おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

三度目の殺人

ひさびさにまた観てみたけどかなり深い映画ですよね、これ。結局誰が殺人を犯したのかが最後まで明確に描かれていないという。役所広司演じる三隅が、弁護士の福山雅治演じる重盛の心の中を読むカラクリも最後までわからなかった。でもずっと引き込まれましたね。法廷や司法の忖度ぶりもリアルだったし、女性の検察官を演じたアンナチュラルにでてた女優さん(名前忘れた)もすごくよかった。またしばらくしたら観たくくなるかもしれないな。
※映画『三度目の殺人』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画 1 2

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】1.是枝裕和監督作品!映画『三度目の殺人』福山雅治、役所広司、 広瀬すず出演作品。今回は3度目の殺人ですね今公開されてからかなりの日にちが経ってるのもありますし今回はレビューと言うか私のネタバレありきのですね個人的な感想をくっちゃべっていきたいなという風に思います特にあらすじの説明とかしませんしネタバレありきですね感想を率直に述べていくのでは本編をねご覧になった方向けのですねえ動画レビューであるということをご了承頂きたいなという風に思います三度目の殺人なんですけども是枝裕和監督ですねうみまちダイアリーだったり海よりもまだ深くってのはね最近の作品ではありました日常生活の中での音ヒューマンドラマみたいな立て付けの映画がまぁ最近は多いのかなっていう印象だったんでこの三度目の殺人豊中殺人事件を題材にした作品っていう音邸まで持っていくことにしたんだってことでちょっとびっくりしたんですけどもですね非常に驚きましたすごい良かったですストーリーの骨組みっていうか建付け自体はちょっとジャンルが違うんですけどはっきり言っちゃうと7とかそれから羊たちの沈黙ですね特にこういった作品に極めて近いストーリー的な骨組みを持った作品かなという風に私は思いましたところが映画のジャンルとしてはサイコサスペンスではないですはいサスペンス法廷サスペンスではあるけども最高ものではないですなぜかと言うと容疑者のミスミって言うんですねこれ役所広司さんが演じてますけどもえーまくりだったら彼がますだって話になるんですが決してねサイコパスとして描かれてるような感じには見えなかったですねまあそう言うなふうに見えてしまう一瞬もこれ大根とかどうか分かりませんけどあるんだけど結局のところですね福山雅治さんが演じる主人公には観客が感情移入していくわけなんですけども同時にですね主人公と容疑者のミスミの人間像っていうものを重ね合わせて見てしまうんですよだから自ずと等身大でその容疑者ミスミっていうものを見つめざるを得なくなってくるね見てるとサイコサスペンスだと距離置いてるわけですやっぱりねえちょっとおかしなやつだって言うたいの歌詞のやつとして描きますから当然その観客との距離感があるわけなんですけどこの映画は自分自身と次第に重ね合わせてしまうのがこの映画のサスペンスとしての恐ろしさであり且つ最高過ぎではないという面じゃないのかなという風に私は思いました私も含めてこの映画見た人って非常に気になるポイントは必ず出てくると思うんですねそれ何かあって凸マリオのタイトルなんですよねなぜ三度目の殺人なんだと2度はもう殺人事件として明示されるわけなんですけども見つめっていうのは見えないですね入った三代目の写真みたいなんなんだと言ったところが私は非常にですねあのね最初見たときまこり舌に干渉したけどネットなんかもしちゃいましたよちょっと間に走りすぎるところがあるんであるけどネットでどんなことかなっていうのは見ることもあるんですけどもとにかくがちょっと不可解な面が最初にあったんですねタイトルの3度目となるというところですね一般的にはどうもまあこれで倒れますよもう寝ちゃいますけどもこの役所広司さん演じる三角は最終的にはその死刑判決を受けるわけです死刑によってその身を国家が殺すということが三度目の殺人なんだといったような 解釈が一般的なのかなそれは多分間違いないでしょうおそらくこれだ脚本も熱心された是枝監督もそういう人は多分あのあったんだなあったとは思いますが私のその何ていう独断と偏見系の妄想トークで言うとさらにもう一つ裏があるんじゃないかなって実に私が最終的には2回見てあの感じてるわけでそれ何かって言うとこの物語を通して最終的に主人公福山雅治さんが演じる主人公名前何だったかな押しちゃったかなって何か書くの人物に体操しちゃったかなっておかしいかもしれませんけども役目が重盛さんこの主人公の重森は私の方にも弁護士だとか法律家としての活動は少なくとも弁護士ですね法廷弁護士としても精神的にやっていけなくなってるんじゃないかなとそこまで彼は打ちのめされてるような気がしてなりませんつまり犯人役と会えていますけどもあんまり大きさやくって言った方がいいのかな役所広司さん演じる三角によって弁護士としての職業生命を絶たれたこれが三度目の殺人なんだと言ったまあ裏もですね裏っておかしいのかなんでしょそういうものも裏側にはあるんじゃないのかなという風に思いますまあその職業生命を断たれたって私が感じた根拠は特にラストですよねあの交差点の真ん中で立ちすくんわけですねそして空を見上げるとそこにはやはり10時の電線が手を交差して10時に見えるっていうものを見つめるだけですけどね彼はで立ちすくんでしまうわけですよ立ち止まるというよりもねもう彼は遠い自分がやっていくべきか完全に迷いの境地に入り込んでしまっているなぜかってある意味その容疑者 MISUMI に対して共感してしまった部分があるちょっと違う共感とは違うのかもしれませんけど私は彼を裁くことができるのかとマリはその彼の裁きに対して主体的に立ち会うことがせいなのかひではないのかと思いなら迷うにぶつかってしまって多分そこにはまってしまったらもう法廷弁護士ができないそういう風に私は思いました役所広司演じる三角はつまり容疑者はね復習をしてるんですよね最初の殺人によって彼はその主人公重盛の父親はハンジだったんですけどね最初の3000個の映画の中では過去の出来事として語られてくるわけなんですけどもそこであり実は殺人犯して死刑になるんちゃうかという重大犯罪の裁判の中で結果的には何時ですかって言うんですか死刑を免れるわけですよそれで毎年するわけなんですけど2度目の殺人を犯してしまうわけなんですけども犯してしまったと見なされて裁判にかけられるわけなんですけどもそれに対しては非常に彼は不満を持ってたんじゃないのかな私は思いますという形で自分自身は裁かれようとしていたっていう意図が一度目の殺意の時点でやるミスミの中にもあったんじゃないかなと思うんですねそれを二代にわたっての復習で息子の重盛福山雅治さん演じる主人公に対して復讐をしてきたんじゃないかなそう考えるとも私冒頭にサイコパス映画じゃないって言ったけど多分2サイコパス的な要素もあるのかなあとは思うんですけどもまただこの映画の視点というものがサイコパスサイコスリラーを描こうという立ち位置の映画ではそもそもないのでそういうことではないんじゃないのかなって話がややこしくなってきましたけどもこの映画のテーマっていうか別になってるのは なんだかんだ言いながら職業的には耐久みたいなものであって職業的に行って言うから社会的地位と言うかま結局海峡ですね社会的地位という部分でのやっぱり見えざる階級みたいなものがあってねで特に職業的な特権階級に属する人間等ありがそこで構成されているいわばその高層階って言うからこれが出れば了解ですよ分かりやすければその法律の世界では放送書いて何ですかその中に横たわるいわば自慢です自慢に対する強い富子が込められてるような気がしてなりませんまさにその怒りを心の中に持ってるのがこの容疑者薬の三隅ですね非常にね社会的なメッセージをはらんでいていわば容疑者薬飲み過ぎは最後かもしれないけれどもサイコスリラーではない非常に面白いね建付の物語らしい映画だなという風に私は感じてしまいました。2.本日もですね先週から地上波で放送していた是枝監督の3度目のこちらは俺見た後のおまた話そうと言うかねもうやめ雪があるのでそれをちょっとこれ話ししたいと思います8自分の中でねある程度分かってる時もんってのもあるんですけど正博ですよね実際に父親から性的な虐待ですかそれを受けていたかどうかっていうことですねこれについては裁判 LINE で母親と広瀬すずの会話のシーンてその父親に関して言うと悪いのはお父さんだけじゃないのよみたいなことを母親が YouTube でこれってねまああのーなんでそういうことが起こったのは父親だけの責任じゃなくてそれを拒まなかったまたは拒めなくてちょっとするとそういう状況にさせてしまったなってしまった広瀬すずにも責任があるんじゃないのと言う事を言っていると思うんですよそれで考えるとおそらくそういう事実もあったでそのことを広げ役所広司に話したらどうかそして役所広司は実際に広瀬すずの父親を殺しているのか動画で広瀬すずがやってるかどうか正直わからないんですけどただ非常に役所広司の部屋に遊びに行ったりとかものすごく人間ができていたんでそういうことを話していてもおかしくはないですよねそれと役所広司が殺していたかまあ冒頭でね殺すシーンがこれありますねで殺した後にそこにねガソリンをまいて火をつけるシーンもあるんですかただねあのね気をつけるしかない後ろ姿なんて顔が見えないからちょっとしたら違うのかなあなんていう風にも思いますけど働かんでこれは生まれながらにそう言われてますけど広瀬すずはかたくなに草加工場の屋根から飛び降りて怪我をしたその結果だっていう風に言ってるじゃんかどちらが本当なのかなんてそんなね広瀬すずが嘘をつくのが結構わからないでそれと約束を自分の飼っていた鳥を埋葬しているじゃんそこを福山雅治重盛があのその墓を掘って言うと鳥の遺体が寝ててその鳥があの実際に降り始めるところまで凝ってるところまではこれがある中で映像としてありますけど実際に鳥の痛いのシーンではないんですけどあの会話の中でねなんかこう言って埋まっていたっていうこと言ってましたよねなぜこれを一度に殺したのかまた本当の病気で死んじゃったのかちょっとよくわからないですねこれは国山の中ではひょっとするとこの役所広司演じるが自分がねこれから刑務所に入るのは当然分かっていて殺人を犯した鳥の世話をすることができないそのために殺したのかなこの上に十字架が描かれてるじゃないですかあの実が殺した広瀬すずの父親の焼死体があったところにもあのガソリンの燃えた後金子侑司かのようになってますなんかこの映画の中で寝バックとかさばかれるみたいなことを約束を何か話してましたね広瀬すずの父親は裁かれたのかもしそうだとすると鳥たちのサバ裁かれたのかまたはね単純にそのキリスト教の人のキリスト教の信者の人も分からんからとよくねあの紡績から14日だったりします単純にお墓としての象徴なのかその辺もよくわかんなかったなあこの疑問ですねそれとあとあのこれも最後の音裁判で判決が出てその後に三隅下に会話をしているシーンの中であのね 将監第二広瀬すずの歌かけてその性的暴行の件とかいろんなことをその証言をさせるこれが嫌だったからそれをしたくないから店には最後に証言を交えたということなんだろうっていう風にねあの重盛が話すといいわもしそれが本当だったとしたらそれはすごいいい話ですねみたいなこと三隅余裕じゃないですかあれどういうことなんですか違うんですかねあってそれを否定しちゃうと本来だったらあのもう限界に来ていろんなことを追求していけばひょっとするとねこのみすみという男は死刑にはならなかったですよねあれとしてその福山雅治演じる重盛真似良かれとしてこの話に乗ったのにそれ違うんだって NARUTO 無期懲役になったかもしれないものを死刑にしてしまったっていう責任をものすごく感じるじゃないですかこの役所広司という男に関して言うと福山雅治腸炎薬のはじめなんとかさんで俳優さんがねこの人も元々この人研二の元検事だか何かっていう役柄ですよねでその中でねこの役所広司演じるねミスミのことをあいつはねあの中身のない空っぽの器のような人間だっていうのは表現していますよねこれがまたどういう意味なんでこの三度目の殺人っていうタイトルこれもなんかよくわかんないんですけどもともとその橋爪さんがけんじだか検査の中でこの一番初めの事件って言うんですかねこれが犯した事件これはの北海道の留萌で二人の女金貸しの人砂金採りの人かを殺してるですよね今回のこの映画の中では広瀬すずの父親を殺して都合3人殺してるわけそうするとちょっとなんか感じるんですけどこれ映画のタイトルが山賊の写真ですよねこれ3人殺してるんで3人目の殺人だったら分かるんですよこれも音が鳴る詳しく触れられてないんだろうけど目の殺人はこれ映画を見ていると林さんの中では二人の願いを一度に殺して殺しているのだと思ったんですよね別に殺したら別の時期っていう間をおいてねそこちょっとよくわかんないんですよねもういいで人を殺してるけどそれを一度に殺しているのだとしたら殺人事件としては二つで二度目の写真ですごめんちょっとよくわかんないですねあのねさっきねこの動画を作るにおいてちょっとこの三度目の殺人の予告編というのでちょっと見てみたんですよその時に気付いたんですけどナレーションの前半の方でねあの勝ちにこだわる弁護士とこの勝ちにこだわる弁護士ってやま雅治演じることで勝ちにこだわる弁護士と2度目の殺人を犯した男これは役所広司演じるには間違いないですよね2度目の殺人を犯した男って言ってるんだから動画広瀬すずの父親の事ですよね殺人を犯した男の深い闇その先に待ち受ける3度目の殺人とはていうのがもう後半その予告編が終わる本当にちょっと前になるそういうナレーションが流れるんですよだから二郎の殺人を犯した男の深い闇に同化したっていうのが思い出のことなのかそれとも広瀬すずの父親を殺したのが2度目なのかその先に待ち受ける3度目の殺人とはということだから三度目の殺人は実はこの映画の中では犯していなくて実際にねその後に誰かを殺したっていうことじゃなく ちょっとこれわかんないすねあの映画本編とね予告編ってなんていう考えればこのことを全て荒らしてるとは言えないですけどもちょっと疑問ですね私もそうですけどその被害者被害者によって苦しんでる人達がいるからそれを救うために自分がねそういう子達の気持ちの受け皿というかそれとなってもそういうことをしているのかねちょっとごめん正直わかんなかったんですよこの辺でちょっとネットで調べることは多分簡単なんですよねいろいろいろんな意見出てると思うんですけどちょっとプリンさんの動画見ている方の中でねこれはこれはこんなことを話してたよコメントを頂いてもうコメント書いてるんですけど結構よね面白かった面白いって言ってみてそのやり取りになったらいいかな
おすすめの記事