どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

最も危険な遊戯

策略、陰謀が展開する財界組織の恐しさを知りながらも、なお果敢に挑戦を試みる男の姿を描く。脚本は「惑星大戦争 THE WAR IN SPACE」の永原秀一、監督は「哀愁のサーキット」の村川透、撮影は仙元誠三がそれぞれ担当。[あらすじ]日本の財界の大物達が相次いで誘拐されるという事件が起こるが、犯人が複数である事以外、手がかりは一切つかめない。東日電気社長の南条信隆も強引に誘拐された。東日電気会長の小日向は鳴海昌平を呼び、誘拐された南条社長の救出を依頼する。南条は小日向の娘婿でもあり、謝礼は五千万円という事だった。小日向の話によれば、南条誘拐は単なる身代金めあての事件ではなく、ある巨大なプロジェクトによる東日グループ壊滅の陰謀であるという。折から、防衛庁の第五次国防計画の最新防空警戒システム導入問題で、東日グループと五洋コンツェルンが激しく競い合い、東日グループに受注を要請する事に決定したため、五洋側は政界の黒幕・足立精四郎を抱き込んで反撃に出た。鳴海は居郷の愛人である杏子の居所をつきとめ、彼女を連れ出す。杏子から南条が監禁されている精神病院を聞き出し、完全武装して潜入した鳴海は、凄まじい銃撃戦の末、居郷を射殺し、南条を救出したが、桂木という射撃の名手に肩を射たれたうえ、南条を射ち殺された。鳴海は再び、小日向から足立精四郎を射殺するよう要請を受ける。足立追跡を始めた鳴海の前に、警視庁特捜部の桂木が立ちはだかった。鳴海は五洋側の背後に思いもよらぬ巨大な敵のいる事を知る。鳴海は高級クラブのママ・綾乃から足立の潜む寺に案内され、彼を射殺する。警察に包囲されながらも、逃げ切った鳴海がマンションに戻ると、桂木が杏子を人質にして、車で逃亡する。いつしか杏子を愛し始めていた鳴海は追撃のすえ、桂木に憎しみの銃弾を浴びせ、杏子を無事に救出した。数日後、射殺したはずの足立が生存している事を知った鳴海は、再び足立の命を狙って、行動を開始する。足立は替玉を使っていたのだった。綾乃の行動を不審に思った鳴海は、彼女に銃口をつきつけ、想像を絶する敵の勢力に、狐独な挑戦を試みるのだった。
※映画『 最も危険な遊戯』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン実施中】で見放題で観れます。

さむたろう
松田優作の遊戯シリーズ第一弾。1978年の作品みたいだからもう40年以上前の映画でいかにも昭和って感じだけど面白かった。優作さん以外のでてる役者も濃いし、もうコンプラとかない時代のなんでもあり作品ですね。田坂圭子さんっていう女優のデビュー作らしいけど脱ぎまくりだった。体当たり感がすごいね。演技はうまくないけど。製作費も3,000万円と低予算でつくられたけど大ヒットだったみたいですね。だからシリーズ化されるようになったんだね。ほかも作品も観てみようかな。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】松田優作の遊戯シリーズ第一弾!村川透監督作品!映画『 最も危険な遊戯』田坂圭子が脱ぎまくる!3,000万円という低予算ながら大ヒット!の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説本日の掘り出しムービーは最も危険な遊戯本作は3000万という低予算でしたが大ヒット日本映画で利益率が非常に高い作品の一つだそうです西部警察あぶない刑事などの人気テレビドラマを手掛けた村川透監督と今でも熱狂的なファンが多い伝説となった俳優松田優作氏の作品ハードボイルド内容木シリーズの第一弾それではいってみましょう鳴海昌平は凄腕の殺し屋普段は風采の上がらない男で賭け麻雀を打っては300万ほど負けるがその負けを認めずボコスカと殴られる始末這々の体でアジトに戻り泥酔していたところに一本の電話その電話は東日グループの会長秘書からであった仕事の話がしたいと言うので鳴海は通町グループの会長に会いに行く会長からの依頼は誘拐された娘婿を救い出してほしいという内容であった謝礼は5千万会長の娘婿は東日グループの親会社東日電機の社長である最近財界の人間が次々と誘拐されているその事件の被害者の一人であったこれらの誘拐事件は身代金目的の犯行に見せかけているが実は違うと会長が言う数ある誘拐事件の中で殺されたのは東日グループの用事に乗るこの誘拐事件はカモフラージュで本当の狙いは東日グループ要人の暗殺なのだこれは国家的プロジェクトから東日グループを引きずり下ろす陰謀なのだ通り家グループは国防省の防空警戒システムに関して数千億の発注内定を得ていたのだが受注できなかった古代コンツェルンが諦めきれずあらゆる手を使って集中させようとしているのだそこで登場してきたのが5台コンチェルを裏で操る日本の黒幕安達清史郎この男が娘婿の命と引き換えにこの案件から降りると脅しをかけているのだ成宮舞金1千万で請け負うことにした早速少し鈍った体を鍛え直すそして誘拐された娘婿の居場所を探るためまず誘拐グループを率いるリーダーのマンションに侵入そのマンションにいた愛人の京子に男の居場所はどこだと問い詰めていたところ誘拐犯のリーダーから電話がかかってきたなるみはその電話応対の元旦那さんと嘘をつくこの女は返してもらうよよく聞いとくんだな受話器の向こうから聞こえてくる京子の喘ぎ声を聞いた誘拐犯リーダーは怒り心頭で仲間を引き連れてマンションへ出向くがもうこの部屋には誰もいないなるみは恭子自分のアジトまで連れて帰り金を渡すと1時間後に出て行けと命令したそして成美は先ほど尾行して突き止めた監禁場所に単身乗り込む闇に紛れまず見張りの男を倒す廃墟と化した病院跡地での銃撃戦鳴海は実行犯グループを次々と倒していく最後に誘拐犯リーダーを仕留め会長の娘婿を救い出す病院跡地から脱出しようとしていたところ娘婿が打たれた即死だった誘拐犯グループではないまた別の組織が絡んでいるようななるみも脇腹を撃たれていたなんとかアジトに戻り人をラッパ飲みアジトには今日子が残っていた魂は肉をえぐって外に出ては手際よく手当を始める恭子手当てを受けた鳴海はあんたの男は殺したよ出て行けと言い放つ鳴海から貰った金を突き返し出て行く京子翌日痛みは少しはあったがまだまだ傷口が開いているようだそこに恭子が食料を買って戻ってきた昨日救えなかった会長の娘婿はゴミ処理場に捨てられていた身代金の受け取りに失敗し誘拐グループにより殺されたとの 何かがおかしい娘婿を射殺した鉄の組織はもしかしてかいがいしく傷の手当を始める恭子彼女は成海にひかれていたのだ手作りの料理をふるまってもなる実は愛想が悪いまま自ら服を脱ぎ抱きついてみるが全く相手にしないなるみ出会った相手にされない理由はダストまで明かされない翌日娘婿を救えなかったため代金を返して帰ろうとするの東日グループの会長は入ったさらに謝礼を5000万渡す足立誠志郎を消して欲しい日本の黒幕フィクサーである足立小その新たな仕事を請け負ったなるには足立の様子を偵察しているのも周りを囲まれていることに気づく逃げようとするがまだ傷口が疼く逃げ切れずに捕まってしまうこの男達は警察だった男たちは鳴海を痛めつけた後今回の件から手を引くようにと中国救出しようとした会長の娘婿たのはこのケーブルとなる実は気づいた解放された鳴海は東日グループの会長秘書に誘拐犯グループの背後に警察がいることを伝えるが早く足立を消してくれとしか言わない必勝何か怪しい態度である鳴海は足立の居場所を知る人物として足立の愛人の存在を聞き出すそれは高級クラブのママである彩乃という女鳴海はその愛人を降ろし足立の居場所を聞き出して早速その隠れ家となっていて直したりするそして足立を狙撃するポイントを決めたなるみはアジトに戻り狙撃の準備をしていたところお願いやめて現職の刑事とギャングを敵に回して勝てると思ってるのきょうこが泣いてすがるが無言で出て行く鳴海であったそして再び足立の隠れ家へ狙いを定め狙撃成功心臓を撃ち抜いたはずだ薬莢を拾い現場から立ち去ろうとしていたところ迎えのビルから警官隊に狙い撃ちされるなるパトカーが集まってきて包囲されているヘリで上空から指揮しているのは会長の娘婿打ったあの警部だなんとか脱出した鳴海があるという戻るとそこは争った形跡があり今日子がいないちょうど警察たちに連れ去られているところであった今日殺した車を追う鳴海全力疾走で驚異の身体能力でどこまでも食らいつく悪徳警察達はこのまま人気のない場所で鳴海を誘い出すことにしたなるみに向けて突進する車ある実は狙いを定め運転手の眉間を撃ち抜いた横転する車車から入れて逃げる警察たちを一人ずつしましていく最後にあの警部を始末した京子の無事を確かめ立ち去っていくなる俺にはケリをつけないといけないことがあるなるみは再び足立の愛人を襲い足立の本当の居場所を聞き出すあの狙撃した話は替え玉だ俺を誘い出すための罠だったのだ足立の調整によって東日グループと五大混戦が手を組むことないそこで邪魔になった俺を消そうとしたのだ成宮聞き出した隠れ家に突入する隠れ家の一室で東日グループの会長と日本の黒幕である足立が囲碁を打っていたそこの会長に頼まれて約束を果たさせてもらいます東日グループの会長の目の前で足立を射殺したなるには約束は終わったよ会長に伝える命乞いをする会長の足を打った鳴海は不敵な笑みを浮かべながら言った素敵なゲームをありがとうなるみが悪徳警官3人を始末した事件はヤクザ同士の抗争として扱われていたそして翌日の新聞にはあの国家プロジェクトが倒立と5代の共同受注になったことと足立清史郎が心不全で死去した記事が小さく載っていた全てが終わる ストリップ劇場で居眠りしているなら人間の証明のテーマ曲に合わせ麦わら帽子を小道具に踊るダンサー目の前で踊るダンサー日本版どうなる実は聞いてみるが私は草刈正雄みたいなのが趣味なんだよと一蹴されてしまうのであった草刈正雄名と言いながらストリップ劇場を出るんだるみそこを通り過ぎる車助手席に乗っているのはいかがでしたかぜひ本作の感想や思い出などコメント欄で語り合いませんかまたみんなと語り合いたい映画のリクエストなどコメントいただけると助かりますそれではまた次の掘り出し無理で
おすすめの記事