おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

ヤクザと家族 The Family
「新聞記者」が日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた藤井道人監督が、時代の中で排除されていくヤクザたちの姿を3つの時代の価値観で描いていくオリジナル作品。これが初共演となる綾野剛と舘ひろしが、父子の契りを結んだヤクザ役を演じた。1999 年、父親を覚せい剤で失った山本賢治は、柴咲組組長・柴崎博の危機を救う。その日暮らしの生活を送り、自暴自棄になっていた山本に柴崎は手を差し伸べ、2人は父子の契りを結ぶ。2005 年、短気ながら一本気な性格の山本は、ヤクザの世界で男を上げ、さまざまな出会いと別れの中で、自分の「家族」「ファミリー」を守るためにある決断をする。2019年、14年の出所を終えた山本が直面したのは、暴対法の影響でかつての隆盛の影もなくなった柴咲組の姿だった。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】「新聞記者」の藤井道人監督作品!映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛、舘ひろし、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、寺島しのぶの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。ヤクザと家族 the family この映画をご紹介していきたいと思います明日は皆さんやってかけたことなどはありますか奥は田舎出身で小さい頃に僕の友達が犬を追いかけていたらそれがヤクザの犬で僕の友達が拳骨を食らってしまったというエピソードがあってそれは結構友達の周りでも話題になったりしていました最近は時代の流れもあってすっかり衰退してしまった役場今回はそんなヤクザの行き方と悲しさを描いた映画のご紹介ですが途中で警告を出して行きますのでその後はネタバレありでお話ししますのでまだ観てない方はお気を付けくださいそれでは早速この先の概要をご紹介していきたいと思います監督は藤井道人監督若干34歳ながら切れ味の鋭いテーマ性プラス感情に訴えかける作品を作りいくら後もずっと追いかけたいなと思っている監督です本作は脚本も手がけられていて原作の小説などが無いオリジナル学校によって作られていますプロデューサーは川村道信さんで撮影は今田村圭介さん音楽は岩代太郎さんというあの日本アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した新聞記者のチームが再結成して作られた試合のこもった作品になっていますその気持ちはホームページからも滲み出ていて気になる人は是非チェックしてみてくださいプロダクションノートや政策における考えキャストの企業などものすごい情報量が記載してありこの映画に対する熱量見てほしいという気持ちが伝わってくるホームページになっていましたそしてまた今作主題歌も素晴らしかったですミレニアムパレードというチームなんですけれどもあのキングヌー常田大輝さんが主催する様々なアーティストやクリエイター巻き込んで発信する音楽プロジェクトなんですけれどもこのファミリアという曲エンドクレジットの中でもこの映画のことを考えてしまい病院を最後まで導いてくれる凄まじい吸引力がありましたそれではこれから今作のあらすじを簡単にご紹介していきたいと思います主人公の山本健司は良いが薬が原因で自殺してしまい死亡時期になっていた少年期に暴力団組長を助けたことでヤクザの道に入ることになりますヤクザとその家族の実像を1995年2005年2019年と三つの時代から予約行き場のなかった青年が見つけた暖かさと時代により追い込まれる切なさが共存するヒューマンドラマとなっていますまずいつも生意気ながら個人的な資料として点数をつけてるんですけれどもこの作品は92点かなと思いましたこのチームが作る作品が僕はとても大好きで作品を通して何かを感じ取ってもらいたいという気持ちがいたるところに乗っかっていた作品でしたヤクザ映画だけではなくて疑似家族としてのドラマチックな部分がすごく魅力的になっていますたくさん16分とちょっと長めなんですけれども僕は一秒たりとも飽きることがなくこの映画の中に出てくる一人の人生から目をそらすことができませんでしたこの映画の魅力を三つのポイントでお話ししますとまず一つ目強固な役者市周辺の綾野剛さんは三つの世代を演じて行きます服で危険な重大道を見つけた20代以上の中で生き方を模索する30代20年という長い時代を生きながらそれぞれの時代で違った色気と魅力を引き出してくれます繊細かつこちらも突き刺してくるような演技はその後もずっと心に刺さり続けるような表記のようでもあり儚さや優しさを含んだ彼の事が忘れられなくなると思いますが他にも幸寛さんや北村有起哉さん尾野真千子さん寺島しのぶさん豊原功補さとかにも名前が挙げきれないキャリアをたくさん積んできた電源を役者さんたちもまたそれぞれ時代の変化に対応してきます他にも主人公返事の隣には市原隼人さんと強烈な個性を配置して活躍目まぐるしい磯村勇斗さんは後半に物語に広がりを見せてくれます若干15歳の小宮山りなさんもアイコンとして輝かしく写っていましたこの強固な布陣によって描かれる物語は映画は観ている間フォローを落ち着かせる逃げ場がないトリコになってしまって気になってると思いますこの作品の魅力二つ目映像の分厚さに時間で集中した状態でみられる映画映像中には単なる状況説明だけでなくいろんな意味を持たせることでよりその作品に深みが出て何度も考えて味わうことができると思います僕が何度もチャンネルで入っているアイドルが出てくるまでの流れアバンタイトルですね健二と組長が杯を交わす場面でタイトルだけできますスタッフの名前を縦文字で並べて最後にタイトルを流していくあのいろんな映画でも使われていましたがこれはまさに血判状この笑顔藤井組というチームで本気で覚悟を持って作られているそういう気持ちが伝わってきました他にも今作はけんじが覚せい剤できている衣装にも注目して頂きたい今のない若い頃は真っ白にヤクザになり下痢に効く人として黒に染まっていき水道世代では変化する時代の中でどう生きるか模索していく時は灰色の服を身に纏っていますそれぞれの家 彼の心情を服の色に投影させていますそしてその色がさらに何色に染まっていくのかそこも見所になっていました animo 工業地帯から吹き出る煙も印象的に使われていますしちょっと長めのショートや価格を傾けたらいろんな工夫が凝らしてありしかも藤井監督がすごく好きなところはそれでいて複雑すぎるわかりやすさもちゃんと会ってみていていろんな意味を感じ取ると思いますこの作品の魅力につねきち家族というドラマもちろんヤクザという生き方が濃厚に描かれていきますがその中には血のつながらない家族としての生き方も描かれていてますそれは主人公けんじと組長の関係性だけではありません自分の仲間や兄貴との関係性それが強固になったり時には火星になったりなるキャバクラ嬢とのギクシャクしつつも可愛らしい声もよ映画の最初では拳で誰かを傷つけるだけだった件二之手がいろんなことを経てその手で何をつかむのか今の状況なので大きくは言えませんが映画館で乾燥して欲しい作品になっていました退院は暴対法と時代の変化によりヤクザの正体も描いてありますが他にもその裏にはこの社会にあるいろんな問題を感じさせてくれると思います社会性の高さとドラマの面白さを詰め込んだ映画になっていますただいわゆる薬には手を出さない夜の街の子計算としてのヤクザはヤクザかはあると思います実際はもっと高圧的だったり周りに迷惑をかけている部分もあると思いますですが映画自体は素晴らしく悲しいだけのドラマにはなっていないので気になる方は是非ご鑑賞してみてくださいそれだこれからネタバレありに移行していきたいと思いますこれからネタバレありの時間ですこれになった方々いかがだったでしょうか結末を簡単におさらいしておくと殺人の罪で重要なもの服役を経て出てきたけんじヤクザの世界は暴対法により大きく変わっており煙たがられ人気を奪われる存在になっていたライバル組の加藤とグルになった警察にうまいことやられてしまい稼ぎがない廃れてしまった柴咲グミいっぱいになった組長柴崎の言葉もあり展示は苦味を抜けてしまう癖の恋人と出会い家族と娘と仕事を手に入れ一時的な平和を迎えたもののそれも悪意なき社会の圧迫により失われてしまう自分に憧れてくれている青年翼は自分の父の敵加藤を襲うとするですがけんじはそれよりも先に勝とうと共謀していた刑事大阪を殺害する防波堤で佇んでいたところかつての弟分細野が現れ県庁刺し殺す研二はそれを受け止め一人海の中へ落ちていく受け渡し研二が亡くなった場所でつばさとケンジの娘あやが出会い系のことを語り合うという結末になっていたと思いますその手で誰かを殴りそれを生業としてきたけんじが最後には着けられてもその手で法要する疑似家族と本当の家族を知り抱きしめられる側から抱きしめる側へと変化する最後に写っていたのはヤクザなどは関係ない曲を宿した一人の成熟していた男がそこにはいましたこの映画の冒頭とラストに流れる映像研二の人生はまさにずっと水中の中から光に手を伸ばすような人生でした若い時は自分の居場所を探しヤクザになってからは組長のために生きていきそして愛する人を見つけていく出所してからは家族のため組を抜け本位ではない仕事でもやっていくそれぞれ白の時代黒の時代灰色の時代どんな色の時代でも光を探し続け何色に変化しようと生き方を変えようとしても最終的には真っ赤な血の色に染まってしまう水中から抜け出したくても抜け出せない人生でした今作には暴対法というものにより一時的では15年もの長期間によって縛られていくルールが描かれていきましたですがその裏には5年ルールが終わってもその事実が広まれば無自覚な社会の圧迫により蝕まれる人生がまだ待っている実際にはツイッターなどで情報が広まったとしても学校や職場の人はそれを気にしなければいいだけの話だと思います彼女達自体には何の問題もないわけですけんちゃんくみを抜けているにも関わらず追い込まれてしまいます同調圧力が思考停止など社会の無自覚な強さが含まれていましたそれはけいじろうそこが検事に放った一言に詰まっていたと思いますお前たちがこれまでやってきたことに比べれば当然の報いだヤクザがやっていることなんて実際には知らない人の方がほとんどだと思いますそれをひとくくりにし法律の下で押し付け上がることもできない人生がそこには待っています他にも這い上がれない地獄を作るルールにも問題提供しているようにも見えました結局ヤクザを圧迫しておいであったとしても仕事もなければ保険もなければお金もない人たちは最終的には犯罪に手を染めていくそれによって関係のない人たちも何かしらの被害を被っていくという負のサイクルを生み出すことになるんじゃないかっていう部分もあると思います他にもけんじのように親に恵まれない子供たちが救済する仕組みがない性暴力団のような組織に希望を見出せないそれをただ圧迫するだけでいいのか社会全体の交換のあり方を考えさせられたような気がしましたですがそんな中でも今作はその サイクルをチェンジの手によって止めることで彼の生き方に輝きと救済をもたらしてあるように見えましたあのまま奪って踵を殺したとしても殺人犯として取り返しのつかないところまで彼は落ちたかもしれないとして今度は加藤の子供が翼を殺そうと道を踏み外すかもしれない自分を刺した細野を抱きしめることでこれ以上は間違えないように生きようと思えるようになったかもしれません開かなく虚しいだけだったように見えた件二の人生も決して空っぽなものにはせず翼とあやという未来の存在によって彼のことは語り継がれている最後の最後で彼に光が差したようなラストだったと思いますただそれでもやっぱり悲しいのはけんじはそれを知ることなく亡くなってしまったということですが社会的に見直されようとしている動きがあるマイノリティとは違ってなかなか触れにくい方によく切り込んだなと思いましたしかもこれは日本独自のものだと思いますを言ったことができるのはこのチーム以外今の映画教誨だとなかなかないんじゃないかなと思いましたすごく見てよかったなと思う作品でしたはいちょっとね真面目すぎるレビューだったかもしれませんがヤクザと家族 the family のレビュー動画でございましたこいた形でジャンルにとらわれずいろんな映画作品のことを紹介しておりますのでよければチャンネル登録高評価コメントなどもお待ちしておりますそれではまた次の機会にお会いしましょう3代最後の磯村勇斗さんが序盤の綾野剛さんに負けないぐらいの気迫があったなと思いましたあと舘ひろしさんはやっぱり怖いんですけど優しさもねすごくにじみ出ていたなと思います
おすすめの記事