おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

名も無き世界のエンドロール
第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の「名も無き世界のエンドロール」を原作にしたサスペンス。表と裏の社会でのし上がった幼なじみの青年たちの運命が描かれる。監督は『ストロベリーナイト』シリーズなどの佐藤祐市。『去年の冬、きみと別れ』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』などの岩田剛典、『OVER DRIVE』『サヨナラまでの30分』などの新田真剣佑らが出演する。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】ラスト20分のどんでん返し!映画『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、石丸謙二郎、大友康平、柄本明の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。全てのピースがはまっていく会館どうもするです今日は映画名も無き世界のエンドロールを見てきましたのでレビューをお話しします映画の公開は2021年1月29日になります広告でもなんと20分の真実と宣伝されラストにどんでん返しが期待できるところが僕の好きなタイプの映画の雰囲気をビンビンに感じました実際に映画を見てその全てが明らかになった時の衝撃これから観る方には魅力をそしてすでに見たかたにはあそこってそういう意味だよねなんてことを共感してもらえたらなと思いますそれでは感想をお話ししていきます映画名も無き世界のエンドロールとはこの映画は第25回小説すばる新人賞を受賞したいきなりかおりさんの同名の小説が原作になりますそして監督はストロベリーナイト重ねなどを手がけてきた佐藤祐一物語の中心となる幼馴染の二人を岩田剛典あらたまっけんゆうが演じています幼馴染の二人が一人は裏社会でのし上がっ的片方は会社経営者として成り上がっていくそしてある女性のプロポーズ大作戦を決行していくんですがそこには衝撃の展開が待っているのにかけてのパズルのピースがはまっていくな展開は快感でしたし切なさも感じさせられましたそれではあらすじをお話します複雑な家庭環境で育って寂しさを抱えて生きてきたきだと誠は幼馴染そこに同じ境遇の転校生よっちも加わり3人は大切な仲間となったしかし二十歳の時わけあってよっちは二人の元から突然いなくなってしまうそんな彼らの元に政治家令嬢で芸能界で活躍するトップモデルのりさが現れる理沙に異常な興味を持ったまことは食事に誘うが全く相手にされない間は住む世界が違うから諦めろと忠告するが真は仕事を辞めて姿を消してしまうそして2年後真を探すために裏社会にまでもぐりこんだ北はようやく再会を果たす誠は餌にふさわしい男になるために死に物狂いで金を稼いでいた真の執念とその理由を知った木田は神様のために命をかけて協力することを誓う以来池田は考証家として真琴は会社経営者として裏と表の社会でのし上がっていくそして迎えたクリスマスイブの夜まことはキドの力を借りてプロポーズ結婚しようとするがそれは10年もの歳月を費やして二人が企てた日本中を巻き込む壮大な計画だったこのようなあらすじとなっていますそれではネタバレなしの感想を話していますこの映画のキャッチコピーでもある人に自分の真実で僕はどんなどんでん返しが待っているものと身構えてみてしまったりとキャッチコピーが見るほどのハードルを上げすぎてしまってる映画だなと感じました実際に僕は何歳で大人ことが協力したプロポーズ大作戦の目的がわかってしまいましたしかしこの謎が解けたことでこの映画の評価がかかるかというとそうではありませんプロポーズ大作戦に至るまでのラストの伏線回収がとても良くできていて気持ちよく見れました謎解き感は弱いかもしれませんがそこが分かっていても楽しむことができる愛情や友情を感じるヒューマンドラマかなとも感じましたこの映画のスタートは現在でサンタに扮した木だとスーツを着てこれからプロポーズに向かう真のシーンから始まりますそこから来たと誠の小学校時代の過去に戻り再び現代そして過去と時系列がバラバラに展開していきますそして見ていると所々に違和感を感じますラストに近づくにつれてこれら違和感の意味が分かりストーリーの真の姿が明らかになっていてはこの全てがつながっているパズルのピースがはまっていくような感覚は気持ち良かったしまるで映画メメントを見ているかのような感覚でした全てを理解してみる ここは心が苦しくなる本当に切なさを感じましたこの切なすぎるラストはとても良かったですあまり劇中にラストの真実を探るのではなく純粋にこの見事な伏線回収はストーリーを楽しむのがいいと思いますそしてエンドロール後にも最後の結末が待っています見に行った方はエンドロールが始まっても席を立たずに最後までいましょうそれではここからはネタバレありの感想をお話ししてきます皆さんはこの絵がどう感じましたでしょうか物語の展開ですが幼馴染の紀田と誠によっちを加えた三人は学生時代を共に過ごし仲を深めて言ったよっちにプロポーズをすることを決意したまことは左に協力をお願いしよっちを待ったが姿を現さないよ迎えに行ったまことは見たのは車にひかれて道路に倒れたよ違ったよ超市内精進し車整備の仕事も手につかないなことだがそこに理沙だ車の修理を依頼しに来る誠は車の傷あてたのかなよっちを聞いた犯人はいさだと気づくことはよっちの復習をするため車整備の仕事辞め姿を消す貴田真琴を探すために闇社会に身を落としそして真と再会する真の目的を聞いた嫌わよっちの副主に協力することになるとしてクリスマスイブに真時田の復讐が実行されるそれはりさに意見を自白させその映像を配信することだったすべてをジアクサスが真は自ら爆弾により下と共に爆死するそして世界に一人だけ来た1残されてしまうこのような展開でしたネタバレなしでもお話ししましたがプロポーズ大作戦の真の狙いがリーさんへの復讐というのはおそらく結構の方が途中で気付いたと思います学生時代にすでに一緒だった三人がなぜか二十歳過ぎに突然よっちがいなくなることや車の修理に来たりさに対して全然引かれる要素がないのに巻くことが執着することなど違和感がありまくりでしたここからもよっちは死んでいてきたらその復讐の相手なんだなとわかりますそれで予想通りに展開していたとしてもラストに向けての盛り上がりそして切なさは心に沁みました過去と現在であらゆるものが伏線となりクロスしていく展開はパズルがどんどん溶けていくように気持ちが良かったです例えば誠のドッキリ学生時代から左対して数々のドッキリを仕掛けた箱と中身を振ったコーラ大きいダニ開けさせたりコーラを使ったドッキリが何度か出てきましたそしてプロポーズ大作戦でのドッキリ北は真を止めるためにホテルの一室に取り込みますしかしそこにはまことはいなくてテーブルの上に置かれたコーラ誠には切る貼る留めることが分かっていたんですその後の展開も思い出すと後はとても素敵な方でよっちゅうのプロポーズ西君が冬の花火よっちが見たいと言った花火をプロポーズにしようと計画しかしよっちが事故で亡くなったことで見せることはできませんでしたそして復讐のプロポーズ大作戦での真の爆弾による爆発ここは僕にはよっちには見せることができなかった花火とクロスした感情になりましたよっちに告白した横断歩道劇中では主要なシーンで度々登場したコーナーほど膝の告白シーンだけではなくよっちが引かれたシーンそしてラストで誠とよっちがいなくなり一人佇んだのもこの横断ほどでした知らないうちに告白するシーンの俺は遅かったんだなというセリフはめちゃくちゃ良かったですそしてエンドロール後に映ったピストルに弾丸を一つずつれるシーンあれは何を意味しているのでしょうか一人ではなくことのできなかったけだと思うことは二人で支えあって立つことができたそして二人では安定せずにぐらつくところによっちが入り3人でしっかりと立つことができたと語るシーンが劇中にありましたよっちを失いそして真を失って一人になってしまったけどはきっと立つことができなくなって自ら死を選んだ僕はそういうラストはと思いました皆さんはどう思いましたかプロポーズ大作戦の爆発 マクド楽器だに仕掛けたドッキリだったらと僕は願ってしまいましたまとめます今日は1月29日公開の映画だも無き世界のエンドロールを紹介しました現在と過去を切り替えながら展開するストーリーは一見複雑でわかりにくいようにも感じられますがラストに向けて全てのピースがはまっていくの感覚はとても気持ちが良かったですどんでん返し系の映画のような青年ですが中身は友情と愛情とても感じる素晴らしいヒューマンドラマでした謎解きをしようと身構えて見るのではなく純粋にストーリーを楽しんでほしいと思った映画でしたそれにしても観光等には気をつけましょうご視聴ありがとうございましたそれではまた
おすすめの記事
ヤマシタトモコのコミックを実写化!映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、滝藤賢一の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
ヤマシタトモコのコミックを実写化!映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、滝藤賢一の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 さんかく窓の外側は夜漫画...