おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

サイレント・トーキョー
秦建日子の小説「And so this is Xmas」を原作に描くサスペンス。『SP』シリーズなどの波多野貴文が監督を務め、聖夜に東京で起きた連続爆破事件に巻き込まれた人々を映し出す。『64-ロクヨン-』シリーズなどの佐藤浩市が主演を務め、『マチネの終わりに』などの石田ゆり子、『MOZU』シリーズなどの西島秀俊のほか、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼らが脇を固める。[あらすじ]クリスマスイブの12月24日、東京・恵比寿に爆弾を仕掛けたという電話がテレビ局にかかってくる。半ば疑いながら中継に向かった来栖公太(井之脇海)と、ちょうどその場所に居合わせた主婦の山口アイコ(石田ゆり子)の二人は犯人のわなにはまり、実行犯に仕立てあげられる。朝比奈仁(佐藤浩市)がその様子を遠巻きに眺める中、爆発が起き、次回の犯行予告が動画サイトに投稿される。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】「アンフェア」原作者×「SP」波多野貴文監督作品!映画『サイレント・トーキョー 』佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説サイレントトーキョーこないだをご紹介していきたいと思います早速ですが皆様クリスマスお好きでしょうか僕は正直言ってかっこつけずにいますと僕みたいに友達もいなければと人もいない人物からすると非常に妬ましいシーズンだなと正直思っていますよこの時期外に出ればクリスマスソングが街中でカツカレーカップルの人たちが幸せそうに暮らしている空気頭とですねどうなんか絶対に規定されたような気持ちになってですねこう沸々とこみ上げてくる感情があるんですね今回はそんなクリスマスシーズンを吹き飛ばすだけにサイレントトウキョーのご紹介ですこの動画を途中で警告を出しますのでその後はネタバレありでお話ししますのでまだ観てない方はお気を付けください早速今作のかいおうご説明したいと思います原作は秦建日子さんという方が書かれた小説本型アンフェアシリーズなどで有名な方ですねもともと&ソーディスイズクリスマスという名前で書籍が発売されました今はサイレント東京都で名前が前について文庫化されています監督は波多野貴文監督踊る大捜査線シリーズの逃亡車木島丈一郎だったり岡田准一さん主演でヒットした SP のドラマや映画を手がけられた大規模な犯罪映画を取るのに経験豊富な監督が担当されています薬を盛り山浦雅大さんという方ですね最近の作品だと家政婦のミタゾノエアアジアフルなんかもこの形が脚本を担当されていますそれでは今作のあらすじを簡単にご紹介していきたいと思います12月24日東京恵比寿に爆弾を仕掛けたとテレビ局に電話が入る安心半疑で休憩に向かったでテレビ局員は現場にいた主婦山口愛護と共に犯人の罠にはまり実行犯へと仕立てられてしまいますそしてその後実際に爆発は起きてしまいますその後次の犯行予告が動画サイトにアップロードされ標的は渋谷ハチ公前にの容器は首相との生対談期限は午後6時そんな中独自で操作を行う慶次よだと言うそして怪しい行動を起こす it 社長砂が常に現場で暗躍し事件を見守り続ける朝比奈それぞれが交差する大型クライムミステリー止まっていますいつもな聞きながら個人的な市場として点数をつけてるんですけれどもこの作品は78点かなと思いました予告にもあった期待していた爆破シーンは見応えがありましたただ少し薄味な部分も感じてしまってもう少し脚色を入れたほうがずっと深みが増したんじゃないかなという感想も同時に持ちましたこの作品の魅力を教えてねいたしますとまず一つ目渋谷大爆破予告でもねかなり取り上げられていた渋谷のスクランブル交差点の大爆発はやはり見ごたえがありました日本での都市部での撮影というのは非常に条件が難しいですね現在 YouTube の方でもすでに動画がアップロードされているんですけれどもこの作品は栃木の方に超巨大な渋谷のスクランブル交差点のセット3億円かけて建設し太陽のエキストラを導入しそこに合成処理を施して渋谷での大爆発シーンを撮影しましたお母さんと爆発して安定してその後みたいな感じはなくて爆破した瞬間人々が倒れこんでイクシオレールを敷いてそこにカメラ乗せて高速で移動してその様をそうで撮っています馬鹿が起きてハエが飛び交って吹き飛ばされる人々がスローでゆっくりとパノラマアングルのような形で長めに取られています見ていて大田市さんなんかも感じてしまいましたゲスト俳優的に YouTuber でも有名な御用田さんとかあとはあのちゃんなんかも挿入させているんですけれどもただテストですよみたいな感じじゃなくてクリスマスシーズンに浮かれた若者的な感性が枯れていてちょっと人が溜まるようななんだこいつらみたいな感じで描かれていくんですねその突破口出されたシーンはやっぱり僕みたいなクリスマスシーズンの浮かれた空気感とが苦手な人とかするとリア充爆破しろみたいな感じでスカッとする気持ちがあるんじゃないかなと思っていたんですけれども実際に痛みを伴って描かれたこのシーンはその後の中打ち回る人々たちを見ていると罪悪感が湧いてくるようなったすぐこの人たちを助けなきゃみたいなそういった気持ちに駆られるような力のこもった子になっていました痛々しいんですけれども黒いまではいかない映像になっていたのかなと思いますがなかなかこういった迫力のある駅もテロの映像というのは他では見られない死んだと思うのでこの作品でしか見られない魅力だなと思いましたそして二つ目に挙げるとすればもし起きたなら日本で爆破テロが起きるなんてというのはいくら映画化されるといっても起きないでしょうみたいななかなか想像しづらいですねただ今作はそれを妄想させるような演出になっていますこの映画の中では爆破テロが予告されているにも関わらずクリスマスシーズンだからといって多くの人が渋谷スクランブル交差点に訪れて行きます今年はこの中でハロウィンもねやらない方向でいこうと言われてはいましたもちろん丁寧に比べるとかなり希望かも少なかったですがそれでも集まってくる人はですね渋谷スクランブル交差点にいましたそういった光景を見ていくと爆破なんてどうせ予告だけで実際に起きないでしょっていうこの空気感の欠如みたいなものは逆にこうリアルさがあってもし起きたら実際にこういう 階段に繋がってしまうのかなと感じさせられますこの作品原作の感想も少しようなんですけれども明確に描かない部分もあるんですねその辺も多分会えて観客に行こう妄想させる考えさせるようにしてそれぞれの頭の中で保管させて今この平和な日本でもしかしたら起きるかもしれないと言った想像させてくれるような作品になっていると思いますただやって返し鐘ネタバレありで話すんですけれども最初の恵比寿での爆破シーンがあった後に合コンのシーンとか日常的なシーンとかが挟まれていくんですねそれによって次の爆破が起きるまでの緊張感が持続みたいなものがちょっと薄味になっていて漫才を描いた作品としてはちょっともったいないなーと思いました後は先ほども言ったように犯行の動機だったりとか登場人物の絡みの部分何かもですねそれで行っちゃうのとかこの人は結局何だったのみたいな消化不良な部分も感じるところがあるんじゃないかなと思いますが参考のシーンはやっぱり力を込めて予算をかけてね撮影してるんだなというのが伝わってきましたし日本に警鐘を鳴らすようおな作品を撮る時にこれからもっと迫力が緊迫感がある映画が垂れてくるんじゃないかなと感じさせてくれる作品だっていたと思いますそれではこれからネタバレありに移行していきたいと思いますではこれからネタバレありの時間ですご覧になった方々いかがでしょうか結末を簡単におさらいしますとちょっとね明確な部分がなかったので僕の妄想で補ってる部分もあるんですけれども IT 社長の巣長門朝比奈は元々は親子関係だった朝比奈は須永に留守電を残しそれを聞いた砂川母を悲しませないために警察には内緒で朝比奈を探していた怪しい行動をとる砂がを取られた刑事の依田は砂がと共に朝比奈を追いかけていくそして朝比奈とその場にいた山口愛子と共に車両で次のばくあの目的地レインボーブリッジへ向かう実は真犯人は山口太鼓で彼女は学校に戦場に行って PTSD により心に障害を持ってしまい変わり果てた夫に爆弾の技術を教え込まれていたそして夫は自殺してしまう一人で生きてきた山口最後は戦争も辞さないという総理の発言に怒り爆発を計画していたクライマックスでは現場に向かう車両の中で朝比奈の言葉を聞き山口は解除コードを教えて二人はレインボーブリッジから車で海に落ち爆破をし事件は一応の解決を遂げたという結末だったと思います相手だと思いますが完全な犯行の動機やプロセスを補うような描写は少なかったと思います犯人ぽかったね朝比奈もおそらく共犯関係だったと思いますが息子であった繋がりですねを残したあたりからお化けに巻き込みたくなかったもしくは捕まえて欲しかったら止めて欲しかったみたいな願望が多くそこにはあったんじゃないかなと思われますよかったのは店長に言って心に障害を負って傷ついた人たちがテロを起こそうと復讐に駆られてしまう人物とそれでも希望をかけてみようと踏みとどまるもの一つに絞らずに二つ描いてあるところあ良かったなと思いますちょっとね掘り下げても良かったんじゃないかなと思います夫に爆破を教え込まれるシーンもちょっと突拍子もないように感じえーしまいますしあまりにも違いすぎなんじゃないかなと思いましたもう少し変わり果てる前の優しい音のするとなんかお前降りとして描いた方が良かったように思いますあとは渋谷を標的にするところも夫の人生そして心の傷を完成させられたような山口愛子が総理に起こったからといって若者が集まる実施日を標的にする部分もちょっと整合性に欠けるかなと思いました総理だけではなくて自衛隊の海外派遣とか戦争が起きるかもしれないってた可能性に無自覚で無責任な若者たちのご発言とか言動とかをクローズアップさせた方が芝を標的にするっていう彼女の同期にもちょっと重みや深みが増して納得しやすい演出になったんじゃないかなと思いますそして最終的に解除コードを教えてくれるんですけれどもそのくだりも朝比奈によるあの短い説得で開始してしまうのかというのは正直薄味な部分だなと感じましたこの間ですねこういう大規模な犯罪行為の映画なんですけども99分とちょっと短めなんですよねおそらく検索結構テンポ感がいいらしいのでそれを意識した作りなんだと思うんですけれども予算の関係もあったと思うんですがもうちょっといろんな部分を掘り下げて緊迫感とかキャラクターに白色下味をつけた方が良かったんじゃないかなと思います恵二の二人のバディかもちょっと薄かったですしテレビ局にスタッフの事件を昇華させていくジャーナリズム精神に対する疑問の目覚めみたいなものももう少し取り込んでもよかったのかなと思いますただそうは言ってもですねやっぱり今作を観ていて思うのは笑えない要素もあって本当にテロ予告あっても集まってきそうだばまいしたこの日本の平和ボケと言われるものその裏では戦場とかで心の傷を負った自衛隊の人とかもきっといるはずですこんなことが起きるかも起きたらこんな結果になってしまうかもこのままいくと知らないについた火種が本当に爆発してしまうようなそういった危険性を感じさせてくれるこのクリスマスシーズンに警鐘を鳴らすような作品になっていたと思います以上で映画サイレント東京のレビュー動画でございました置いた形でじゃないとりあえずいろんな映画作品のことを紹介しております チャンネル登録高評価コメントなどもお待ちしておりますそれではまたお会いいたしましょうバイあの栃木のセットは終わったら本当にバラしてしまうのでしょうかね海外で日本を描いた作品を撮る時とかにも今後で使われそうな曲がセットになっていると思うのであのまま残してねこれから流用していた方がすごくいいんじゃないかなと思います
おすすめの記事