おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

ファーストラヴ
第159回直木賞を受賞した島本理生の同名サスペンス小説を北川景子主演、堤幸彦監督のメガホンで映画化。父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑発的な言葉が世間を騒がせる中、事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、夫・我聞の弟で弁護士の庵野迦葉とともに彼女の本当の動機を探るため、面会を重ねるが、二転三転する環菜の供述に翻弄されていた。真実が歪められる中、由紀はどこか過去の自分と似た何かを感じ始めていた。由紀の過去を知る迦葉の存在、そして環菜の過去に触れたことをきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずの「ある記憶」と向き合うことになる。由紀役を北川が演じるほか、迦葉役を中村倫也、環菜役を芳根京子、我聞役を窪塚洋介がそれぞれ演じる。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】小説と違う映画のラスト!堤幸彦監督作品!映画『ファーストラヴ』北川景子、中村倫也、芳根京子、窪塚洋介の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。今日は映画ファーストラブを見てきますのでレビューをお話しします映画の公開は2021年2月11日になります先日小説ファーストラブのレビューをお話ししましたが映画が公開されたので早速観てきました小説を読んでから見るとまた別の魅力もありました小説とは違うラストはどうだったのかそれではその違いなどについて深掘りして話していきます映画 First Love とは First Love は父親を視察し逮捕された女子大生の事件など公認心理師と弁護士のコンビが追っていくサスペンスミステリです検索は島本理生さんの同名の小説となります今回父親を殺害した女子大生を芳根京子事件の謎を追う公認心理師北川景子そして弁護士を中村倫也が演じています前回の北川景子主演の映画ドクターデスの遺産が自分的にはちょっと残念な映画だったので心配していたのですが今作は見応えもありよかったですでは早速簡単にあらすじからお話ししていきます女子大生ひじりはまかんのは父親を殺害し遺体をされる犯行動機は不明の中神田は挑発的な台詞で世間を賑わせる動悸はそちらで見つけてください公認心理師の眞壁雪の元に神田の取材の依頼が入る行きは義理の弟で弁護士のアンの和尚とともに事件の真相を探るため取材を行っていくそこで明らかになってきたかんなの真実とはそして雪も自身の過去と向き合うことになる子のあらすじとなっていますそれでは女が話の感想を話していきます本作は父を殺害した女子大生の事件の真相を探っていくサスペンスミステリーと思われてる方が多いかもしれませんが実際は事件の真相よりも登場人物の心の闇はトラウマを解きほぐしていくことに重点を置いて描かれています事件の真相は何だろうという気持ちでみると少し肩透かしを受けるかもしれません実際ミステリーというよりも重厚なかんなや雪の心の揺れや痛みに共感しその結末に感動させられるヒューマンドラマだと思います本作の魅力をお話しします俳優陣の鬼気迫る演技演じた俳優陣の演技がすごくて引き込まれていきます特に主演を務めた北川景子とかんなを演じた芳根京子の演技には本当に目を奪われます北川景子は約束のネバーランドで演じたような無機質な不気味なな演技もいいですが今作のようなシュッとしたビジネスウーマンのような役柄もっとでも会っていました中盤以降では自身の過去と向き合い激しく感情をむき出しにする演技も迫力があって良かったです芳根京子エンジェル神田はちょっとサイコパスな雰囲気の鬼気迫る演技もすごかったです小説での神田はちょっとか細い女性という感じで映画とはイメージがちょっと異なっていましたが映画のかんなも芳根京子が演じることで見事に成立していたと思いますその他佳松苑スタンド赤丸ともややもう出た瞬間に暖かい雰囲気につつまれるようなガムを演じた窪塚洋介らのそれぞれがファーストラブのキャラクターを魅力的に演じていましたかんなそして行きそれぞれで展開する物語本作はかんなが起こした事件の真相に迫っていく中でかんなの過去を明らかにしていきますかんなの家族の謎かんなの初めての恋人の存在感だがどのような家庭で育ちどのような心が闇を抱えてきたのかそこが明らかになっていく展開はこちらの心も痛くなるほど下がってきますそしてかんなの過去が明らかになっていくのと平行にもう一つのいびきの過去問展開されていきますかんなと向き合うことで勇気自身も自分の心の中に眠っていたトラウマが雨を楽しい苦しめられます互いにトラウマを抱えた二人が面会で顔を合わせるシーンではある演出がされていますこの演出はかんなとの面会をしながらも勇気が自身のトラウマと対面してるかのようにも見えとても良かったと思いました全てが明らかになった時に気づくファーストラブの意味とは First Love 事前の宣伝なのでは見終わった後にそれぞれがファーストラブの意味に気付く考えさせられると言われていましたストラブはそのままの意味は初恋で劇中に登場したかんなの初めての恋人のことを表しているのか実際に今作ではファーストラブは初恋という意味ではなく僕は違った形の意味を表現すると思いましたそれは映画を見終わった後に気づかされますかんなゆうきの First Love をあなたも劇場で感じてみてはどうでしょうか First Love は重苦しいテーマで複雑な女性の心理を描いていますが最後にはそのファーストラブの意味に気づき穏やかで温かな気持ちに僕はさせられましたぜひ劇場で見て欲しい映画ですそれではここからはネタバレありの感想をお話ししていきます皆さんはこの映画どう感じましたでしょうか物語の中心であるかんなの事件と同時に展開していたゆきの過去についての結末はこんな感じでした神田の事件の真相最初は殺害を認めていた菅野ですが雪が調べていくとその過去が明らかになりますカンナの家庭環境それは中の父親ひじりははなおととかんなには血のつながりがなく間のは父親に逆らうことができなかったという事実そして小学生の間何で3回と称して裸の男性と一緒にモデルをさせられていました幼いかんなはこの事実が耐えられず自分で手首に傷をつける自傷行為をします自傷行為をしたかなは父親に傷が治るまでもう出るわさせられないと言われてるから逃げるように自傷行為を繰り返すという悲しい過去がありましたそしてそんな昇進した時に出会ったコンビニバイトの学生の家に生き共に数日過ごすことで菅野はこれを First Love だと思い込んでしまいましたそして事件が起こった就職面接複数の男性からジロジロと見つめられた面接の場は患者にとってはつらいです3階の光景が思い出されました食べられなくなったカンナは父親の殺害ではなく自傷行為をするために包丁を購入しますそして自傷行為の傷を父親に確認してもらわなければいけないと思い父親の職場に向かいました父親に傷お店の時押し問答になり父親が足を滑らせたことで包丁が胸に刺さってしまったという結末でしたその後母親に包丁が父親に刺さったと言いに行くも母親から勝手に包丁が刺さるわけがないと突き放され鉄輪は親が言うならその通りなんだろうと行動の動機はそちらで見つけてくださいということになりました映画のラストで母親にも自傷行為の傷が確認されたことからも母親はかんなに過去の自分を重ねてしまったのかもしれないですカンナに向かい合うことで過去の自分自身と大切なことを恐れて女をその気たのではないでしょうか雪とか松の過去雪もまた自身の家庭にトラウマを抱えていましたそれは父親が海外で賞状買っていたという事実当時幼かった雪が車のボンネットを開けた時に出てきた少女の写真そしてその事を成人式の日に母親からつけられたトラウマそしてショックを受けた雪が大学にた時に出会ったのか課長でした火傷のまた母親に捨てられたというトラウマを抱えていました親から愛されず心に傷を負っているという共通点を持つ二人は互いに惹かれ合いますそして二人はそういう雰囲気になり結ばれることになるのですがうまくいきませんでしたその後二人の関係はギクシャクしてしまい行きは火傷から聞いていた後の夫となる兄が門の固定で行きましょうとの関係を隠したまま現在に至るという流れでしたそしてこの映画のクライマックスとも言えるシーンは病院でのガンマンと勇気の会話でしょう北川景子が自身の幼い頃のトラウマを語るリアルな演技も引き込まれる迫力でしたし窪塚洋介エンジェルだもんの御も来ないようなした愛も感じさせられましたそれは夫がもんが実は雪とか症の関係にとっくに気付いていてその全てを知った上でゆきとかしょの二人を大きな愛で包み込んでいました小説では描かれていなかったこと めちゃくちゃ良かったですそしてタイトルのファーストラブの意味これはそのままの直訳の初恋ではなくこれまで愛を与えられなかったゆうきかんなが受けた初めての愛を表現してるなと思いますそれは漁師で雪が我聞から受けた大きな愛であったり家族から愛を受けられなかったかんなが自分と同じ心の闇を持つ雪が真剣に向き合ってくれた時に感じた愛だったのではないでしょうかそして映画では描かれていない箇所のファーストラブが小説では描かれています映画ではカットされてしまっていますが小説内では終盤にあるシーンがありイラストで鑑賞のシーンが明かされますそれは勇気と我慢の結婚式に火傷が式場のつばきので登って行きに渡すという自信があります室内でチャラいキャラクターとして描かれていた鑑賞ですがそれこそ本当の意味が画面から明かされます火傷にとっては椿は特別な花という事火傷が初めて我聞の家に引き取られてきた時にひとつだけ母親の物を持ってきておりそれが椿油の空き瓶だったガンオンの家族に慣れるまで火傷はずっとその椿油の空き瓶を眺めて過ごしていたということです兄の嫁になる雪に椿の枝を送った箇所はどのような気持ちだったのでしょうか僕は火傷にとって行きは恋愛ではなかったのかもしれないがそれ以上に特別で大事な存在だという本当の気持ちが見えたように思いました鑑賞にとって雪がファーストラブだったんだと思います映画ではガストに家族に打ち解けられない箇所をがもんがくすぐって笑わせというシーンがありました映画での歌唱のファーストラブはこの我聞の優しさだったのかもしれませんが小説版のこのストーリーも僕はとても気に入っていますまとめます今日は2月11日公開の映画 First Love を紹介しました小説と映画の両方を見た感想でしたがどちらにもそれぞれの魅力を感じました映画では小生とは違うキャラクターのかんなや小説にはなかったが本の大きな愛を感じた病室での会話のシーンには感動させられました原作にも映画にはない魅力が詰まっています病室でのシーンは無くそのラストで明かされる巌門からゆきえの言葉が映画にはない感動を生んでいます原作はまだ読んでいないという方は映画を見た後でも十分に楽しめると思いますので読んでみてはどうでしょうかご視聴ありがとうございましたそれではまた
おすすめの記事