おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

82年生まれ、キム・ジヨン
韓国でベストセラーとなり、日本でも販売された小説を映画化したドラマ。1982年に生まれた女性で最も多い名前を持つ平凡なヒロインの半生を、韓国のジェンダー問題や社会問題を織り交ぜながら描き出す。キム・ドヨンがメガホンを取り、主演のチョン・ユミと夫役のコン・ユが『トガニ 幼き瞳の告発』や『新感染 ファイナル・エクスプレス』に続いて共演する。[あらすじ]結婚を機に仕事を辞めたジヨン(チョン・ユミ)は育児と家事に忙殺され、時に閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。ある日、ジヨンは他人が乗り移ったかのような言動をするようになり、さらにその時の記憶は全くなくなっていた。夫のデヒョン(コン・ユ)はジヨンにその真実を告げることができずにいた。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】韓国で社会現象になった原作小説を映画化!『82年生まれ、キム・ジヨン』の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説82年生まれキムジヨンこないだはレビューしていきたいと思います動画の途中で帝国を出しますのでそこからはネタバレありでお話ししますのでまだ見てない方はお気を付けください僕82年生まれの姉がいるんですねそれと結婚して子育てをしている女性の音主婦の苦しさが描かれているということでどういう苦しみを抱えてるんだろうとかどういうところがきつかったりするんだろうっての言葉とかニュースとかほどじゃわからないじゃないですか映画とかで拝見できればいいなという風に思っていて席じゃないです的になっておりましたこれからですねこの映画の概要を簡単にご説明していきたいと思いますけどまで原作がですね韓国で浸すとセラーとなった同名の小説です監督はキムドヨン監督ですね短編映画を取られててこれが真町編映画デビュー作ということで新人賞なんか戻っていて頭抱えている監督でございますそしてご自身でもね2人の子供を持つ母親として自分の実体験を変えさせていたようですねゆみと混ゆうですねトガニ幼き瞳の告発新感染ファイナルエクスプレスと金佐久で3回目の共演ですそして初めての夫婦役を演じるというこの二人ですね映画もですね韓国の方でヒットしまして2019年に公開されて観客動員数367万人を記録したそうですこれからこないだのあらすじをご説明したいと思います主人公のキム神様は33歳の主婦歳年上の夫でほんと一歳になる娘と共に韓国のソウル郊外で暮らしていました夫は安定した企業に勤め平和そうに暮らしていましたがそんな彼女は生活の中で精神がすさみ心のバランスを崩し女性が生きる上での苦悩が描かれていますまず大前提としてこの映画のですが一つのポイントがありまして原作の小説で仙台に改変した物語になっているようです原作の小説はその個人にフォーカスが当たっている物語なんて入ります女性の家族を思い描いた作品になっていまして原作の小説は韓国社会で生きる女性の抱えたものをこう怒りすらも感じるような強い作品になってるみたいですね男性対女性っていう構図は結構あるみたいで登場人物のね性別もちょっと変わっていたりとかこの夫の方も映画の中でね機会ある男性として描かれているんですけれども実際の小説版では結構無関心な人ということで結末の替えてあったりするので研削盤が好きな人評判が悪いみたいですねただそれを踏まえた上でも僕はね生意気ながらもいつもしようとして個人的にどうだったのかって点数をつけてるんですけれどもこないだは89点かなと思いましたやっぱり同じ音を調整を身内に持つ自分としてもすごく入り込みやすい作品でしたしてアプリ彼女たちの苦しさみたいなものをご馳走するんじゃなくて本当にこういう悩みを実際に過ごしているだろうしそれは韓国だからとか関係なくて日本の女性も同じように感じる部分があるんじゃないかなと思ってすごくに入り込みながら見ることができましたされていた部分もですね調べたんですけれども僕はそれを調べれば調べるほどこのやり口は出てすごくいいなと思いました82年生まれキムジヨンてこの原作小説と映画にするっていう点ではですねやりすぎだともう人の意見をもらいごもっともだと思いますお買い物は男性対女性とかがすごく悪くて路線への偏見というか空気の圧力というかもちろんあるんでしょうけれどもない社会においていくうちに対して協力的になるのって音声もきっといると思いますこの間の中の物語ってな女性の強化ももちろん大事だと思うんですけどそれ以外の人は男性とか姑さんとお母さんを起こさんとかそういった人たちが見て入り込みやすくなる物語にするのがいいんじゃないかなと思います男性対女性の対立構造が目立つとエンタメ的というか言い方怒られるかもしれないですけれどもちょっと女性の愚痴っぽく聞こえてしまうんじゃないかなって僕は思うんですよね俺も辛いっていうのをずっと言われ続ける富山って聞くことしかできないと言うかといえばこないだみたいに夫の方も育児と家事に協力的だったりとか関心もあったり男性全部がそういう敵対的な人間じゃないって言うな書き方をしたほうがいろんな人に見てもらいやすいというか僕も来ないかいろんな人に進みませんだと思いましたむしろこれ以上意気投合から正直その女性には凄く安いんですけど男性とかには勧めにくいかなと思った今みたいにマイルドになってしまったって百合子の映画で自分を責められてるような気持ちにも正直ちょっとなりました問題がない矮小化してしまったっていう風に思う人もすごくいるのも理解できるんですけれどもこういったやり方はすごくいいなと思います原作小説を映画化したっては原則直接からインスパイアを受けて家族の物語映ちゃん当てて映画化したっていう風な形で捉えればいいんじゃないかなと思いますマイクにしたっていう表現で今言ったんですけれどもそれでもやっぱりこの映画の中に出てくる主人公機無印さを感じさせて来るなっておりますそれそれがすごくこもったいってよりはそれが日常なんですよね何かをやらなければいけないと反応して子供送って掃除して洗濯して夕飯の準備して子供また迎えに行って夜ご飯作って 準備して子供寝かしつけて体に抗体はなく常にその彼女の人生っていうのは自分の人生キムジヨンの人生じゃなくて主婦だったりとか母だったりとか嫁だったり色目何かであり続けなければいけない自分の名前というものはなくなってしまっているような状態なんですねめちゃめちゃね誰も彼もすごく厳しいわけではないんですよね配慮をしてくれたりとか声をかけたりしてくれるんですけれどもやっぱりそれでも届かないとか救いにはならないそもそもおはようかっていうこの空気感自体がですね主人公自体を苦しめていくわけなんですよね結局家事や育児とかっていうのは奥さんがやるものって大前提に置き換えられているその社会の圧迫感みたいなものも重くのしかかってきますって時代背景的にもですねちょうど社会が変化し始めた時期それまでの人生っていうのは生活する人生だったんですよね結婚して家庭に入って家事とかをやって夫が給料稼いできてそれで子育てをしていくただそこから世の中は変わり始めて生活する人生から人生をどう生きるかっていうところにですね社会は変わりつつある女性の社会進出だって言うとか目に留まった会社の福利厚生だったりとか単純に生きるだけじゃなくてそれぞれがやっぱ自分は何がしたいのかとか自分はどういう人間なんだろうと見つめ直してそれぞれの人生を見つけていくそれまでにあった当たり前の女性像っていうのと新しい調整取って存在していた時代が描かれていてよねだから当たり前だって言うね家庭のルールもありつつも一歩外を見れば働いてる女性達がいるとそんな中で自分は何やってるんだろうってこの空虚な胸したみたいなものがこの主人公襲いかかってきますそれ以外にもですねご飯生が作り上げたこの現代社会に対する韓国の社会問題とかも含まれていますので気になってきたね是非鑑賞を見ていたしてみて下さいと来るんだけれども重たいだけの映画にはなっていないと思いますので女性の方はもちろんですね家の人にもねぜひ見ていただきたい映画になっていると思いますやっぱりで映像化することによって言葉だけでは伝わらない話の息苦しさの息づかいがね伝わってくる映画になっていたと思いますってそれですねここからネタバレありに移行していきたいと思いますでは9日ですご覧になった方々いかがでしょうか個人的にはですねこの家族構成がすごく僕と似ていて僕も姉二人で弟僕一人ソースが出てきましたいい年こいてねパチパチパチパチにもやるわけなんですよねめちゃめちゃ思いましたね弟も器用な励ましていく感じなんかもすごく伝わるものがありました弟にできることって結構少ないんですねあなんかされて育ってるって言うのもありますしもう大人になっているのでない簡単に相手の生活とかやり方とかにね帰りもできないしすごくで口の中に入り込みやすかったですね協力的だったのはすごく良かったなと思っていて助けたいなっていう思ってるんだけれどもそれだけだと足りないと言うか夫は協力的な姿勢を見せんですけれども気持ちはあるんだけれども手が動いてないと言うかまだ男性側からするとヘタに手を出して約2人くらいやってるルーティンと言うか流れとかを崩しちゃって余計仕事が増えちゃったもうやんなきゃいいのにみたいなことを言われる方がいっぱい苦しいじゃないですかその辺のバランス感覚だなあと思いましたして胸にズキズキくるなと思うしたどうすればいいんだろうっていう風にねすごく苦しかったですしかといってこの映画の登場人物たちに誰かが明確に間違ってるとは思わないんですよねそれと前の方ですね悪役っぽくは見えちゃうんですけれどもその人たちの時代ではあるが当たり前だったし簡単に理解するっていうのも難しいと思いますただそういった中でも気にかけてるそぶりもあったりとか頭キムチの時代のお母さんもですね見たいものがあったけどそれを諦めて娘に尽くしたって言っていたっていうことを知ってまた娘も同じように苦しんでるって言うこの二つも悩みみたいなものが共存する時間帯なん顔ですね安全じゃないね長きにわたって形成されたこの男性社会の中にある女性の当たり前のように来ないものとされてきた御礼みたいなものをね佐々木月と見てるこちらがに突き刺してきたと思います呼吸がね一つ検出のギミックとして搭載されていたようにも思います家事をこなした後に吸って吐く音小さいんだけれども深くて長いね終わった瞬間にまたすぐに次の事が始まるっていう風なとめどないもの社会の圧迫感みたいなものだったと思います物語の結末もですね実小説版というのは作りがないまま終わりを迎えるらしいんですけれども映画はの方は何か一つ吹っ切れたように反論して月日が経って自分でも働いてマスコットと一緒に乗り越えられそうな空気かなは終わっていく真逆の終わり方をしていたみたいですね小説を映画化するってなるとまやりすぎなのかもしれないんですが監督のインタビューを読む限りでは映画を観終わった後に劇場でた人がどんな気持ちでいてほしいかっていうところでめちゃくちゃにしたみたいですね僕もすごく賛成だなと思いますマイノリティな人を描く時にですねどうか悲しさとか苦しさだけを強調したまま終わりを迎えるんじゃなくて他の人たちも見終わった後に米を向けるようなラストがいいなと思いますし自覚なき偏見とか差別ですよね自分たちが責められてるって言う気持ちよりは自分でも変わらなきゃなって少しでいいんで揉ませてくれる着信の方がいいかなと思って辛さとか可哀想さとか感動とかを強調すると泣けたで終わっちゃってなんかそこで消化しちゃってるような気がするんで リアルさを出して緩やかな着地にした方がその人達の価値観みたいなものに緩やかな変化をもたらすと思うんですよ価値観変化っていう映画の魅力の一つだと思うんですけれどもどうかなって変わる事って人間結局ないんですよねちょっとずつしか変わることはできないしねそのちょっと感謝するね希望を感じさせる終わり方ってんだこれにはすごくありだなと思いますまあラストシーンに至るまでのものが狂って解決してしまったような展開はちょっと早すぎるのかなとは思いましたがこれ的に大満足の作品でございました映画館でお願いてる人もいたと思うのでそこまで大したことはできないですけど DVD とかデタラメにプレゼントしようかなと思います姪っ子の世話を代わりに見て一息音切るような時間を作ってあげられたらいいなと思いました動画ですね82年生まれキムジヨンのレベルでございましたような感じですねジャンル問わずですね映画の話できて気になってますのでよければチャンネル登録高評価コメントお待ちしておりますそれではまた次の絵がどういたしましょうバイ夫エンジェルコン言ってる役者さんはですね悪くするのですかいいですよねめちゃめちゃ好青年ぽさが溢れてますよねあの人
おすすめの記事
新興宗教にハマった芦田愛菜主演!映画『星の子』岡田将生、大友康平、高良健吾、黒木華、蒔田彩珠、粟野咲莉、新音、池谷のぶえ、池内万作、宇野祥平、見上愛、赤澤巴菜乃、田村飛呂人、大谷麻衣、永瀬正敏、原田知世の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
新興宗教にハマった芦田愛菜主演!映画『星の子』岡田将生、大友康平、高良健吾、黒木華、蒔田彩珠、粟野咲莉、新音、池谷のぶえ、池内万作、宇野祥平、見上愛、赤澤巴菜乃、田村飛呂人、大谷麻衣、永瀬正敏、原田知世の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 星の子「こちらあみ子」「...