おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

アンチポルノ

うーん微妙。園子温監督の作品で映像はたしかにきれいでアートって感じ。女優さんもかわいいけど、なにが言いたいのかよくわからなかった。アンチポルノっていうからポルノ否定の映画なんだろうけどなにがアンチなのか、、、芸術作品としてみるならいいと思うけど。
※映画『アンチポルノ』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】園子温(そのしおん)監督映画『アンチポルノ』今日はですね園子温監督最新作アンチポルノ見に行きましたこれなんとロマンポルノということなんですよねポルノ映画ということでこの黄金町のシネマジャック&ベティという間ミニシアターでやってたんですねごいちっちゃいところでしかやってないんですよねこの中の雰囲気すごくないですかゴジラとねこのポスターがいっぱい貼ってある感じとかあとこのね売店かめやのパンっていう近くのパン屋さんのパンが売ってたりする凄い良い雰囲気でしたはい園子温監督アンチポルノ見てきましたねあのこの作品はロマンポルノリブートプロジェクトの一環として捉えた日なんですね5人の監督がそれぞれポルノとるって言ったんですけどもそもそもロマンポルノって僕も名前しか聞いたことなかったんですけども昔の日活っていうところに取られていたよちょっと嫌な死なんだか悩みとかがある映画ほどどぎつくないちゃんとストーリー性があるんでもちゃんとそういうムラムラした男性が見るような映画っていうものなんですけどもそれを今現在の監督がもう1回取ってみようっていうことで太ってきた先になんですねこれ一応ルールがありましたサンプルのマニフェストっていうのがありましてそれが80分前後で10分に来れば製作所で2週間以内で撮ってるんですけどもこれ本当にあの園子温監督のロマンポルノを取るっていう名目でもう自分の映画世界観を爆発させてるねもう本当にこれただの園子温監督がこのロマンポルノの約束事っていうの甥っ子縛り大喜利として自分の映画を取ったっていう感じがするんですねその白爆発でした内容としてはまあ主人公が京子っていう超性能も小説家なんですけども毎日多忙を極めていてそのストレスが溜まっていてその中で自分は強固なのか演じているのかわかんなくなっていくそして自分が作っている作品の中に自分が入り込んで抜け出せなくなってしまうみたいなお話なんですね今ちょっとあらすじを言って分かるとおりこういうのじゃなくないみたいな感じですよね普通ポルノって何か言って半日に寂しい若妻がいてそこでなんか不倫をするとかなんかちょっとね生徒と先生の禁断の愛とかそういうんじゃないですかもうこれちょっとやっぱり内容からしてもえどこで抜けるのっていう話なんですよねなんか本当に宝倉庫でもすげーなって思うポイントとしてはだからもうここの園が爆発してるって事なのねなんか本当に10分に1回の濡れ場っていうのも普通のセックスシーンじゃなくてもなんか知らないけどいきなりその女の人が女の人を動かすとか何かいきなり脈略もなくテレビ画面を張って写ったらそこで過去の昔の自分がセックスをしているシーンがいきなり流れ出しとかあの10分に一回そういうシーン流してるでしょっていうあのルールの隙間を縫ったその自分色の出し方をしてるんだよねなんかそこに園子温監督がこの決められた枠組みの中で自分で遊んでるって言う感じがするんですよねだから本当にロマンポルノ取りたかったんじゃなくてロマンポルノっていう中で自分が一個ジャンルを確立したかったんだなって思うんですよねでももう一個その子がやっぱりタイトルのアンチポルノにも込められてると思うんですよね反対みたいな意味だと思うんですけどもこの反対語の日活ロマンポルノっていうものをぶっ潰してやろうという意気込みが感じられるんだこのポルノ業界に喧嘩を売るそれと同時に乗るのは一体何なんだって言う子メッセージ性のあるんだよねご主人公がやっぱりこの創作活動している人だから今の表現の自由というふうな場合はれてるけどそのくらいだっていうセリフがあるんじゃねえって言われて実際は規制まみれたこれって言ってるけどま園子温監督のメッセージ園子温監督は直接僕達に言ってるみたいな気がするんですよねいつもともう一個の漢字ポルノって今のとして流通してるものって果たして本当にポルノなのかみたいなこともちょっと感じたんですよね例えば今主人公が年齢も18歳なので二十歳っていう風に偽って学生なのにそういういやらしい映画に出るって言うシーンがあるんですけど俺も法律で定めてるけど嘘ついちゃったらどうするっていうことか ええねんだけど本当にそういうのものに出たいっていう志を持ったやつは出ちゃいけないのかみたいなそういうこともちょっとメイク入れてるんですよねまあ当然だから法律に違反してはいけないっていうのは大前提としてあるんでしょうけどその表現の自由でそこに来たんした法律は越えらんないのかな自由じゃないじゃんみたいなもっと本当に若くても本のでたい奴は出ちゃいけないのみたいな事を疑問を投げかけてくるんですよだからこっちはちょっとね正直いやらしいシーンを期待してたんですけども1ドルとか問題提起されちゃったらやっぱもうそのねそういう意味での期待は裏切られますよねエロを見に行ってびっくりすることにこれ何ていうことなのにも劇場女の人めちゃくちゃたくさんいたんですよねだから園子温監督のファンだったら行くのにひるまずに見に行ってください黄金町シネマジャック&ベティっていうところと新宿武蔵野館というところで感情ですけどやってますんで興味がある方はぜひ足を運んでみてください今日の顔面にケーキのシーンと笑う主人公の女の子がごバースデーケーキに自分から顔を突っ込むシーンがあるんですけどそこのものすごい鬼気迫るシーンなんですけどもちょっと観客笑い声漏れちゃってるんすよねもうその笑っていいのか笑っちゃいけないのかっていうところの境目もわからなくなるぐらい世界観が出てましたもしよければお願いします
おすすめの記事