おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

ばるぼら
1973年から1974年に「ビッグコミック」で連載された手塚治虫の異色作を実写化したドラマ。謎めいた少女と暮らす小説家の行く末を描く。メガホンを取るのは、手塚治虫の息子で『星くず兄弟の新たな伝説』などの手塚眞。『半世界』などの稲垣吾郎と『生理ちゃん』などの二階堂ふみが主演を務め、『柴公園』シリーズなどの渋川清彦、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』などの石橋静河らが共演する。撮影は、ウォン・カーウァイ監督作などで知られるクリストファー・ドイル。[あらすじ]作家として活躍する美倉洋介は新宿駅の片隅で、ばるぼらという酩酊状態の少女と遭遇する。洋介は、見た目がホームレスのような彼女を自宅に連れて帰る。だらしなく常に酒を飲んでいるばるぼらにあきれながらも、洋介は彼女の不思議な魅力に惹(ひ)かれていく。何より、彼女と一緒にいると新しい小説を書く意欲が湧くのだった。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】手塚治虫原作漫画を実写化!映画『 ばるぼら』稲垣吾郎、二階堂ふみ、渋川清彦、石橋静河、美波、大谷亮介、ISSAY、片山萌美、渡辺えりの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説どうもこんにちは風間です本日は手塚治虫検索稲垣吾郎主演の問題作バルボラの感想を言ってきたいと思います稲垣吾郎さんの映画は僕は十三人の刺客以来なんでもう10年ぶりですよ10年ぶりにスクリーンで五郎さんを見ましたたいそんな感じでどんな作品なのか数えていたいと思いますまず今作はあの漫画の神様手塚治虫さんが1973年にビッグコミックで連載していたバルボラという漫画を実写化したものなんですねで今作を映画化したのが手塚治虫さんの息子の手塚真さんの僕は手塚真さんの先まであまり見たこととか全く見たことはないですけどもあの作品をねあの子予告なんかを見るとあのインディーズで活躍されてきた方なのかなとそんなに高齢者対策は寝ないようなそんな印象ですねそして今作の内容が稲垣吾郎さん演じる売れっ子の小説家がちょっとスランプに陥っててそんな時に行きでホームレスみたいな女二階堂ふみ演じるバルボラという謎の女性と出会ってそれで彼女を拾って一緒に生活していくんですけどもそこから巻買えな出来事がどんどん続いてそしてそのバルボラという女性に取り付かれてしまってそっからまぁ人生があらぬ方向へと向かうというそんな話ですねなのでちょっと一緒のファムファタールものですよね抹消な女性を好きになってしまってそれで人生が破滅へと向かうっていうのがあれファムファタールものですけどもこの魚のミューズっていう風に言ってましたけどもまあ多分貼ってあるんですよねあのフィルムノワールでもあると思うのでまず一番最初のオープニングが始まった時に来いちょっとジャジーな曲からで始まるっていうところがもうちょっと Film NOIR 感があってね僕はねもオープニングの掴みでねなんかいいなと今の映画にはない雰囲気てねあなんか好きだなと思いましたねそして今作の一番の魅力はですねそれももちろん二階堂ふみさんの全裸いや凄かったですねあの二階堂ふみさんはね今現在あの朝ドラのエールに出演して手で今度の紅白歌合戦の司会を務めるじゃないですかメジャーな作品にも出なからそれとほぼ同時期にこういうインディーズ制作の映画でヌードにもなれるってこういうバランスで叫んでる人ってなかなかいないですよね日本の女優さんでこういうことで生きるって凄いなと思いますねあのねバルボラ自身も普段はちょっと俺とかに言っちゃうようなちょっとボーイッシュなキャラクターででも脱ぐとエロスが滲み出てくるようなねちょっとファンタジックでもあるし結構難しいキャラクターだと思うんだけどそこら辺二階堂ふみさんばっちりうまく演じてるなと思いましたね稲垣吾郎さんの二階堂ふみさんのお尻を鷲掴みしたしねいいなーってそんなに素直にそう思っちゃいましてねそして五郎さんもねこの若々しさが本当に素晴らしいですよねあの五郎さんと二階堂ふみさんは年齢的にも29ぐらい離れてんですけどそれを感じさせないのはね五郎さんの若々しさと思いますねちょっとねちょっと裸になると若干ちょっとおじさんかは出るけど40人だいぶ引き締まった体なんだけどちょっとねおじさん来てるんだけどもでもねやっぱこういったキャラクターはその普通に生活しててサングラスしてても問題ないっていうなかなかできないよそういうのでこのキャラクター自身も結構なんだろうその現実社会でちょっとファンタジックらと闇の世界へ堕ちていくっていうそういう物語にこの五郎さんのちょっと浮世離れとキャラクター取っての足がばっちり合ってるなと思いましたねだからこの二階堂ふみさんと稲垣吾郎さんのこの二人のキャスティングはすごいなと思いましたよそして今作はポスターにも書いてある通りバルボラが実在したのかもしくは幻なのかってここが一番気になるポイントじゃないですかこれはね僕は幻だと思いますねあの今回のその映画 いろんな部分を濁して描いてるじゃないですかあの原作をね僕はの第3章まで見たんですけどネットで無料だったんでそれ見たらあの子の三浦洋介って自分の事を異常性欲者っていう風に自負してるんですよでも今回の映画版ではその部分は一切行ってないんでそのいろんな部分を濁して顎っていうその説明しすぎない感じが僕は何か昔の映画っぽくてすごい好きなんですけどだからその相手に GO してるところがこのバルボラという存在も幻にしてるんじゃないかなって実際このバルボラ地震はいくら洋介のあの知人とかには一度も会ってないじゃないですかもう1回だけでその石橋静さん演じるかなこと同じ部屋にいるんだけどでもそこでかなことバルボラが会話するシーンがないじゃないですかそういうのとかねなんかちょっとファイトクラブっぽいというかファイトクラブの時のやり口似てるって言うかと思ったしあったそのバルボラ側の知り合いと言うか渡辺えりエンジェルムネーモシュネーとか吸血鬼みたいな人とかやっぱも普通じゃないじゃないすかもう見た目からして明らかに嘘のファンタジックな見た目というかファンタジックな世界観の人っていう雰囲気があるから幻かなどと言うか俺はむしろこれが幻であって欲しいと思うねやっぱりさあその好みクラ洋輔って人形犬死体を愛するっていうめっちゃド変態じゃんまあ明らかに異常性欲者なわけじゃんその部分はやっぱ幻徳願望であって欲しいと思うのは俺だって魔性の女に惑わされたいみたいなそういう多少の妄想みたいなものあるよね誰だってさなんだろうか浮気願望みたいなものとかはあっても実際本当に浮気したいなんていう風に思わないじゃんだから好み蔵之介もあくまで頭の中でこういう願望を持っててそれが幻として現れたっていうだけであってほしいこれが本当だなんて俺は思いたくないねそして今作の不満点は二つありますね一つは石橋静さん演じるかなこというキャラクターがちょっと中途半端だったかなとカナコはその御蔵洋介を献身的に支える女性に見えて実はいくら洋介懐柔しようとしてるって言うそういうわりと興味深いキャラクターだっつったと思うんですけどなんか中途半端に終わっちゃったからあとあのこの映画全体的にねまあ説明しすぎないというところが利点と言うかねそこがいいと思うんだけど彼女に関してはもうちょっと何か知らねえがいて欲しかったなと思ったそれともう一つはもう少し映像クオリティが高かった方が良かったなーって今作はの撮影監督のクリストファードイル傘下に入ってるんですけどでも僕はそんなにいい映像と思わなくて割と仲ドラマレベルのようにね感じてしまいましたねやっぱりこういう現実の社会でファンタジックな世界へと誘われるって言うものはもっとやばい映像で金必要だと思うんですよあの昨年も明日っていう映画あってねあれもシンメトリックな映像でしたけどでもちょっとその圧倒的な映像美っていうのがあった方がこういう作品には乗れると思うのであんまりね予算的にはそういうの難しかったかもしれないんですけどもっと圧倒的な映像美で見せて欲しかったなと思いましたという感じでねあの非常に楽しい映画体験でしたね不思議でして本当に僕をやっぱり基本的にはもここ最近なんかエンターテイメント系の映画ばっかり見てるんであんまりね映画館で不思議な笑顔で見ることってないんですよねだからね久々にはんな映画見に来たらもう途中のあのそれ結婚式のシーンなんかさ変な映画見に来ちゃったら取ってやろうか楽しいが体験でしたね映画見終わってね帰ろうと思ったらその隣に座ってた咳の音女性が儲かっとるバルボラでさ髪の色がオレンジでトレンチコート着ててもブルブルがいると思って不思議な世界とね誘ってくれんじゃねぇかって思ったけど特に何も会話もせずに出ててねもう一瞬で 不思議な映画体験があってねでもここ最近の新しい地図の三人は結構こういう何でメジャーじゃないメジャーとインディーズのすごいちょうどいい中間の作品に結構出てるよねこの三人はミッドナイト1とかもね良かったからねこういうのすごいいいよね評価はされてるんだけどあんまり知名度がない人の作品に出てそれで高評価も知名度も上がってくっていうのがすごいいいことじゃないそれって映画監督と海にしてもだからもっとこうすごいらの力はあるんだけどあんまり知られてない映画監督の作品とかにももっとこの新しい治療さんに出て欲しいなと思うねそんな感じであのほんと不思議な映画でしたよおっぱいとかいっぱい出てくるしまちょっとで黒い新特一番最後は若干の誤差はあるけどでもね見てよかったよちょっと昔の映画館もあって足を申し渡すなのでお勧めですということで今回の動画これで以上ですまた別のとこでお会いしましょうお疲れ
おすすめの記事