どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

戦国自衛隊

伊庭三尉率いる自衛隊一個小隊は演習地に向かう途中の海岸で、奇妙な閃光に包まれる。気がつくとそこは400年前の戦国時代だった。伊庭たちは戦車、ヘリコプター、装甲車などの近代兵器もろともタイムスリップしてしまったのだ。そんな彼らの前に、武田信玄と戦うために川中島へ向かっていた戦国武将・長尾景虎が現れた。戦国時代にタイムスリップした自衛隊一個小隊を描いた半村良のSF小説を映画化した角川作品。[あらすじ]伊庭三尉を隊長とする二十一名の自衛隊員は、日本海側で行なわれる大演習に参加するために目的地に向かっているとき“時空連続体の歪み”によって四百年前の戦国時代にタイム・スリップしてしまった。東海には織田信長が勢力を伸ばし、上杉、武田、浅井、朝倉らが覇を競いあい、京へ出て天下を取ろうと機をうかがっていた時代。成行きから彼等は、のちの上杉謙信となる長尾平三景虎に加担することになり、近代兵器の威力で勝利をもたらした。戦いの中で、伊庭と景虎は心が通じあうなにかを感ずる。隊員のひとり菊池は、恋人和子と駈け落ちすることになっていたが戦国時代にスリップ、和子は約束の地で菊池を待ち続けた。三村は農家の娘みわに出会い、恋に落ちていく。そんな中で、矢野は、自分たちだけで天下を取ろうと、加納や島田を誘って反逆を起こし、魚村を襲い、手あたりしだいに女を犯すが、伊庭たちの銃撃のはてに殺される。近代兵器を味方につけた景虎は、主君小泉越後守の卑怯さに我慢がならず、春日山城で斬り殺し、天守閣からヘリコプターにぶら下がって脱出する。そして戦車が春日山城を陥落させた。その勢いで景虎と伊庭は京へ攻め上がろうとする。景虎は浅井・朝倉の連合軍と戦い、伊庭は川中島で武田信玄と戦闘をまじえることになった。「歴史がなんだっていうんだ。俺たちが歴史を書きかえるんだ」と、自衛隊員と二万人の戦いが始まった。戦車、ジープ、ヘリを駆使しての互角の勝負、そして目指す武田信玄の首を取ることにも成功するが、その激しい戦いの中で、伊庭たち隊員も死んでいった。隊員の中で生き残ったのは、農夫となってその時代に生きようと決意した根本だけであった。
※映画『戦国自衛隊』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
1979年の作品。自衛隊がタイムスリップして戦国時代にいっちゃうというストーリー。タイムスリップするときの映像はなんだこれって感じだし、突っ込みどころ満載で昭和の映画って感じだけど、けっこうスケールでかいしお金かけてるよね。この時代の大作映画ってなんかいいよね。角川映画全盛だったのかな。いまならクレーム殺到してコンプラ的に無理だろうなっていうシーンもあって。しかし千葉真一も渡瀬恒彦もかっこいいね。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】タイムスリップした自衛隊!映画『戦国自衛隊』千葉真一、夏八木勲、渡瀬恒彦、にしきのあきら、三浦洋一、かまやつひろしの感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説戦国自衛隊この映画も日本映画史に残る超大作の人ですしかし自衛隊の焼き方やタイムスリップした理由が分かりづらいという意見もあるようですそこで今回の動画ではその点をマイルドにかつ分かりやすく説明してみました詳しくは本店をレンタルしてご鑑賞くださいねそれではてみましょう演習地である新潟県へ深夜に移動していた自衛隊いつもと違って不気味に見える金星そして5時18分で止まった腕時計不穏な空気が漂う早朝であった指定の補給ちえ軍用トラックに装甲車戦車やヘリコプターが集合し始める第54普通科連隊を指揮する岩井良明そして今と確執のある宿突然騒ぎ出す緑たち立ち込める暗雲で辺りが暗くなってきたと同時に幻想的な風景幻影が自衛隊を襲う気を失っていたのか気がつくと周りは真っ暗であった腕時計を見ると5時18分なぜかまた日の出が辺りを照らしダスト集合場所である補給家には間違いないようだが先ほどまで見えていた発電所が消えているさらに場所に間違いがなければもっと多くの舞台が集合しているはずだ今ここにいるのは陸上自衛官と海上自衛官の21名そこに突然放たれた矢が降り注ぐ戸惑っている彼らの目の前にどこかの武将率いる軍勢が現れたメールするまで絶対に移ら全員に命令する今長尾平三景虎とモスそう名乗る景虎後の上杉謙信である景虎は自ら自衛隊に近づき似た匂いを感じたからかぼそりと言った同族じゃ見慣れない服装や武器にひかれた景虎はイバたちを仲間にしたいと考える景虎達が引き上げていったあとタイムスリップした現実を受け入れられない自衛隊員達そこに景虎と敵対する軍勢が現れて大量の家追いかけてきたこの襲撃で2等陸士がふたり命を落としてしまう威嚇射撃するにはすると敵側にも鉄砲隊が現れた仕方なく機関銃を乱射しながらえばと矢野は敵陣へ乗り込む迫撃砲の狙いを定め敵陣の守りを吹き飛ばすそこに景虎の軍勢が現れたを味方嬉しゅうござる景虎は敵陣に入り敵将の首を取り時の声が上がる戦国時代の凄まじさを感じたり自衛隊員であった今日二人の対応を失った戦わなければこちらが全滅していたかもしれないんだ悩む退院等我々がこの時代に介入すれば歴史が狂うことになるしかし自然界には我々の理解を超えた復元力があるはずなんだが歴史は俺たちに何をさせようとしているのか自分にそう問いかけてみる今出会ったそのよう爆発の威力で現代へ戻ろうとした一等海上宿がナイフを投げつけ止める足ではなく急所を狙って即死させたのは大爆発を確実に起こさせないようにするためだったと言うやろであった翌朝景虎の主君である小泉越後守の死者から空を飛ぶ鉄の船地を走る鉄の箱を持って来いその命があるが今は丁重に断ったその時景虎は死者を切り小泉越後守は腑抜けだと言い放ったそして景虎は一緒に天下を取ろうとイヴァンを誘ういつしか二人の間には友情が芽生えていた他の隊員たちも近隣の村人たちとの交流が始まっていた仲良くなった少年の家族と付き合いを始める そして村の娘と恋に落ちる一等陸士そんな中二人の一等陸士が脱走を図るタイムスリップを信じられない菊池は女と駆け落ちするつもりだった約束の場所へ行こうと脱走したのだ和子待っててくれよしかしいつのまにか武装した武者たちに囲まれていたお前には女が待っている先に行け菊池を助けようとした西沢は武者の一人と相打ちとなり行きたいたのであったそのような中に歯を憎んでいたやろは弟分に姉を連れて紹介体に乗り込み調整していた3等海尉を指すそしてショー回転を基地として海辺の村を襲い役立つを始めたのであった今は正回転を追跡したいに戻るようにあのー説得するが家のは説得を拒み戦えと挑発する今は不本意ではあったがやのに同行した二人を狙撃そして家のも葬った今回家のが殺した2名を合わせて5名の隊員を失った景虎と天下を取ることで歴史が変わり現代に戻れると考えた一羽はその目的のため教育と部下に接見した現代に戻れるのであればと賛同する隊員たち俺は残ります一人だけ反対する体内だこの時代に守りたい家族ができたのであったこの隊員とはここで別れ10名で今日へ向かう自衛隊景虎は越後から西へ進み浅井朝倉連合を岩立自衛隊は南へ進み信濃の川中島で武田信玄をそれぞれ打ち破って今日で合流する約束であった途中で脱走し山をさまよっていた菊池が合流するこれで武田軍と戦う自衛隊は11名となった早朝の川中島緊張する自衛隊今迫撃砲によって川中島の戦いが始まった近代兵器による圧倒的な攻撃力で投手は戦を優位に進めるが空を飛ぶ鉄の船地を走る鉄の箱の情報を得ていた武田軍はそれに対処するための戦術を駆使して奮闘する戦車は人海戦術で動きを封じられ装甲車は落とし穴にはまって自走不能となる木場達は武田軍に包囲されたそこにヘリコプターが救出に来るが低空ホバリングの際に忍び込んできた武田信玄の息子武田勝頼により二人の搭乗員を殺害されて墜落してしまうヘリを失い弾薬も残りわずかふりに傾きつつある戦況の中隊員が一人やられてしまう今は一気に決着をつけるべく敵の上手い弓と矢を拾って武田信玄がいる本陣へと短期でセルコムそんな中駆け落ちして幸せになるはずだった菊池は愛おしいかずこにあう夢を打ち砕かれて息絶えたのであった仲間とはぐれひとりで戦っていた3等陸曹は子供のような部署と鉢合わせ躊躇した瞬間槍で一突きされるまだ子供じゃないか打ち返した後静かに息を引き取ったなんとか信玄のゆ本陣へ辿り着いたりは信玄との一騎打ちの末信玄を討ち取った川中島の戦いは自衛隊の勝利となったしかしこの戦いの被害は甚大であった縁と車両をしない戦車の燃料も綺麗生き残った6名は歩いて京を目指す強力は景虎が待っている俺たちが天下を取るんだぞそれは必死に自分に言い聞かせているようでもあった先行して今日で入っていた景虎本願寺光佐足利義昭及び細川藤孝との密談中自衛隊が信玄との戦で近代兵器を失い 満身創痍であれ寺に辿り着いたとの報告を受ける本願寺光佐は高笑いした後今なら簡単に倒せる今たちの抹殺を細川に命令した待ってくれ藤高どろ景虎が細川を止める景虎時の流れに逆らう人間を許すわけにはいかぬいバよしあきに見方をすればゴルフ子はこの世にないぞその話を陰で聞いてほくそ笑む摂政関白の苦情吉高岩戸の友情一緒に天下を取る約束を守りたい景虎であったが時の権力者には太刀打ちできずせめて自らの手でと出陣したのであった荒れた寺尾朝日が照らすそして目の前に現れた軍勢は敵か味方か現れた影虎を見て今は笑顔で近寄ろうとするが指やタイに囲まれただことではないことが分かるその時にふとわかったような気がした歴史は俺たちに何をさせようとしているのか今まで漠然と感じていた違和感この時代にいるはずの織田信長がいないのはなぜだ自然界には我々の理解を超えた復元力があるのもし何らかの原因で信長のいない戦国時代が発生したとしたら自然界が歴史の修正のために我々をタイムスリップさせたのではないかそして我々は信長の役割を演じた天下を取ることを目指して志半ばで討ち取られてしまう訳だいばが撃たれると同時に一斉に放たれないや隊員たちは全員即死した愛する人を失ったがきっと意味のある人生だったんだ井端戦国自衛隊員は景虎によって丁重に伴われるそして火を放たれたほんのに燃え盛る炎に包まれていくのであったいかがでしたかぜひ本作の感想や思い出などコメント欄で語り合いませんかまたみんなと語り合いたい映画のリクエストなどコメントいただけると助かりますそれではまた次の掘り出し無理で
おすすめの記事