おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

undo(アンドゥー)

1994年に公開された岩井俊二監督の初期の作品。主演は山口智子と豊川悦司。二人ともさすがに若い。内容はほんと実験的な映画って感じで、好みが分かれるよね。山口さん扮する萌実が「強迫性緊縛症候群」というあらゆるものを縛りたいっていう欲求が抑えられない病気になって縛られまくるという。このあと、「Love letter」とか「スワロウテイル」つくったんだね。たしかにこれ観ると才能の片鱗は感じるよね。最新作の「ラストレター」も観てみようかな。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】岩井俊二監督映画『undo(アンドゥー)』山口智子、豊川悦司出演。今日はね現在公開中の岩井俊二監督の最新作ラストレターラストレター公開中なんですけどもラストレーターはですね小説版も出てまして小説版と映画版の違いをちょっとここでちょっとだけ解説してみたいと思います小説わがまま岩井俊二監督はねいつも素晴らしいですよね外傷性ストレスの人形徳利ラブレターもお前小説もお電話してねあとスワロウテイルもしてましたでもすごい美味しそうね小説が小説が出てましたねでも今回はラストレターラストレターの原作と映画の違いをちょっとだけできればと思いますねまずますんで行けばいいかなと思います 業者なんですけども小説では明確に何のバイトをしてるかが記されてます8お父さん様ですねイベントの金と車ですよね分かると思うんですけどもストレートに帰ってあの買って好きだった人に会ったりとかそういう話じゃないですか帰巣本能の動物じゃないですかやっぱねあのーお父さんかさんに鳩を飛ばすバイトをさせるって言うね非常に帰巣本能というところにリンクしたうまいとさせるなという気はしましたねあーなるほどなるとそこに行こう明確でもなく古風的にね初のバイトを入れてくるって言うのは寝ましたねお父さんはですねあの小説の中ではあまり語られないんですけどもお父さん側の家族の描写も描かれますねあの妹さんがいて妹さん家族を持っていてお父さんに疲れるって言うのもあったりとかですねまああのーその妹さんとの関係線を関係性を表しつつお父さんは家族で温泉に行くっていう話があるんですねその前の描写がですねこれまた秀逸なんですね小説でしか表せないが心理描写があってですがこれは映画に出ないなと思いつつもまぁ確かに入れると遊ぶな部分になるかなと思って来られた映画見て気に入った方は読んで頂きたいお土産の家族に対する思いなどの温泉のシーンから小説の温泉のシーンから市場に行こうを見て取れるのでこれはなかなか素晴らしい死んだと思います後お父さんが仲間がいるんですよね最初の岬っていう人舌を出した時の担当の編集者とかみさきの周りの小説家仲間と飲みに行くシーンというのがあるんですけどそれがねまたお父様さんかわいそうでも遊びに行くタイミングでちょっとよろしくないタイミングで飲んでたりするんですけどそれは小説を読んで頂ければ非常にお分かりになるかと思うんですが非常に飲みに行くとかもねすごい繋がりない部分で調節にしかない素晴らしい姿勢の一つだと思うのでこれで調節を呼んであのね他の小説家仲間にグチグチ言われるんですよね無理してない感じとかダメなんだろうなという感じはするんですけどまぁこれはかかるので想像してしまうのでも肯定的なシーンなんですよね読んでてもあのおばさんを肯定してしまうと言うか福山さんがやってることであのーお父さんかっていうキャラクターは負け犬のあるんだけどそこまでの間はないということに魅力的なキャラクターに消化されているので嫌な気持ちにはならないこういう状況を受け入れられる感じがしますね先に見てしまったということがあると思うんですがまあそれじゃなくても ですけど小説はサッカー部のマネージャーになってます神木隆之介サマー使うでサッカー部に入ってきてサッカー部のエースになってその先輩に憧れるマネージャーみたいな感じの立ち位置になってますねこの三角のあの転校生から S になる道のりの描写もあるんですけどやっぱりあの音坂3小説は完全にお父さんと3主人公の行動誰かさんがから見たしてのみの形で信仰されていきますのであのみてと曽我さんの心情よくわかんなかったなぁとかもう少しはどういう背景があるのかなっていう知りたい人には小説版っていうのは有効なサブテキストになると思いますね映画においてあのお父様さんに共感したとかお父さんの廃墟もっと知りたいとかそういう意味でスゴイ小説はそういう部分がすごい大きいのだと思いますあの映画はその話の流れに合わせて仕事に帰ってきた元沢さん記憶をめぐるんですけどどうしても話の進行が進んでしまうのでお父さんがその時どういう福山さん演じるお父さんございますもとにどういう心境の変化があって豊川さんが出てきますけどあの時あの恋人がって言ったという場合ってどういう心境になって思い出その後の夜の道を歩いてどういった思い出はサインインをしていたのかとかそうですね見た時になった人の自由な感想もあるんですけど小説においては明確にこのこの時こういう感想でしたこの際にこういう感想でしたこのサインの時はこういうまさか悪魔との契約が見たいな契約する際みたいだめだめ標識があるのでそれを確認する上でもあの小説はとても面白いと思いますはいさっきと言うかさんって言ったんですけどあゆみあゆみと福山さんの件は3時ほどさんのかつての恋人である歩美を奪っていったというキャラクターがあのシーンで背中で背中から胸なかなか繋がらないので色々あるんですけど結構明確に行動としてその福山さん福山さん演じるお父さんに対してこうとしての方に対してどう思ってるかっていうのが更新されてきますはいこのへんもとはちょっと違った印象になっててあのシーンって結局何だったので疑問に思った人も何人かはいると思うよね小説にはそこに関しては結構明確なお答えが用意されてたりしますはいそのその後は今お付き合いしてるさかいさんさかいさんという女性が出てきますけどあの仲間みほさんとのエピソードもちゃんと明確に書かれていませんが結構あの今の恋人なんだなぁみたいなざっくりとしかなかったので映画が見たい見てあの部分が消化不良だっていう人は小説版にそこに書かれています何と言っても何と言ってもこの映画のキモあゆみですよねこの時の歩みはですねあの映画では森永ナイト巨大なんですけど小説と兄弟ですね スマホという話になってくるんですねんでおじちゃんが犬を飼い始めたみたいなことになってくるちょっとその辺はで小説と映画と違って小説版の方が複雑な関係関係性になっていますねゆみに関してはあの映画に感謝の小説に関してももうなくなっていてその歩みの面影を書くキャラクター達も追いかけるって言う行動は小説も映画も変わらないのであゆみのキャラクターに関してはそこは言わないですよねあまり違いはないです映画と小説ではいバラストの肝になってはあの一緒なんかも一緒の描写ですとかの衣装です衣装子供に残したい衣装とかの描写や展開ラストもほぼほぼあゆみ個人に関しては何も変わらないのでそこはの映画と小説に関してはすごい共通したものになってますあとですね映画だと秋田演じる側のゆりの旦那さんは真ん中だったんですけど小説家ではね全然漫画家でもなんでもなく普通の子のパパだったりとかあと犬の入手経路についても明確に書かれていますどういうあれで買うことになったのかとかあのあれですねあの映画では有利に関してまさこさんが演じた友人に関してなんですけど友人に感謝ですねあの一番明確に違うのは今ほぼほぼほぼほぼ映画当日はそうなんですけどやっぱ弟がいないっていう設定ですね後で大きく違うのは雅子さんはそうですね松さんが演じてあの同窓会のシーンの後なんですけどバス停に追いかけるシーンがあるんですが映画ではですねお父さんは福山さやかさんがバス停まで追いかけてきたんですけどそこに感謝ですねお父さん母さんの方が小説はお父さんが山の方がその同窓会の場に居られずも痛くてちょっといいなれなくなり先に抜け出し百合の後を追いかけるという展開になってますねありがとう追いかけて連絡先交換してあのメールのやり取りがあってスマホが使えなくなるって言う流れはあるんですけどそこの最初のどっち側のバス停に追いかけたかっていうのも違いがありますねあとそのさっきも言ったんですけどあのあゆみの方に弟がいる場合女の弟の設定なんですけど結構怒られ小説と映画の大きな違いで弟くんの弟くんのゆうた君が割とドラマ音声を勝手になります割とドラマを背負ってあお母さんがいなくなったがいなくなったわけですからそのお母さんあゆみっていうお母さんがいなくなってこのこの男の子にこういう心境の変化とこういう影響があったんだなっていうちょっと映画ではちょっとねあのーハイライトおばあちゃんを追いかけるシーンがハイライトだったりしたねあそこにかですね明確なハイライトシーンとしての心情の変化と出来事がその音を作るには用意されてますねというわけではの映画と小説の違いはと登坂さんの心境の変化とか生活背景とか今どういう状況に置かれてるどういう心情なのかその時の心情の変化はどうだったのか見たいなという音楽を大きく違うところですか細かく小説では書かれているのでお父さんが残業者まあ主人公お父さんとしては小説だといろんな人の視点から入ってくるんで主人公とサバさんだけにフォーカスしてどういう心境の変化を追っていったかっていうのは大きな大きな明確な違いかと思います小説ちゃんとわかってますけど映画監督自身が書いてますし映画のサブテキストとしても非常に優れた構造になっててまぁ何より映画見た人は登場人物も空いてきてるんで非常に読みやすいと思いますちょっとちょっとちょっと角度を変えた時点でラストレターを見るという意味も含めまして是非是非小説も読んでみてはいかがかなと思いますはいという感じで今日はお疲れ様でしたありがとうございます
おすすめの記事