゃないかなと思ってそれが良かったとか悪かったとかいうことではないんですけど納得のいく人生であってほしいなっていうのは何ですかね座ってほしいという願いを込めながら通過したってことは非常に大きい存在だったんやったんじゃないかなっていう感じたんですよ彼の作品を振り返った時にこのドラマっていうのはどうしても避けては通れないようなドラマだったんじゃないかなと思いましたちょっと見といてとにかくですねこの空まで言いたかったのはおそらく人身売買とかですねそういうことが言いたいんだなと思ったんですが最後まで見て生きてる上で生きる糧となるわけなんだなっていうすごい普遍的な話なんですけどそういったことを表現してただそういう夢とか希望というのは水泳でも閉めてしまうものでもあるんだなと思った実際彼らはただ三浦春馬君とか死ぬ間際に夢と希望するただ一つ夢とか希望ってやついるけども愛っていうのは死ぬ間際まで感じることができるもんだなっていうのがこのドラマを見ても愛したい愛されたりいうことを感じることはできる できるんだなっていうことこのドラマで一番感じだったんですねドラマに関して一番言いたかったのはそこなんじゃないかなって思ったのは僕もそう思ってもっと深く知りたかったちょっと原作本も勝手ですね今読み始めてます本当にそうとっていいのかどうかというのを知るために原作の方を選んで選んでもらってそっちの方も見てですねでも三浦春馬の演技を見たいと思って見たドラマあったんですけどそれがあまりにもですね深いものだったんで石黒さんが伝えたかったなんなのかってことしたくなっちゃったそういう作品も勉強これから行ってくるねもちろん自分にも終わりってもあるのですからそのためにですね
おすすめの記事
「アンフェア」原作者×「SP」波多野貴文監督作品!映画『サイレント・トーキョー 』佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
「アンフェア」原作者×「SP」波多野貴文監督作品!映画『サイレント・トーキョー 』佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 サイレント・トーキョー ...