おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

天外者(てんがらもん)
「天外者(すさまじい才能の持ち主)」と呼ばれた実業家・五代友厚の生きざまを描く歴史青春群像劇。薩摩藩士の彼が日本の未来を見据え、志を共にする若者たちと新たな時代を切り開く。主人公の五代を『アイネクライネナハトムジーク』などの三浦春馬が演じ、『ひるなかの流星』などの三浦翔平、歌手、俳優など多彩に活動する西川貴教のほか、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子、生瀬勝久らが共演。『利休にたずねよ』『海難1890』などの田中光敏監督と脚本の小松江里子が再び組んだ。[あらすじ]ペリー来航に日本中が騒然となった江戸時代末期、若き薩摩藩士・五代才助(後の友厚・三浦春馬)は新しい時代の到来を予感する。攘夷か、開国かで揺れる藩内の抗争から距離を置き世界に目を向けていた五代は、遊女・はる(森川葵)との出会いを通じて自由な夢を見たいという思いを抱く。誰もが夢を描ける国をつくるため、同じ志を持つ坂本龍馬(三浦翔平)、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと共に激動の時代を駆け抜ける。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】三浦春馬主演!激動の幕末映画『天外者(てんがらもん)』三浦翔平、西川貴教、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。今回はてんがらもんこの映画をご紹介していきたいと思います早速ですが皆さんは五代友厚という人物はご存知でしょうか僕もこないだを見るまでは全然知らなかったんですけれども言うけど生まれでありながら激動の幕末を生き抜き日本経済の発展に貢献し後の大阪経済界の重鎮の一人と謳われる人物です今回はそんな五代友厚を描いた映画てんがらもんのデビュー動画でございますこの動画の途中で警告を出して行きますのでその後はネタバレありでお話ししていきますのでまだ観てない方はお気を付けくださいそれは早速今作の概要をご紹介していきたいと思います家族は田中光敏監督さだまさしさん原作の精霊流しだったりとか会2015年には海難1890だと言った作品を手がけられています今日は小松江里子さん大河ドラマの天地人の客をなどを務められ今作の田中監督とは4回目のお宅になりますこの作品というのは2013年に五代友厚の志を現代に継承すべく制作総指揮の広田みのるさんをはじめとした有志の方々が作り上げた五代友厚プロジェクトというものが発端になって作られた映画になります今作は原作小説などはないオリジナル映画だということも特徴だと思います前は三浦春馬さんや三浦翔平さん森永悠希さん西川貴教さん森川葵さんなどは実にフレッシュな面々がクレジットされていますそれではこれから今作のあらすじを簡単にご紹介していきたいと思います時代は激動の幕末から明治初期若き日より日本の未来のために世界に目を向け使われた武士の魂と明治政府役人を経て実業家として成功している大阪いい手は近代日本経済の基礎を構築した多くの際に溢れた人物てんがらもんと呼ばれた五代友厚の生き様と共に盟友坂本龍馬岩崎弥太郎伊藤博文を交えながら時代を駆け抜けていく映画降っておりますまずいつも生意気ながら個人的な指標として点数をつけてるんですけれどもこの作品は88点かなと思いました以上に熱量のこもった作品になっていてされながらお亡くなりになってしまった三浦春馬さんファンの人は必見の作品になっていると思います辛いことね思い出してしまうかもしれないんですけれどもこの映画に出てくるですね人物もとい三浦春馬さんの生き様をねぜひ焼き付けて欲しい作品でしたコアなファンの人たちだけじゃなくて三浦春馬さんが出た作品とか何らかので思い入れがあるかとか彼のファン以外の人が見ても五代友厚の未来をめがけたね熱い眼差しに情熱をもらえるような作品になってると思いますあと動く長崎県出身なんですけれどもこの映画にはですね長崎屋さつまとかがふんだんに出てきますがまだ結構出てきて活躍するのでそういった意味でも楽しめる作品でしたいつもね僕が大事にしているタイトルが出てくるまでの雨の流れもすごく良くて侍に追われていく坂本龍馬と五代友厚正面で撮ってるんですねなんかこうマンがみたいな取り方と言うか清掃して取ったほうが撮影的には楽だと思うんですよでも二人をカメラで正面に捉えてカメラが配送するな形で追いかけていくんですねそれがいて凄くエネルギッシュな子になってますしそこから転害門10タイトルだったんで出てくることによってこの絵がすごく熱量込めて作られた作品だなというのが伝わってきましたこの作品の魅力をお伝えしますとまず一つね志高い青年の失踪主人公の三浦春馬さんも含めて実にエネルギッシュな青年達の活躍が描かれていきます三浦翔平さん演じる坂本龍馬を最初ちょっと若々しすぎるんじゃないかなと思ったんですけれども鹿児島弁を使いこなして実に生き生きとしたキャラクターとしてハマっていました見ていて実に気持ちの良い青年の思想が描かれていて彼らを走る姿を追いかけたくなるような眼差しでこの絵が見れると思います電車のとしても活躍している西川貴教さんの気温はですね結構はまっていて関西人である彼の商人鑑と言うかそれに加え手こずる菓子漢字とかそれだけではなくて年齢を重ねられてキャリアが長い鹿孝則さんだ時代ので陰に飲まれるシーンがあるんですけれどもその時の虚しさなんかもねすごくにじみ出ていてその辺のギャップもね良かったなと思いますやっぱりなんといっても三浦春馬さんの主人公感がねすごく輝いていたと思います何回も言いますが熱量がこもっていますし物語の途中で明治初期に移行していって時であった五代才助が五代友厚と名前を変えて名乗りをあげるシーンがあるんですけれどもお前は誰だって言われた時の薬に5台停まったっていう島ですね役者さんとしてすごく映画バイしているなと思いますまたメインキャスト以外の脇もしっかり固められていてかたせ梨乃さんとか生瀬勝久さんなど多くの実力派俳優が短いしながら前は木を支えるキャラクターとしてピンポイントでクレジットされていますなんといってもね5代の母である筒井真理子さんの包容力のある横顔しっかりと楽器を固められた以外になっていました続きまして二つ目重たくない幕末新しい時代で夢を持つ若者のエネルギッシュな姿が描かれていくんですけれども冷静に考えてみるとこの時代というのはですね西洋の文明を取り入れる事によっておさむらいさん達というのは仕事失うという危機感に焦っていますそれにより主人公5代は坂本龍馬を異端児として必要 家に帰ってくるんですねそれと同時に平民達は自分が持っている何かを売らなければ生き残れないこの時代生き方が決められている時代武士の子は不思議農家のコアの丘にそれ以外のものは貧しい暮らし家女性ならば娼婦となって売り飛ばされるという現代では考えられないようなこの150年前の時代なんですけれど時には不条理に命を落としてしまうようななんともおぞましい時代が含まれていますですが今作はこの時代の影の部分をね重たく演出して風呂感動的な抽出するような映画ではなくてそういった部分を描きつつもこの主人公の菩提や坂本竜馬や他の志を持った青年たちの命を狙われているけれどもこの世界を変えてあるという苦しくても駆け抜けようとする彼らの姿を目に焼き付けたくなるような映画になっていますビジネス専門家起業家の人とかが見ても暑くなるような映画になっていると思います他にも音楽も歴史上の出来事という枠にとらわれない特徴的な音楽がかかってるなと思いましたミステリーとかサスペンで書かれそうなドラマチックな音楽がかかっていますどうされた方が大谷興産という形なんですけれどもまこ中種子映画だと平成ガメラ三部作とかゴジラだったりとかクレヨンしんちゃんの映画もう何本かね手がけられているそうですアニメを担当したことも結構多くて CITY HUNTER とかガンダムウィング金色のガッシュベルゲームだとポポロクロイス物語とかワンダの巨像とかね有名な作品を担当されていますこの枠にとらわれない音楽とエネルギッシュだね若々しいキャスティングが組み合わさることにより時代を変えるんだと足早に駆け抜ける彼の息遣いが聞こえるような現代にも響く映画になってると思いますそして三つめボクらの時代はこの映画の主人公5代が目指した日本というのは誰もが自分で仕事を選んで夢を持つことができる日本それは男性だけじゃなくて女性も同じです今僕たちが生きているこの2020年というのはまさにこういった偉人たちが変化を促したからこそ到達できた時代だと思います情熱をもって日本を変えようと思った彼の背中を映画を通して追いかけていくと見ている観客も自分たちの人生を駆け抜けようと思わせてくれるような自分達の腕を引っ張ってくれる力強い作品だっていました幕末を描くと坂本龍馬が有名であまり描かれることがなかったこの人物をこの映画を見るとですね一気に好きになってしまうような映画になっていると思いますこの時代を駆け抜けた青年の生き様を目に焼き付けていただきたいなと思っています気になる方は是非映画館でご開帳してみてくださいそれから名張に移行していきたいと思います入っては効果ないんだ場合の時間ですご覧になった方々いかがでしょうか結末を簡単におさらいしておくと愛していたはるとも出会ったリョーマを失い冷徹さも含め覚悟と決意とともに古代はさらに日本の経済発展のためにグラバーの助力を得ながら海外と取引を行い積極的に文化を取り入れていくその後大阪校が開校するも激動の時代の中でどさくさに紛れ悪質な金儲けをするものが増えてきたそれを防ぐために大阪商法会議所を5台は設立します初代会長を務めることになった古代だがそこに集まった大阪の小人たちは時代の流れで自分の商売に被害を被った者たちが多かった避難され続ける5代そこに現れた弥太郎にお前の声で喋るよく思い出せと言われ情熱的で無鉄砲なあの頃5代は思い出し元々話していた方言を交えながら俺についてこいと声高に叫びだす日本経済は発展したまざまなものが取り入れられそこに付随するように色んな職場まで皆が自由に選択出来るような時代の到来を感じるその病に倒れなくなってしまった古代時代の変革を促しこれを嫌がるものも多くお通夜には誰も来ないかと思われた夜5代の家の前には多くの参列者が行列をなしその提灯の明かりはどこまでも続き大阪はその夜だけは機能を停止したという結末だったと思います新しいものを拒絶して変化を拒み自由を弾圧してくるこの時代白い実に爽やかに駆け抜けた人物物語でした単純に勢いのまま突っ走るのではなくて失ったもののことを顧みて時には冷徹になるけれども最終的にはてんがらもんとしての心を取り戻していく非常に熱い風が吹き荒れる作品でしたまたこの才能を持った人物たちがただただ輝いていくって俺はその人物たちが平民を輝かせるために動いていくっていうところも一般人である僕のような人物にも刺さるようなね映画になっていました夢をもって生きていくことの代償もきちんと描かれていて恵まれた星の生まれでありながら無事であることをして母の死に目にも会えず愛する春も守れずに死んでいく失ってしまったものを悲しみながらも突き進む5代の歩みがこの現代社会につながっていると考えると僕たちも後ろ向きに考えて生きてる暇はないなと思わされてしまいました特に自分の負けを切り落とすシーンは誕生日侍を見てるだけではなくて武家としての自分の家のもう二度とまたげないいろんなものを切り捨てる覚悟と決意を持ったシーンでしたそしてそれに応えてくれるような音三浦春馬さんの表情が今でも忘れられずに残っています見ながらですねこれまで20台はイケメンで爽やかなキャラを演じることが多かった彼が円熟味を増してね青年から大人の役者さんとしてこれからの活躍を予感させる出来栄えになっていたのでもっと見たかったなーという間非常に残念な思いがこみ上げてくると同時に これまで本当にありがとうと思わせてくれるような作品でしたパンフレットに書いてあった五代友厚から大隈重信への手紙の中に書いてある上に立つ者の心得ってものが書いてあったんですけど内容は細かくお話できませんかこの幕末という昔の時代でありながら相手との違いを受け入れそして部下を信頼して託すという思いが含まれていてすごく現代にも通ずるリーダーの風格を感じさせる部分だったんだなと思わさせられました現代では非常にですね選択肢が増えましたただそのぶん自分で何かを選ばなければいけない先行きが不透明な時代になったと思いますそんな中人々の不安を促すて先のビジネスに誘導するような広告が増えてきたと思いますこの時代に追われながらも次の時代を追いかけていく古代の生き様を通して自分の志を持って未来へ生きていくことを思わせてくれるで帰宅の映画だったらと思います以上映画てんがらもんのレベル動画でございましたこれた形でジャンルにとらわれずいろんな映画作品のことを紹介しておりますのでよければチャンネル登録高評価コメントなどもお待ちしておりますそれは2月の8日どういたしましょうさよならバイこの映画ですね新宿の映画館で見に行ったんですけれどもすごくですね行列ができていてこの点柄物靴を買う人たちの行列だったんですねまあ転売屋の人も多分いたとは思うんですけれどももう靴はすぐに完売していましたが見たい上映会は終わった後に拍手が起きて帰りがけにはね多くの人が壁にかかってるこの映画のポスターを携帯の写真で撮ってみました幅広い年齢層の人たちがいてあ三浦春馬さんはこの人たちにとっての対応みたいな人だったんだなということですねあ貯めてしみじみと思わされていたよちょっとね泣けてきましたね
おすすめの記事