どもども、さむたろうです^^

家のテレビやPC、スマホ、タブレット、PS4などのゲーム機で、映画・ドラマ・アニメなど観るのが大好きな方のために、お得な情報や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

さむたろう
U-NEXT(ユーネクスト)に動画配信サービス(VOD)に加入してよかったところは、ぶっちゃけアダルト見放題^^なんとこです。それまでプライム会員なのでアマゾンプライムビデオは観れてましたが、アマプラはアダルトないんですよねぇ。ユーネクストはアカウントも家族で4つまで分けられるので、妻や子供に視聴履歴がばれることもないし、作品数もめっちゃ多いのですごくいいですね。もちろんアダルト以外の映画やドラマもみままくってますけどね。あと雑誌や電子書籍も読み放題なのもなにげにいいです。雑誌って買うまでじゃないけど読みたいのってありますよね。ユーネクストの悪ところはとくにないけど、あえていうなら月額1,990円とほかに比べて若干高いことかな、でも毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質月額1000円弱なのでサービスを考えるとめちゃコスパいいと思います。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】今日は私が加入している u-next について加入を決めた理由月額の料金と加入して良かった点悪かった点を挙げていきたいと思います加入を決めたわけです u-next に加入する前は私は Netflix と Amazon プライムとプールに加入していたのですがネットオリジナルコンテンツが充実していますプールは日本のコンテンツが充実しています Amazon プライム月額料金も安くてお急ぎ便がかなり重宝していますということもあって三つとも長所がちゃんとあってどれも加入して満足はしているのですが意外と三つとも特に動画に関してはかゆいところに手が届いた言うかその先いいのがあって感じるものが多いですその三つは旧作の名作好きな私にとって少し物足りなさを感じていましたそこで u-next のラインナップを見たら私の好きなほとんど見られる市31日間無料トライアルがあるのでトライしてみたら加入してみなきゃ知らなかったコンテンツもあったので加入を決めました月額料金のお話です眠気が1990円ですそして配信されているコンテンツが月額料金内で見られるというわけではありませんコンテンツには基本料見られる見放題の映画とポイントを支払って見られる映画があります基本的には旧作が見放題で最新の映画がポイント支払って視聴できますこのポイントですがお金を払ってポイントを購入もできますが毎月1200ポイントは必ずもらえます新作のレンタルポイントは500 P ポイントで毎月もらえるポイントだけで日本は新作が無料で見られます半年前に劇場公開されたばかりの新作などが基本料金内で見られるということで私は最高思いましたかたわ都内だけではありません u-next と連携している映画館はこのポイントを利用して超最新の映画も見られますポイントは1ポイント1円計算なので毎月ポイントを取っておけば再生ががほぼ一本無料で見られるというのは超お得だと思いました次に加入して良かった点を挙げます加入して良かった点はまずは映画の量です LINE タップの映画については概要欄に貼ってある u-next おすすめ映画特集50点などを見て頂きたいのですがかゆいところに手が届いているイメージで私がおすすめする映画は基本見られます後は先ほども紹介しましたがポイントシステムで毎月1200ポイント必ずもらえるので月額の件いいかなと思います映画監督素晴らしいシステムなのではないでしょうかあと加入してから分かったことなのですが漫画や雑誌などを読むことができますかなりの数が開き方雑誌のコンテンツが充実しているなんて知らなかったので入った時はすごくお得に感じました次に加入して良くなかったところですね単純に月がポイントが毎月1200円もらえるので実質月額料金が1000円以下とはいえウィングシステムを知らなかった場合は躊躇してしまうレベルで高いです後は海外ドラマ有料が多いです1話だけ無料やワンシーズンだけ無料のようなものが多くてドラマを見るのであれば確実にレンタルショップで見たほうが安いと思いましたということで以上が u-next のレビューです u-next の洋画の豊富さは他社のサブスクに比べるとダントツと言っていいほどあります少し映画見られます私にとっては最高な寒さでした皆さんも是非加入を検討してみてはいかがでしょうか私のチャンネルではジャンル別おすすめ映画を紹介していますこの動画がよかったらいいねチャンネル登録よろしくお願いしますそれではバイバイバイバイバイバイ
おすすめの記事