おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

スパイの妻<劇場版>
『トウキョウソナタ』『岸辺の旅』などの黒沢清監督によるドラマの劇場版。太平洋戦争前夜を背景に、運命によってもてあそばれる夫婦の試練を描き出す。蒼井優と高橋一生が『ロマンスドール』に続いて夫婦にふんし、『犬鳴村』などの坂東龍汰や、『コンフィデンスマン JP』シリーズなどの東出昌大らが共演。『寝ても覚めても』などの濱口竜介監督と、濱口監督の『ハッピーアワー』などの脚本を担当した野原位が、黒沢監督と共に脚本を手掛ける。[あらすじ]1940年、神戸で貿易会社を経営する優作(高橋一生)は満州に渡り、偶然恐ろしい国家機密を知る。正義のために一連の出来事を明るみに出そうとした彼は、反逆者とみなされてしまう。優作の妻の聡子(蒼井優)は反逆者と疑いの目で見られる夫を信じ、スパイの妻とそしりを受けても、愛する夫と手に手を取って生きていこうと決意する。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】今回はスパイの妻この間はご紹介していきたいと思いますベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞ということででニュースでも話題になりました非常に生命をある賞受賞したこの作品そちら今回ご紹介していきたいと思います警告を出した後にネタバレありでお話ししていきますのでまた見てない方はお気を付けくださいまずこの映画の概要を簡単にご説明しますと原作がない映画ですね監督と脚本家の方がオリジナルストーリーを手がけられた映画になっております監督は黒澤清監督ですケア帰ろうクリーピーなどを盗んだねホラーテイストな空気感が漂うような映画も撮りつつ去年はね旅のおわり世界のはじまりといった前田敦子さんが主演する映画を撮ったりとジャンルは役者とらわれず様々だね映画を取られてきた監督でございますそして世界的にも評価が高い監督ですね他にもこの映画といえばですね8系で撮られた映画になっておりますそれを十分に堪能できる環境というのは少ないと思うんですけれども常に高精細な映像で撮られた作品となっております今作は2020年6月2 NHK BS 8系で放送された同名ドラマをスクリーンされた色調を新たにして劇場版として映画館で公開しておりますキャストは高橋一生さんや蒼井優さん東出昌大さんが出演している映画になりますそれではこれから今作のあらすじを簡単にご説明していきたいと思います主人公の里子は夫であり会社の社長である優作と共に何不自由ない生活を送っていましたそんなある日優作は満州へ一か月ほどの出張に出かけます戻ってきたゆうさくは何かを隠しているようであり問い詰めた智子は優作が恐ろしい国家機密を知ってしまいそれを選んじゃっしめようとしていることを告げられますしかし君は優作を疑い始めます太平洋戦争開戦間近の日本で夫婦の上は時代の波に飲み込まれていく人あらすじになっておりますまずですねいつも僕は生意気ながらも個人的な指標として点数をつけてるんですけれども今作はですね申し訳ございませんちょっとですね今回はで採点なしで行こうかなと思っております正直に出ています途中までですねちょっとうつろうつろしながら所々で少し寝てしまうような感じでこの映画を見てしまいました決して面白くなかったわけではないですよの語りの途中からはぐいぐいとねこの世界中に入り込むことができました少し落ちるような感じに出たので多分トータルで10分も寝てないと思うんですよね映画見終わった後デブの T とか見たんですけれども話の内容ですねほぼ全て覚えておりますじゃあ何でうろうろしていたのかと言うと黒沢清監督の作品にあるこの不穏な空気感の光沢も漂っておりましたそして薄暗いね映像も結構多かったですし正直前日ですそこまで寝れてなかったので最初から最後まで目をぱっちり見開いて見ている状況ではなかって本当に申し訳ございませんただで手張りベネチアで銀獅子賞も受賞したということもあってて二戸文化的と言うか歴史的というか芸術的なね価値のある作品だったと思います特に物語をやはり引っ張ってくれていくこの高橋一生さんと蒼井優さん達などのエコ台詞回しで舞台へ行きなね狭い空間で繰り広げられていくんですけれどもお互いの演技力のぶつかり合いと言うか非常に滑らかに軽やかに舞うような会話劇が繰り広げられていきますそして東出さんもねやはりこういった重たい空気感の中で独特の存在感を発揮してるところは唯一無二だなと思いますこの映画のジャンルはですね一緒にこのスパイの妻というタイトルにはとらわれないいろんなものが含まれていてもちろんミステリー的な要素もあればサスペンス的な要素待ってねちょっとホラーテイストな部分もあったりでもこの二人の夫婦のメロドラマっぽいよ雰囲気も醸し出していて見てるこちらもね方式話さない映画になってると思いますそして全てを説明するのではなくて見てるこちらが頭の中で施工させてくる楽しみもある映画だと思います画面を登場人物の背後から取るカットが多いですねそれによって彼らはこの時この世界はどういう風に捉えたんだろうとね自分の脳内を考えをね張り巡らせて行きます時間的にもですね一生なんかもバッチリはまっていて当時の日本の疑わしき者は拷問にかけて罰するという非常に冷たい空気管圧力行いが和解させてくれますそんな世界観の中で蒼井優さんは太陽成そうとする夫に対して圧巻の演技力で表現してくれています正直予告とかポスタービジュアルを見た時にこの重たそうな雰囲気の中でちょっと蒼井優さんだと柔らかすぎる幼すぎるんじゃないかなとよりも持ったんですけれどもただそこまでしてうまくついていて天真爛漫そうに見えて夫を支えをこの添い遂げをする意志力と言うか芯の強さみたいなものを彼女の演技は感じさせてくれます僕たち観客からすると国家機密暴こうという大義を成す優作とそれを懸命に支えようとするんだとこの二人の言動っていうのは違和感がないんですけれどもこの通りの盲目的に国を信じようという狂った世界観の前に彼女たちは逆に自分たちが狂ったように扱われて行きますこの悲惨な戦争の時代がもうすぐやってくるという週末彼の中でこの夫婦はどうやってあがいていくのかトリッキーな展開待ってますしそうくるかっていうところもあると思います気になる方は是非ご鑑賞してみてくださいそれではこれから三鷹 てきたいと思いますここからネタバレありの時間ですこれになったが違ったいかがだったでしょうかブラッド結末をおさらいすると国家機密資料を預けた満州の内海黒人からその資料を受け取るためそして軍の目を欺くために検索と智子は別行動してアメリカで落ち合うという計画を立てますがある密告により智子は出航前に捕まってしまうとそして軍に捕まった智子は国家機密を軍の人間に見せようとフィルムを再生しますが改正されたのは優作がとっていた映画だったとそして時は経ち狂ったように扱われ精神病院に閉じ込められていた智子は襲い来るね戦火をマナーたりにして打撃崩れます最後には優作は死んだという情報が流れますがどうもそれが起動されていた疑いがありその後智子は海外を当たったというところで物語は終わりを告げます白黒映画のような古い映画のような雰囲気が作品全体に漂っていてそれでいてね当日は日本軍の冷徹非情さ拷問するしなんかもねあったりしていて拷問するシーンも直接的な部分は見せないですよねそこもて中から撮っていてどれだけで痛々しいものかっていうのを頭の中で訴えかけてきます見てる僕も一応押さえずにはいられないような痛みが伝わってくるところはさすが黒沢清監督だなという風に思いました印象的な香典お金いくつもいくつも積み重なっていて特に記録の映像を歌劇場の画面いっぱいに写すんじゃなくて壁に映し出されたやつをしようから映像で撮っていると魔法少女日本が本当にこういうことをしていたんだという音記録映像としてみているこちら側に印象づけるような映像だったと思いますどうやら本当に人体実験をやっていたみたいでそれをあまり今まで触れずに日本もここまでやってきているとそういった時刻の音影の部分をこないだを取られてあるところも量に文化的意義がある作品と言うかベネチアン尾根取るだけの作品だなという風にも思いますさっきも言ったように見てるこちらがに考えさせてくる演出があってその辺はつねクライマックスも同じように感じましたね見る人によってナイツ論が出ていないのでモヤモヤするところがあったと思います他の読み方があると思いますが一つは夫婦の愛の形とも読めるわけです優作はスパイと言うよりは本当に大義を成すために国家機密を暴こうとしていてその中でも自分の命とかその後の人生も一切顧みず自分に尽くしてくるくまさんとこのためにあえて彼女の逃亡を軍に通告し店のフィルムを渡して苦しい逃亡生活には巻き込ませないようにしたそして一番最後は死んだという風に偽造してなんとかね智子と連絡を取って海外に里子起こさせて最終的には出会ったんじゃないかっていう妄想も出来ますし見方によれば優作は実は本当のスパイだったんじゃないかっていうにも見ると思います自分の頭の上に気づかれないためにさところ逃亡告知してうまくね郡の目を欺いて自分は海外に逃亡して国家機密を持ち出すという彼の計画だったのかもしれません原作はね作品の中でも映画を撮る人物なんですよねつまりは自分で物語を作り上げる人間全ては彼の策略だったのかもしれませんが本当にスパイの妻だったのかもしれませんしそんなスパイの妻ではなくすために最後に行動したのかもしれませんがこの辺は僕の妄想も混ざっているのでこうだとは言い切れえないんですが当時の日本軍が街中を更新していくシーンを見つめる天作の背中というのは一体何をね考えていたのか非常にね彼の想いみたいなものを探ってしまいますそれと当時の日本の音歴史的背景冷たさだったりとか雰囲気とか後は間違われるまで気づかないその時代のおぞましさを投影しつつそんな狂った世界で非常に強い気持ちで相手を思いやる夫婦のないが含まれていた作品だったと思いますものねさとこの海辺での中身のシーンなんかもどうしようもなく離れてしまったゆうさくとの距離を感じさせる孤独を感じさせてる感情が溢れ出る蒼井優さんの素晴らしい力のある演技だったと思います黒沢清監督の作品見てない作品が多いのでこれからねちょっと読み返して行きたいなという風に思いますつながりでスパイの妻のレベルでございましたね色んな意見があるかもしれないのでよければ皆さんのコメントで教えてくださいこういった形でジャンルにとらわれないいろんなね映画作品のことを紹介しておりますのでよければチャンネル登録高評価お待ちしておりますそれぞれがどういたしましょう7倍以上に化粧が効いてる映画だなと思いましたなんだかこう当時の日本の服っていうのは西洋文化もおり混ざっていてでも今見てもねお洒落だなと感じるところがありましたね
おすすめの記事