おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

ザ・スイッチ
※当初は2021年当初は同年1月15日(金)に公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になり2021年4月公開予定。
気弱な女子高生とシリアルキラーの体が入れ替わってしまうホラー。24時間以内に入れ替わりを解かなければ永遠に中年殺人鬼の姿で生きることになる女子高生が、自分の体を取り戻すべく奔走する。『名探偵ピカチュウ』などのキャスリン・ニュートンと『ドッジボール』などのヴィンス・ヴォーンが一人二役に挑み、『セラとチーム・スペード』などのセレスト・オコナーらが出演。『ゲット・アウト』などを手掛けてきたジェイソン・ブラムが製作、『ハッピー・デス・デイ』シリーズなどのクリストファー・ランドンが監督を務めた。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】殺人鬼と女子高生の体が入れ替わる!映画『ザ・スイッチ』の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。本日は2011年1月15日日本公開の映画ザスイッチのレビューをしたいと思います夕飯はまだ見てない人向けにネタバレだし後半渓谷後はもう見た人向けにネタバレ有りとなってますけどあと透明人間なの作品が話題になったスタジオプラムハウスの新作ですねとの話かというと主人公は無理って言うされない女子高生です学校には親友が二人いるんですけども別の同級生から嫌がらせのターゲットにされたりとか家族関係もうまくいっていなくてお母さんは主人公のお父さんが種別したせいでアルコールに溺れていたりしますそんな主人公のミリーがある日フットボールの応援の帰りにブッチャーという名前のガタイのいい連続殺人鬼の中年男性に刺されてしまいますその殺人鬼はその何日か前に謎の探検をたまたま手に入れてそれを使ってみるよ刺すんですよねただその謎の体験には不思議な力があって刺された跡ミリは無事だったんですけども朝起きたらその連続殺人鬼と体が入れ替わっていたおじさんになっちゃったですね24時間以内に入れ替わりを解かないと一生元の体に戻れないというような状況になってしまってそんな中その女子高生が自分の体を取り戻そうとするというような話ですねいわゆる入れ替わり映画になります今回はこの映画について四つのトピックから語りたいと思います一番入れ替わり映画2番監督の過去作ハッピーデスデイ見つめる男と女が入れ替わる永遠の2年ネタバレありの感想となってますまず一つは入れ替わり映画入れ替わり映画って惹かれるものがありますよね特に青春映画だと入れ替わるたい小学生というのが定番で一度きりの人生体は男か女かでしか生きられないから観客としては1円になってみたいっていうような願望を刺激させられるとただその威力の反面難点もあると思うんですよね青春映画の入れ替わり設定ってそれだけでポップだから宣伝の段階で入れ替わり推しにならざるを得ない例えば君の名はにしても見てない人ですが高校生男女が入れ替わる話だというのは知りがちだし僕も君の名はを見に行ったトキワ松の設定を前提に見に行きましたねこの映画もタイトルは不利益なんですけどもブレーキフライデーでディズニープラスで見れる親子入れ替わりディズニー映画釜元のタイトのネタだと思うんですけども放題が歌っスイッチっていう入れ替わりをイメージしやすいタイトルでポスターを連続殺人鬼って星恒星入れ替わりっていうところを特に強調してるとこれが何で難しいかと言うと入れ替わり映画であることは観客にとってみる前からの前提になってしまうよねつまりは他にも魅力がないと観客の予想を裏切る面白さになりづらいんですね要するにキャッチな設定な文ハードルが上がってしまうとその点君の名はのなかったのはこれってもしかして入れ替わってるって言う入れ替わり設定をこれでも勝つと宣伝に使いつつ後半に実はもう一つみんなが大好きな大根田設定を要してたことだと思うよね入れ替わり映画を見に行ったけど隠し玉も用意されてたら観客は見に行った後予想を裏切られて満足度が高くなるとスイッチはどうだったかというと入れ替わり設定以外の大根たっていうのはそういった君の名はの甲板のような大きな展開が特にないんですけどもその点で見る前の期待値が確実に超える作品かというのは何とも言えないとは思うんですけども一番一番に工夫が見られていてみた印象としてはただの設定がして期待外れな作品では決してないなと思いましたね実際 Rotten tomatoes の批評家支持率が83%でオーディエンス支持率も81%と結構評判もいいですね二つ目は監督の過去作ハッピーデスデイこの映画の監督はクリストファーランドンか工作で一番人気なのは映画ハッピーデスデイですね今 Amazon プライムビデオでも視聴可能だと思うんですけども誰とでも寝るような性格に難がある女子高生がマスクをかぶった殺人鬼に命を狙われて何度も殺されるっていう誕生日をループするというような内容で出すエッチを期待してる人はこの映画のファンが多いと調べにハッピーデスデイに関しては以前アップしたレイプものはなぜ人気っていうループもの映画ドラマ11作品を分類している動画でも話してるのでそちらも見ていただけたらと思うんですけども同じ地域を繰り返すループものと女子大生の青春仮面をかぶった殺人鬼に命を狙われるスラッシャー映画この三つの要素が合わさったループものをかける学園モノかける thrasher でしたねそれに対して今回のだっスイッチはポスターを見ても分かる通り三つのうち一つが異なるんですよね体入れ替わり学園ものかけら舎あいかという風になってるってこのループものと体入れ替わりのふたつって実は近くて大きな見所が三つ共通してるんでしょうね一つ目がその状況になった場合何をするのか LOOP したりとか体が入れ替わった場合いろんなことができるとその時にどんなことをするかっていうことですね二つ目がその状況を元に戻して問題解決するのか説明がその状況の結果が主人公はどう成長するのかこの三つがタイトになってくるとただ正直ループものと入れ替わりを比較するとループものの方が くらます安いじゃんのではあるんですよねなぜかと言うとグループものは時間にまつわる設定だからですね何をするかに関してもループで時間が無限だから可能性が開けているシドーを元に戻して解決するのかもう試行錯誤を繰り返す姿を見せられますし信仰の成長の伸びしろにしても挫折の量を多く用意できるループもの方が強いんでしょねだがそういった意味ではハッピーデスデイの方が話が膨らませやすいとじゃスイッチはどう工夫して面白くしていたのかと言うとそれは映画としての強さに身を置いてるんですよねハッピーですではループものとスラッシャー映画を組み合わせることによる殺害描写のパターンで見せるコメディが大きな魅力でしたけども裏を返せばどうせ殺されてもループでスタートに戻るから強さって夢ではそこまで強くはないとそれに対してこの雑誌は思っていたより緊張感のある強いスラッシャー映画に仕上げてましたね結構グロかったりもしますしね冒頭から殺人鬼夜中に8日に集まった若者たちを残虐する描写から始まるんですけどもそこを丁寧に時間をかけて確認書普通はこういったねただのコメディだったら殺人鬼なんて記号的な訳だしニュース一発で表現できるのに時間をかけるんですよそれはもちろんよくあるシリアルキラーのパロディの面白さっていうのもあると思うんですけどもそれ以上にきちんと殺人鬼を描くことで殺人鬼に重さを与えて恐怖をきちんと描こうとしているということがうかがえるんですよねしかもそれを学園ものコメディの軽さと両立させてるとある場面では楽しい学園ものコメディ出しある場面では紛れもないスラッシャー映画の一場面だってくると学園モノとスラッシャー映画が組み合わさってるって言うのも交互に別ジャンルの映画が見れるっていう面白さがありましたねそこがハッピーデスデイとの大きな違いかなという風に思いましたで三つ目が男と女が入れ替わるとはだいたいこの手の先生がで男と女が入れ替わる設定になると出てくるのが男女の空だのちがいっていうのがありますよねこの映画も女になった男は胸を触りますし男になった女は100日物を見るとそんなお決まりの展開もあるんですけどこの映画が見事だったのは男と女が入れ替わるとはどういうことなのかをスラッシャー映画というジャンルだからこその視点で強調しているとそしてそれとは逆に男と女が入れ替わったら起こりうるひとつの要素を交えてどんかくことで2020年の映画になってるんでしょうね個人的に今あげた2点はこの映画を通してハッとさせられたポイントなのでネタバレありのところで語りたいと思いますそういうことでここからはネタバレありになりますご注意下さいこの場面日本公開前の映画をいち早く YouTube 番組で最新の映画情報を教えてお得なので是非チャンネル登録お願いします短いはサーチという映画の監督の新作でまだ放題は決まってないんですけども卵という映画を紹介しますこれはもう収録したので数日後にアップしますねということでここからはネタバレありの感想なりますどうでしたでしょうか僕がこの映画で一番感心したのは男と女が入れ替わるとはどういうことなのかクラッシャーホラー映画っていうジャンルだからこそを着る男性の中での身体能力の差で描いてるんですね昨今男と女の差をなくすって流れができてますけどもどうしても男と女の違いってのがあってそれはやっぱり身体能力の差になってくると特に殺人鬼ブッチャーの空になったミリが親友二人と出くわす場面場面なんて軽いコメディタッチののりだけで親友二人に気づいてもらう全開にしてもいいところをこの映画は親友の女の子ってその子がマジで苦しんでるかってもいるんですよね一方でミニーの体を持ったブッチャーが先生と対決する件ではむしろ先生の方が女の子ケルっていう構造になって神対応力の差を訂正してごまかさずに描いてるともう一方で逆に男と女が入れ替わることで吸うなら向き合いがちな性別とか用紙の違いには会えて鈍感になってるってのが2020年らしい映画かなという風にも会えました中年殺人鬼の姿をした主人公が中の男子物価と二人きりなるって言う場面でも普通ならお互いに想い合う展開になっても中年男の容姿が邪魔をするというところが物価が気にせず中年男姿の女にキスをするとまたこのシーンが良かったのがその前に例の助手が事態をごまかすために母親に対してゲイ男性が落ちるシチュエーションの斑点的な嘘をつくとその妹の後にその場面を置くことでより lgbtq 的な視点のカジュアルに取り入れてることが強調されてるの後もちろんそこもきれいごとに陥って用紙を全く重視しないわけではなくて人が入れ替わることはそのまま服の趣味嗜好が変わるから中身がブッチャーのミリーはあれのクールなレザージャケット着る市三里の解禁がちょっと変わることによって周囲の表面的な反応も変わるところもちゃんと描いてるとあとこの監督はハッピーですでもそうでしたけども登場人物も魅力的だなという人もいましたね全体的に記号的にキャラクターを描く傾向があってその手のキャラクターって 観客にわかりやすい反面1人1人が薄っぺらくになりがちなので諸刃ではあるんですよねでもこの監督の映画は全キャラクターを狭いコミュニティー内で強引に入れ込むことでそれぞれの生活感を最短距離で最低限前書きかつそれぞれが組み合わさったアンサンブルを起こしやすくしてんですよねどういうことかって言うとどこ海外ドラマだと早くも描かないといけないために一人ひとりの人物の生活環境もご丁寧に学生で全体的にテンポが遅くなりがちになることもあったりとか逆に日本のドラマだと役割のためだけに存在する薄い人物が現れて期待はしがちですよねでもこの作品の場合例えばミリーのお姉ちゃんを警察官にする設定だったりとかキャラクターを主人公の生活環境の学校と家族に絞って無理やり押し込めることで短い映画の作の中でもその人物の背景を浮かびやすくしてるんですよねなんらかの警察官の役をしてもいいところでお姉ちゃんを警察官にしちゃうすごい強引ではあるんですけどもその方が2近くでその警察官のキャラクターも描きやすくなってるとあとエンタメとしてもきちんとしてて濃緑のまま打っちゃを逮捕してめでたしめでたしで終わらせずにその後にブッチャーが蘇ってスラッシャー映画常に全体の空気が緊張するっていうのも良かったです正直あれがあるとないとでは全然違うかなとネタバレ無し動画のとこでも話しましたけども入れ替わり映画がただの入れ替わりのコメリっていうところだけで終わってたらちょっと満足度的には押したかなとうまく管理することができたかなという風に思いましたが総評としてはループものと入れ替わりの二つの四角で見てループものの方が時間が関係してるから話を膨らませやすいのでその意味では日本でも監督の過去作のハッピーデスデイの方が面白かったって人は多いとは思うんですけどもこの映画はこの映画で別の切り口での面白さが確実にやる映画かなという風に思いましたが不満点を挙げるとすれば入れ替わるまでがちょっと長いかなと庭もいましたこの動画の最初で入れ替わり映画の何点について語りましたけども実はもう一つあると思っていてそれは入れ替わるまでが予定調和にならざるをえないっていう点ですねできればこの映画見に来る客はできるだけ早く入れ替わってから先がみたいですね予告とかポスターで殺人鬼と女子高生が入れ替わるっていうことをすごいをしてるからちょっと早くそこに行きたいなっていうふうに思うんですよねでもこの作品の場合神と殺人鬼の凶悪性を強調するために冒頭の若者の残虐シーンも入れてるからそのぶん入れ替わる10階までが長く感じた人が多かったんじゃないかなって思いましたそれ以降はどのと話してるから面白いと思うんですけどもちょっと気になりましたねということでベビーは異常ありますこの映画は観た方は是非ご自身の感想をコメント欄にお願いしますご視聴ありがとうございました
おすすめの記事
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
どもども、さむたろうです^^ おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめていま...