おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

空母いぶき

敵国が攻めてくるという現実には起きてほしくないストーリーだったけど面白かった。原作とは話が違うみたいだけど、政府の対応や自衛隊員の行動や心情、そして一般国民の平和ぼけ的な描写がよくされていて楽しめた。演技も本田翼ちゃんはいまいちだったけど、艦長役の西島秀俊さんや佐々木蔵之介さんなど他の役者さんはみんなうまいよね。戦争ものはあんまり好きじゃないけどこれはいい映画でした。
※映画『空母いぶき』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】映画『空母いぶき』西島秀俊、佐々木蔵之介、佐藤浩市、本田翼出演。映画のお話行きますねえタイトルは空母いぶきっていうやつでねこの映画であの久しぶりにねあの最初から終わりの方までねあのドキドキドキドキしました僕の中ではねあのなんてなんていいですね今年の方がも含めて邦画も洋画も含めてはもう今んところナンバーワン一押しですねあの僕もずっと劇場に今通ってるんだけどこの前で上映されたね8日のハンターキラー潜航せよと何かこういうお話が被ってるような感じがしてどうなのって真反対明はねちょっとこういうことありかなとか思うけどまあの洋画の世界映画の作成にもある話なんでまあまあまあ楽しめたんですよねでこれ空母いぶきが擦れると音邦画の立場ないなと思いながらもねあの予告編西島秀俊さん佐々木蔵之介さんの二枚看板と二人ともちょっと何だよ漢字じゃなく LINE にするとねなんか独特の雰囲気を醸し出す俳優さんでその2枚看板で結構期待できるのじゃないのかなとか思ってたんですよねあの予告を見てる段階では封切り食材にねちょっとネットがざわついたのが洞通の役をするとこういったがねあの最初この薬はオファーを断ったんですとあの体制側の薬はできたら行きたくないっていう云々かんぬんということはねあの佐藤浩市さんが喋ったっていうのが流れた時にねあの小説家の奥さんが怒ってみたいのであんたをしていたんだけど僕はね俳優としたのでさとこさんはすごく評価をしていて実際今回の空母いぶきの中でも阿部さんがもし実際リアルでこういう立場になったら今佐藤浩市さんが演じているようなことを言うの選択かもしれないけどけど憲法との絡みがあって国民との約束があるかなとかいうことをねあの思いながらもね決断していくのかなというので考えさせられたので外紘一さんの演技は僕は成功しているという風に思いました佐々木蔵之介そうであの脇役でねあのあちこちの役で出るじゃないですかこの前の何だっけあの居眠りことねこれでもあの道場の市販薬から寝てますよね佐々木蔵之介様本当にご迷惑としてはもう方がいなくてはならない人なんでもその存在かもねいいなあと思いましたそして西島秀俊で僕の中ではあのストロベリーナイトからですねでなんでその後あの女が眠る時2016年クリスティクリーピー偽りの達人2016年結構グッと来ましたね助けられたんですねなかなか面白かったクリーピー偽りの殺人が面白い作品が目立っておりますそしてなくてもいいかもしれないんだけどグッドモーニングショーの悪役みたいな感じだったんだけど忘れちゃいけないのは 今回の空母いぶき野田組とほぼ同様の方々が組み合わされた王国のいいですよねって言ってあの北朝鮮の工作員役を何だったんですねでも僕の決勝で見てますが記憶に残ってて日本人よこれが戦争だっていうのねあのキャッチコピーその言葉を発するのは何だったと報告するのは海だったらあの今回の空母期待できるぞと思いながら行ったんですねあのねあの日本が置かれている町青学的な位置だと思う中国の台頭による今ねとん八まではいかないけどちょっと雲行きが怪しくなっている米中貿易戦争の中でねあのどちらともね日本とアメリカと軍事同盟をしている国であるし経済的にはねもう中国との関係はもうなくてはならないものになっているでずっとねあの jp 世界第2位の地位を占めていた日本はねその中央今中国に明け渡した所って言うところでリアルな環境がねこの映画の中に反映されていてね多分これじゃないのかなと予想していたんだけど 報道報道陣の一角を担っになってスクリーンに登場するのはね意外とした感じもあるから治りがいいなと思いましたね本田翼くんとの絡みがあるやつ忘れちゃったけど何だっけあの構成があるとなんとかかんとかって出てますよねはい今回ご紹介するのは9月の今年の映画ナンバーワンです是非ご覧になってください最後まで見ていただきましてありがとうございますまたのお越しをお待ち申し上げております
おすすめの記事