おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

藁にもすがる獣たち
曽根圭介の小説を基に、舞台を韓国に移して描くクライムサスペンス。ある男性が偶然大金の入ったバッグを発見したことから、ワケありの人物たちが自分のものにしようと奔走する。監督と脚本をキム・ヨンフンが担当し、『シークレット・サンシャイン』などのチョン・ドヨン、『私の頭の中の消しゴム』などのチョン・ウソン、『スウィンダラーズ』などのペ・ソンウのほか、チョン・マンシク、チン・ギョンらが共演する。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】韓国の大金を奪い合う騙し合いゲーム!映画『藁にもすがる獣たち』チョン・ドヨン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、チョン・マンシク、チン・ギョンの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説。藁にもすがる獣たちこの笑顔も紹介していきたいと思います早速ですが皆さんお金欲しいですか僕は今お金めちゃくちゃ欲しいんですよね引っ越しをしたばかりで思ってた以上にお金がかかっちゃってすごくない生活がパンパンなんですよだからもしよければねこの動画見てチャンネル登録まだの人チャンネル登録お願いしますそれでたまにでいいので僕の動画を見ていただければねこの動画の途中で警告を出して行きますのでその後はネタバレありでお話ししていきますのでまた見てない方お気を付けくださいそれだこれから本作の概要を簡単にご紹介していきたいと思いますこっちは韓国の映画なんですけれども日本の形が書かれた小説を原作にしています曽根圭介さんという方が2011年に刊行された同名の小説が原作です監督はキムヨンフン監督短編やドキュメンタリーでキャリアを積んできて本作が長編商業映画初の作品になりますキャストも実力派が揃っているんですけれども日本の方だと私の頭の中の消しゴムあの映画の支援をしていたけんうそんがこさがたっぷり指定しております韓国の方では興行収入ランキング1位を獲得した映画ですそれではこれから今作のあらすじを簡単にご紹介していきたいと思います家業を廃業させアルバイトで生計を立てる順番彼はバイト先のスーパー銭湯のロッカーにバックの忘れ物を見つけますその中には10億音が入ってました1度は荷物お忘れ物置き場にも来ますがお金の事が頭をよぎってしまうそことはまた別の場所で借金の返済に苦労する点を過去を清算しようとするように借金で家庭が崩壊したミラン借金を取り立て様とすると顔マークが混ざり合いお金を巡って駆け回るクライムサスペンスとなっておりますいつも生意気ながら個人的な指標として点数をつけてるんですけれどもこの先は70点かなと思いました正直に言いますと僕が苦手なタイプの物語でした僕に会わなかったところは後で話すとしてこの作品の魅力を三つの母音でこれからご紹介していきたいと思いますまず一つ目親しみやすいキャラクター日本が原作でアジアのお隣の国韓国が舞台なので聞かし文化拳登場人物たちが抱える悩みというのは DV だったり認知症を抱えた家族がいたりまっとうな仕事をしているけれども保証人となってしまって誰にも言えない借金があったり日本のドラマとかでは見たことあるもしくは周りの人にもいそうな登場人物が出てきますそしてやはり韓国映画演技力が素晴らしい皆実力をしっかりと兼ね揃えた人物たちで群像劇を奏でていきますか2個の映画に出てくる登場人物たちの包括というよりはそこに人間臭いキャラクター出しなんですね見ている観客と近い存在としてこの映画は楽しめるかもしれません後はこういった二転三転する痛快なくらいムービーというのはどうしても殺し合うポジションたいだと思うんですけど今作に出てくる頃下の口で包丁と腸が好きなキャラクターとして僕は結構好きな殺し屋キャラでした作品の魅力フタツメお金という悪魔この作品に出てくるお金を奪い合う人物たちというのは元々尖っていた準備等ではありませんみんな先ほど言った悩みは何かがあってお金に縛られてしまっていますそこから解放されるためにはさらに大きなお金がいる人間が一歩踏み外し本人たちは状況に応じてやむなく行ったかのように行動していきますが普通の心を持っていた人間達が悪魔に蝕まれる瞬間を行いがには収められていますこの作品の魅力に交差し収束しアウトおりこういった出し抜き合いの物語は通り展開が魅力だと思います工作は店舗もいいですしエコ笑いも交えながら進んでいくので警戒さも感じられます話自体も見ているこっちに雇用させつつもなぞるように進んできますがある瞬間に急ハンドルを切ったりお金が必要なこの人物たちの誰に10億ウォンとで大金が舞い降りていくのかは結末が気になってくると思いますここからは僕個人が合わなかったところなんですけれどもわざとだと思うんですけれどもお願い出てくる登場人物たちには結構馬鹿なことばかりするキャラが多くて正直自業自得だろうって思っちゃうことが多かったですこういった騙し合いの映画って一応そのキャラなりにバレないような予防策とか対策を練ってから行動するからこそそれでもばれるんじゃないか運が悪くて見つかっちゃうんじゃないかっていうそういうハラハラ感が大事だと思うんですけれどもこの間に出てくるキャラ達の行動っていうのがすごく重要なはずなのに軽率なことをしたりしてそれはそうなるだろうねって思ってしまうが多かったですなのであんまり乗れなかったっていう気持ちがありましたですが人間って特にこういう普通は悪いことをしない一般的な考え方を持ってる人が急に悪いことをする時って勢いや感情に任せてアクセルを急に踏むのでばれるような行動という突発的に行っちゃいますよね人間くさい奴らが この獣たちの朝カナ奪い愛との決着が気になる人は是非映画館でご覧行ってきてくださいそれだこれからネタバレありに移行していきたいと思います入ってるからネタバレありの時間ですご覧になった方々いかがだったでしょうか結末を簡単におさらいしておくと偶然にもお金を手に入れた低音でしたが殺し屋に追われているうちに交通事故で死んでしまうお金が入ったバッグはスーパー銭湯に置かれたままになっていましたそれを順番が家に持ち帰りますがそのことはすぐにばれて彼の家に借金取りのでマントヨンヒが奪いに行くどさくさに紛れて手間は殺されてしまい家に火をつけて良い日はお金を持って空港に向かってすが殺し屋に追いつかれ彼女は殺されてしまう空港のロッカーに入れぱなしになったバックは偶然にも10万の妻4分が大金を手に入れるという結末だったと思います阿部を使っても全く同じタイミングで出来事が起きているように見せかけて実は時間がずれているというそういうギミックが物語に搭載されてあったと思います驚かされた人もいるんじゃないかなと思いましたですがこの獣たちは本当に考えなしの行動が多くておちおちばれそうな行動や見つかりそうな行動後は行きそうな場所に行ったりしてで案の定捕まって殺されてしまうのでこいつらは一体何をやっとるんじゃってのは思いましたじゅんまはもうヴィトンのバッグも持ち出したら明らかに怪しい市ばったり会った支配人に声をあげられたらもう絶対に後だとバレちゃうじゃないですかなんか見つからないようにしようとする行動がないんですよね他のキャラクターも命がかかってる状況の割にはけっこう行動が浅はかだったと思います危険な行動をしているにも関わらず警察を家に入れちゃったり入れたと思ったら殺しちゃったりすごく状況が簡単にあるかするような事が多かったような気がしますですがこれもまた本来であればこういうことをしない人生を送れたであろう人間達がお金という悪魔に出会ったことでその悪魔が感染していく様が描かれていた獣たちの醜い追走劇だったのかもしれませんそしてただただ生活が苦しそうだったあのお母さんのもとに最後は大金が前おりますこれで焼けた家も立て直せて順番と共に鍵を再開してはっぴいえんどそういった様相もできいますがそれは本当にそうでしょうか悪魔が囁きお金を持ち帰ろうとしたらそれは順番と同じことですヴィトンのバッグを外に持ち出したのは監視カメラにバッチリ写っていたでしょうラストショットはこの映画の金の奪い合いの終わりではなくまた新しい始まりだったのかもしれません滑稽でありどこか虚しいこの社会の断片も含まれていたんじゃないのかなと思いますまた今作では結局は獣達だけのは嫌ですが本当はその獣たちに首をつけて飼いならしてる社会の上層等は一切描かれていません本当の悪魔というのはもっと違うところにいるのかもしれませんはい以上で映画のレビューはここまでにしたいと思いますと最後に余談なんですけれどもこの原作者の曽根圭介さんのエピソードがちょっと面白かったのでそこだけ話して終わりにしたいと思いますこの方は早稲田大学に入ったんですけれども渋滞してしまうんですねその後アルバイト生活を続けて25歳で予約危ないと思ってそこからホテルに正社員で就職しました10年間働きましたら4週間休みは6日それに比例して36歳で会社を辞め無職になりますお金はあったので1年間本を読んで少し読むだけだと飽きたので本を書いてそれを頭などに応募したら最初の一次審査を通過してそこから金を書くようになって最終的には江戸川乱歩賞を受賞するまで至りますこの人自体の人生もこの物語の中に含まれていたように思いますアイ衣裳で藁にもすがる獣たちのレビュー動画でございました恋高崎でジャンルにとらわれずいろんな映画作品のことを紹介しておりますのでよければチャンネル登録高評価コメントなどもお待ちしておりますそれではまた次の予定をいたしましょうさよならバイ最近自分の目の前にあったとこです自分がもし本当にお金が困ってたらどうするのかと考えただけでもちょっと恐ろしいですね
おすすめの記事