おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

騙し絵の牙
「盤上のアルファ」「罪の声」などの作家・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公に当て書きした小説を映画化。廃刊の危機に瀕した雑誌の編集長が、存続を懸けて奔走する。大泉が編集長にふんするほか、『勝手にふるえてろ』などの松岡茉優、『64-ロクヨン-』シリーズなどの佐藤浩市らが共演。『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八が監督を務め、『天空の蜂』などの楠野一郎と共同で脚本も手掛けた。[あらすじ]大手出版社の薫風社で創業一族の社長が急死し、次期社長の座を巡って権力争いが勃発する。専務の東松(佐藤浩市)が断行する改革で雑誌が次々と廃刊の危機に陥り、変わり者の速水(大泉洋)が編集長を務めるお荷物雑誌「トリニティ」も例外ではなかった。くせ者ぞろいの上層部、作家、同僚たちの思惑が交錯する中、速水は新人編集者の高野(松岡茉優)を巻き込んで雑誌を存続させるための策を仕掛ける。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画 1 2

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】塩田武士のベストセラー小説を映画化『騙し絵の牙』大泉洋、松岡茉優、佐藤浩市、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説1.大泉様です突然ですがここでは映画の撮影現場がもともとこの小説はですね大泉洋もともと頭に描きながら書かれた小説ということでも無事に私が主演を務めることになりました私はこの雑誌のお荷物だしというかな売れない売れない売れたともないですけどは取りに行っていう雑誌の編集長速水を食べさせていただいておりまして私は色々ありますが本が大好きという気持ちをずっと心に持っております高野演じております部下です桐島部活やめるってよの吉田大八監督が描く映画騙し絵の牙は2020年6月に公開になります笑顔を それじゃあ 速水が仕掛ける大逆転とは この原作小説が文庫化されまして只今絶賛発売中でございますこのままですねこの社会派小説家で調べております仕事健さんの原作でございます海の声の形でございますねもう大変緻密なこの取材のもとに今の出版界が抱えるいろんな問題なくリアルに描かれているわけでございますねあのーまこれ茶色の糸をたどるの出版界において私がいるこの速水という男ですねなんとかこの小説の愛の深い男でなんとかこの取りに行っていいという構図雑誌を残したいその中でいやもう今家もそんな時代じゃないんだと思って来たるかしていこうというその会社の上層部でそれそれそれと戦うこの文にさらわれ好きだなぁ海ですね全体会議ですねこの主張やそのちょっと食えない子いるいるんですよなんか行きたくてもひと癖もふた癖もあるアイスだって男と戦うんですねそれじゃあそういうことかどうやって行くのかですねなんか会社の中でこの近くの開いてる秘密は何なのか後半に持っていけるのかスリリングに展開されていく物語は書店で今高坂されてる様は誰も止まらない展開なのではないかとの小説となっています2.この新作映画をご紹介していきたいと思います皆さんは小説は普段読まれますかこないだは出版業界を舞台にした映画ですが普段本を読む人はもちろん本を読まない人でも楽しめるようなエンタメ作品になっていますそしてそれだけじゃない部分も含まれていたお勧めの映画ですこの動画を途中で警告を出して行きますのでその後はネタバレありでお話ししますのでまだ見てない方はお気を付けくださいそれではこないだの大王を簡単にご紹介していきたいと思います塩田剛さんという方が書かれた同名小説が原作です翔太さんは最近だと海の声という映画も公開されてすごく話題になりましたこの作品は原作小説を執筆する段階から大泉洋さんを主人公に手書きして作られた映画です小説の表紙も大泉さんが担当されています監督は吉田大八監督で大ヒットしてロングランした桐島部活やめるってよだったり紙の月などを手がけられた監督です脚本は吉田監督に加えて楠野一郎さんという方がサンドされていますこの方はハガキ職人からスタートてその後放送作家としてキャリアを積んでこられた方です実写映画の東京グールの一作目もこの方が担当されています社会派のイメージもあるししょうたさんの作品ですがこのことからも結構でエンターテイメント性が高い作品に仕上がっていましたそれではこれから今作のあらすじを簡単に紹介していきたいと思います出版業界の不況のあおりを受ける大手出版社薫風舎社長が急遽無くなってしまい次期社長争いが勃発大改革が始まり雑誌が次々と廃刊の危機に陥ります早目が編集長を務めるカルチャー誌 TRINITY もそのあおりを受けることになってしまいますあやみは薫風舎の組織争いに巻き込まれながらも雑誌相続のために奔走することとなるというあらすじなっていますまだいつも個人的な評価を捨てるんですけれどもこの作品はプラスかなと思いました非常にお勧めしやすい作品でしたフルプライス1900円払っても全然ね楽しめる映画ですこの間はどんな人におすすめかと言うと先ほども言ったようにエンターテインメントとして楽しい作品になっています組織の権力争いが含まれていていろんな思惑が重なりますが物語の流れ的にそこまでに複雑に分かりづらく作られていないように感じましたそしてかなりので豪華キャストが出演しているので彩があって厚みのある映画です性別問わず幅広い年齢層で楽しめると思います友達グループで見に行ったりカップルとかでもね楽しめる映画になってるんじゃないかなと思いますしかもですね楽しいだけではなくてこの映画には出版業界の裏側をしっかりと風刺している部分もあるのでコアな映画ファンをうならせる作品になっているんじゃないかなと思いますこの作品はどんなサークルかと言うと騙し絵の牙というタイトルの通り色んな騙し合いの映画に感じるかもしれませんがもちろんでトリックがある部分もありますただそれ以上に大泉洋さん演じる速水という主人公が歴史ある出版社の中の伝統を重んじる派閥とそれだけでは成り立たない形式の派閥に挟まれながらもその裏をかきながら自分が編集長を務める雑誌 TRINITY がカルチャー誌の枠にとらわれずにいかに面白い雑誌に変貌していくかが描かれていきますなのですごく伏線を張って張って出すとに集約していく物語というよりはこの主人公が業界に大旋風を巻き起こしていく痛快さがメインの作品なんじゃないかなと思います彼が生まれ変わらせていこう嘔吐するトリニティという雑誌はカルチャー誌でありながら才能が生まれてしまいそうな新人の小説を連載しようとしたりちょっと危険なセンスを持っている人物を取り込んでいたり調節界の大御所にうまく取り入って勧誘しようとしていたりお盆ような発想しかなかったトリニティという雑誌が固定観念にとらわれない新しいメンバー仲間を揃えて行ってどんどんと話題の雑誌に生まれ変わっていきますそれプラス今作でねもともと作品を引っ張ってくれるキャラクターは松岡みゆさん演じる高野恵というキャラクターだったなと思います会社に翻弄される速水にさらに翻弄される女性3位なんですけれども純粋に面白い方に対する情熱や神を持った彼女のキャラクターはこのスピード感あってどんどん展開されている物語を引っ張っていくキャラクターとしてすごく魅力的でしたまたは豪華キャストですがゲスト的に出て消えて終わりというだけではなくてまた後からね出てきたりもしますそれでいて雑誌 TRINITY のチームは石橋けいさんや森雄作さんなど熱い脇役で固められています他のメンバーの中にナチュラルに入り込んでしまうお笑い芸人我が家の坪倉さんもまた目を惹くポイントになってるんじゃないかなと思いました作品自体は非常にテンポがよくていろんな思惑が絡まりながらもそこに別をさせていく大泉洋さんのキャラクターは結構スマートなので笑いの部分がピックアップされました大泉さんのまた違ったね魅力が引き出されていると思いますだけど簡単にね物事は運ばず大きな問題も起きたりします映画何見ようかなと思う人はね是非映画館でご覧になってみてくださいそれではこれからネタバレしていきたいと思いますではネタバレあり4時間ですこれになった方々いかがでしょうか結末を簡単におさらいしておくと 薫風舎は改革が進み伝統を重んじる小説薫風は休刊となってしまいます権力を握ったトーマスはさらなる改革プロジェクト置き場に着手しようとしますがそこにいてん社長の息子今これ誰かが帰国してきます実は今と速水は協力関係にありえ薫風舎のデジタル化を推し進めべく作戦を考えていましたプロジェクト牙は凍結され薫風舎は岩を中心とした新しい改革が進められていく高野愛は取りにくいから外れて実家の本屋を新しい出版社として立ち上げ彼女が立ち上げた本屋には彼女が探し当てた大物小説家幻の新作が独占発売され店の前には長蛇の列ができていた痒みは新しい目玉として逮捕されていた城島先に執筆を依頼しに行くという物語になっていたと思います原作が結構再構築されているらしく原作だと速水は退社して起業家になって株式会社トリニティーを立ち上げる物語になっているみたいですこの作品は結構エンタメの皮をかぶりながらも中身は出版業界の問題点フリーランスな作品で社会派な面を持ちつつかつ誰もが楽しめるように再構築したのはすごく上手いやり方だなと思いましたただ正直最後の高野仁が立ち上げた新しい出版社に幻の新作が発売され万円という強気な価格で長蛇の列ができているのはちょっと理想的すぎるかなっていう気も個人的にはしましたですが全体的にすごく楽しい映画でしたこの騙し絵の牙という作品は誰を担ぐかの騎馬戦で速水という馬であるはずの人物のトリックに薫風舎自体が上手く騙されたように感じましたが早め自体もラストは馬であることには変わりなく結局は会社に追求されて翻弄されてしまう部分は変わらずにあり楽しそうでもありつつさらわれ続ける虚しさもあるんじゃないかなと思いましたむしろ騎馬戦から降りて自分が面白いと思うことを追求しようとする高野屋共に働くようになった木村佳乃さん演じる榎並百合子達の方が背負うものがなく小説が本来持つ魅力の面白いものを作ってそこにファンが答えてくれる純粋な生き方のようにも感じましたはい以上でだまし絵の牙のレビュー動画でございましたこういった形でジャンル関係なくいろんな映画を紹介しておりますのでよければチャンネル登録高評価コメントなどもお待ちしておりますそれでまた次の映画でもいたしましょうさよならバイリリーフランキーさんの投票とした感じというのは本当に唯一無理だなあと思いますね
おすすめの記事
追いスワン現象!映画『 ミッドナイトスワン』草彅剛、服部樹咲、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
追いスワン現象!映画『 ミッドナイトスワン』草彅剛、服部樹咲、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 ミッドナイトスワン『神と...
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
どもども、さむたろうです^^ おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめていま...