おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

新解釈・三國志
『銀魂』シリーズやドラマ「今日から俺は!!」などの福田雄一が監督と脚本を務めた、中国の「三國志」を基にしたコメディー。覇権争いを繰り広げる魏、呉、蜀の武将たちがしのぎを削った時代を、福田監督の新解釈で描く。『探偵はBARにいる』シリーズや『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』などの大泉洋が主演し、蜀の武将・劉備玄徳を演じる。[あらすじ]今からおよそ1800年前、後漢王朝滅亡後の中国では、魏・蜀・呉の三国が分立していた。乱世の時代、蜀の武将である劉備(大泉洋)が多くの配下を従え人々の平和のために立ち上がる。諸国の武将たちがしのぎを削る中、天下統一を成し遂げるべく南下してきた曹操(小栗旬)率いる魏軍80万を、劉備と孫権(岡田健史)率いる蜀・呉の連合軍3万が迎え撃つ「赤壁の戦い」が起きる。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】福田雄一監督作品!映画『新解釈・三國志』大泉洋、ムロツヨシ、橋本さとし、高橋努、佐藤二朗、城田優、山田孝之、賀来賢人、岡田健史、橋本環奈、山本美月、渡辺直美、小栗旬の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。今回は新解釈三国志この映画をご紹介していきたいと思います早速ですが皆さんは三国志お好きでしょうか僕も詳しい方ではないんですけれども子供の頃にはですね真三國無双というゲームがすごく流行っていてウイイレと三國無双はですねクラスのみんながやったことがあるようなそれによって三国志の武将の伝説とかですねどんな人が幅広くで知ってるような人気がある歴史上の出来事です今回はヒットメーカーでもある福田雄一監督が独自の解釈を交えて作った新解釈三国志のレビューとかでございますこの動画の途中で警告を出しますのでその後はネタバレありでお話ししていきますのでまだ見てない方はお気を付けくださいそれではまず今作の概要をご説明したいと思います監督脚本はさけど置いてあり福田雄一監督は金玉シリーズだったり今日から俺はドラマだと勇者ヨシヒコの冒険などは公開された作品はですね大ヒットを飛ばすことが多く監督の名前でお客さんが呼べる日本でもなぜ少ない人物だと思います僕もヨシヒコはすごく好きでよく見ていましたそんな福田監督がですね今作の主演大泉洋さんをこの指役を演じさせたいということで熱いラブコールを送り続けスケジュールの調整に3年ほどかかってようやく作られた映画になりますそして福田監督はですね漫画の実写化などを担当されることが多いですけれども今回はそんな福田雄一監督のオリジナル脚本による映画になっています返事も剛さんや佐藤二朗さんなどおなじみのメンバーに加えて賀来賢人さんや山田孝之さん小栗旬さん橋本環奈さん城田優さんなどをこれまでの福田監督にも出演した人物が大集合している作品なります語り部として西田敏行さんもクレジットされています映画だけではなくてです Hulu オリジナルストーリーの方でもをドラマ仕立てで独自の解釈を加えた物語が展開されていくそうですもう現段階ですでに韓国中国台湾などアジア圏でも公開されることが決まっていますそれだこれから今作のあらすじを簡単にご紹介していきたいと思います時は三国志の時代魏呉蜀と三つの文体に分かれて戦乱の世が始まろうとしていました職のリーダーでも R 劉備は関羽張飛と共に桃園の誓いを立てこの国を争いのない痛みが安心して暮らせる国へと収めていこうと決意しますですが実は劉備はだらしない人間で国を治めるという機会もお酒に酔った勢いのノリで言ってしまった発言でしたリーダーでもある劉備は実はだらしのない人間だったという独自の解釈を交えながら三国志の伝説を追っていく映画となっておりますまずいつも生意気ながら個人的なしようとして点数をつけてるんですけれどもこの作品は45点かなと思いました僕はで接客を福田監督好きな方なんですけれども今作に関してはですねちょっとうまく乗れなかったかなと思います福田監督の作品が好きな人もですねこれはどう思うんだろうなっていうのが正直気になっています福田監督の作品が好きで今作も好きだったっていう人もいると思うのでネタバレなしの方ではねこの作品の魅力を話しつつ僕が気になった部分を交えながらお伝えしていきますネタバレありの方ですね結末に触れながらももっと深くに自分に合わなかった部分などを話ししていきたいなと思います今作の魅力一つ目決して変わることはないですくら組独特のですねストーリーラインから外れてアドリブ的なちょっとゆるゆるな笑いが今作も全開で取り込まれていますしかもそれを今日本でも超有名なトップレベルの役者さんがやるということでその辺のギャップはねあの人は安心して楽しめるんじゃないかなと思いますこれ的に一番笑ったのはですねか田辺直美さんが出てくるんですけれどそのシーンはですね唯一と言っていいぐらい声を出してちょっと笑ってしまいましたレジン役としてね出てくるんですけれどもそれが実は渡辺直美ちゃん帰っていうところなんですけれども渡辺直美ちゃんが出てくる時の顔がですね私可愛くてごめんなさいみたいな表情をずっと続けていくんですねそこからは彼女のその体型からは想像できないはキレのあるダンスをするシーンがあるんですけれどもその辺はシンプルに渡辺直美ちゃんの値段として面白かったですそして二つ目監督のパーソナルな部分が投影されている作品だなと思いました薬は伝説で語り継がれていく三国志の武将たちただその男性たちはですね実はどれもだらしなかったりとか埃っぽかったりとか馬鹿だったりとか交換した人物だしたいですねそんな人物たち動かしていくのは女性がきっかけとなって動いていくんですね僕昔監督のボクらの時代っていう番組の対談と見たことがあるんですけれども福田監督ですねめっちゃめっちゃ奥さんに尻に敷かれてるんですね値段的にねちょっと思って話してる部分もだとは思うんですがそんな福田監督の男はいつまでもふざけてて子供心があって大人になりきれない部分を女性がケツをひっぱたいてくれて動いていくみたいな蔦監督の個人的な部分がね投影されているんじゃないかなと思いますあとはこの間の最後の方にセーフでも出てくるんですけれどもいくらか飛び飛ぶ三国志好きなんじゃないかなと思いますそれを福田監督のメインのターゲット層でもある中高生たちに知ってほしいそして自分たちの中で独自で解釈をして欲しいっていう思いがあって今作はね作られたんじゃないかなという監督のオリジナル脚本になることによってパーソナルラブ いるところは他の作品とちょっと違うところを感じました後は見ていて思ったのはこのメインの人たちはできない非常に有名なキャスティングされてるんですけどでもその脇を支える人たちとかは阿部慎之助さんだったりとか高橋勉さんだったりとか橋本哲誰だったりとか半海一晃さんだったりとか舞台で活躍してる人達を自分の作った作品に選んで出演させたいっていう監督の方がお前があるんじゃないかなっていうところも感じました気になったところとしてはこの映画ですね話自体がすごく繋がってるわけではないんですよ最初に桃園の誓いがあってその後こうきの戦いがあってその後魏呉蜀のそれぞれのね話があって赤壁の戦いがあってそのブロック事があるんですけれども引っ越すのブロックごとに で物語した時に観客達が面白いと感じるのかなっていうのは見ていて思いましたこれまで原作がある作品を作ることによって原作作品にある子シリアスな展開とかが織り交ぜられていたと思うんですけれどもクリスタル客様によって佐藤二朗さんとか Bluetooth 痰が詰まってるようなゆるふわなコントみたいなものがいろんな人たちがやって行くんですよ払いがある部分と真面目な部分の緩急とかプールがなくてですねふわふわした笑いがずっと続いていくので来れる人は面白いと思うんですけれども乗れない人はですねていて苦痛に感じるんじゃないかなと思いますって独自の解釈すぎるので三国志好きな人とかは正直と不快に思う部分もあるんじゃないかなっていうのは見ていて思いましたこれ僕が見た環境とかタイミングとかでもうちょっと考えれば良かったなと思うところがあってこの映画見に行った時にお帰りの会を見に行ったんですねなので結構観客もまばらで福田監督のターゲット層である中高生とかっている理由が大人の人たちがまばらにねつまらない客席で見たんですけれどもそれによってですね全然笑いが起きないんですよ劇場なんか歌詞としてるんですねこれがひょっとしたら後は土日とか弁当ゲットが溢れるような客席で見たときは周りからも笑いが起きてそれにつられて自分をこうに置かれるような気持ちになるんじゃないかなと思います構成とか大学生とかがグループとかで見に行ってあの人も出てたよねテレビで見てるんだ違う感じだったよねってワイワイしながら見たほうが来ないが楽しいんじゃないかなと思う個人的に映画見るときはですねその作品の狙い目とかは考えて買ってね楽しんだ方がいいなと思う方なのでせっかくお金払って見る人はある程度客席が埋まって笑いが起きそうな音上映会を見た方がいいんじゃないかなと思いますそれにしてもフルプライス選曲にしてはちょっとどうなのかなと思う作品ではありましたネタバレなし白子までにしたいと思いますそれだこれからネタバレありでお話ししていきたいと思いますではこれからネタバレありの時間ですご覧になった方々いかがだったでしょうか結末を簡単におさらいしておくと10万もの兵をもっと曹操軍と食と後3万人しかいない圧倒的兵力に差のあるこの二つが赤壁の戦いという舞台でぶつかり合いますしかし席側である曹操軍は疫病が蔓延しそのことを知った劉備は自分達はうつりたくないということで戦いの途中で逃げてしまいます諸葛亮は一人残ることになりこの時期につかないはずである追い風を蒸すために儀式の準備を始めます追い風が吹かずこの後どうなるかと思われた時に対岸の曹操軍の船が燃え始めます実は劉備軍が逃げている途中に牛の群れを発見しスタミナをつけるためにその牛の肉を食べていきますそして余った牛の油を川に流すことで川の流れに沿っていき自分側の海岸は油で染められていましたそこに火を放つことにより曹操軍の船は燃えはじめ疫病にかかっていた早々の兵隊たちは困惑し始めますそこに酒を飲んで酔っ払って調子に乗った劉備軍は曹操軍へと攻め入る劣勢に立たされた曹操軍は逃げていく圧倒的な不利な状況を覆し劉備は勝利を収めていくという結末になっていたと思いますここからですねこの映画で気になったところ話していくのでこの映画が好きだった人から見ないでくださいさっきも話した通り全体的にどの人物もゆるゆるなトークが多くてですねそれだけじゃなくて西田敏行さんもあーみたいな曲で緩いのでその感じが続いていくのでこれはちょっとどうなのかなと思いましたそれが福田監督の作品の笑いとしての魅力だとは思うんですけれどもこれが深夜ドラマとかあれで放送とかだったらリラックスしたねおうちの環境でまったり安心しながら楽しめると思うんですけれども選挙権お金を払って映画館に時間をかけて足を運んでみてハードルが上がった状態で見るにはそれに耐えうるだけの物語ではなかったんじゃないかなと思いますこの映画の解釈もですねゆるゆるすぎて川岸一面園生でもへ移るぐらいの牛の油ってどんぐらいの量で売ってた正直思うんですよねどれぐらいの量今日の牛の脂が出るくらいの軍勢がいたようには見えなかったですしこの解釈自体がなんか聞いてなるほどそうきたかみたいな解釈じゃなくて結構甘めの解釈だったのでその辺もなんかどうなのかなと思いますが好きだったので劉備の子供を短期で助けに行くっていう三国志の中でも輝く伝説があるんですけれどもあれも入ってて子供を一人書かれながら帰ってくるっていうのはすごく魅力だと思うんですよね助けておくさん井戸に落ちて死んじゃってそこで終わりみたいな感じになっちゃってそこはなんかもったいないなと思いました商品とかもねいつもよりもよかったっていう風な意見もで見かけたんですけれどもそれって福田雄一監督の作品だからそういう風に見れるだけで今回規模が大きい作品として予算をかけた作品としてのアクションとしてはちょっと物足りないと言うかグンゼの衣装とか CD とかにお金がかかってるけどポイント的にググッと引き込まれるところもなかったんじゃないかなと僕は思いましたメイキングとかも YouTube で動画で公開されててすごく福田組の撮影て楽しそうなですよね監督もゲラゲラ笑う子取ってる人たちもゲラゲラ笑う子俳優さんたちもできるけど笑っててすごくいい空気感は感じるんですけれどもそれを観客に届けた時どうなのかっていうのは重いですよね例えるなら文化祭で 今度作ろうでやって作ってるみんなはすごく楽しく笑って作られてるけど実際にそれを何も知らない人たち見せたら行っちゃったみたいな内輪ノリで作ったがゆえに俯瞰してお客さんが見た時に面白いのかっていう視点がないんじゃないかなと思いますこの映画の結末で劉備の言葉として福田監督の思いを伝えていると思うんですけれども俺は昨日が笑ってくれる世界を作りたいなっていうことですけれどもそれなかった自分としては言い訳みたいに聞こえてしまって自分のお笑いを貫くっていうのはもちろんありだと思うんですけれども正直僕としてはいつものこと以外できない新しいチャレンジをしない人のように正直見えてしまって本当に失礼だとは思うんですけれどもオリジナル脚本としてどうせやるならなんかおっと思わせてくれるようなポイントが僕が見た限りでは感じなかったのかなと思いますこの作品が出たりとかだったらいいと思うんですけれどもねあやか映画ってなるとどうなのかなっていう感想を持ったまま最後まで見てしまいましたこれで僕みたいなうがった見方じゃなくても見てもらったら組のお笑いとして面白かったって思う人もいるかもしれないのでそういった人たち向けのね映画だったのかなという風に思います着いた形で映画新解釈三国志のレビューとかでございましたと言った形でジャンルにとらわれずいろんな映画のことを紹介しておりますのでよければチャンネル登録コメント高評価もお待ちしておりますそれでまた次の日はどういたしましょうさなぱい映画なのかドラマ7日見る時間帯とか見るコンテンツに適切な年物語を作るっていうのは結構大事なんだなと思いました
おすすめの記事
ヤマシタトモコのコミックを実写化!映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、滝藤賢一の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
ヤマシタトモコのコミックを実写化!映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、滝藤賢一の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 さんかく窓の外側は夜漫画...