おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

ワンダーウーマン 1984
『ワンダーウーマン』のガル・ガドットとパティ・ジェンキンス監督が再び組んだアクション。恋人を亡くして沈んでいたヒロインの前に、死んだはずの恋人が現れる。前作に続いてクリス・パインが恋人を演じ、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのクリステン・ウィグをはじめ、ロビン・ライト、ペドロ・パスカルらが共演。[あらすじ]スミソニアン博物館に勤める、考古学者のダイアナ(ガル・ガドット)には、最強の戦士「ワンダーウーマン」というもう一つの顔があった。1984年、禁断の力を入手した実業家・マックス(ペドロ・パスカル)のたくらみにより、世界のバランスがたちまち崩れ、人類は滅亡の危機に陥る。人並み外れたスーパーパワーの持ち主であるワンダーウーマンは、マックスが作り上げた謎の敵チーターに一人で立ち向かう。
※映画『ワンダーウーマン 1984』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】爽快痛快!娯楽アクション映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット、クリステン・ウィグ、クリス・パイン、ロビン・ライト、ペドロ・パスカルの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。景気のいい大作映画 Wonder Woman 1984でございませんマナーがてネットに続き今日公開来年の新作を劇場公開と配信に同時に行うということで訴訟にまで発展しているワーナーですが劇場公開してくれるなら映画館にお金を落とすしかない実際落とすかち割りのとっても痛快なアクション大作れた前作大 Hit をして DC コミックスの映画クロスオーバー DC エクステンデッドユニバースに希望の光を見出した2017年のワンダーウーマン監督のパティジェンキンスはスターウォーズの新作の監督にも抜擢されてもう檻に乗りまくってるわけでございますかそのスターウォーズ前の本作はどうだったのかと早速参ります是非とも劇場行かれる際は体調管理感染対策マックスで映画を楽しみいただければと思います今週は Wonder Woman 1984ありますですのでお話を前提として全作をまとめていこうと思いますよ本作のみの話でいいよーと言う方はお手数ですが飛ばしてください当然ながら本堂が前作のネタバレを含みますのでそちらもご注意ください喘息 Wonder Woman とっても簡単にまとめると戦争も悪もない理想的なその名の通り楽園パラダイス島というアマゾネスが住む島の純粋無垢なお嬢様は嫌な第一次世界大戦中の人間の世界に入って汚い汚い人間世界戦争をし女性差別を経験して人間の心に光と闇両方があることを知る成長物語ヒーロー誕生たんでした映画で言うと第1次世界対戦ものとしての側面西部戦線異状なしに純粋無垢な王女様が主人公のローマの休日をかけて1978年のスーパーマンで割ったという感じです重要な前提ですがこの DC エクステンデッドユニバース版のワンダーウーマンシリーズはパティジェンキンス監督も非常に影響を受けたという70年代80年代のスーパーマンシリーズをベースにしていますワンダーウーマンニアイコールクリストファーリーヴのスーパーマンこれは本作も同じくでした前作 Wonder Woman 何よりで素晴らしかったのが西部戦線ノーマンズランド無事対応タイヤが進む映画史に残るレベルで誰も取れないのお前グランドオブワンダーウーマンが通るの魔王マン女性ならいけるだろうというお前は一休さんかとねこの橋渡るべからじゃないんだからという一休タイヤの素晴らしいアクションシーンでしたちなみにこれを支援し改善策例えば主人公が男性は生食には必要だが偕楽には必要ないと言うと直球のセリフがあったり女性秘書ってところじゃないと女性差別はびこる人間世界に無垢なダイアナが切り込むフェミニズム的な視点が多いんですがこの前に公開されたもう一つのワンダーウーマン映画ワンダーウーマンの原作者の電気ワンダーウーマンとマーストン教授の秘密という映画を見ればとっても原作者の思想に沿っているとわかりますというのもこのワンダーウーマンの原作者チャールズモールハーバード大学の教授と超インテージありなんと嘘発見木の発明者でワンダーウーマンというアメコミフェミニズムと自身の心理学理論を子供に伝えようとプロパガンダとして作ったんですねしかもフェミニズム活動家の娘さんをモデルにダイアナというキャラを作ったと言ったからフェミニズムが根っこにあって当然の手術ということが前提にしていただければと思いますともかく女性が監督するフィメールスーパーヒーロー女性ヒーロー映画でもお客が入ることを証明したワンダーウーマン前作の舞台第1次世界大戰から TOKIO 66年も勧めまして本作6大タイトルの通り1984年になります今回2回正式なメッセージが後を追いかけては来ますが80年代のアクション映画を女性ヒーローで再現する爽快なアクション大作となっておりますまず Wonder Woman 1984冒頭の二つのアクションシーケンスが最高でした絶対に遅刻しないでくださいね一つ目はもう公式がプロモーションとして公開しておりますが幼少期時代屋長居ドームアマゾネス版 SASUKE +トライアスロンの試験塔からダイヤ大人になって1984年代柳川ワンダーウーマンとし人知れずヒーロー活動に勤しんでいると言うなアクションシーンですこのシーンが個人的本当でしたね隠れヒーロー活動を行っているダイアナを移さずに逆に助けられる側の一般人を写すエアロビショッピングモール80年代的なモチーフを映しながらピタゴラスイッチかのように助けられる一般人をバトンタッチ形式で映していくと一般人一般人一般人みたいな感じですねこれもあったかもですね1983年のスーパーマン III 電子の要塞をまわしですねあの彼とコメディ一般人だけ映して最後にクラークケントが証明写真の BOX の中でスーパーマンに変身する伝説のブラックコメディオープニングから黒い笑いをなくしたバージョンもまさかのオマージュで驚きすぎて涙出ちゃいましたねここで監督引っ張ってくるかとまこのコメディ的なオープニングアクションでお分かりの通り本作かなり明るいです80年代的と言うと少し雑な気持ち 映画の頭も明るいし単純に色使いがカラフルこれ前作がやはり第1次世界対戦を舞台にしているだけあってとっても暗かったんですね監督ジョンシンガーサージェントという画家の黒色が強調された肖像画を前作は参考にしたとおっしゃっていましたけれども赤と青カラーが鮮やかなコスチュームが目立たなかった前作とは打って変わって本作は目立つ明るい例会ストーリーも最近のヒーロー絵柄がなかった明るさとわかりやすさがありました MC は最近 endgame 前後でシリアス路線だったじゃないですかそれと比べとかなり明るい印象をもたれると思いませんそういう意味で80年での娯楽作みたいだなというのだそうな感想ですねこれ面白いなと思うのは MCU の初の女性ヒーロー単独映画昨年のキャプテンマーベルは90年代のアクション映画オマージュで知らねターミネーターツージーアイジェーンヒーローの主人公が地球に落ちてきて90年代のアクション映画シュワルツェネッガー主演のトゥルーライズのパネルを吹き飛ばす象徴的なシーンがありました80年代90年代を代表するアクションスターシュワルツネガーは引っ込んでなと言わんばかりに吹き飛ばさ本作もキャプテンマーベルもどちらも女性監督の作品なんですけどもどうか女性主演の大作がようやく取れるようになった現代で女性俳優で過去のアクション大作を再現するには思わずする姿勢が見られるのが興味深いな特に思いましたその角 DC エクステンデッドユニバースとしては日光前の者様と同じく今の80年代ブームに乗る本作ですが今作良かったのが新キャラ2人ですねようやく DC に血の通ったキャラクターが増えたともうそれだけで嬉しくなるほど前作もそうですが DC の悪役は全く感情移入できない神様のようななんか人知を超えた存在でしたしかしまさか違うと新キャラ一人目バーバラダイアナが働いている博物館に新しく着任した学芸員さんで演じるのはコメディ畑からクリステンウィグですが代表作にして大傑作ブライズメイズよろしくちょっと行けていない女性ですね仕事仲間から無視されて同僚の視線はダイアナに集中している人気者でクールなたんやなになりたいなーとひょんなことからダイアナと仲良くなっていくわけですが願いを叶える魔法の石ドリームストーンによってどんどんと豹変していくと真似コナンで願うだけでその願いが叶う石とかねなかなか最近のヒーロー映画になかったら明解すぎる小道具もどこか懐かしくていいなというような感じなんですが勝っておいてイメージしたバーバラおそらくティムバートンバットマン2作目のバットマンリターンズのキャットウーマンなんでしょうね職場ではいじめられてセクハラを受けて迫害されてる女性に猫が乗り移ってキャットウーマンの出来上がりとやっぱり今作も前作と同じく男性顔のセクハラかなり描かれません終盤まではクリステンウィグがキュートに演じるキャットウーマン的バーバラとダイアナ乏しさフット的な展開も面白さの一つになっていきませんし何よりも最高の新キャラ本作のびらんになります石油投資会社を営むビジネスマンマックスクリステンウィグちょっとかわいそうなのは新キャラの中でも MAX に描写が集中してるとあなたの願いは全て私がかな L でおなじみなんとか規制緩和が生んだ80年代のアメリカの物質主義的拝金主義的な物も全ての象徴がこのマックスと皆さんですねニュースでご覧なったかもしれませんがこのマックスのビジュアルが出た瞬間各種媒体こぞってこれトランプじゃねえと一線に指摘しました槇原ぽい風貌と言いに過ぎだろうと監督は否定もせずに肯定もせずという感じなんですが完全に不動産をトランプですよ私の物語進めていくとこのマックスた不動産をトランプと同時に前大統領トランプもさしていることがわかりますって優後ほどですねバックトゥザフューチャー Part 2のビーフもトランプがモデルですのでこの80年代を象徴するのがトランプだったということかと思いますね個人的には何度もない前橋恐縮なんですけどもうこのマックスのコメディリリーフでありちょっとずるがしこい感じクリストファーリーブ1のスーパーマンのあのジーンハックマンが演じたデックする際にとっても近いなと同じだねやっぱりパティジェンキンスのワンダーウーマンってスーパーマンなんですよね男のマックスは悪役として描きかたとっても面白かったかねもちビジネスマンを装っていますが彼の経営する会社の高価なビルの中が映ると従業員が全然いないからと彼の元には借金の督促状が届いていたとこのマックス全然ビジネス成功しないんですねトランプじゃなくて Trump WANNABE 朝食見栄のために成功を装って言うとしかも名前のマックスロードというのは2名ということがわかりません移民の詐欺師なんてのも知られるシーンがありますけども出自を隠して成功者だと偽っているか見せできない一筋縄ではいかない悪役ですねこれマックスも願いが叶わの単純な設定の小道具ドリームストーンに目をつけて行ってという新キャラ2人目でございますここからも個人的に良かった新作の出張等をまとめて行きたいんですが本作ネタバレも厳しい映画なので一旦ここでネタバレということでここから中盤以降最後の展開にも来れますなるべく本編5巻正午に起きてください イルカもありましたが Dreams ともダイアナの願い前作にて自己犠牲で亡くなった恋人スティーブの復活ということで秩父の魂はどこか知らないエンジニアの男性の体に乗り移りませんチームが第1次世界対戦から1984年にタイムスリップということで前作とは真逆なダイアナによるスティーブ絵の人間世界のレクチャーが中盤からの展開になっていきます箱の前作とのキャラの関係の客でも面白いあたりなんですがここで聞いてくるのがドリームストーンの副作用お願いを叶えたものは必ず代償を支払うスティーブを復活させたダイアナスーパーパワーを失ってしまう得な展開です今猫のスーパーパワーを失う展開もヒーロー映画の続編にあるあるな展開ではありますがまたもたもたしてしまいますがやっぱり1981年のスーパーマン II 冒険編私とすーぱーぱーどっちが大事なのはお得な展開ですねスーパーマン II 冒険編をよりエモーショナルに再現してるとまで言い切ってもいいと思います198話力の置き方尋常じゃないですねアクションシーンよりダイアナとスティーブの恋愛心の方が美しい力が入ってる印象だった意味でもスーパーマン II 冒険的ですねリンカーン記念館の前を歩いてる人とイブを背中に愛してると言いながら走り去るし何より何よりですね花火打ち上がる中戦闘機で花火の中を飛ぶシーンも美しいことをご存知の方いらっしゃると思いますけれどもパーティーシーンキス監督のお父様はスティーブと同じくパイロットで三十一歳の時に空中戦の最中若くして亡くなってしまってるんですねそれを知るとこのスティーブ復活の展開と一緒のフライトシーンもより感動的に見えると思いませんダイアナが願いを取り消して自分より世界を救うことを選んで飛翔するしねまこれも素晴らしい死んでパワフルに捉えていますが全て監督の個人的な感情につながっている気がします正直なイラストの暗い暗いアクションシーンよりスティーブとのフライト Siri の方がはるかに映画しておりました佐久のテーマも映画始まって最初から耳にタコが出来るくらい陳述陳述 truth truth と聞かされ続ける物語としてはドリームストーンと化したマックス全世界の人々の願いを現実にして世界が混沌になっていく唯一スティーブの子という真実現実を受け入れたタイヤのは世界を救えるのか得な展開なんですが夢と現実願いと現実じゃなくてお願いと真実願い truth と言ってしまうのが分かりやす過ぎということですね要するに日本酒1984年を描きながらまたまたポスト真実の時代ポスト作るやつの時代と呼ばれる現代 SC 願いによって現実に出来上がった民族を分ける壁文のテーマにするわけですね信じつつルース真実はこれですね本当のパンフレット神武団四郎さんが寄稿されているレビューと重なってしまうんですが本作が舞台を1984年にしたのはレーガン大統領が再選を果たした年というのが明らかに一つの理由がと僕もお祝いしましょうレーガンとトランプ大統領と犯される建設がありますかの選挙のキャッチフレーズレッツメイク America great Again をトランプが流用したもう一度強い America great 何かを作ろうと映画の中でもまさしく強いアメリカを表すスターウォーズ気が合うね本当にすごいことになってるな計画なんですけどもまずはこの計画を利用して力を得るわけですねマックスが不動産をトランプをモデルにしている雪コラボ最後の展開マックスが散々トランプと重ねられて語られてきたレーガン大統領と同等の支配力を手に入れる展開で雪だと思いませんチーズは焦がしの皆さんのご指摘通りマックスニアイコールトランプと見える描写に加えて語られるトランプの時代ポストトゥルースの時代というテーマここで冷静と繋がったダイアナが真実を語ること真実を受け入れることの大事さをもまるでスクリーンを観てる観客に直接語るように説教するように言うんですね信じつつルース真実嘘ではヒーローになれない現実には美しい世界と肺があるとこの演奏を見られましたかね超個人的な感想になってしまい申し訳ないんですけどもこのラストの浮き上がって見えてしまいました急に道徳の授業みたいな見せ方になっちゃったのあとねおもちゃのポストトゥルース大統領トランプが象徴するものを開くとする物語これは語る意義があるとかねここ最近の対策はこれでしゃねマレフィセントツーアナと雪の女王2どちらも民族を分断する歴史修正ポスト真実がテーマでしたね HERO 映画でも昨年スパイダーマンファーフロムホームはフェイクニュースを使う悪役が登場しましたこういった先発の上手く政治的テーマを物語に組み込んだ作品がある中で広岡たら観客に語りかける真実というそのままのワードを使ってとねなんかここだけ浮き上がって見えるしなんだかスティーブとのシーンが最高でない多分どこかこの映画から浮き上がったらその説教にスティーブの子が利用された気がして少し胃もたれしてしまいましたね前作のノーマンズランドの芯があれだけ女性の社会的な真実を映像で だったのかそれだけ切実な思いがあったのかもしれませんただ唯一の救いはマックスの回収ですね現実と向き合う真実を受け入れる郡なんていらないと思うただ目の前の美しい世界を愛そうと色はこれはですねバックトゥザフューチャー part 2で言うとこの資金でもいいということですね別にグレートじゃなくても強くなくてもいいとか昨年たくさんの映画がテーマにした有害な男性生徒も繋がるマックスの回収だった時に思います若干個人的には乗れずになるラストの見せ方だったりはあったんですが現実が厳しいこのご時世んですねこんな痛快な対策が見られてワーナーさん感謝感謝大統領選後に公開された映画としてはドンピシャ私ですねタイヤ長く活動しなくていい時代トゥースの時代はやってくるのかというような感じですね次は2001年のワンダーウーマン2001ですかねいや Wonder Woman 2016かもしれませんが続編ました時に思いましたが Wonder Woman 1984でございましたはい取れなくなってしまいましたが最後までご視聴ありがとうございましたお知らせですが競走馬が選ぶ2020年新作映画ベストまだまだ募集しておりますコメント欄がより URL ありますので是非ご投稿お待ちしておりますコメント欄ではご意見ご感想文の感想ですねえ何でもお待ちしておりますということでまだ次の映画でお会いいたしましょう最後誠にありがとうございましたさようなら
おすすめの記事