どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

中島みゆきの楽曲「糸」を基に描くラブストーリー。『アルキメデスの大戦』などの菅田将暉と『さよならくちびる』などの小松菜奈が主演し、日本やシンガポールを舞台に、平成元年生まれの男女の18年を映し出す。『ヘヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久が監督を務める。『スマホを落としただけなのに』などの平野隆が原案と企画プロデュース、『永遠の0』などの林民夫が脚本を担当した。[あらすじ]北海道で暮らす13歳の高橋漣(菅田将暉)と園田葵(小松菜奈)は、互いに初めての恋に落ちるが、ある日突然葵の行方がわからなくなる。彼女が養父の虐待から逃れるために町を出たことを知った漣は、夢中で葵を捜し出し駆け落ちしようとする。だがすぐに警察に保護され、葵は母親と一緒に北海道から出て行ってしまう。それから8年、漣は地元のチーズ工房に勤務していた。
※映画『糸』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】中島みゆきの楽曲「糸」を基に描くラブストーリー!映画『 糸』菅田将暉、小松菜奈、榮倉奈々、山本美月、竹原ピストル、二階堂ふみの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説今日みんなでシネマテーク映画コメンテーターの有村昆です今回ですね紹介する新作映画はこちらです水戸ですなぜめぐり逢うのかを私たちのはカラオケで歌う出ますよねそうですそうですライターのマーボかのことで評論家としてもね最近名を馳せてるんですけども何か童貞狩りは絶対モテるだろうと勘違いされ曲ですよそうですということで今回はめぐり逢う二つの物語の中島みゆきさんの名曲の人がなんと映画化されましたまずねこれちょっとどっちから行こうかなじゃあもう主演から行きましょうこれで人物相関図使ってご紹介して参りたいと思いますがもちろん個々のポスターの主役が高橋蓮という訳だまさきさんが入っておりますねでその他青いを小松菜奈ちゃんが基本的にはこの二人の縦の糸横の糸が交差する時に誰かを暖めうるかもしれないというあの中島みゆきさんの橋からインスパイアされて物語を後で構築したという映画なんですねなので北海道東京沖縄シンガポールを舞台に平成31年とともに描く壮大な愛の物語なんですねはいあのこれすごい豪華キャストですって須田さんと小松さんが主演なんですけども山本美月さん倍賞美津子さん竹原ピストルさんかいどうふみさん松重豊さん田中美佐子さん山口紗弥加さん成田りょうさん斎藤工さん榮倉奈々さん他めちゃくちゃ豪華なキャストでこれもっと言うならば脇役の人たちにある共通点がありますそれは皆さんってなんだかわかりますか違いますこれ実はですね脇役の人達全員かつて一度は主演経験のある人たちなんですよだから齊藤工さんだって主演してるし二階堂ふみ翔んで埼玉やったり松重豊さんも孤独のグルメとかね榮倉奈々さんだかもしれんそれがやって弟子たちが脇を固めてるってめちゃくちゃ豪華な日本映画界のアベンジャーズとも言われるんじゃないかと言うとかな事なんですねはいちょっとストーリーを解説していきましょうねまずこの高橋連覇を今ですね平成元年生まれなんで地元は北海道ですあの美瑛の丘とかね富良野の辺りだねこの二人が13歳の時に花火大会で出会って初めての恋をしますそんなある日あおいちゃんが姿を消すんですねなんとこのあおいちゃん複雑な家庭環境におりましてお母さんが山口紗弥加さんですけどその義理の父にこんな毎日 DV でいじめられてるねでも眼科眼帯とかつけたりとかそのこの辺とかも青空でこのお父さんから逃げるためになくなっちゃったんですねでその真相を知ったこの高橋田君が必死の思いですねあおいちゃんを探し出してもう僕は君のことが好きだから駆け落ちしようって言ってあの北海道から青森に逃げようとするんですねところがそこはやっぱり中学校1年生13歳ですよまあなんだかんだすぐに警察にばれて行くとこもないしお金もないから報道されてしまうねで結局この青いトレはもうそのまま義理の父とかでもあんなやつと一緒に離ればなれになって北海道さることに葵ちゃんがなってしまいますでは見送ることすらできないまま二人はしばらく離れ離れそこから時が流れて8年後チーズ工房ですねこれが働いてない元々アレン君はサッカーがめちゃくちゃ甘くて J リーガーを目指しているんですが結果は色々あってチーズ工房で働いている友人の結婚式にたまたまを呼ばれるそれがこの竹原という成田りょうさん主演の竹原が結婚するって東京に行くんですねそしたらなんとあの8年間連絡を取っていなかったあおいちゃんと再会を果たすんですねでも蓮君はもうさサッカー選手の夢も諦めて結果そのチーズ工房で働いてんだけどあの葵ちゃんこの8年の間になんとメールしたとして成功してシンガポールで社長やってるじゃん すごい菩提樹ってですが旦那いじめられててれんくんが助けてあげたにも関わらずですよで君を今何やってんのねまだこれ LINE とかも無い時代だから連絡先教えてくれないかみたいな結婚式の2次会あるあるをよく行ってるんですねでえーそんな時に別々の人生をもうすでに二人はあゆみ初めていって本当はちょっとこれ送ってなあれですね別に9日にあったわけじゃなくてしっかりやっていうことなんですけども高橋蓮君はこの榮倉奈々ちゃんとちょっと年上の姉さん女房みたいな人と結婚するそしてこの園田あおいは付き合ってる彼氏遊んでいるんですね斎藤工さんですよこれ切ないこんにちはって行くとねあの二人でちょっと抜けますみたいな感じなんですねその結婚式をしたらごめんちょっと彼氏が待ってるかなって言ったら斎藤工が待ってるぞ妻貴子タバコ吸いながらメールするしかなかったがその後で神があったりするんですがそれぞれにやっぱりパートナーがいるしかもこの斎藤工くん演じる水島という男はですね it 業界の社長なんですよでものすごい彼女をサポートして助けてあげたりするんだけれどもここで大問題が起きます平成31年間の中で最もまあ皆さんもよくご存知のあの日ですね31日が二人の運命を大きく変えてしまうんですそしてまぁ色々心もネタバレなので言えないんですけどもあおいちゃんは泊まることになり田君も泊まることになり再び運命の赤い糸というのは巡り合うことができるのか否かというお話ちょっと理解してきますけども覚えておきましょう僕のこのシネマラボの中でもですね弥生三月という作品をご紹介しましたけどもあれも君を愛した30年というサブタイトルがついておりまして平成をひとまとめにした恋愛映画が立て続けに今公開されてます今回の最も制作会社とか曲は違うこれで火をつけると作品なんですけどもまだりょう君なんか音下げてますかねしかも高サッカー部っていう設定も似てるし行ってとかあるんですがたまたま平成をひとくくりにした今回に返さ平成元年に生まれた二人が平成31年の平成最後の日には33になってるわけですようんにひとまとめで描かれているということで僕もねすごくこの作品に感謝して良かったです全然監督にもお話こないだ TBS のアカデミーナイトって先にお話を伺ったんですがこの映画ってね僕もっと若い子向けの付き合ってはっぴいえんど悪いっていう映画かと思っていたらとんでもない三十代四十代五十代にこそ見ていただきたい映画だということにハッと気づかされたんですねこれで実際に起きた出来事なぞっているのでキラキラした恋愛ものじゃない大人が楽しめる物語なんですよあの時自分は平成何年自分は何歳だったなということを投影しながら楽しく実際にねこれねあの9.11もこの映画の中でアメリカでこんなことが起きたんですっていうニュースが流れるんですけどあの日僕も親と一緒にあのワールドトレードセンターのビルが閉じてしまうところ私も見たなということを追体験できるのであの日僕はどうしていたそして31日の東日本大震災もこの二人は経験するんですねだからあの日我々も同じく経験していた日本人だからこそなんかで他人ごとと到底思えない31年という月日の補佐ですよね同窓会で感じるようなことをリアルに再現してます初恋の人に出会ったあの気持ちこれはの13歳の時に出会ってますからでも大体中1の時に好きな子っていますよね時にやっぱりちょっとこう何て言うんでしょうかまあ高校生でもいいですけど初めて親に内緒でお泊まりした時とかないですか皆さんね僕はテニス部の合宿ですと言ってねホテル井の頭に初めて泊まりましたそこで初めてチェリーボーイを卒業しましたというようなんですねちょっとした甘い嘘この二人もやっぱり親に内緒で駆け落ちしようとしますよねかつての自分もなんか彼女と一緒に一晩痛いでもなかなか親が許さないどうしようかっていうことを考えたくないですか将来に向かって輝いていた人が地元で止まっているこれも同窓会あるあるですよねやっぱこのレンくんなんかもうお 色々なことがあって腐ってしまったりしたんですけどなんか小同窓会で久しぶりに会うと思われ今何やってんのさだこバイトやってるみたいなと思いますけどなんかそういうことも感じます逆に当時くすぶっていた女の子が箱に書き方に悪意がありますけどねくすぶっていた女の子が可愛い外国で活躍しているねやっぱりパッとしないこと言いましたよねでもすげーできるんだって同窓会ではみたいなすごい可愛い子があれってなったりするパターンもありますよねと言うようになんかねこの映画ってすごくリアルでさっき僕は言った三十代四十代五十代にめちゃくちゃ刺さるんですよなぜならこの13歳に溶けたらホント一瞬でどちらかっていうと30代以降の話が聞けた感じだがメインなのであるって事がよく出てきます後同級生の男友達と近況報告でですから増田君というところ竹原ですよねこの成田りょうくんとお互いによく飲んだりするんですけどこの物語もすごいんですよ炊き上がらは最初に結婚して奥さんと別れてまた次の人と付き合ったりするのが二階堂ふみちゃんが次出てくるんですけどもう寝たきりの人生も壮絶でサブストーリーを見るだけでも面白いのでこのレン君は蓮君で榮倉奈々ちゃんと付き合って結婚とか行くのかってとこもあるんですが大変なことが起きるんですけどそこでねこのスナックみたいな所だね中島みゆきさんのサイトですねファイト戦う君のあれを大根役者が歌うシーンが出てくるあともう3回流れるんですけどその音流すタイミングが絶妙膳所監督めちゃくちゃすごいここでカジノ意味がねその他てバイトだと3回流れるんですけど流すポイントによってかず君が若干変わって聞こえるよねそこもポイントだしこのファイトを歌うシーンが出た2回あるんですが役者に歌わせているのも実に BGM をただなが済んではなく役者が中島美嘉の曲を歌うというリンクも非常に巧いなと思いましたね傷つきながらも生きていかなければならないことはとてもとても鋭く描いているねなのであのなんてでしょまあこのあおいちゃんはシンガポールで大成功するんですけどなんかねそういう子あの子今どうしてるのかなとか思ってしまう同窓会に行った時の漢字っていうのはねまあ見事に表したんだともう一つはですねこれはの最近の一つが流行りなんですけどは中島みゆきさんの曲から素早されて物語ができてるんですけどちょっと前にまあいいやあばが飲み屋でハーバードマンマミーヤからいろんなまねまねまねといろんな名曲をつないで言って一方の物語にするっていう逆転の発想でできる映画って今アメリカでブーム Bohemian Rhapsody Queen くくりでひとつの会なんだクイーンというバンドを描くとかロケットマンエルトンジョンですねこれもそこからエルトンジョンの楽曲からヒント着想を得て物語を作る Yesterday Beatles ジュディだとジュディーガーランドというようにありきで物語が構成されていくっていうのは非常にねこの人はねあのそれをまさにとしてるというか描いたテーマであるのメッセージですねで物語がどんどんどんどん進んでいくと平成最後の日でもテレビでも仕事が平成最後ってずっと言ってましたこんな時音でこの令和の発表と平成最後の日のクライマックスにこの二人が大変なことになるんですけどもそれは是非劇場でご覧だっていただきたいひとつの時代の締めくくりとしてこうだったので感じていただきたいと思いますねなので平成という時代が終わる今締めくくりとしてみてもらいたいもんだね本当にコナンだら弥生三月の時も感じました今回のことでも感じたんですけど生きてくと傷つかない人なんていないじゃないですか何かも失ってなんか押しなってでも失ったから何かいるものがあってんっていうなんか傷ついていくことの中でいかに僕らは生きていかなければならないのかということをね非常に強く感じる作品でしたねということでま今回ねご紹介してまいりましたが最後に聞いてください有村昆で なぜめぐり逢うのかを私たちは何も知らないいつめぐり逢うのかを私たちはいつも知らないどこにいたの生きていたの遠い空の下二つの物語縦の糸はあなた横の糸は私織りなす布はいつか誰かを暖めうるかもしれないあればこの歌が良かったそしてこの映画見たい人は是非そしてようにしていただくと素敵な歌とそれでは次回も
おすすめの記事