おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

くちびるに歌を

いい映画ですね。アンジェラアキの歌じゃないけど、たしかに10代の頃って誰しもなかなかほかの人にも相談できない悩みを抱えてますよね。家族のことであったり、恋愛のことであったり、友達のこっとであったり。とくに経済的に自立できない分、家庭環境に問題があると苦しいですよね。この映画はもちろんガッキーもよかったけど、生徒たちの演技や、俳優の名前知らないけど、知的障害をもったお兄さんを演じた人とか素晴らしかった。島の風景も素敵でした。
※映画『くちびるに歌を』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画 1 2

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】ガッキー可愛い!映画『くちびるに歌を』新垣結衣、木村文乃、桐谷健太出演。1.Hyde お気に入りの映画って素敵ですね映画のようななんかちょっと忘れましたが今回お送りする映画はこちらですねじゃあくちびるに歌を合唱の中学校の合唱部の話ですね主役ガッキー新垣結衣さんから先生役で木村文乃さん木村先生役で桐谷健太さん裏浦島浦島太郎中学生ので取りますただラッキー天才ピアニストなんですけどいろいろ過去があって今ちょっとピアノが弾けない状態になってしまうふるさとの中学校にねま臨時教師として赴任するとねあとこの合唱部の先生顧問でガッキーの友達楽器はピアノのすごいでは来るみたいな感じになるんですけどやっぱピアノが弾けないんですよねちょっといろいろトラウマ誰なのか書いてて行けないんですけどま合唱部の顧問を任されるわけですで合唱部のこのメンバーでそれぞれ皆家庭にいろいろ問題を抱えてたりとかねだんだん分かってくるわけですよねそうすると楽器もだんだん私も自分の向き合ってピアノ弾くはいい感じになってくるわけですそういったヒューマンドラマですねこの舞台がね長崎の五島列島まあ舞台になってるんですけど景色もね素晴らしい所だし一回猫行ってみたいなあと思わせるような素晴らしい景色でしたねもう話もなかなか感動的レコ最後の方はねちょっと泣いちゃうよような感じでしたねなかなか良かったですねちょっとね見たことない方はこのドラマは結構評価高いんじゃないすかねこれを見て合唱いやなんか始めましたんじゃないかなと思うんですけどそんな感じで今回はくちびるに歌をガッキーガッキー美人ていうね今回はこんな感じになります予定。2.くちびるに歌をという映画は小説が発表され映画化という流れで制作されましたこの曲は劇中では当然ながら主題歌としても使用されており他にも映画書道ガールズわたしたちの甲子園やアニメ映画カラフルの劇中 BGM など幅広い作品で使用されているようです何よりこの曲は小中学校の卒業式で頻繁に歌われているようで若い世代の方々ならばよくご存知の曲ではないでしょうか残念ながら私の時代には存在すらしていませんでしたではいつもの冒頭のあらすじ紹介舞台は長崎五島列島のある中学校3級を取ることになった合唱部顧問松山春子の代理として家の中である柏木ゆりが赴任するところから物語が始まりますかつては天才ピアニストとしての経歴を持ちさらにその美貌からもともと女子しか存在しなかった合唱部に男子生徒が殺到生徒との亀裂が生じ対立は深まるばかりそんな中柏木は音楽コンクールへの出場を目指す者たちに課題曲である神拝啓十五の君へにちなんで15年後の自分に向けて手紙を書くという課題をだしは戸惑いながらも書き綴られた手紙の内容から彼らが抱える悩みや葛藤などが打ち上がりその手紙は柏に自信が抱えるある心の傷までも明らかにしていくという感じの内容です監督は陽だまりの彼女やホットロードなどを手がけた道 TAKAHIRO 主演の柏木ゆり役に新垣結衣脇を固めるキャストに木村文乃桐谷健太合唱部分約2年末より下田翔大葵わかななど実力派から瑞々しい注目の若手までは揃った珠玉の助手席映画です舞台となった長崎ではオールロケを敢行穏やかで美しい島の風景を堪能することができますさて私の感想ですが私的には概ね満足できた内容でしたポスターから見る印象ですとなんとなくスイングガールズのような全国大会を目指す的な作品はもう少し落ち着いた感じですがと思いきや本作はどちらかというと15歳の少年少女が抱える様々な悩みや葛藤に焦点を当て合唱を通し生きる意味を見出し前を向いて歩いて行くということがメインテーマでしたですのでどことなく全体的に抜けたような明るさはなく鳥と静かに物語が進みます主演のガッキーも心に深い傷を負っているため全編と笑うシーンは皆無なかなか珍しい姿だなあと思いました他には野外で発声練習をするシーンがサウンドオブミュージックを彷彿させたり離島に新任教師が赴任してきて子供たちと心を通わすシーンは名作24の瞳っぽいなあなどと感じましたね作品的には派手さはなくむしろ地味な印象の映画ではありますが観て損はない良作な映画だと思いますそんな今作の評価は満点中星4の80点物語中盤からずっと涙が止まりませんでした悩みや葛藤が全て書いてこれからも続けていくという終わり方も非常に現実的で良かったと思いますではまた次回
おすすめの記事