おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

すばらしき世界
「ゆれる」「永い言い訳」の西川美和監督が役所広司と初タッグを組んだ人間ドラマ。これまですべてオリジナル脚本の映画を手がけたきた西川監督にとって初めて小説原案の作品となり、直木賞作家・佐木隆三が実在の人物をモデルにつづった小説「身分帳」を原案に、舞台を原作から約35年後の現代に置き換え、人生の大半を裏社会と刑務所で過ごした男の再出発の日々を描く。殺人を犯し13年の刑期を終えた三上は、目まぐるしく変化する社会からすっかり取り残され、身元引受人の弁護士・庄司らの助けを借りながら自立を目指していた。そんなある日、生き別れた母を探す三上に、若手テレビディレクターの津乃田とやり手のプロデューサーの吉澤が近づいてくる。彼らは、社会に適応しようとあがきながら、生き別れた母親を捜す三上の姿を感動ドキュメンタリーに仕立て上げようとしていたが……。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】西川美和監督作品!映画『すばらしき世界』役所広司の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。今年はお花が暑いですねその中でもホットな素晴らしき世界これまたパワーのある作品でしたゆれるディアドクター西川美和監督の最新作役所広司さんが元ヤクザで元殺人犯を演じる本作ですが結論としてとても楽しいコメディです元殺人犯が主人公のコメディなんですねそしていわゆる社会的弱者を取ることについての映画西川美和龍映画についての映画であり万引き家族パラサイトとその延長線上にある我々観客に素晴らしき世界は本当に素晴らしき世界かと問う映画でもありますコメディですがパワフルな一本ですね一体どんな映画が今秋の新作素晴らしき世界まいますはいちょっと出生した元殺人犯が主人公読めるのは記憶に新しい虎狼の血でほぼヤクザな警察だった役所広司さんですから怖い映画かなと思いの方いらっしゃるかもしれませんがコメディですね社会復帰コメディーと言うべきでしょうか少なくとも中盤までは自然と笑いが漏れる作品でもありません物語で寒そうな冬の旭川刑務所から出所した主人公の三上十代の頃から裏社会に身を置いて人生の半分を刑務所で過ごした男ですこれはもう国道じゃない今度ばっかりは堅気ぞと闇社会から足を洗うこと近い東京の下町で社会復帰を目指すという風な序盤でございません何が素晴らしき世界素晴らしいかと言うとですね主人公のキャラクター造形ですとにかくキュート三上がキュートこれにつきません感情のフィルターがないといいんでしょうか思ったことをすぐ口に出して自分に嘘をつかない何事にも誠実に全力で取り組むとこの三上実在の人物がモデルでしてそれが本作の原案ノンフィクション小説身分証の裏という男の田村庵野インタビューをラジオドキュメンタリーにした国籍のない男という作品がありました木残念ながら聞けなかったんですが西川美和監督聞いて驚いたということですねこの田村さんが近所のおじさんくらいの感じだと声も高いととても殺人犯とは思えなくて驚いたということですがまさしく実在のモデル通り一見普通の真面目なおじさんゴミの分別もちゃんとしてとってもあの人殺人犯なんだよな一度感情が表に出るともう止まらないそんな大型犬のようなキュートさとスリリングさこれを役所広司さんの最高のコメディ演技で見せませんもう炸裂な役所広司さんの演技で割と買ってしまってると思いますね見ていて応援不可避な三上これが作れただけで勝ちですね好み神が我々にとっての日常しかし彼にとっては非日常に苦しむとお金がないじゃあ生活保護出し樫本反射の三上は市役所で厳しい目で見られる刑務所に入っていたので失効してしまった免許証を再発行しようしかし自動車学校に入るお金もないドライバーあの仕事ができないしかも6日美和4歳の時に母と生き別れているので戸籍もないとこのハードモードしかも三上心臓に病気を抱えているととても厳しい設定ですね実際見ていて辛くなるシーンも多いんですがしかしベッドになりすぎない三上のキュートさまっすぐさ役所広司さんの演技によって映画戦隊の宿わしはあくまでコメディを維持するとか音楽もテーマソングも軽やかこのバランスがとても心地よくて映画を引っ張っていきませんすばし語る際刑務所暮らしが長い三上が挑戦する自動車の仮免試験ちょっとコメディすぎる気もしましたが最高に面白い詩になってますね逆にコメディに振り切っているシーンがあるぶん厳しい現実が落差で強調されるということもありますこの辺り西川監督の前々作の夢売るふたりもかなりきつい設定をコメディとして処理していたのを思い出しました同時にこの素晴らしき世界ヤクザ映画の脱構築ヤクザ映画のパロディになってるというのも良かったと思いますにしか作品の法廷劇をベースにした揺れるとかクライム劇の夢売るふたりとか特定のジャンルをベースにすること多いんですが本作はヤクザ映画ですねただそれをパロディにします例えばヤクザ映画で当然ある怠慢のアクションシーンこれがね本作も2回ありますがすべてコメディだったりそこで行われる暴力に対してちょっと引いた目線で描かれません特に三上が住んでいるアパートでの隣人とのトラブルの声で騒いでるちょっとガラの悪いチンピラが男に三上感情のフィルターがありませんから怒りを抑えきれずに表に出るとアパートの前の空き地でタイマーを仕掛けるわけなんですがここで映画の豚が激変しましてちょっと異常なくらい綺麗にあるカメラを開くと BGM になってしかし実際のタイマーは助けて下さいとおまぬけというこの完全にヤクザ映画パロディするわけですね他にも結構重要な役で V シネたけし映画の白龍さんを起用するキャッシングと全然投資事案に対するリスペクトも感じませんも比較するのも野暮なんですが奇しくもですが本作と同じくヤクザと社会元ヤクザの人権をテーマにしたヤクザと家族とイサクヤクザと家族がヤクザ映画というジャンルの土壌はあまり行かせずに結局監督の過去作のヤクザ版リメイクになってしまったので比較すると本作素晴らしき世界がジャンルをイカせたのは優れた点なのかなと思いましたとにもかくにもシリアスだけど とってもキュートな三上役所広司さんによるコメディ劇画素晴らしき世界の大きな魅力でございますもうちょっと素晴らしき世界単純な社会問題を扱った作品以上に星のパワーをこめようとした作品というのは無しです物語としては3日に御文章を正確には収容者身分帳簿というですね僕も初めて知りました今までの刑務所での履歴が全て書かれた木の実文鳥服役中にマスコミに送っていたとこれを手にした元テレビマンの園田という男がみかみの社会復帰と生き別れたお母さんを探す様子をドキュメンタリーにしようとするときな展開ですがこの角がというキャラクター原案小説だと思う子胃腸薬なんですが本作かなり重要なキャラになってませんこの角田明らかに原案小説身分帳の作者である佐木隆三さんと伴在寅小野田どんどんとみかみと親交を深めてある趣味神保護者のような存在になっていきますが件明日の詐欺地蔵さんご自身も同じくでモデルの田村さん2月キーで取材をしてお葬式まで開いてるんですねも取材の関係じゃなくてほとんど家族親友の関係です大阪素晴らしき世界にしかみやさくにたちは初めての原作ものになりますが映画の中で原作者原案者を蘇らせる作品にもなってませんただ取材の間今日越えて浅き隆三さんと異なって最初角田はあくまで取材のビジネスの関係として6日目にしてしますこの映画は平野硝子こちらの世界とあちらの世界は隔てる分割分断する壁を印象的に撮影しますがその後みかみの間にもカメラカメラのモニターという壁が存在しましたこの関係がどう変化するのかというあたりは素晴らしき世界の見所でもありますがとても面白いシーンとしてみかみと角田角田の役人であってその他が惚れているテレビ局の人間現役テレビ版の長澤まさみさん演じる吉澤友3人の食事家にありました感情が素直すぎて刑務所暮らしが長くなった三上に対して自業自得とか最近 SNS で流行りの自己責任論に方コム角田なんですがその角田に吉沢でもこれは社会全体の話なんだと一度社会のレールからはみ出した人はもう戻れない吉沢不寛容な社会に起こる三上を取ることによって視聴者に発見があるんじゃないかと説明するんですねそれに対して三上視聴者の発見のために取られないとあかんのかいと解さメタ的な会話しんで興味深かったですねそもそもこの映画自体が社会的弱者を描くとる映画ですが弱者はそれを見る我々観客のために取られないとあかんのかいとく映画の中でいってしまうとマスコミによるメディアによる弱者の消費愛は地球を救う的消費を批判するというこの会話しこの辺りの描写力の西川美和監督の師匠である是枝裕和監督がテレビのドキュメンタリー出身というの考えるとちょっとねこれだ監督の反応が気になる辺りなんですが西川監督の前作永い言い訳これは3.11の体験を元にした作品ということなんですがこの長い言い訳でもやっぱりマスコミが事故で妻を失った主人公会社として記号化して消費しようとするシーンありましたがその延長線上にあるシーンですねただこの素晴らしき世界吉田の視点を例証するだけじゃなくてですね上品ぶってあんたみたいなのが一番何も使わないのだとやはり撮ることの重要性を描く霊障にも終始しませんこの会話シーンからも明らかなんですが素晴らしき世界は弱者の消費ではなくて生きることにまっすぐなみ神そのものを撮ることを目指そうとしているということだと思いません是枝監督の同じ空役所広司さんを迎えた3度目の殺人との比較ですね今作も同じく役所広司さん演じる罪人を探るミステリーだったわけなんですがその終着点はリベラルな視点司法への批判でしたそうではないというのが本作素晴らしき世界ですね西川美和監督原案の身分証についてあとがきでこう仰っては採用しませんこの作品が面白いのは社会的弱者である美佳味=全体制側痩せ菌=悪という安易な左翼文学的構造にもはまりすぎていない所だと思う三度目の殺人は最後体制を批判し終わりましたが本作はどうでしょうかみんな優しいんですね体制側が優しいと最初は怪訝な顔をしていた市役所のケースワーカーも三上を応援して弁護士も応援してみんなを応援するとか三上応援不可避三上の周りが優しすぎると思いながら見ていて悩み髪を甘やかしすぎ時に思った方いらっしゃるかもですが原案小説読むと驚きますよ映画の方が厳しく脚色されてませんフィクション小説現実の方が優しいとこにしか監督の言葉にある安易な体制批判に行かなかったことで浮かび上がる三上を弱者として消費すること会の会費と何をですね三上の行きたいという思いですねそしてもう一人の主人公件会社でありその他のこの人を記録に残したいこの人も身分証を作りたいという思いでさこれが浮かび上がるんですね三上の星のドキュメンタリーを作るまでの物語というかとにかく3日水戸 生きることにかなり焦点を当てたということでこの素晴らしき世界パワフルになっていませんごめんすぎかもしれませんがさきじゅうぞうさんの小説を原作にした大傑作復讐するは我にあり連続殺人犯のゆがんだぜを生々しく映画にパッキングしたあの復讐するは我にありのコメディ漫画本作のような立ち位置になってると言ってもいいかもしれませんね原案の良さをうまく引き出してみ神星の PAO 密閉保存した素晴らしき世界同時に原案者を角田として蘇らせる離れ業も見せます最後に物語の終わりに触れて動画しまいますのでこっからは絶対に本編5巻正午にお聞きくださいはい中盤からは素晴らしき世界コメディから距離を置いてみかみの社会復帰と同時に三上のお母さん探しこの物語が色濃くなっていきません三上が生きようと生きようともがけばもがくほど社会の網をすり抜けて結局のセーフティネットがヤクザのつながりというのもねこれきついあたりですねそれでもみかみの応援を止めない周りの人がいい印象的でしたまるで迷子になった子供を助けるかのようにみんな髪髪を応援するとこに角田ついにカメラのモニターという壁を取っ払ってみかみの保護者になる三上ようやくシャバの世界の空の広さすなわち他社の尊さに気づくと英語のタイトルはアンダー10 Open Sky この広い空の下でという風な感じとか西川作品に常に他者についての映画でした家族という他者を描いてブラックコメディ的なアジアになったデビュー作ヘビイチゴ校庭で最も近い他社である家族の他者性が明らかになるときな揺れる前作永い言い訳が本作に一番近いでしょうかね大きな損失を抱えた主人公が他者とのつながりによって復活する人生は他社だなんて言葉が印象的で世界に存在する他者の尊さに気づく御神菓神気づき成長を完全にいいものとして描いてないのも印象的でした最後の食事会列のだ髪髪をじっと見つめるして白と黒明確だった世界グレーな大人の世界に進まなければいけない三上を見つめる子離れ親離れの視点に終えました自分を守るために他者を見捨てるこの素晴らしき世界は刑務所の中から更新窓越しにあちらの世界を見るショットから始まりますがラストにはそのあちらの世界からガラス越しにみかみが元いた世界では台風に荒れてる世界でそれを見るショットに逆転します素晴らしき世界は残酷でグレーで素晴らしくないかもしれないけれどもそれでも尊い他社とそれに支えられた自分がいるとシャブ打ったみたいや三上が他者とのつながり世界の美しさに気付いた瞬間に流れる音楽はカヴァレリアルスティカーナというオペラの間奏曲なんですがこれお気づきになられた方も多いと思いますね明日とっても映画ファンにとっては有名な曲でドラマですねマーティンスコセッシ監督のレイジングブルのテーマ曲なんですねそば西川監督のインタビューとかコラムカラスコセッション名前聞いたことないのでもしかしたらね単純に美しい曲なので使用しただけかもしれませんがそうだとしたら妄想として聞き流して頂きたいんですがあえて言及したのはレイジングブルと結構似てるんですねレイジングブルはジェイクラモッタという実在のボックス赤主人公の映画ですがこの家いくら持ったも本作のみかん伊藤様ですね本当に感情にフィルターがない男で奥さん殴ったね人を裏切ったりするわけですよしかし親父映画監督のスコセッシですから人は教会ではなくてマジで罪を償うジェイクラモッタはリングの上で自分を罰して罪を償って罪人として新しい世界に行くととても似てるんですねもちろんですが本作にキリスト教的なモチーフはないんですが社会的には罪人とされる三上が罪を償って世界を他社の尊さに気づくレイジングブルは主人公をキリストに重ねていてラスト新約聖書ですかねヨハネ福音書の移設が引用されませんあの方が罪人であるかどうか私は知りませんただ一つのことだけを知っています私はもう神であったが今は見えるということですここでの罪人というのはキリストでアリジェイクラモッタであり三上ですねジェイクラモッタスコセッシの目を開かせたみかみかみかみと出会った素晴らしき世界の住人たち井口さん店長何より角田そして我々観客の目を開かせた三上が罪人かどうかは知らないけれども今は見えるとまさしく三上の子の後映画はこの素晴らしき世界は我々観客の頭を掴んで空を見せるんですねお前の目は開いただろうと我慢の連続だけど苦しい世界だけどここに座ら式世界があるぞとこの素晴らしき世界をパラサイトの山水景石とかされてもいいんですけれども素晴らしき世界は素晴らしくするか素晴らしいと感じるかそれは3日明の星を見て目を開かされた我々観客次第だとエマきれいにまとめようとするとね綺麗にこの映画をしようとすると長澤まさみさんの上品ぶってんじゃないよと声が聞こえてきますのでまずは眠い神様に目の前の他社に誠実になるところから始めてみようと思います素晴らしき世界是非皆さんそれぞれの素晴らしき世界を目撃してきてくれ
おすすめの記事
「アンフェア」原作者×「SP」波多野貴文監督作品!映画『サイレント・トーキョー 』佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
「アンフェア」原作者×「SP」波多野貴文監督作品!映画『サイレント・トーキョー 』佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 サイレント・トーキョー ...