おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

映画 えんとつ町のプペル
お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が手掛けた絵本、「えんとつ町のプペル」を原作にした劇場版アニメーション。煙に覆われた町を舞台に、えんとつ掃除人の少年と、ゴミから誕生したゴミ人間の冒険を描き出す。西野は製作総指揮と脚本を担当し、廣田裕介が監督を担当する。『鉄コン筋クリート』や『海獣の子供』などのSTUDIO4°Cが、アニメーション制作を担う。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】キングコング西野亮廣の絵本原作映画『えんとつ町のプペル』窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。今回は煙突町のプペルこの作品をご紹介していきたいと思います早速ですが皆さんはこの原作絵本は読んだことはあるでしょうかお笑い芸人であるキングコングの西野さんが出版されて出版した後に無料で公開するという異例のこと起こして話題になった作品です映画化されたえんとつ町のプペルのレビュー動画となっておりますこの動画の途中で警告を出して行きますのでその後はネタバレありでお話ししますのでまだ観てない方はお気を付けくださいそれはこれから今作の概要を簡単にご説明したいと思います原作は2016年の10月に出版され先ほども言った西野さんを中心として完全分業制で製作された肺胞になります盛岡クエストかくとうでもの書く人とさまざまな作家さん総勢35人それぞれやとってこの本を出版している現在まで42万本を突破する絵本としてはね異例の作品となりました imation を担当してるのがスタジオヨンドシーという会社ですね独特の世界観をアニメーションで表現した怪獣の子供などもこのスタジオお金かけられています監督は廣田悠介さんという方でこの方はこれまで主にコンピューターグラフィックスを担当されてきたかたです今作が初監督作品の映画になりますそれではこれから今作のあらすじを簡単にご紹介していきたいと思います空からゴミ置き場に心臓が落ちてきますそこにゴミが集まりゴミ人間が生まれますそんな中町はハロウィンの真っ只中でゴミ人間は仮装した少年達と出会えますそして煙突掃除屋のルールという少年に彼は出ます名前のないゴミ人間にルビッチはハロウィンプペルと名付け二人は仲良くなっていく女ビッチには亡き父が語っていた星を見るという夢を持っていました二人の友情と希望を見つけていく物語となっておりますまずいつも生意気ながら個人的な指標として点数をつけてるんですけれどもこの作品は71点かなと思いましたこの映画の感想として二つの視点があって一つ目個人的な視点としてはですねこの映画の物語は合わなかったです王道を通り越しても結構擦られまくったような展開が続いたような印象がありますもう一つの視点としてはやっぱりこの映画のメインターゲットである人たちが楽しめるかどうかっていうところだと思うんですけれどもそこに関しては期待に応えて本当に友達とか恋人とか家族することお子様連れでも見れるみんなが好きな物語というイメージを持ちました見終わった直後の感想としてはとても悪いですけどもはいしゅう向けの映画だなーっていう感じだったんですけれども公式サイトの方で原作の絵本が無料で公開されてるんですね原作を読んだ時に書き足してる部分が結構あってそこは僕はかなりは会わなかったですね原作の方のほうがもっといいなと思いました後にふるえんさーだったりとか負けたとしてコメントしてね人気の西野さんが好きな人ならやっぱり彼のこれまでの経験とかが投影されているので感情移入しやすい物語でもあると思いますこの映画が好意的な人を傷つけたりしたいわけじゃないのでネタバレなしのだねこの映画の魅力とちょっとだけ僕が気になったところお話ししたいと思いますが今作の魅力の一つ目動く絵本やっぱり最大な魅力になると思います経験のあるねスタジオヨンドシーが作ったこのアニメーションというのは本当に絵本のキャラクターが動いているようなどこか懐かしく暖かいねアニメーションが展開されていきます続きまして二つ目豪華俳優陣今作には声優さんよりも非常に多くの俳優さんが起用されています窪田正孝さん芦田愛菜さん立川しのすけさん小池栄子さん藤森慎吾さん伊藤さゆりさん宮根誠司さんずんの飯尾さん國村隼さんといった知名度が高い役者さんが非常に多くが入っておりますサプライズ的なキャストもいましたして終わった後に結構話題になるんじゃないかなと思います続きまして見つめ拡大するえんとつまち原作というのは本なので当然のようにねちょっと短いんですよ今回は8分ほどの映画になるということで登場人物も増えて世界からもより幅広く構築されています検索のファンの人だったりとか絵本なんでしょって思ってる人も予想以上にね平べったい世界観にはうつらないように仕上げてあります他にも原作から拡張されている部分があってキャラクターデザインなんですけれどもキャラクターデザインに福島敦子さんという方を起動されていませんでしたのポポロクロイス物語のキャラクターデザインをされた方なんですけれどもすごく愛くるしいキャラクターになっていたと思います身近に気になった点を話しますと個人的にはですね声優さんこいつにあったキャラクターではあるんですけれどもそれでもよかったねというか頑張ったねみたいな感想でした本音を言うと本職の声優さんたちで作ったらもっとあつめ我慢したんじゃないかなと思います僕は一人だけいい声だなって思ったキャラクターがいるんですけれどもその人一人だけ本いずみりんなさんっていう本職の西の方がやってるんですね比べると声の感情の乗り方とか声量みたいなものはやっぱり本職の人が潰れてるのかなと思いましたただ最近声優もね 出来てると思うのでたくさんの人たちに協力を依頼した方が意外と安く済んで予算を抑えられるのかもしれないですねあとはボリュームが結構膨らんでいて10分映画とか80分目が短くコンパクトにまとめたほうが原作の良さがより際立ったんじゃないのかなと思いました大人も泣けると歌っていましたが透析大人向けというよりもやっぱりこれからの子供たちに聞かせたいお話だなと思いましたアニメーションはねやっぱり独特のタッチがあって面白かったですし幅広い年齢層における安定感のあるお話になっていると思いますので気になる人は是非映画館に行ってみてくださいそれではこれからネタバレあに移行していきたいと思いますはいではこれからネタバレありの時間ですご覧になった方々いかがでしょうか結末を簡単におさらいしておくと喧嘩していた徳兵衛ネトロヴィッチは仲直りをする父ブルーのが話が真実だと証明する為みんなに希望の星空を見せるためいたんサーモン館からプペルの取り締まりから逃れるためスコップの力を借り海に行った船に手作りの大きな気球をつけ頭と空に飛び出しますそして夜空で爆発を起こしそれに二人とみんなの前に星空は姿を現します涙をこぼすルビッチに添えるは父と同じ言葉で語りかける食べるにはブルーののブレスレットがどうの代わりに機能しており騎士の記憶が食べるには残っていましたそして言葉を交わした後スペルは役目を果たしたかのように崩れ去っていくという結末になっていたと思いますここからね結構気になったことを話していくんですけれどもこの映画が好きだった人はねちょっと嫌な気持ちになるかもしれないのでこの辺でこの動画見るのはやめてください思ったのは高いところが怖い人にですね下を見るから入れるんだ上を見上げるってます意味不明だかんだ言っててさを見るよりも上を見上げたほうがいいということは分かるんですけれども高いところを何とか上だけ見て克服させようとする人ですその気持ちとかでどうにかなる問題じゃないんだねそれを言葉で勇気とか希望とかで乗り越えられないものもあるので誰か他の表現の方が良かったんじゃないかなと思います一度思ったのは見終わった後に原作料で公開されているので4で待たされた部分とかを見ていくという非常に相当する部分があってお母さんは車椅子でも喘息でもないですしお父さんは殺されてもいませんしたんさもんかんや国の偉い人なんかも出てこないですしホテルは崩れ去ったりもしませんこの辺の付け足しの脚色がですねすごく日本の大衆向けな作品にある良くない部分が凝縮されてるなと思いました主役の人物やその家族を痛めに痛めつけて悲惨な人生を送らせてそして終わるものを作りそう言ってをやつけて意地悪だったやつがいいやつになってクライマックスには奇跡を起こしそして仲間は誰かがいなくなって消え去ってしまってそして感動的な音楽をかけていくというのを通り越して古臭すぎて予想外なことが全く起きない作品でしたもっとミニマムな物語なんですねどっちが仲直りしたところからもそのままプールに連れられて海の船の所に行ってそのまま飛び去って星を見てブレスレットを返そうとするけれども僕は君とずっと一緒にいるって言われてそして家と同じ仕草をしてお父さん帰ってきてくれたんだで幕を閉じるんですねプールにも救いがありますし本当に父だったかどうかっていうのは明確にはなってないんです確定的ではないけどかすかな希望そうなんだってして行こうっていうささやかな願いみたいなものが泣くような作品に原作の方が鳴ってたんですけれども映画の方ですねすごくいろんなものが出されていてどこまでに西野さんがやってるかわかんないんですよ制作会社が大衆向けに脚色したのかもしれないんですけれども西野さんは本当にこれで良かったのかなっていうのはちょっと思いますいずみを倒すだったりとかディズニーのセナ彼が見えてきたって言ってるんですけれどもこのプールの中にあるような悪いものをやっつけるみたいないった王道の話からディズニーはもう脱却し始めてるんですねむしろ世間から望まれてるものではない新しい価値観を投入して反感を買ってでも新しい道を出ているには今作ろうとしてるんですけれどもこの作品はかなり王道なところに落ち着いたなと思いました後はあの国ができるまでの背景なんですけれども腐ったお金を作ったことによってそれに反発する勢力と争いになってしまってそれから逃れるために場所を移して体を作って煙を上げてあの国の中で経済を回してたわけじゃないですかお金が腐るから使わなきゃいけないだろあの煙っていうのは皆に希望を持たせなきゃ無理でもあると同時に外の世界との摩擦を避ける煙でもあるんですね言い換えるなら守るための機能もあったはずなんですよそれを跳ね除ける外の世界に行くんだったら危険性も伴うよってみんなを巻き込むかもしれないそれでもやるのかっていう葛藤も含んだ方が物語に厚みがあったんじゃないかなっていうのは僕は思いましたやっぱりミュージックビデオみたいな演出も送ってここでも音楽がかかるのかと思いましたねまあ色々言ったんですけれども今作はあくまでも絵本なのでやっぱりね子供の人がメインターゲットだと思うので細かいことはないと思うんですけれども選挙権あるんだったらねほかにもいろんな 勝ったでお話しさせていただきましたアニメーションキャラクターは楽しかったですし本当にやっぱり西野さんっていうのはすごく自分が台風の中心と言うか動き回って周りを巻き込んで動かしていく常に彼の動向ややることに注目が集まりますし今回年第一作目なのでこれからもねこういった絵本の世界をアニメーションにして映画にしてっていうことをね喉を続けていって欲しいなと思いましたついた形でじゃないとられず色んな作品のことを紹介しておりますのでよければチャンネル登録高評価コメントなどもお待ちしておりますそれではまた次ないがどういたしましょう7パ***金いる人の作品をもうちょっとチクリと言うとこの作品に何を求めてるんだとか細かいことを気にしすぎだとか言われたりもするんですけれどもまあ個人の趣向なので後は何か好きな人の作品だからって何でも OK ってしちゃうのはそれこそ思考停止だと思うし思考停止こそ本当のこの映画の中にある希望の星を受け無理だと思うんですよね
おすすめの記事