おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

罪の声
かつて日本を震撼(しんかん)させた事件をモチーフにした塩田武士の小説を映画化。昭和の未解決事件をめぐる二人の男の運命を映し出す。『ミュージアム』や『銀魂』シリーズなどの小栗旬と、『引っ越し大名!』などの星野源が主人公を演じる。星野が出演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の演出と脚本を担当した土井裕泰と野木亜紀子が監督と脚本を務めた。[あらすじ]新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、昭和最大の未解決事件の真相を追う中で、犯行グループがなぜ脅迫テープに男児の声を吹き込んだのか気になっていた。一方、京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)が父の遺品の中から見つけたカセットテープには、小さいころの自分の声が録音されていた。その声は、かつて人々を恐怖のどん底に陥れた未解決事件で使用された脅迫テープと同じものだった。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】昭和のグリコ森永事件を題材にした映画『罪の声』小栗旬、星野源、松重豊、古舘寛治、宇野祥平、篠原ゆき子、原菜乃華、阿部亮平、尾上寛之、川口覚、阿部純子、市川実日子、火野正平、宇崎竜童、梶芽衣子の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説罪の声この作品をご紹介していきたいと思います早速ですが皆さんは拭いきれない罪悪感みたいなのあったりしますか僕は時たまですね昔のこと思い出してなんだな事言っちゃったんだろうと思ってねくとそれを思い出すことなんかもあります今回はそんなんで動けない罪悪感を描いた作品をご紹介していきたいと思います新作映画ですねまずこの映画の概要を簡単にご紹介していきたいと思います原作はですね塩田剛さんという方が書かれた2016年に発売された同名小説が原作の小説でまず大前提として知っておきたいこととしてこの作品というのはですねグリコ森永事件という1984年から101年半近くにあたって会った初めて劇場型犯罪と呼ばれた政府やマスコミ警察などにね挑発的な文書を送りつけた歴史的な事件を題材とした映画になっております宣伝などではそのグリコ森永事件のことはねあれなかったんですけれどもその事件の名前だね被害者となったグリコと森永今もあるねこの企業のイメージが悪くなってし会うから宣伝とかではね使われてなかったと思うんですけれども後実際にあった事件をモチーフとした作品ですそしてそれを知ってるかしたいからね感情移入が変わってくるかなと思いますのでそのその実際の事件のことを話しながら今回ご紹介していきたいと思います動画の途中で警告を出しますのでそれ以降はネタバレありでお話ししますのでまだ見てない方はお気を付けくださいそれではこれから今作のあらすじを簡単にご紹介していきたいと思います京都で伸縮のテイラーを営む曽根俊也はある日父の遺品からカセットテープと黒川のノートを見つけるノートには大量の英語の文章の丘銀河とまんどうという文字が書かれていましたさらにそのテープを再生すると何かを語る子供の声が聞こえてきますそれは31年前大手製菓メーカーの銀河とまんどを始め食品会社数社が脅迫恐喝され未解決となり事項となってしまったギンガマン同事件の凶悪犯の音声と全く同じものでしたそしてその録音された声というのはどちらの子供の頃の声でした俊也は自分が関わりを持ってしまったその事件を調べ始めます時を同じくして在日新聞大阪本社で記者として勤める阿久津はギンガマン同事件の企画記事に応援要員として社会部に駆り出されましたそこから明津は事件のことを調べ始めますが空振りに終わってしまいますしかしあることがきっかけで糸口が見つかりリンガ万灯事件をさらに深く調べていくこととなりますこの二人の人物の調査が一つに重なった時31年前の歴史を揺るがした大事件の闇が少しずつ暴かれていくと言ったら水になっておりますまずはグリコ森永事件を簡単にお話ししていきたいと思います1985年3月に咲きグリコの社長を誘拐し身代金を要求した事件を皮切りに江崎グリコに対して脅迫や効果を起こして行きますその後には丸大食品森永製菓ハウス食品不二家駿河屋など様々な食品企業を次々と犯人は脅迫電気の引渡しにおいては次々として場所を変えたが犯人たちは一度も元気の引き渡し場所に現れませんでした犯人と面白い人物が何度か目撃されたが逃げられてしまったため結局正体はわからずじまいていうことですそして事件の中で小売店に青酸入り菓子を置き日本全国を不安に陥れた事件となっておりますこの事件というのが2000年2月13日に先ほど言った青酸入り菓子ばらまき事件の殺人未遂罪が時効を迎え取手の事件の時効が成立してしまいます警察庁広域重要指定事件としては初めて犯人を検挙できなかった未解決事件となってしまいます企業と報道機関に挑戦状を長く44通送ったそして脅迫テープの中には男の子の声だったりと青の声が記録された強迫性とも送りつけられてきたそうです劇場型犯罪という言葉が生まれるきっかけになった事件ですこの事件は多くの謎を残していて要求した金額もですね何億という非常に大きな現金を要求しており実際に運ぶのは困難だということでお金が目的ではなかったのではと言われる犯人の実際のライドは何だったのかね色んな説がね誕生した事件だっていますちなみに捕まったグリコ森永の社長は囚われた3日後に自力で脱出して保護されていますこの小説の特徴というのはですねこの今言ったグリコ森永事件をかなり作者の方が調べ上げて様々な出来事をかなり精密にこの小説の方に再現した作品になっていますなので僕はこの事件が題材になったっていうの知ってからこの映画見たんですけれども映画を観終わった後にですね実際の事件と照らし合わせてみると映画ないで出来た出来事と同じ出来事が書かれていて事件を調べながらこの罪の声の映画の映像がね頭に思い浮かぶような非常に精巧に作られた物語待っておりますただこの映画を楽しむ上でどうしたので乗っからなければいけない部分があるなぁと思いましたそれはこの事件を調査する人というのはただの音テイラーであるとし後もう一人は記者である阿久津この二人によって調査が進められていきます警察の調査で来なかったかつ作品内で31年前の事件なので たくさんの人に聞き込みを行ってちょっとずつ真相に近づいていく物語なっています非常に移動が多いと言いますかえさんに聞きに行ってえーさんは B さんの方が詳しいんじゃないかって B さんに聞きに行ってえーさんは C さんが知ってるんじゃないかと言って C さんの方に入ってるとすごく捻転と場面を移し替えていきますそれがかなり多い上に阿久津俊やこの二人の Line が相互に場面移動をしていくので話としてはですね正直複雑さが若干あるんじゃないかなと思います僕を見ていてどんどん落ち込むしていくうちに最初に聞き込みした人って誰だったっけてちょっと分からなくなってしまうようなところを感じましたそれはやっぱり警察じゃないこの二人が操作していくっていうところとやはり30年以上も前の事件を紐解いていくっていう点では何人もの人を数珠つなぎに聞き込みしていくっていうのはこの作品の中での整合性を持たせるためにしょうがない部分だと思うのでやっぱりお金を払って見に行く以上は設定に乗っかってね楽しんだ方がいいと思いますいつも僕が生意気だから前個人的な指標として点数をつけてるんですけれどもこの笑顔88円かなと思いました非常に意義のある映画になっていて見ていてですね結構真剣に考えさせられたと言うかと思いおねえよせずにはいられない作品になっていました終盤の方であれ少しこう画面がにじむようにちょっとね涙がウルッとくるような場面もありましたキャストはねすごくいいなと思いました小栗旬さんと星野源さんは僕が知らないだけかもしれないんですけれどもなかなか公園とかをイメージできるような二人ではなかったのでこの二人がタッグを組んで戦争に突き進んでいくところなんかはですねすぎていて新鮮みがあるなと思いましたそしてこのメインの二人以外の要所要所に配置された聞き込みしていく人物だったりとか物語をね腰を動かす恩物とかは非常に説得力のある役者さんを配置してあるので力を込めてね作っているんだなという思いが伝わってきましたほうがとしては珍しく1402分と長めなんですけれどもしっかりとした人たちが物語に出てきているので長いの後別れたかったですねそしてこの映画の最大のポイントだなと思ったのはミステリーっぽいなようなんですけれども観客を物語にのめり込ませる推進力っていうのが真犯人が誰かっていうところではないなと思いました実はこの映画の中で脅迫テープに使われた子供っていうのは星野源さん以外にあと二人いるんですね真相を突き進んでいくうちにこの巻き込まれてしまった二人の子供たちの人生が少しずつ浮き彫りにされていきますそうなっていくとこの巻き込まれてしまった子供達っていうのは今は無事なんだろうかという心配な気持ちになってどんどんどんどんてないこの話が小説のページをめくるように次から次へと気になっていく展開になっていますそしてこの物語を解き明かしていく一つのキーとなるのが最初に言ったその罪悪感その罪悪感の連鎖で物語は少しずつ進行していきますこの二人が調査していくうちに新たな証言が出てくるんですけれども事件が起こった当時30年前も同じようにしていたけれども操作では明らかにはならなかったそれはその時その人たちが立場が弱かったりとかかかわったりしたくなかった後は些細なことなので気にかけなかった聞かれなかったから答えなかったと言ったいろんな部分を掘り起こしていくそれがどんどんどんどん繋がっていきましたが話すきっかけというのは星野源さん演じる曽根俊哉という当事者自体が結構身をすることにより当時は言えなかった証言者たちのこのちょっとした罪悪感を取り出して素がどんどんどんどん繋がっていきます時代は移り変わって激動の昭和から落ち着いた平成になりそして新たな言語例話に移行するという時代ですその時代が移り代わりになっていくうちに忘れ去られていくしょうあの当時にあった加熱する時代とその生々しさがね浮き彫りになっていきますそれは登場しなかった人たちにも新しくね伝えてくる意義のある作品だと思います今ではね信じられないでしょうが大学生たちがデモを起こし学生運動として色んな所で暴動が起きていた三田警察権力だったり起きた事件を消化していくマスコミ等といった時代を知らない人達に届けてケリを着けようとする社会的意義のある映画だなと思いますその紡がれた罪悪感の連鎖を誰に突きつけるとか気になる方は是非ご覧になってみて下さいそれではこれからネタバレ犯人移行していきたいと思いますこれからネタバレありの時間ですご覧になった方々いかがでしょうか個人的ないってすごく力作になっていたなという風な印象です最終的には子供達を巻き込んだとしやの母と隠れて暮らしたたつお海外で見つけそれぞれに罪悪感をしっかりと突きつける結末になっていたと思いますインフラ思想や情熱があり不条理だね社会に対して反旗を翻そうとしてもそこには盲目的なその情熱によって巻き込まれていく子供たちのね人生俺浮き彫りにしてある作品だと思いました本当にその事件に関わっていた脅迫テープに使われた子供達は今どんな人生を送っているんだろうと思いを馳せずにはいられない作品でしたまたこの映画の中に出てくるその脅迫テープに使われた人たちの人生も三者三様で描かれているところもいいなと思いますあるものは家族を作り幸せに暮らしているあるものは地を這うような生活を送り影の中で息抜き最終的には救われるとしてあるものは夢を追うことすらも叶わず命を落としてしまうという一つの答えにして 得意な頭の下にね巻き込まれた人たちが単純にね不幸になったんだっていうだけじゃなくて幸せになった者もいるただそんな彼には罪悪感もきっと感じているだろうってね思いを寄せてある人物の描きかただなと思いましたそして場面色はね結構細切れでどんどんどんどん店舗横に進んでいくんですけれどもこの作品の中にある伝えたい想いが描かれている場面はゆっくりだったりとかは長回しとかで描かれていて伝わりやすさもねきちんと残してある画き方だなと思いました時には亜久津が真相を追究することの意義を考え始め擦りつつあるジャーナリズム精神を突き詰めていく場面だったりとかそれまではね無関係だった二人が心を通わせていくしんだったりとかあとやっぱり何と言っても事件によって希望を断たれ命を落としてしまう生島のぞみのね人生もしっかりと描かれていて観客である我々に彼女の人生を目撃者として刻み込んである作品だと思います他にも引き込まれる側の役者さんもですねツルハと言うか説得力のあるの役者さんばかりでしたしキーポイントとなる人誰家の人物描写はすごくしっかりしてるなと思いました料亭篠ノ井玉枝さんを演じる橋本じゅんさんなんかはいけね交換来そうに見えて口を滑らすとポロポロポロポロこぼしてしまうコミカルさも残しているところなんかも違和感はなかったですしやはりなんといってもですね宇野祥平さんの開演ですねもう出てきたのファーストルックからこのいかに彼がコーチをはい尽くして生きてきたのかとしてもうぎりぎりのところに立っている一線を踏み越えるのかわからないそういう彼の危機的状況とか縁起で見てる我々に重くのしかかるような雰囲気のある佇まいだったと思いますそして最終的にたどり着く宇崎竜童さんも理想なんかを語りつつもいかにそれが盲目的なのか重たい語り口は効いてて猫を前のめりになるような語りのシーンだったと思います登場人物がたくさんいて出演シーンを短い人が多いんですけれどもちょっとアクセント的にテストハイを使ったりとか一切していないので力のある題材を取り扱った小説をのある人たちが意義のある映画として力を込めて作ったんだなっていうのが伝わってきました熱意が伝わってくる文うまくね最後まで乗っかった状態で見ることができて最終的には映画の中でできる出来事と同時にその実際の彼らは今どこでどうやってやっているんだろうか幸せなのかそれとも登場人物たちのように命を落としてしまってないだろうかどこかで日陰者として暮らしてないだろうかとね結構真剣に考えさせられる赤い花映画だったなと思いますそして最後のおもちゃが壊れてしまうところと知らね子供の頃に遊んでいたおもちゃを最後はねロシアの娘が壊してしまうんですけれどもあれこそがねまさに彼の罪悪感の象徴だったんじゃないかなと思います拭いきれない罪悪感の塊みたいなものを俊也が愛情を育てた娘という存在が壊してくれる彼の親からなすりつけられたその罪悪感というのも次の世代を幸せにすることによって払拭することができるそういった思いが載せられたシーンだったんじゃないかなと思います小説版を読んだ人からねかなり映画化するには難しい作品なんじゃないかっていうふうに聞いていたので大丈夫なのかなっていう不安な思いで見ていたんですけれども最後まで思いが乗っかった状態で見ることができました今年は海外の対策が見れなくなった文を言った方がにたくさん触れることができて力作がどんどんどんどん作られているんだなということを知って自分が浅はかだなと思いましたシートとね胸が熱くなるような思いにさせてくれた作品でしたはいそういった形で映画罪の声のご紹介でございましたジャンルにとらわれずいろんなね映画の紹介をしておりますのでよければチャンネル登録高評価コメントお待ちしております取れたまた次の映画ではいたしましょうさよならバイ登場人物に僕と同じ名前の人がいて見ていてね結構そわそわしてしまいましたね
おすすめの記事