どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

魔界転生(1981)

天草四郎を中心に、細川ガラシャ夫人、宮本武蔵などが現世で果たせなかった夢、願望を満たすため黄泉の国から甦り徳川幕府をおびやかす。山田風太郎の原作の映画化で、脚本は「悪魔が来たりて笛を吹く(1979)」の野上龍雄、「忍者武芸帖 百地三太夫」の石川孝人、「復活の日」の深作欣二の共同執筆、監督も同作の深作欣二、撮影は「古都(1980)」の長谷川清がそれぞれ担当。[あらすじ]寛永十五年、徳川幕府のキリスト教弾圧に端を発した島原の乱は、天草四郎時貞を中心に、二万人近い信者が惨殺された。その夜、四郎の首は雷鳴とともに甦った。怨みをはらそうとする四郎は、やはり、生前に裏切られたり夢を果たせなかった人々を集めて、幕府に復讐を企てた。細川ガラシャ夫人、宮本武蔵、宝蔵院胤舜、伊賀の霧丸、柳生但馬守宗矩たちが集まった。頻繁に起る不思議な事件を、柳生十兵衛は魔界から甦った化者たちの仕業とつきとめた。ガラシャは四代将軍家綱に接近し、お玉の方に扮して大奥に入ることに成功する。家綱はお玉の方の体に溺れ、次第に狂気じみていった。霧丸は若い少女と恋仲になり、悪に徹しきれず、脱走を図った。しかし、四郎はそんな霧丸を斬り殺してしまう。危機の迫っていることを悟った十兵衛は、おつうを養女にして山中に暮す刀匠、村正に魔物を斬れる妖刀の製作を依頼する。十兵衛はおつうの前で武蔵を斬り倒した。一方、江戸城はお玉と家鋼の部屋から出火した火に包まれていた。燃えさかる炎の中で、十兵衛は父、但馬守を激戦の末、斬り倒し、そして天草四郎と向い合った。顔、体に魔よけの文字を書いた十兵衛は四郎の首をはねた。四郎は自分の首を脇にかかえ、人間のいるかぎり、復讐を続けると炎の中に消えていった。
※映画『魔界転生(1981) 』はU-NEXT(ユーネクスト)【(31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
40年前の深作欣二監督の作品だけどよくできてるよね。今見ても全然楽しめた。千葉真一の柳生十兵衛めっちゃかっこいいな。真田広之も若いけどあんまり変わってない。緒形拳さんもでてたんだね。天草四郎に沢田研二とまさに昭和のスター勢ぞろいって感じ。ちなみに最初はこの映画の監督は五社英雄さんで撮る予定だったけど、銃刀法違反で逮捕されてしまい、深作欣二監督になったそうです。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】深作欣二監督の最高傑作!映画『 魔界転生(1981)』千葉真一、沢田研二、真田広之,、緒形拳、丹波哲郎の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説掘り出しムービーは魔界転生仁義なき戦いで有名な付加金こと深作欣二監督の作品映画化に向けて天草四郎ま回収の首領として女性の細川ガラシャは若い衆に加えたのは深作監督のアイデアだそうですその結果原作者も脱帽するほどの面白い映画に仕上がりました海外でも評価され人気のある作品間違いなく深作監督の代表作のひとつですそれではいってみましょう350年前徳川幕府のキリスト教弾圧に端を発した島原の乱幕府軍の攻撃とその後の処刑により登場した老若男女37000人が全員死亡討ち取られた天草四郎の首は見せしめのため長崎出島の正面入り口に晒されたいつまでも冥界をさまよい成仏できない天草四郎徳川幕府への凄まじい怨念は募るばかり髪を全能にして万物の造り主なる神を見よあなたのしもべたちの屍の山を神よ今こそ私はあなたを捨てる聖なる教え慈愛の心一切のものをかなぐり捨て我と我が兄弟のために復讐の旅に出発する呪いの闇に巣食う者よ今こそ現れて災いの力を貸せエロイムエッサイム我は求め訴えたり天草四郎はこの国を焼き尽くすことを誓い魔界の力で現世に蘇ったのであった現世に蘇った城は自分と同じく無念の死を遂げた者たちを若い衆に引き入れ様と動き出すまずは同じキリシタンであった細川ガラシャガラシャは戦乱のさなか夫に見捨てられ燃え盛る屋敷で壮絶な最期を迎えていたその旨の力を使い辛さを現世に転生させる素人ガラスが次に向かったのは剣豪宮本武蔵の魂が漂う肥後国武蔵は幼児より剣の道を志し負けることは一度もなかったのだが強いと言われていた柳生一族の親子と勝負できずに寿命を迎えてしまう戦わずして果てる1棟その無念を晴らすため武蔵も現世に転生する次は槍術の大火宝蔵院胤舜を転生させるためにならへと向かう胤舜はそうでありながらも煩悩を断ち切れる己を恥じて自ら命を絶っていたが音信も若い衆の仲間に加わった話が変わってここは伊賀の国にある医学の隠れ里敵対する膠芽腫からの奇襲攻撃を受け仲間や家族もろとも殺された伊賀きり。 お前が望むならこの世に連れ戻してやる通りがかったし動画できり丸に来港してきり丸も魔界衆の仲間に加わったのであった襲撃されたかくれ里に到着した柳生十兵衛破壊しつくされた砂糖を多めにして呆然とするその時馬に乗る5人の魔界将軍昨年亡くなったはずのむさしや胤舜そしてきり丸がいること20名は驚愕する江戸へと駆け去っていく5人その異様な雰囲気に不安を感じる十兵衛出会ったいく日がすぎ日光東照宮に参詣した4代将軍徳川家綱は猫に化けたからさに心を奪われた家綱の要望によりガラシャはホームに入り側室となるガラシャの身元が怪しいことに老人が気付くが素人キリマルによって闇に葬り去られてしまう徳川幕府への復讐はこれからだ一方辛さの美貌と怪しい色気の虜にされた家綱は次第に将軍としての勤めに無頓着となっていく全ては計画通り長年徳川家に伝えている 家綱を惑わしている女を魔界の者と見破り妖刀村正を使って自らの命と引き換えに女を切ろうと江戸城へ向かうその途中宗則の前に飲酒が立ちはだかる戦いの末むねのりは一刀両断で練習を切り捨てたしかし今まで体を蝕んでいた病により宗則にも四季が訪れる貴殿に転生のご意志があれば我ら魔界へご案内つかまつる現れたしろうの悪魔のささやきに生死我が生涯に悔いはないと困るしかし十兵衛を息子というよりも天才的な剣豪として愛していたむねのりは一介の剣士として十兵衛と戦いたいという望みを知ろうに見透かされま回収への転生を受け入れたのであったその後資料はきり丸をつれ農村で呪詛を行う徳川の世を混乱に陥れようとまずどう作物を枯れさせて狭窄にさせるのだその結果年貢を取り立てる幕府と農民たちで対立が生まれ始めるその農村できり丸は親を亡くした少女と出会う泣いている姿を見て不憫に思ったきり丸は少女に百合の花を渡す開くに染まりきっていないきり丸であった江戸へ戻ってきた10名は親父の屋敷へとってむくだ親父である旨のリマでもな若い衆に加わったことを知る宗則の攻撃をかわした十兵衛は魔界のものを切るには用途を手に入れなければと日本刀の名刀村正の家を訪ねるしかしムラマサはむねのりに渡した妖刀を作った際成功を使い果たしていたために断ったその時武蔵が十兵衛と決闘しようとムラマサの家へ乗り込んできたかつて武蔵を慕っていた女性の命が思い出の笛を奏でたことにより一旦引き下がるムサシ凄まじい妖気を感じた村正は自分の命と引き換えに病棟を打ち始めたその頃ますます幕府と農民たちとの対立が深まっていたそして霧丸の方は可憐な少女に対し恋心が募っていくばかりであったそこに資料が現れているお前はまだ若いから迷っているのだ女が気に入ったのなら力づくでやれそうすればお前は一人前のま回収だ資料は口づけを交わし斬丸を送り出すそして霧丸は少女に襲いかかるのだがあくに染まりきれずに何もできず少女を返すその時兄のように慕っていた十兵衛の再開するきり丸は自分を殺してくれと十兵衛に頼み込むが己の業と運命に立ち向かえ死力を尽くして敗れたと悟った時にもう一度俺のところへこいと十兵衛は行って猿そのころ幕府は農民たちの暴動を抑えるため見せしめのために貼り付けをするという暴挙に出たましていく農民たちのゾーンその頃ムラマサは妖刀を完成させるも精魂尽き果てて息を引き取ってしまう妖刀村正を受け取り身震いする10名であった夜になりさらに膨れ上がってくる農民たちの集団指導の用力で農民たちを先導する幻術を使い幕府の役人たちに恐怖を植え付ける大規模な農民一揆が始まった刀を拾えやりを拾えもっと人を集めろそして江戸へ登るのだ江戸の町と将軍の城を紅蓮の炎で焼き尽くすのだ俺に続けその一揆の最中きり丸は優しさを取り戻した少女を連れ出して逃げようとしていたしかし裏切りを知ったし きり丸は少女の目の前で倒されるきり丸の死を知った銃では改めて指導を倒すことを誓うそこに武蔵が現れて決闘を申し込んできた翌日の決闘場宮本武蔵と対峙する柳生十兵衛いく度も拳を交えた末十兵衛は武蔵野脳て終わり勝利したのであったいっきの軍勢は更に大きくなって江戸へと押しかけている江戸城では嫉妬に狂った家つながガラシャともみ合っていたところ安藤を倒して出荷してしまう燃え上がる炎を見ながら車は錯乱状態となり自分を裏切った夫と思い込んで家綱にすがりつく家綱を守ろうと集まってくる家来をなんと宗則が切り捨てていく家来たちには太刀打ちできなかったむねのりはただ好敵手である十兵衛を待っていた
おすすめの記事
昭和のグリコ森永事件を題材にした映画『罪の声』小栗旬、星野源、松重豊、古舘寛治、宇野祥平、篠原ゆき子、原菜乃華、阿部亮平、尾上寛之、川口覚、阿部純子、市川実日子、火野正平、宇崎竜童、梶芽衣子の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
昭和のグリコ森永事件を題材にした映画『罪の声』小栗旬、星野源、松重豊、古舘寛治、宇野祥平、篠原ゆき子、原菜乃華、阿部亮平、尾上寛之、川口覚、阿部純子、市川実日子、火野正平、宇崎竜童、梶芽衣子の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 罪の声かつて日本を震撼(...