どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

里見八犬伝(1983)

里見家の姫と八犬士の一人との恋をベースに、悪の妖怪軍団と戦う犬士達の姿を描く。滝沢馬琴著『南総里見八犬伝』に新解釈を加えた鎌田敏夫原作『新・里見八犬伝』の映画化で脚本は「探偵物語」の鎌田敏夫と「人生劇場(1983)」の深作欣二の共同執筆、監督は「人生劇場(1983)」の深作欣二、撮影は「探偵物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。[あらすじ]館山城主・里見成義の一人娘・静姫は叔父のもとへと逃避行を続けていた。突如、黒装束の騎馬侍達が前ぶれもなく城に攻め入り、成義以下を皆殺しにしたのだった。城を奪った男・蟇田素藤は、かつて成義の父・義実が征伐した蟇田定包の子であり、その時死んだ筈の素藤と彼の母・毒婦玉梓は悪霊“御霊様”に仕えることによって、不死身の身体をもつ妖怪となって蘇ってきたのである。そして静姫の生き血を“御霊様”に捧げるべく、彼女の行方を血まなこになって探していた。静姫は炭焼小屋で親兵衛という若者と出会う。彼に追われた静姫は巡礼姿の二人連れに助けられた。二人は犬山道節、犬村大角と名乗り、一巻の絵巻物を差し出した。それには、約百年前に里見義実が蟇田一族を滅したいきさつ、そして玉梓の呪いからか、義実の息女・伏姫が飼犬・八房に授けられ、懐妊した伏姫の胎内より白気と共に、仁、義、礼、智、忠、信、孝、悌の各字を刻んだ霊玉が八方に飛散したことなどが記されていた。道節と大角はそれぞれの霊玉を静姫に見せ「一刻も早く霊玉を持つ他の六人を探し出し、静姫を奉じ素藤らと戦わねばならない」と説く。最初はそんな話を信じなかった静姫だが、一人、また一人と犬士が集まってくるうち、犬士達と共に戦うことを決意した。なおも残る犬士を探す旅が続くなか、突然、けもの罠にかかり静姫がさらわれた。犯人は静姫を城に連れてきた者は侍にしてやる、という素藤のおふれに野望を燃やす親兵衛だった。彼は静姫を素藤のもとへ連れていこうとするが、素藤の支配下となった安房国の荒廃と黒騎馬侍の人を人とも思わぬ殺戮を見て心の中に変化が起き始めた。そして、黒騎馬侍達に静姫が発見された時、親兵衛は彼女をかばい、二人は鐘乳洞に逃げ込んだ。そこには、新たに同志を加えた道節らがいた。親兵衛の心の善を信じはじめた静姫だったが、二人はここで別れなければならなかった。犬士達に放りだされた親兵衛は黒騎馬達に捕まり城に連れさられる。彼はそこで、腕にある赤いアザから玉梓の子の転生であるということを知らされた。そして“御霊様”に仕える司祭・幻人によって悪の化身とされてしまう。その時、素藤配下の侍大将・現八に変化が起きる。彼は仲間を倒し、気を失っている親兵衛を連れて城を脱出した。懐にはいつしか光る霊玉がありそれに導かれるように静姫のいる洞に着いた現八は、七人目の犬士として迎えられる。その時、親兵衛が目を覚まし、いきなり静姫に襲いかかった。姫を守ろうとする犬士達に「刀を引きなさい」と、静姫が命じた。静姫は心で親兵衛に対峙しようとしたのだ。その瞬間、白い閃光が親兵衛を一撃し、彼の身体は静姫の前に崩れ落ちた。新兵衛が再び眼を覚すと腕のアザが消えており、二人の間には光り輝く霊玉があった。喜びに満ちあふれる二人は愛し合う。が、突如、大蛇があらわれ、静姫を巻き玉梓の笑い声を残して消え去った。集結した八犬士のもとに伏姫の「この矢を“御霊様”に向って静姫に引かせなさい」という声が響いた。そして彼らは姫を救い出し“悪”を滅すために館山城に向った。一人、一人合い討ちながらも素藤一味を倒していく犬士達。だが、素藤、玉梓、静姫のいる大広間にたどりついたのは、親兵衛と道節のみだった。道節は自ら追手の盾となり、親兵衛は静姫のもとへ飛んだ。そして縛めをとかれた静姫は“御霊様”に向って矢を放った。玉梓らはミイラと化し、城は崩れ落ちた。親兵衛は静姫を叔父の城へと送り届け、二人に別れの時がきた。親兵衛は静姫を想いながら七犬士達の墓を祭っていると馬に乗った静姫がやってきた。
※映画『里見八犬伝(1983) 』はU-NEXT(ユーネクスト)【(31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
1983年公開の深作欣二監督の角川映画。鎌田敏夫の『新・里見八犬伝』を映画化した作品だそうです。しかし薬師丸ひろ子も真田広之もやっぱ若い。千葉真一も相変わらずかっこいいね。千葉さんってこの当時の角川映画に全部出てるんじゃないかな。闇の軍団の玉梓を演じた夏木マリさんも妖艶でエロくていいね。役にぴったり。なにげに岡田奈々さんもでてる。この時代の映画って「へぇーこんな人もでてたんだ」って発見があってそれだけで楽しめる。声だけで松坂慶子さんも出演してました。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】妖艶な夏木マリがエロすぎ!映画『里見八犬伝 (1983)』薬師丸ひろ子、真田広之、岡田奈々、千葉真一、京本政樹の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説仁義なき戦いで有名な HIKAKIN こと深作欣二監督の作品迫力ある戦闘や特撮のシーンなのそれまでの時代劇ではない斬新なアイデアを取り込んだ大型エンターテインメント先です公開された年の配給収入では邦画ナンバーワンの大ヒットそれではいってみましょうその昔疋田家の漁師は嫁いできた玉梓の色香に迷い酒池肉林の日々を送っていた玉梓の暴虐でシンクに喘ぐ領民のため里見義実が立ち上がり家来と共に疋田家の城に攻め込んで漁師と玉章を成敗する玉章は最後に呪いの言葉を残した己義実さとみ教師子孫呪ってやるぞその玉梓の呪いなのかまもなく里見家は隣国の軍勢に囲まれて落城の危機に瀕する力尽きたよすだれは飼い犬のやつふさに液晶の首を討ち取ってくれば娘の伏姫お嫁に使わすと戯れ言を投げかけたそのよう八房は見事に敵将の首を討ち取ってくるそして戦に勝利した後君主の言葉に嘘があってはならぬと伏姫が自ら八房と一緒にしろおさる伏姫を取り戻そうと義実の鉄砲隊が発砲すると八房を変わった伏姫が打たれてしまったその時やつも光る玉が伏姫の体から飛び散った伏姫は最後にこう言い残す悲しむことはありません100年後この光の玉は8人の刑事となって蘇りさとみの姫を封じて玉梓の呪いに打ち勝つでしょそして100年後妖怪として蘇った玉梓と本富士がさとみ家を責め滅ぼす討ち取った首を見てたまずさな気がついたひとつ足らぬ里見家の一人娘静姫の首が玉梓の息子である元フジが言う蘇った私の顔を元に戻すにはしず姫顔の皮が必要だただ一人お家のび太さとみけど静姫百姓に扮して山中に潜むだの星崩れの犬江親兵衛に捕まってしまうそこに山伏姿の二人が現れて鈴姫を助けたふたりは犬山道節と犬山大学と名乗った道雪は100年前に起きたさとみけど玉梓の話を聞かせるそしてその玉梓と本富士がよみがえりさとみ家を襲ったこと静姫を守るため光る玉を持つ剣士が8人で我々がその8人の中の二人であることを語った道雪のたまには中部大学のたまには木という文字が浮かぶ話は変わってとあるお代官様と美しい娘の婚礼の席この娘は大寒との結婚を今でも嫌がっているなぜならばずっと前から義理の兄である犬塚しのを愛しているからだこの祝いの席に突然現れた資格この資格は犬阪毛野という人に頼まれての悪代官暗殺であった悪代官の首を取り手際よく去っていくキャノン私は神様が好き混乱の最中娘が親戚縁者の前で本心を吐露すると怒った親戚によって切り捨てられてしまうその亡骸が忽然と消えしのが亡骸を探していると目の前に光る玉が現れたその光るたまにはこうという文字が浮かぶ悪代官は暗殺し逃げていたけどの前にタマズサの手下である洋之助が現れる運命の悪戯なのか二人にはひかれあうものがあったその時突如として光出すたまに驚く陽之助この魂は目の前のものができであれば光るその光る玉に浮かぶのは鈴という文字身の危険を感じたけどは急いで走り去るその頃静火ではどうせつと体格に守られて久しぶりの休息 そこに玉梓の手下であるフナムシという老婆が現れたフナムシは自分の顔の肉を剥ぎ巨大なムカデとなって静姫を襲う同接と大学大ムカデと戦っていると光る魂に導かれた詩の時のが加勢する四人が持つ四つの光る玉がムカデを苦しめて溶かしたのであったここに四輪の原子が集まった妹が殺されたのは気のせいだ死ぬは仲間に入ることを拒むが里見家とのつながりと宿命を感じ行動を共にするのであった徐々に集まってきた聖なる光の玉の力は玉章の体を蝕むが家の池に入ってなんとか若さと美貌を保ち早くさとみ家を根絶やしにせねばと誓うのであった静姫たちが残り四人の懸賞を探す旅を続けていたところ獣鳥の罠にかかってしまう子好きね犯人は心霊であった静姫をお城に連れて行けば褒美がもらえるというお達しが出ていたのだ城に向かう途中に襲われた村を通る里見の姫をかくまった容疑で村人全員が殺されたらしいそこに近寄ってきた木場たい主婦姫を連れて洞窟の中に逃げ込む神殿洞窟の中で別れた四人の剣士と交流するもともとこの洞窟に住んでいた二人もまた光る玉を持っていた体の魂を持つ犬田小文吾と子の魂を持つ犬川荘助であった光る玉を持たない心霊が追い出される時静姫は大切にしていた笛を親米に渡すそして静姫と剣士鹿鳴は旅を続けるその後新兵衛は騎馬隊達に捕まって玉章と元フジの前に連行された玉章は親米に言う私はお前を生んだ母だ本富士はお前の兄この字が何よりの証拠私の胸と本富士の左手にも同じ字がある100年前お前は赤子の時に私たちと一緒にこの城で焼き殺された今のお前は私の運命を背負って転生した姿だ新明和邪念を払おうと静姫からもらった笛を吹く苦しみ出す玉梓この笛は静姫の祖先伏姫が持っていた笛であった元フジが心霊を後ろから切り倒すそして心霊は妖怪の一族としてふさわしくなるような手術を受けていただき騎馬隊のサムライ大将が乱入してきてしんべえを担ぎ城を脱出するそして静姫達がいる洞窟へとやってきた魂に導かれてここまで来たそういう男の名は犬甲斐犬たち光るたまには神の文字が浮かぶ1人目の剣士であった心霊が白で笛を吹いた時聞いていた現八の心を呼び覚ましたのである目を覚ました心霊がいきなり静姫に襲いかかったお前に会いたいと思っていた静姫が叫ぶと白い閃光が心霊を一撃その衝撃でスズキ目の前に心霊が落ちてくる心霊が生きていることを確認すると抱きついて喜ぶ4月に出会った気を利かせて洞窟を出ていく剣士たち心霊が再び目を覚ますと右手首のあざが消え二人の間には光り輝く玉が現れる神の文字人それは人を愛する心愛し合う新兵衛と静姫すると突然大蛇が現れて静姫を巻いて連れ去っていくこれが最後の戦いだ剣士が8人揃った事で目の前に光るゾウが現れこの指輪を静姫に与えよという関根の声が響く静姫しか弾けない夢を持ち妖怪の城へ乗り込む8剣士最初に襲ってきたのは代車であった小分けのに任せて先へ進む この大蛇はよーろすけの化身どこか惹かれ合う二人の戦いは相打ちで寄り添うように二人果てたのであった敵の罠が仕掛けてある箇所は原発が囮となって突破するも源八は行きたいなそして自らの命と引き換えにみんなが先へ進めるようにする小文吾と宗介血の池の部屋までたどり着いたのは四人の剣士とそこに現れたのは槍を構えた女たちその中には昨日の妹もいたこの女たちは8回の手術で血を吐く息を6に変えられていた毒の血を浴びて苦しむ偲は女たちを全員倒した後妹と一緒に勝てたのであった先に進むさん剣士であったが途中で大学がやられて自爆する静姫が囚われた大広間までなんとかたどり着いた二人だからこれより敵が増えるように調節は門を守っていきたいな一人でも戦い続ける心霊玉梓の下まで辿り着きなんとか刃を突き刺すが玉章には全く聞いていなかった襲ってくるもとふじもとふじは先祖の指で顔を切られるとミイラ化して朽ち果てたのであったよしこの指で全てを終わらせる狙いを定める4月で放たれた矢は見事に玉梓を貫いてたまずさもミイラ化して朽ち果てたのであった崩れていく妖怪の城そしてその城は大爆発を起こし全てが消え去っていくのであったこうして新明和静姫をしず姫の文字の城へと届けるもう俺の役目は終わりました行ってくださいあなたはもう誰か一人のものではないその新兵衛の決心を聞いて迎えられて行く室姫白に入ると静姫の家に生き抜いてきたことを褒められるがどうしても話は上の空そしてとうとう堪えきれずせんべいと大きく叫ぶのであった姫と別れた心霊が1ケースの中を祀っているところへ静姫が駆けつけてもう白いは戻らんという躊躇する親米だったが行く野田市心霊姫と共に行けない刑事の声に激励され共に生きていく決意をする走り出す二人この後も二人は手を取り合って生きていくいかがでしたかぜひ本作の感想や思い出などコメント欄で語り合いませんかまたみんなと語り合いたい映画のリクエストなどコメントいただけると助かりますそれではまた次の掘り出し無理で
おすすめの記事
昭和のグリコ森永事件を題材にした映画『罪の声』小栗旬、星野源、松重豊、古舘寛治、宇野祥平、篠原ゆき子、原菜乃華、阿部亮平、尾上寛之、川口覚、阿部純子、市川実日子、火野正平、宇崎竜童、梶芽衣子の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
昭和のグリコ森永事件を題材にした映画『罪の声』小栗旬、星野源、松重豊、古舘寛治、宇野祥平、篠原ゆき子、原菜乃華、阿部亮平、尾上寛之、川口覚、阿部純子、市川実日子、火野正平、宇崎竜童、梶芽衣子の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 罪の声かつて日本を震撼(...