おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

哀愁しんでれら
土屋太鳳が主演を務め、幸せを追い求める真面目な女性が社会を震撼させる凶悪事件を起こす姿を描いたサスペンス。市役所に勤める小春は平凡な毎日を送っていたが、ある夜、不幸に見舞われ全てを失ってしまう。人生を諦めかけた彼女の前に、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医・大悟が現れる。優しく裕福で王子様のような大悟に惹かれた小春は、彼のプロポーズを受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの絶頂へと駆け上がるが……。「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、「かしこい狗は、吠えずに笑う」の渡部亮平監督がオリジナル脚本で映画化した。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】太鳳ちゃんが出演を3回断った映画『哀愁しんでれら』土屋太鳳、田中圭、COCO、山田杏奈の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。哀愁シンデレラこの映画をご紹介していきたいと思います早速ですが皆さんシンデレラストーリーお好きでしょうか僕は YouTube チャンネルをやるようになってからディズニーのプリンセスストーリーを見返す機会が増えたんですけれども改めて見てみるとあっという間に運命を感じてあっという間に恋に落ちてあっという間にキスをするとですねものすごいストーリーだなというのはやっていけるかされました今回はそんなシンデレラストーリーのその後を描いた映画のご紹介でその動画は途中で警告を出して行きますのでその後はネタバレありでお話ししますのでまだ観てない方お気を付けくださいそれだこれから今作のあらすじを簡単にご紹介していきますそれではこれから今作の概要を簡単にご紹介していきたいと思いますこの映画はですね軽井沢エンターテイメントと蔦屋書店が主催する次世代のクリエイター X をためのコンペティションツタヤクリエイターズプログラムフィルム2016でグランプリを獲得した企画が映画化されましたかね映画化された作品でいうとルームロンダリングとか無様にぶっ飛ばすなんかも評価が高かったと思いますそして結構噂になってるのは主演を務める土屋太鳳さん彼女が今作のオファーを断り4度目で予約引き受けた作品になりますって監督脚本渡辺洋平さんです若干33歳と若手の監督ですこれまでは脚本を手がけることが多くて映画だと3月のライオン後はビブリア古書堂麻雀放浪記2020などの脚本を務められています他のスタッフで注目したのは音楽の藤本義孝さんでたのですね映画以外にも CM の音楽なんかも手がけてるんですけれども特徴的だったのはコンテンポラリーダンスの舞台の音楽も手がけられている方です結局のようなこのストーリーにぴったりの音楽がかかっていましたそれではこれから今作のあらすじを簡単にご紹介していきたいと思います主人公の小春はある日突然信じられない災難に次々と見舞われすべてを失ってしまう不幸のどん底に落ちた彼女の前に八歳の娘をどこで一つで育てる開業医の大悟が現れるシンデレラストーリーめでたしめでたしそこからこの映画の本当の物語が始まると家がやっておりますまず生意気ながら個人的手法として演奏を付けてるんですけれどもこの作品は85点かなと思いました正直ですね僕は苦手な演出もあって会わないタイプの映画だなと思ってはいたんですけれども思ってなかった物語なんかも含まれていて今若手の30代の映画監督が自分のやりたいことを表現していくその勢いと力に押されるような映画になっていました女性の管理は特におすすめでしたねこの映画が気になってる人予告を見て注目してる人咲いた人は満足できるような作品になってると思いますが作品の魅力を身につのポイントでお伝えしたしますとまず一つねまゆゆを取る薬タジン何と言っても主演の土屋太鳳さんその前にお薬のコボちゃんお先に紹介させていただきたいですこの人がすごくてたなと4歳でインスタグラムを開設してあの防衛リーバイスなどの海外メディアで世界最年少のファッショニスタとして話題になっています2020年には63万人を超えるフォロワー怒る世界的キッズインスタグラマー彼女が早くとしてメンキャストに指定しています役所のその影響もあると思うんですけれどもこの土屋太鳳さん田中圭さんと渡り合うぐらいのね彼女の複雑な叫びは心に響いてきましたねそして田中圭さん相変わらず田中圭ドナドナしたいくつになっても可愛らしくてかっこよくて不思議な魅力がある方ですか描いてる役者というのは開業医で40代なんですけれども実年齢ももうすぐ40代になるということで若々しさを保つキャラクターに説得力を持たせてくれましてそしてやはり土屋太鳳映画を見終わっておりましたがこれは確かにちょっと断りたくなる物語でしたですがそれでも粘り強く彼女を起用したのはすごくナイスなキャスティングになっていましたしらたまさんの魅力というのは右下の中にその奥に芯の強さを感じる部分があると思いますこの間ではその芯の強さが11日じじいと削られていくところもポイントになっていましたでも手を醸し出してる部分もあってそれもこの映画には出てすごく重要なポイントになっていますあとはこれ下ネタとかではなくて胸がキーポイントにもなっているので行ったところでも彼女の希望はバッチリだったと思いますこれまでのキャリアからまた違った側面を感じさせる役者さんとしての幅を広げる開拓の音第一歩になったような映画じゃないかなと思いますってこの映画の魅力二つ目鮮やかなグラデーションでこの映画はシンデレラストーリーのその後らしくですね少し色味を強くして鮮やかさを強調した色使いになっています特に昼から夕暮れになるまでそして夕暮れから夜になるまでこのグラデーションの美しさが幸福だけでは終わらないこないだを象徴しているように感じましたね他にも差し色のワインレッドや美術なんかも相まって号泣さの中に行き検査も感じるような映像になっていると思いますこの作品の魅力に詰めめでたしめでたしでは閉められない人生お金持ちに結婚したらそれでめでたしめでたしっていう風潮は現実世界でもあると思いますって その後が描かれていきますよここからではもっと好きなどぎつい梅が待ってるのかなと思っていたんですけれどもこないだで精神をすり減らしていくようにというのは映画だからということをした特別なものではなくて二つの身近なところにも存在するのは悩みそれが重なって蝕まれていく様が描かれていきますそしてラストにはなかなかに行きを飲まされる展開になっていました決して単純にサイコパスなストーリーとか転落映画とは片付けられない普通の部分も持ってる人たちが精神の傷や置かれた状況によって自分の価値観が揺さぶられていくそして思わぬ方向へ進んでいきますこの結末が気になる人はぜひご覧になってみてくださいそれではこれからネタバレありに移行していきたいと思います入ってはこれからネタバレありの時間ですご覧になった方々いかがだったでしょうか結末を簡単におさらいしておくと小春は精神が弱っていき自分の価値観が DAIGO と同調するようになってしまうブレーキが効かなくなった家族はモンスターペアレントとかしていた学校を責め立てているなんか光は同級生を突き落としたとクラスメイトに暴露されてしまい小春と DAIGO の家庭は非難の的になってしまいます怒りはやっていないということを信じている夫婦は鳴り止まない雑音を止めるためこはるはある提案をするそれは行為であるタイ語と一緒に予防接種でインスリンを混ぜ生徒全員皆殺しにしてしまうという計画でした邪魔者はいなくなり家族は自分たちだけの世界を築き上げるという結末になっていたと思いますこの間の途中でランニングポイントとなったなと思ったのは小春が筆箱を見つけてそれを海に捨てる神だったと思いますその行為自体はそんなに大きなものではなくむしろ小さいものだと思います家庭の併用のために胸を積もる選択もありだと思いますですがそこには光を信じきってるだいごに対する不安なんかもあったと思いますそしてそのシーンと同時に光が同級生を突き落としてしまったかのような映像も流れていきます一度小さなものに目を瞑ってしまうと次の大きな嘘にも目をつぶってしまう自分はああいう母親にはならないそう思っていたが故にどんどんと家族に染まっていき盲目的になっていきますその瞳はとてもクリアで綺麗にも見えますが目に光がないあの絵画のようでしたこの映画の最後の言葉女性はいろんな不安に駆られながら生きていく小春は母親からの愛を喪失しており自分は立派な母親になるという自分自身に十字架を背負わせており他にも金銭的に不具合があり継続的に面倒を見なければいけない家族精神的に不安定な夫本当は悪い子なのかもしれないつレゴシンデレラのままでいるためには真実がどうこうよりも自分を保たず盲目的に信じた方がうまくいくかもしれないそして暴走した愛情はモンスターペアレントと狂気の行動へと送られてきます王道家ニュースだけでは何でそんなことするんだろうって理解しづらいモンスターペアレントの突き進む道のりを教えてくるような映画でした正直ちょっとやりすぎな部分もあるなぁと思いました初めてのデートで歯の状態で高いドレスとガラスの靴を買うっていうのも演出的には愛ですが話の流れとしては違和感があると思いますが他にも5ポチッとスイッチを入れた瞬間おかしくなってしまうような直角だねえ演出が入っていて個人的にはなだらかなカーブで変化を描いた方が面白いかなと思いますしかし今作は他にも裏を考えることできていて全てを明確に明かしたストーリーにはなっていません DAIGO は世間体を気にする準備ですそんな彼が家を出て行けと言うにはちょっと違和感があるなぁと思います失くしていたはずの結婚指環をなぜかだいぶは持っていました帰りもそれまでは仲が悪かったのに急に出て行くとなったら光は小春のことを引き止めようとしますそしてあの筆箱は本当に光が捨てたものだったのでしょうか映像化されていない部分も謎として残されていたように思います最初から小春ではなく彼親としての器が欲しかっただけなのかもしれません見ている人の中で妄想する楽しみもあると思いますそしてやはりなんといってもラストなの尖ったぶっ飛びシーン子供たちが廊下で息絶えているシーンというのはコンプライアンスが特に厳しくなったしかもこの日本という国では映像化するのはためらいそうな場面だったんですけれども最後の場面としてしっかり持ってきたなーと思いますですがそれ以外の場面ではプールの関係の中でどこかしら聞いたことを体感したことがありそうな出来事ばかりだったと思います特に経済的に夫に頼るしかない夫婦関係の家庭にとっては笑えないものが含まれていたシンデレラストーリーのその後だったと思います以上で哀愁シンデレラのレビュー動画で答えましたこういった形でジャンルにとらわれずいろんな作品のことを紹介しておりますのでよければチャンネル登録高評価コメントなどお待ちしておりますそれはまた次何がどういたしましょうとなら結婚っていうものがどんどん複雑化してるような気がして て思ってる感じ子育てしてる人たちは本当にすごいなと思わされますね
おすすめの記事