おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

花束みたいな恋をした
「東京ラブストーリー」「最高の離婚」「カルテット」など数々のヒットドラマを手がけてきた坂元裕二のオリジナル脚本を菅田将暉と有村架純の主演で映画化。坂元脚本のドラマ「カルテット」の演出も手がけた、「罪の声」「映画 ビリギャル」の土井裕泰監督のメガホンにより、偶然な出会いからはじまった恋の5年間の行方が描かれる。東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦と八谷絹。好きな音楽や映画がほとんど同じだったことから、恋に落ちた麦と絹は、大学卒業後フリーターをしながら同棲をスタートさせる。日常でどんなことが起こっても、日々の現状維持を目標に2人は就職活動を続けるが……。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】坂元裕二脚本!映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉、有村架純、清原果耶、細田佳央太、オダギリジョーの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。花束みたいな恋をした突然の恋愛映画で驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんが咲く償却予告詐欺映画ですもちろん意味一言でこの花束みたいな恋をした押井守監督とお笑い芸人の天竺鼠さんが恋のキューピットになる映画ですねなんじゃそれはそれで映画好きなだけではないですねあらゆるポップカルチャーを愛する我々についての映画2015年から現在までを生きた僕たちの映画今までの恋愛映画にない普通の恋愛を描いているからこそ異常な傑作が花束みたいな恋をしたでした今回はどうしても映画好きの視点に偏ってしまいますが最も美しく普通の恋愛地獄映画花束みたいな恋をした参りますまずは基本設定だけまとめていきますこの映画は2020年から始まりますあるカフェで別々のテーブルで話している二組のカップル一方は菅田将暉さん演じる麦イヤホンをは結構して音楽を聴いている別のカップルを見て何やら音楽は右と左で聞こえる音が違うからイヤホンは結婚するべきではないと野暮なことを相手に話しています一方別のテーブルでも全く同じ野暮なことを熱弁している女性がいるそれが有村架純さん演じる映画はカットバック交互に交互に交互に2人を映してまるで二人が同じ人かのように見えたところで思わず立ち上がる麦と絹その瞬間二人はお互いが一緒のカフェにいることに気づいてしばし沈黙何事もなく座るふたりここでタイトルを思い出します花束みたいな恋をした恋をした花束みたいな恋ではなくて過去形二人がかつて恋をした二人なのか時間は2015年に戻って二人の出会いが語られていきます昨日は二十一歳の女子大生ラーメンを食べ歩いてラーメンブログを更新するのが日課最近の夢は右側店に行くこと実際の展示会ですね国立博物館のミイラ展を夢見るあえて今回の動画ではこの言葉を使いませんちょっと苦手ですがサブカル女子という切るです一方麦こちらも21歳の大学生最近の自慢は Google のストリートビューに写り込んだことこちらもまたまたわかりやすさ重視のためこの表現すみませんサブカル男子の麦ですある日終電を逃した衣と麦京王線の終電は早いとたまたま終電逃したメンバーで行ったカフェである男を見かけて意気投合します入るその男がなんと押井守監督ですなんちゅう話だこれと押井守監督ご本人がカフェに行って髪がいるとかメンバーの中で気づいたのは絹と麦だけ切ると麦はその後二人で居酒屋に行って実は二人とも天竺鼠の単独ライブのチケットを買って行きそびれていたことに気づく三浦店から始まってストリートビュー押井守監督天竺鼠さんその固有名詞をオンパレードはどういうことだとこれだけじゃないですねやっときりがないきのこ帝国菊地成孔さん今村夏子さんゼルダブレスオブザワイルドストレンジャーシングスシーズン2まず猫の固有名詞の洪水に驚かされますねえそして予告でこういった情報が全く出てこないのも驚きですね一番吹き出しそうになったのは予告編にあった衣の有村架純さんのカットでは普通の映像なんですけれどもこれ映画では実際は手のした手に入れて有村架純さん演じる衣がお母さんに頼まれて買ったトイレットペーパー2袋持ってる映像なんですねトイレットペーパーを持った有村架純た一気にぼんくら感というか普通の人感が増すと思いますこの国におけるサブカルメンポップカルチャー綿の清々しい爽快さすら感じますがあるほうがによくあるキラキラ恋愛映画この表現もそんなに好きじゃないんですがキラキラ映画の中でも頑張ってる映画はあるぞと言いながらこれも分かりやすさ重視でこの花束みたいな恋をしたほうがによくあるキラキラ恋愛映画だと思わせておいて実はサブカルチャー Pop Culture 参加の映画でありつまり我々が好きな映画であり2015年から2020年の日本のポップカルチャードキュメンタリーになっています我々がキラキラ恋愛映画に侵入した映画が花束みたいな恋をしたということだと思います全国300館規模の方がの対策恋愛映画に土足で入り込むサブカル連中はこれはなんか要求が支配する文化祭オタクが拝借するみたいな防具ですね桐島を思い出すハイジャック感というか恐ろしいもちろん本作の脚本の坂元裕二さんドラマ最高の離婚カルテットとか特徴として物語のリアリティのために固有名詞を使用するのはあったと思うんですがこれ実際のポップカルチャーの固有名詞をセリフで出すだけじゃなくて本物の映像画像音源を使って本当にその部分ではドキュメンタリーになってるってのがますすごいですね個人的な話なんですけれども私の今日の潮位 画像映像仕様があるのでそういった権利処理の対応を日々を行ってるんですがどれだけ数多くの実際の画像とか映像を使うとなると皆さんそこまで気にならないかもしれませんが莫大なお金とお金以上に契約作業が必要になるんですねしかもこれ映画だけならまだしもとかとか配信とかテレビ放送した時の権利クリアランスどうするのと本業の視点で見るとめちゃくちゃ大変なんですよドラマの全裸監督の時にターミネーターの映像で叩けで Netflix お金あるなら言われてましたからもしかしたらですが本作配信時とか DVD 化の時に映像が別のものとかに変えられるかもしれませんね今公開されてるバージョンは今しか見られないんじゃないかとねそれだけのお金と作業を費やしてもいいくらいこれ実際の生のカルチャーそのものを使用するドキュメンタリーが大事作品のテーマということだと思いません先ほどちょっとねふざけて文化祭を拝借とか言いましたが別にこの映画で洪水のように出てくるカルチャーに触れていない方も今までの恋愛映画にないリアルさ伝わると思うんですね僕に関していえば音楽とか文学全然詳しくないんですがリアルさは伝わりました逆に今までのドラマとかで実際に登場人物が任天堂のゲームする身内のおかしくない現実の作品の話してないのおかしくないだか Twitter に似たような偽サイト勝手におかしくないとこの映画ポップカルチャー参加とは別に今までの権利処理とか予算の関係で実現できなかった絶対に映画にドラマにフィクションに登場できなかった色々なカルチャーと共に育った現実の観客を物語に出すことこそがテーマこの花束みたいな恋をしたはいいような異常な方法で我々普通の人の普通の恋愛を描く映画というのが根っこにあるテーマだと思いますそういうことで普通の人である私はもう序盤からボロボロ泣いてしまいましたしかもね自分もきぬやむぎと同じく2015年21歳だったので本当にド直球でしかもサブカル付き本棚まで一緒コインコインことあるかと思いましたね見ながら杵屋麦は自分の分裂した人格のように見えてしまって衣と麦の人生は自分が選ばなかった一つの人生に見えてきましたまたお子様ですね花束みたいな恋をした子いた固有名詞の羅列実際のカルチャーの生物がそこにある感度が先行してしまいますが恋愛映画としても素晴らしくパワフルですそうだねここがついてこないただのカルちゃんのばら撒きで終わって何もない映画だと思いません最高に素晴らしかったのは昨日と麦がお付き合いする瞬間お互いなんとなく共通言語を持って共通の趣味を持ってお友達と時間を共有していくんですがだんだんと会っていない時もお互いのことを考えるようになる麦はスマホ片手に衣が写った写真を眺めるあれもしかして俺のこと好きなのかなと同じように昨日スマホで麦の写真を見て私のこと好きなのかなとデートと呼んでいいかわからない遊びの後のジョナサンでのファミレスとこの映画告白シーンを見せたかっ麦スマホのカメラを衣に向ける絹の子小麦にスマホのカメラを向けるお互いのスマホにお互いが写ってるここで麦付き合って下さいその瞬間映画の今までお互いのスマホの画面にしか与えられなかった映画のカメラのピントがスマホを持っている人衣似合う耐えられてるのか自分で買いに行くからスマホの中の一人だけの世界が物語全体に広がるこの何気ないピントの変化で麦の世界と絹の世界が重なる級の世界と麦の世界が重なる自分一人だけの世界が二人共通の世界になるモノローグで別々に語られていた別々の視点から見た同じ世界がモノローグをとっぱらって重なるとお互いの愛情を確かめはどういうのはあるしお互いの世界の塊を確認することであるとこのね繊細な描写おそらく本当ですね脚本ばかりがフューチャーされると思うんですけども僕はね遠い監督の演出も凄すぎると思いましたね前作罪の声でも検索を演出が追い越す瞬間ありましたが100円以上にビジュアルのパワーに圧倒されてこの付き合う死んで高級ですね恋愛映画としてもすごいですねこれという花束みたいな恋をした冒頭のあらすじを通りそしてこれを予告詐欺ではなくて本作はカップルが出会って別れるまでの映画ですがチャンネル的に言うと地獄の恋愛映画というやつここから中盤以降の描写にも言及していきますのでネタバレといった情報を聞きになりたくない方は聞かないようにしてくださいはいあなたみたいな恋をしたまこれは坂元裕二脚本的と言うんでしょうかね明確に2人正確には衣が別れをゴールとしてそこに向かう物語お付き合いが始まった時に着るがこんなことを言う始まりは常に終わりの始まりなんだ海ではしゃぐ幸せそうな二人の反面もう中盤で終わりもっといいとか湖という詩のようなものを想起させるイメージとモノローグここから来ないが海から連想される青色が映画のビジュアルを支配するなります麦が青色の T シャツを着てキムも青色の服フリーランスのカメラマンとして活動している麦の先輩もクラ 儚げなイメージのあるものを撮影している青の支配は彼のイメージしのイメージを常に意識させられる恋愛映画どれもいわゆるキラキラ恋愛が期待してこなかったからちょっと驚いたんじゃないでしょうか決めと麦またもや水川の見えるアパートに同棲をするとこの川というのも流れてやまない時間のような深い訳なイメージですねキラキラ映画かと思ってみた硬いのトラップとしてはモノローグ使いですね坂本佳子のモノローグ使いは世界一と先ほど言った二人の世界が重なった瞬間にモノローグが消えるモノローグの演奏そうなんですけども面白いエンストして行け二人が仲良さそうにパンケーキを食べているシーンにこれセックスした後でとモノローグ入るとなんとブラックなモノローグこれいわゆるこのあと滅茶苦茶セックスしたというあのねのね意地悪なものが予告ではキラキラ恋愛映画に見える風景にこんな意地悪なモノローグを挟み込むのも先ほど言ったですね異常なまでのサブカル要素も入ると重なってちょっとキラキラ恋愛映画いのカウンターにも見えますね面白いことに衣の料理インが同棲している二人の家に来るという子またもや意地悪なことにこの近の両親が広告代理店に勤めてるということで切る馬鹿にしますねお父さんが今オリンピックやってるんだよねオリンピックやるのは選手でちょっと過去の連勝できな感じ坂本客の意地悪な時に思いましたが衣のお父さんがいっぱい Siri とか音楽の本が並んでいる本棚を見て今度ワンオクのチケット取ってあげるからチャリで行ってきなよとこの道今の若者はワンオクだろうという感覚いつもまず相手にビジネスをしてるから偏っていく感覚コマ秒止めてねこの映画の予告作ったの衣のお父さんだとお前がよく作ったんだろうと思いましたがね最高ですねこの映画でどうしても飾りみたいに自分を映す映画なので映画を語ることが自分を語ることなっちゃうんですがイラストで好きなことでなんとか食べて行こうとする麦と切るとこの両親との対比麦と社会の大きなシステムの歯車になって本人はお風呂のように気持ちいいと言うけれども決して楽だよねこのシステム内で回る衣の両親との比較を見てね自分は後者になっちゃってるんだと本当に心臓締め付けられましたね動か無限の4時に来られないならと何気ないコメディ描写なんですが本当に個人的にはきついポイントでしたここからは恋愛地獄映画の醍醐味であり本作の花束みたいな恋が恋をしたになると麦のすれ違い就活社会というシステムに組み込まれる過程でサブカルチャーがサブになるすれ違っていく麦と絹と写して行きます先程ですね本作を2015年から2020年のポップカルチャーのドキュメンタリーと表現したのはちょっと気になるところでこれだけ社会を描いているのにしかも熱日本の2017年2018年と右も左も関係なく政治に興味がない人も否応なく政治の話を耳にしなければいけない時代を描いているのに政治の話は一切に配慮されている点ですねしかも坂元裕二さんの作品ってそういう視線が常にあったと思うんですが本作はないとこの意図的な排除は本当に本作があくまでポップカルチャードキュメンタリーポップカルチャーと一緒に触った恋愛を描く作品だからだと思いますに面白いのはその一緒に撮ったカルチャーとすれ違う麦を表す描写今まで読んでいた本がゴールデンカムイからニューズピックスブックになると雪が前田侑里さんの人生の勝算を読んでいるというリアルだしきついですねこれも実際に本の表紙を使うよくニュースピックス許可出した後的な使い方なんですがリアルですね社会のシステムに入ると今まで押井守のメルマガに払っていたお金がニュースピックスの月額なんかのオンラインサロンの会費になるといいねどこの自分の話なんだよまた面白い甘いですねこどうぐ使いはイヤホンですね全くイヤホンの意味することはこれで真逆になるとこの映画イヤホンで始まる非常に重要な麦と切るの別々だった正解を重ねることしてイヤホンが中盤では使われるんですがこの恋愛地獄描写になるとその重なった世界を軍団する小道具として使われていきませんリビングでブレスオブザワイルドをやる絹の一本麦は Bluetooth イヤホンで音楽を聴いてる同じ家にいるのにイヤホンで世界が分断される同じスーパーに入っているのにイヤホンで世界が分断される世界が分断されるこのイヤホンの使い方意味の逆転も甘いも残酷なことに冒頭の二人が同じ人物かのように見えたあのカットバックが別れようと思うという共通の感情のために再度復活してしまうと別れたいという気持ちで同じ人物かのように麦と衣が一致してしまうというこの残酷だこのあたりになるとボロボロと涙止まらなくなった自分なんですが冷静になってみると僕は無限のが分かれてしまうこと以上に向きが自分が好きだったものからサブカルチャーとかそういったものとしがみつく落としても結局は枯れてしまうことに泣いていた気がしますね最初から終わりを知っていた君は自分にとって青春だったりさ この度は本当にそれぞれの観客の人生によって異なると思うんですが僕はカップルのは彼以上に彼女との別れに泣いた恋愛映画が花束みたいな恋をしたでしたただベッドになりすぎずに爽やかにまた別々の世界への門出を祝うかのように染められるのもまあ好きなあたりですねどこか恋愛地獄の終わりが爽やかというタイトルの花束みたいな恋何通りかに解釈できると思うんですが個人的に一番しっくりきているのは絹の中盤乗せるですね麦が写真に写っている花の名前を衣に聞くときるが女性に花の名前を教わるとその花を見るたびに女性を思い出すことになるよと昨日はこの考えを好きなブログから知った時に言ってたんですがこれおそらく川端康成の掌の小説の別れる男に花の名を一つ教えておきなさい花は毎年必ず咲きますですよね恋愛というか他者とのつながりは常にその他人の心に傷を残すことだと思うんですが木は衣がこの恋愛で花束みたいなたくさんの花の名前を心に刻まれたそしてその花束の花の名前はストリートビューに写った2人乗りずっと消えずに心に残るというマイ馬場ブルーバレンタインのエンディングに打ち上がる花火ですね二人の世界がまた別々の世界になってもその世界動詞が重なっていた記憶は花の名前として残るという意見は彼に向かう辛い物語なんですがこのウエットになりすぎない心に残る花の名前をずっと大切にして二人は生きてくんだろな時に思わせる爽やかな観賞後の感覚ですポップカルチャーへの参加でありドキュメンタリーだり普通の恋愛を描いた恋愛映画爽やかな美しい年街地獄映画として花束みたいな恋をしたとてもね傑作だと思いましたただこれを初デートで行くのはどうでしょうかねもしかしたらこの花束みたいな恋をしたという映画のタイトルそのものが一生心に残ってしまう花の名前になるかもしれませんねそれもいいかもしれませんがあなたは見た恋をしているになることを願ってねまた次の映画でお会いいたしましょうさようなら
おすすめの記事
「新感染」のその後とは?映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドゥユン、イ・レ、イ・イェオンの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
「新感染」のその後とは?映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドゥユン、イ・レ、イ・イェオンの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 新感染半島 ファイナル・...