おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

フォレスト・ガンプ/一期一会

フォレスト・ガンプ/一期一会』
まさに不朽の名作ですよね。定期的に観たくなります。言わずと知れた映画以内の名言。『Life was like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.(人生はチョコレートの箱のようなもの。開けてみないと分からない。)』『Momma said there’s only so much fortune a man really needs and the rest is just for showing off.(ママは言ってた。ほんとうに必要なお金なんて少しでいい。残りは、見栄を張るためだけって。)』『I’m not a smart man… but I know what love is.(僕は賢い人間じゃない。でも、愛が何かは知ってるよ。)』
『I don’t know if we each have a destiny, or if we’re all just floating around accidental-like on a breeze(ぼくらにはみんな運命があるのか、ただ風に吹かれているだけなのか、分からない。)』
※映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】人生はチョコレートの箱のようなもの!映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』トム ハンクス、ゲイリー シニーズ、ラシター ライト ペンの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。始まりましたもしくはムービー今回ご紹介する映画はこちらフォレストガンプそれでは上映です彼の名前はフォレストガンプバスを待つ女性に語りかけるママが言ってた靴で人がわかるってどこから来てどこへ行くのかフォレスト金を分けると魔法の靴を履いていた彼は背骨が歪んでいたために下肢装具をつけて矯正しなければならなかった母は南北戦争の英雄であり KKK を作った姉さんフォレストの由来としフォレストガンプと名付けた人間はバカなことをすると戒めるため母はお前はみんなと同じなのよとフォレストに教えたが教師はそれは違います知能指数が75しかないんですよと言っただが母は人は皆それぞれ違います反論したフォレストの家は空室が多かったため旅行者に宿として部屋を提供していたある日ギターを持った青年はフォレストの奇妙なダンスをえらく気に入ったそして後日その旅人はテレビの向こうでフォレストのダンスを踊っていた入学初日フォレストは席を探すがどの子も彼を座らせてはくれなかったあっちへ行けとそんな時優しい声が聞こえるここに座りなさいよ彼女の名前はジェニーと言ったその日からふたりはいつも一緒に遊んだ東泉家に帰ろうとするともう少しだけここにとフォレストの手を握った何故だかジェニーは医療嫌がっていた頭と足のせいでいじめの標的にされるフォレストだったが下肢装具が外れ風のように速く走ったそれからというもの彼はどこへ行くにも走ったのに春日フォレストは父親に怒鳴られるジェニーと共に畑の中に入れるそして彼女は神様でもどうか私たちを取りにしてここから逃がしてくださいとダリは高校生になったが相変わらずフォレストがいじめられていたいじめっ子から逃れるフォレストだったがその俊足がコーチの目にとまり晴れて大学に入学できることになるそして彼はアメフト部に入り頭は鈍いが足は速いやつの評価通りその足で大活躍するついには全米代表にまで選ばれホワイトハウスでケネディ大統領に面会する機会に恵まれるベトナム戦争が始まった頃特に進路が決まっていないフォレストは軍のスカウトを受け入れアメリカ陸軍に入隊する自己紹介をするフォレストだったら名前なんかクソ食らえと怒鳴られてしまうそして誰も彼を隣に座らせてくれなかったがばばという男が席をあけてくれるあばの家は代々エビ漁と海老料理で生計を立てていたので彼はエビのことは何でも知っていていつもフォレストに指の話をした一方フォレストが命令に従うことが評価される軍隊生活がぴったりとはまっていた軍曹はお前は何将軍になるべき男だと評価するベトナム出生が決まった彼はジェニーが働いている店に顔を出すジェニーはフォークシンガーになることが夢だったフォレストの目には彼女の夢が叶ったように移ったのはストリップ劇場の死亡時期のジェニーはフォレストに告げるもういい加減つきまとうのをやめて彼女はクレストを遠ざけていたそしてそのままあてのない旅に出ようとする前に立ったがフォレストのベトナム出生おしり足を決める約束して何かあったら勇気など見せずに走ってフォレストとばばはメコンデルタ地域を担当する第9師団に送られるそこでは何十映画小隊を率いたダン中尉の先祖が代々アメリカの戦争で命を落としていたそして単純な祖国のための選手はレオと考えていたクズの部では長いこと雨が降り続いたフォレストとばばは兄弟のようにお互いを支えあっていたある時ばばは告げる 一緒にエビ漁をしないフォレストは解約する進撃を続けていた状態だったが敵の待ち伏せに遭い甚大な被害を被る男女交代するよう指示をよしフォレストは強靭な脚力で走る彼はジェニーの言葉を思い出していた約束して何かあったら結城望せずに走ってフォレストの我に返ると周りの味方は誰もいなかった彼は親友の馬場を探すために戻るだがその途中で次々と仲間を発見し救出する南中今俺のことはほっておけというがフォレストにそんな真似はできなかったそしてついに馬場を発見するただ彼は熱中症だったフォレストは味方のナパーム弾をかいくぐり仲間の元へ戻ってくるん品川 Forest にするよ家へ帰りたいこれがばばの最後の言葉となった 被弾したフォレストは軍病院で治療を受けることになるある時暇つぶしに卓球を始めるとまたたく間に才能を発揮する何があってもボールから目を離すなという助言に素直に従ったフォレストが入院した病院には何注意森田彼はフォレストのことを憎んでいた俺は部下と静止するはずだった俺の運命をお前がぶち壊したんだよ足を失った男児はこれからどう生きていいのか分からず荒れていた帰国したフォレストは栄誉勲章を贈られるそして一人ですと見学をしていると偶然から反戦集会でのスピーチを求められるそこでフォレストとジェニーは久しぶりの再会を果たすフォレストはジェニーに君のボーイフレンドになりたいと強くするがジェニーからの返事はなかったそうして彼女は歌っている日本フォレストは全米代表に選ばれた世界平和を担う者として中国で卓球の世界大会に出場するそして帰国するとジョンレノンから中国の様子についてインタビューされるのであった春日フォレストは団地良いと再会を果たす彼は神を呪い酒浸りの生活を送っていた年が明けニューヨークはお祭り騒ぎだったが何十いの心が沈んでいた部屋に戻り娼婦とバカ騒ぎをしていると団地の怒りが爆発する彼女らがフォレストの事をバカと呼んだからな人にはそれぞれ嫌いな言葉のあるフォレストにはバカということがダン中尉には障害者という言葉ダン中尉はフォレストが馬鹿と呼ばれることに我慢がならなかったトレスとはばばとの約束を果たすため会社を設立しえびぞり漁船を買ういろんな人からあんたはバカなのかと言われるがその度に馬鹿なことをする人がバカなんだよねこうして彼はエビ令和を開始連れが一向に獲物は取れなかったそこでフォレストは運を味方につけるので既にジェニーという名前をつける お願い続けた勝手には幸せではなかった昨日と試みるも死ぬことができなかったある日フォレストのもとにランチをやってくる彼もまた約束を果たすためだのでもしフォレストが船長になったら俺が一等航海士になるという予測を嵐がやってくるだがその嵐以上にダン中尉の方が空いている貴様と俺の対決だこの俺を沈めてみろ嵐が去るとその沿岸は壊滅的な被害を受けていたフォレストたちの舟を除いて他の女性は全て破壊されていたのでそれからというものエビは大量に取れて25は12層まで増えたそしてババガンプ社を知らない人はいないほど大きな会社へと成長したのにダン中尉は初めてフォレストに感謝する命を作ってくれてありがとね彼はこうして神様と仲直りしたフォレストは家に帰る母がガンだったんだそういう時が来たのよ怖がらないで歯は星の一部なんだからそして母はこの世を去ったダン中尉はフォレストの金をアップルに投資したそしてフォレストは億万長者になるが必要以上のお金は無駄なお金という母の教えを守り教会を建て病院を建て婆の母に送金したフォレストは無料で大好きな子ばかりの生活を始めるが彼の心はどこか満たされなかったそんなある日家に行ってくる彼女は何も語らなかった今まで何をしていたのかなぜここに来たのかそして子供の頃住んでいた家に石を投げつける何度も何度もフォレストがジェニーには何も尋ねず二人は子供の頃のように楽しく暮らしたそれは彼にとって一番幸福な日々だったのだがある朝ジェニーはフォレストの元を去るもの追わずにフォレストは何の理由もなく走り始める気がつくと彼はアメリカを横断していた走りながらか早ババ そして何よりジェニーの2年の歳月が経ち4回も大陸を横断しているという人々はなぜ走るのか理由を知りたかったそれが世界平和のためなのか環境問題の止め方がフォレストはか知りたいから走ったそんなフォレストを見て彼は人生の悟りを開いたに違いないと 3年と2ヶ月が経過したある日彼は突如走ることを辞め家に帰るのそしてジェニーから手紙が届く来て欲しいフォレストがバス停に止まって兄に会うためだったジェニーは今までフォレストにしてきたことを出題するそして息子を紹介するその子の名はフォレストといったそれは父と同じ名前だった動揺するフォレストだったが真っ先に心配したことは自分の知能の低さがいれんしていないかということだったんだがフォレストジュニアは学校で一番の成績でその心配はなかったのですとは誰かける何を見ているんだいじぇにーは不治の病に冒されているフォレストはジェニーの看病をすることを約束するそれとジェニーは告げる結婚してくれる二人はアラバマの家で結婚式を挙げる祝福のために何重にも来てくれた彼は心の底からフォレストの結婚を喜んだ3人は幸せな日々を過ごすがジェニーの病は進行していったフォレストはベトナムのことで微量のランニングのことを話したジェニーは一緒に行きたかったがさすがフォレストは規定するいつも一緒だったよとそしてジェニーは息を引き取ったフォレストは二人がよく遊んだ思い出の木下に彼女がいた彼にはわからなかった母が言うように人には運命があるのかそれともダン中尉の言うように風に乗ってさまよっているだけなのか多分両方が同時に起こっているんだフォレストは家事て母がしてくれたように息子を送り出す物語はここで幕を閉じる
おすすめの記事