おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

KCIA 南山の部長たち
1979年10月26日に韓国で起きた朴正煕大統領暗殺を基にした金忠植の「実録KCIA-「南山と呼ばれた男たち」」を原作にしたサスペンス。韓国中央情報部の部長が、崇拝していたはずの大統領を暗殺する過程を描く。監督は『麻薬王』などのウ・ミンホ。『それだけが、僕の世界』などのイ・ビョンホン、『目撃者』などのイ・ソンミンのほか、クァク・ドウォン、イ・ヒジュンらが出演する。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】パク・チョンヒ大統領はなぜ暗殺されたのか?映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン、イ・ソンミン、クァク・ドウォン、イ・ヒジュン、キム・ソジンの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。どうもみなさんこんにちはミステリー作家の七尾与史ですはい今日もね新作映画を一本レビューしていきたいと思いますということで今日はない韓国映画ですよ kcia 南さんの不調だし何山と書いて何と呼びますということでねえ俺的映画速報でもお伝えした通りミニシアター興行収入ランキングで初登場1位だった韓国の実録ポリティカルサスペンスです韓国で一番有名な大統領といえば誰でしょうかやはりね朴正煕さんだと思うわけですよ朴正煕といえば前の大統領朴槿恵のお父さんですよねそれにしても韓国の大統領ってろくでもない松戸末路を辿りますよねパククネさんはワイルドだか何かで刑務所行きになっちゃったしもう他のね歴代大統領の多くもま刑務所行きになったり後歯茎宣告を受けていたりするわけですよそしてパククネさんのお父さん朴正煕大統領はですね殺されちゃいました暗殺されちゃいましたそれも腹心の部下に撃ち殺されたんですよねはいでまずはねこの映画を語るにあたって朴正煕ってどんな人だったのか簡単におさらいしておきましょうまだこの映画見てない人はね予備知識としてぜひですね朴正煕大統領について知っておいてくださいこの世で最も頭は軍人だったんですよそれもねさんと当事ですね高木正雄と日本名を名乗って満州軍学校と陸軍士官学校で学んでペナント関東軍の陸軍中尉として軍務に就いていたんですね別魔理沙日本軍の将校をやっていたんですよ韓国人のくせにね映画の中で日本語を話すシーンがあるんですけどこのこと知らないと不便なんでお前日本語喋れるのってなるわけなんですけどもあの日本でね軍務に就いていたわけですからそれは日本語喋れるわけなんですよねその方ですね彼は韓国に戻って今度は1961年5月16日軍事革命でクーデターを起こして軍事政権を樹立することになりますそして1963年から韓国大統領となって軍をバックとしてですね実質独裁政治を行うことになりますまなんといっても彼の功績はハンガンの奇跡と呼ばれる経済成長の実現ですねそれによって政権と関係の深い特定の財閥が急成長することにはなりますその裏で色々と非*道的と言うか自分にとって都合の悪い人間を拉致監禁拷問かけたりとまぁひどいことをねして取り締まりを強めて行きますタイトルにもなっている kcia 韓国の中央情報部なんですけど焼け石例えば近大中拉致事件に関与していましたよねあの日本の映画で佐藤浩市主演の兄弟という作品がありましたけどあるんよね kci 会の連中が出てきてまきんだいちゅうさんねタッチしましたこの kcia がですね朴正煕政権のある意味ね秘密警察と言いますかま彼らが暗躍していたですね大統領に楯突く人間とか都合の悪い人間を抹殺して言ったわけですねまたさらにこうなんとかな報道規制なんかもかけていたので韓国の出来事が世界に発信されずまあの国際社会は韓国の中で何が起こっているのかっていうことをねなかなか紅白出来ずにいたんですよだからこそ朴正煕さんはね好き勝手な事が出来た理由なんですよねその彼を支えた朴正煕大統領を支えたの裏で支えたのがこの kcia という部署だったわけですところがですねその朴正煕さんなんですけど1979年に信頼していた kcia のキム部長に射殺されてしまいます本作では朴正煕暗殺事件の顛末を描いているというわけなんですよじゃね簡単にねほんとざっくりですけどストーリー紹介していきます主人公はビョンホン演じる中央情報局 kcia のキムヨン部長の不調なんですけどねまトップですよサブタイトルにもなっている南部さんの部長というのは当時警視 南山っていう所にあったので歴代部長たちはそう呼ばれていたんですね彼の前任者はぱくよんかくという人物なんだけど彼はアメリカに亡命して朴正煕の独裁政権の実態をアメリカ議会で暴露してしまいこれがね大騒動になっていた訳なんですねもう朴正煕大統領は激おこでまあキム部長がね事態の収拾を図るよう命じられるわけなんですよ彼にとって前任者のパックは苦楽を共にしてきた親友なんですよなんとかね穏便に札をソートするわけなんですけども世論から独裁を批判されて朴大統領は逆にこういっこしになっていくという金も高圧的な態度をとるようになっていくわけなんですよね自分の思い通りに動かない部下を蔑んだり縮んだりするわけなんだけどそんな大統領にキム部長はこんなんで国は大丈夫なのかと本を持ち始めますキム部長も朴正煕と一緒に革命に身を投じた人物なんですよ朴正煕の志の高さに惹かれて彼について言ったわけなんだけどそんなキム部長のことを朴大統領はぞんざいに扱うようになるんですね代わりに敬語室長の拡散ちょんを重用するようになりキム部長はシカトされるようになっていくわけですま仲間外れみたいなっていうことですよ彼は色んなしての責任を押し付けられて立場がどんどんどんどん悪くなっていきます軍事政権内の権力争いに巻き込まれて愛国心と野心の狭間に翻弄されながら次第に追い詰められていくキム部長ついには彼は朴正煕暗殺という究極の決断を実行に移すことになりますが10点みたいなそんなストーリーになっておりますはーいこの映画ですねまずはね韓国の近代史をある程度把握してないと楽しむのはかなり難しいと思います韓国人にとってはかなり有名な歴史的事件なのであまり混乱することはないかもしれないんですけど今日本人の僕たちにはねなかなかねえ難しい内容になってるんじゃないかなと思うんですよまずなんといってもねなんかで似たような名前がね複数出てくるパックとか勤務だね結構出てくるんですよねなので誰が誰なのかねちょっとね混乱しちゃいます朴大統領も出てくればパック部長ってのも出てくるし後キム部長にキム総裁なんても出てくるんですよ魔法作は朴正煕以外名前を微妙に変更しているそうなんですけどもそれでもね勤務とかパックとか一致する名前が出てくるのでこんがらがっちゃうんですよねもうちょっとね分かりやすくして欲しいんですけど今もっとも韓国人向けに作られた映画ですからそこら辺はねそんな配慮されてなかったのかなと思いますで途中ねなんかね頭がはげた将軍みたいな人物が出てくるんですけどこの人実は全斗煥なんですよ全斗煥皆さんご存知ですかねまどっちに軍事クーデタを起こして実権を掌握そして大統領になっていく人なんですよね金田一を含む野党側の政治家たちを逮捕監禁して非常事態戒厳令を全国に拡大させてさらにはね講習で勃発した民主化デモ鎮圧するために陸軍の特殊部隊を送り込んで市民を皆殺しにしたというのは今とんでもない野郎なんですけどまあちゃんのこともねま韓国の形なら分かるんでしょうけど日本人にはあまり馴染みないですよねこの全斗煥大統領全斗煥山門ですね後にま弾劾裁判にかけられて死刑宣告を受けるんですけど亡命しちゃったのかなまなま結局なんか得したか何かでねおんしゃか何かが付いてましてはなくなったわけなんですけどまあ何かとねこの韓国現代史上まあやらかしちゃってる大統領ですよねわけでもう少しで詳しくレビューしたいと思うわけなんですけどその前にいつものように映画の評価額をつけたいと思います大人の映画鑑賞料金1800円に対してこの映画にならいくらまで出せるかということで評価額を付けていきます映画 kcia 南無三の不調等評価額は2割1200円良作ですかねうんこの絵金なんていつもいいビョンホンの演技が素晴らしすぎて内容も ヒューマンドラマでしたポリティカルサスペンスという体裁なんだけど反応があるとかねマフィアものに近いかもしれませんことわざとかねそこにエスピオナージ松森スパイサスペンスが程よく混ざったようなそんな感じになってますね序盤から終盤まで引き込まれる物語なんだけどまぁ結構ねたくさん色んな人物が登場してきて更に名前の区別がなかなかつかないので初見ではねこのストーリー人間関係が分かりにくいま人間関係が結構複雑ですねあと情報部と警備部って言うか敬語市粒計5室が10室憲法を尽くして相手を出し抜こうと躍起になってるわけですねでなんとか大統領のご機嫌を伺って彼らはイエスマン同然なんですよ朴正煕もスターリンもそうなんだけど独裁者と言われる人は何て言うんですか猫猜疑心が病的に強すぎるんですよねそうなっちゃうんですかねま確かにいつ寝首をかかれるかわからないから常に相手を疑っている相手を信用しない疑わしきは黒の精神でちょっとでも怪しいと思ったらねすぐに粛清の対象にしてしまいますよねのとこにスターリンがそうだったですよまだからキムたちからすればいつ何時どんな理由で何をされるかわかったもんじゃないわけですよね処刑されちゃうかもしれないだから朴正煕にはあなたには忠誠を誓ってますと猛烈にアピールしているわけですキムのライバルが圭吾室長の9月なんですけど書くなんですけどわかれば隙あればキムを失脚させようと大統領に寝取り行ってきます昨日は勤務でもねなんて安いの持っているんですけど彼はねえかくとは違って国を良くしたいという強い愛国心の持ち主なんだよねそんな義務の震源も大統領はまみみおかそうとしてなくなるわけですよそんな彼はついにブチ切れて大統領を射殺してしまうわけです2005年に言う子っていう間韓国映画があったんですけどこちらも朴正煕大統領暗殺事件の顛末を描いていましたただねこちらはねブラックコメディ調でゆるゆるコントみたいなバカ映画だったんですよまちっとも面白くなかったけどねそれに比べると本作はおふざけなしのシリアスにも程がある作りになっていてまこ実録ものとしての音リアリティがありましたこの事件の肝は何と言っても犯人のね犯行動機なんですよキム部長の犯行動機ですあ実際それについては今でも不明のままとされているんですねま単純に正義感愛国心から実行したんだとかクーデターを企てた野心家だったとかねまとアメリカが裏で糸を引いていたなんて説もあるそうなんですよまこの映画ではね仲間外れにされてブチ切れたという解釈でいいんですかねま何点ですかこう象は表裏一体可愛さ余って憎さ百倍って言うじゃないですかこのキム部長はね朴正熙が好きすぎて彼から拒絶されちゃった仲間外れにされたから殺しちゃったそんな感じなんですよなんとも直情的と言うか短絡的というかやっぱ日通って思いましたでもイビョンホンさんの熱演が素晴らしすぎてそれに騙されちゃうみたいな感じですね妙に彼の行動の暗殺をするという選択決断にはね妙な説得力あるんですよまた浜にも好きすぎるアイドルを殺そうとする事件が起きますけどねまさんがねアイドルを殺そうとする事件が起きますけどまああれに似ているのかなと思いましたちなみにキム部長はその後逮捕されて絞首刑にかけられていますこういうのってまきや物やヤクザものなんかにもよく見られますよねカリスマ的ボスが浸水する部下に結局殺されちゃうというオチがつくそんな奴あるじゃないですかまあそれにしても映画に出てくる韓国情報打ってろくでもないことばかりしてますよねあの KT 佐藤浩市さん主演の KT では近代中央ランチしたりちょっと前にデビューしたブラックヴィーナスと呼ばれた男では近代中央失脚させるために北朝鮮の交換に接触して家にいても同一発ぶち込んでよってお願いしたりとかねま北風北風工作って言うんですけどねそうすればセレンは北朝鮮なのかと仲良くできるかってなっては融和政策を掲げていた近代中の支持率が下がるだろうみたいなねそういう作成をとっていたんですよアホかと馬鹿だなこれはねあの当時 CIA の 国家安全企画部がやっていて今はねその後また名前が変えられて国家情報院ですかね確かそんな名前だったと思いますそんなんだね僕もあんまり歴史には詳しくないんですけど結構韓国映画たくさん見ているので韓国の近代史にはちょっと詳しくなっちゃったりするんですよねやっぱ映画っていいですよねそういう意味ではね歴史の勉強になりますよというわけでねまあ本作は予備知識がないと分かりにくい映画ではあるんですが骨太で見応えがある一作になっておりましたこの映画見る人はですねやっぱりねうん朴正煕については若干でいいね少しでいいから予習して見に行った方がいいと思いますあの Wikipedia にも載ってるしあと Wikipedia にねえ韓国台とその朴正煕大統領暗殺事件の顛末についても詳細が書かれているのでそれもね目を通しておいた方がいいですまあネタバレとはいえば結局朴正煕大統領は暗殺されるのか分かりきった事実ですからねそれはもう帰られることではないのでまたそれはね読んだとこでネタバレにはならないと思いますよそれにしても韓国ねまあ今は韓国のアイドルとか色々とねまあ結構親しみを感じてしまう国にはなっていますけどほんの30年前は結構闇の歴史と床が強い国でしたね今の北朝鮮とそんな変わんないみたいなねそんな感じだったんですかねはいだけでね骨太なサスペンスがお好きな方にはお勧めできる映画だと思いますミステリー作家の七尾与史でしたそれではみなさんごきげんよう
おすすめの記事