どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

野生の証明

国家権力によって比類ない殺人技術を叩きこまれた男が、一人少女のなかに、自らの人間性の回復を託そうとする男の姿を描く森村誠一原作の映画化。角川映画第三弾。脚本は「日本の首領 完結篇」の高田宏治、監督は「人間の証明 Proof of the Man」の佐藤純彌、撮影は「順子わななく」の姫田真佐久がそれぞれ担当。[あらすじ]一九八〇年。過激派の人質となった米国大使を自衛隊特殊工作隊が救った。味沢岳史はその中でも抜きん出た優秀な隊員だった。味沢が東北山中の単独踏破訓練中、飢えと疲労の極限で、越智美佐子に出会った。彼女は獣のような味沢の惨状を見て、救助を求めて集落へおりて行った。その時、大量虐殺事件が発生した。五戸十二名が惨殺され、その中には彼女の死体もあった。駈けつけた北野刑事は、ハイキング中に凶行の巻添えにあったと断定した。集落唯一の生存者は、十三歳になる長井頼子という少女だけだったが、彼女は恐怖のあまり記憶喪失になっており、「青い服を着た男の人……」と呟くだけだった。月日が流れた。味沢は、事件後、除隊して羽代市で保険外交員をしていた。そして、記憶を失った少女、長井頼子を養女にして暮らしていた。羽代新報の記者、越智朋子は交通事故の現場にいた。沼底から引き上げた車の中に同僚の立山の死体があった。警察はホステスの明美と同乗していた立川の酒酔運転による事故として処理した。明美の死体は見つからなかった。朋子は事故とは思わなかった。この羽代市は大場総業会長大場一成に支配されており、立川はその不正を暴露するメモを持っていたからである。明美には六千万円の保険がかけられており、味沢はその夫、井崎と一週間前に保険の契約を済したばかりだった。井崎は大場の忠臣と言われる中戸組の幹部であった。事故現場で越智朋子を見た味沢はショックを受けた。彼女は美佐子に瓜二つの妹だった。保険金の支払いの責任を負わされた味沢は事件の調査を始めた。数日後、味沢は暴走族に襲われていた朋子を救い、二人の仲は接近する。暴走族のボスは大場の長男、成明である。警察に保存されていた事故車から提防のコンクリート片を見つけた味沢は、中戸組の提防工事現場で明美の死体を見つける。しかし明美の死体発見も、大場の圧力で井崎の単独犯行となった。一方、北野刑事は、大量殺人の犯人は軟腐病に犯され狂った頼子の父の犯行との結論に納得せず、必要に味沢を追った。その頃、不思議な予知能力を発揮し始めた頼子を専門医に診せたところ、その底に潜むものが、自分への憎しみであることを知らされた味沢は、来るべき時が来たのを感じ、頼子を事件のあった村に連れて行った。頼子は少しずつ記憶を取り戻したが、自分の家の前に来ると激しく拒絶反応を示した。その夜、味沢は朋子にすべてを語った。都落にたどりついた時、美佐子の死体を見て逆上した味沢は、自分の娘を殺そうとしている長井孫市を反射的に殺してしまったのだ。ある晩、「姉ちゃんが殺される」と頼子が予知して叫んだ。そして朋子の部屋に駈けつけると、そこには彼女の暴行された末に殺された無惨な姿があった。そして町を出ようとした味沢と頼子に大場の部下が襲いかかった。超人的な力で相手を倒す味沢を見て頼子は「お父さんを殺したのはこの人!」と叫んだ。その時、味沢の手首に手錠が食い込んだ。北野刑事だ。北野は二人を護送すべく、車で出発すると、味沢を監視していた特殊自衛隊員・渡会が立ちはだかった。三人を自衛隊の演習にまぎれて消そうとする計画だった。凄絶な死闘が繰り返され、頼子は味沢の胸の中で「……お父さん」といって息たえた。北野刑事は狂ったようにトラックを戦車に走らせ、自爆した。味沢は頼子を背負って、戦車の群に向かって進むのだった……。
※映画『野生の証明』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
1978年公開の薬師丸ひろ子のデビュー作。森村誠一の小説を映画化したもの。長いし(2時間半ぐらいある)、ストーリー的にも正直いってそんなに面白くなかったけど、出演している人を観るだけでもこの映画は価値ありますね。当時13歳の薬師丸ひろ子さんもめっちゃキュートで可愛い。いまも素敵ですけどね。ほかにも高倉健、中野良子、夏八木勲、三國連太郎、舘ひろし、田村高廣、松方弘樹、丹波哲郎とまさに昭和の大スター勢ぞろいで超豪華。本物の戦車もでてくるし、製作費いくらかかったんだろう。もととれたのかなとか心配してしまうほどです。最初の自衛隊の訓練シーンから気合入ってるなあという映画でした。ラストの戦車や戦闘シーンも見ごたえあった。しかし当たり前だけど松方さんも健さんも若いなあ。主題歌の「戦士の休息」もいい歌だね。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】薬師丸ひろ子の衝撃デビュー作!映画『野生の証明』高倉健、薬師丸ひろ子、中野良子の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説野生の証明なかなかぶっ飛んだストーリー展開に突っ込みどころが満載なのですが画面から濃厚に漂う昭和のパワーに圧倒され最後まで目が離せない作品です薬師丸ひろ子のデビュー作としても有名それではいってみましょう1980年の5月在日アメリカ大使とその家族を人質にとり反政府ゲリラが立てこもり事件を起こした そこで政府は超法規的措置として特殊工作隊を出動させる特殊工作隊は現場を吸収し一斉に犯人全容射殺この現場を素早く立ち去ったこの皆川率いる特殊工作隊は陸上自衛隊の中で極秘裏に編成された精鋭部隊であったこの部隊の訓練は想像を絶する厳しさで訓練中に気が狂う体位が出てくるほどであった食料を持たず目的地までたどり着くという山岳行動訓練で東北の山中に降下する有沢剛その30で有沢はとある事件に巻き込まれることとなったそれは山中にある小さな集落で起こった大量殺人事件ほとんどのソンミンと通りかかった旅行者が殺されるという事件であった唯一生き残ったのが長い順子という少女一部始終を見ていた順子は恐怖のあまり記憶喪失になっていた1年後東北地方にある橋大場グループ 大物である大葉の祝賀会には陸上自衛隊の陸上が参加するほどの人脈があり当然恥の視聴は大場に頭が上がらないそんな上級国民おに好き放題に生きる大場なるあき末っ子ではあるが長男で跡取りとして 社会人になっても暴走族のリーダーとして暴走行為を繰り返していたある夜一人の女性が暴走族にからまれて その暴力団幹部はまだ妻の遺体は見つかっていないがダムに沈んだとの警察見解が出ているので早く保険金を支払えと凄むがありさわはまだ調査が必要だと一歩も譲らなかったこのダム転落事件を智子持っていた車の助手席で溺死した恥の進歩の同僚は大場一族の事件がらみによる不正をともこと一緒に暴こうとしていたのだ木の葉印は4倍中6の独裁帝国警察も大場一族のいい形であった翌日有沢は頼子と一緒に買い物をして家に帰ろうとしていたところ突然トラックを指さしたのトラックが強いお父さんを殺すと言い出す順子同時に有沢をめがけ突っ込んでくるトラックより子の直感にで命拾いをしたアリサは出会ったその夜有沢は智子の家を訪ね河川敷の堤防を掘り起こす相談であったともこは河川敷工事の図面と工事進捗表を持っていた智子の父が恥の市長選挙に出る候補した2年前アルバムに両親が乗った車が転落し行方不明になっていた あの河川敷に埋められたのではないかと先日溺死体で発見された同僚と調査していたのだ有沢とともこは気づかれにくい豪雨の日の深夜に掘り起こし作業を開始する智子の同僚の 車がダムに洗濯した日その日に工事した部分を掘り起こすと運転していたホステスと思われる遺体を発見その時地元暴力団員が集まってきた川の水を満たしただけ次智子の顔を突っ込ませるくにたちをあげさわが殴り弾頭が始まったそこに味沢をマークしていた北の刑事も駆けつけ手助けをするさすがにこの時代は警察やマスコミも放置することはできないだろうこれで アパグループの悪事を白日のもとに晒すことができるはずだ自分の息子もここに埋められているはずなの河川敷に住む老婆が叫ぶ 大場グループの犠牲者はいったい何人いるのかしかしうやむやの記者会見が行われただけで何も変わることはなかった大葉の圧力によって保険会社を解雇される有様義憤にかられた智子は大場グループの実態を暴いた記事を新聞に掲載するしかし新聞の印刷工場にもいた大場グループプロテストに発見され各家庭に投函される前に全て処分されただけでなく記事を書いた倫子はオーバル 息子が率いる暴走族に襲われて殺された色危険を感じた有沢は良い子を連れて親戚の家逃げようとするがオーバルて下に捕まってしまうなぜ急に逃げた時区大場私がハジロに住み着いたのはある人を影ながら守るためでしたそれが果たせなくなった今少しでも遠くへ離れたい気持ちなのです1年前あの山岳行動訓練の時山道に出て倒れた有沢を通りがかったと思うこの姉が助けようと近くの集落に人を呼びに行ったことであの事件に巻き込まれたその夢をずっと感じている有様であったのだあの事件の犯人はよりこの時期だった病気で精神に異常をきたし村人を手を娘の目の前で父の同点を 恐怖に記憶を失い身寄りがなくなったよりこ味沢が自衛隊を止め引き取って育てて 突然順子はオーバル長男を見てあの人がお姉ちゃん殺したと指をさすこの娘ただ者ではないなとオーバル側近が順子を睨みつけるこの日はいったん解放され家に送り返される味沢と頼子オーバル即金は警察に金を渡しありさは親子の抹殺を依頼する日々直観力が鋭くなっていく順子は気づいたお父さん怖いよ何か来るよお父さんを殺しに来るよ突然カジノ刑事が乱入してきて家宅捜索を始めた外茂子殺害の容疑であったしかし何も出てこず娘を裸にしろと言い出す刑事味沢は二人の刑事を倒す拳銃を奪って逃走するそこに大場の長男なる秋率いる暴走族が襲ってくるが返り討ちにして逆になる脇を人質に車を奪った大場グループと一人で戦っていた老婆の民家へ逃げ込むと老婆は首を吊って死んでいた その民家に乱入してくる暴力団員等大葉の側近が雄は母を返してもらう味沢はなる脇を人質にしてその場を逃げ音するが襲いかかってくるくみになり北野刑事がまた味沢お助けに行ってきた日本刀や拳銃を取り出した相手を近くにあった手斧で倒していく有様 頼子はあの時の記憶を取り戻し味沢が自分の父を殺した男だと気づく呆然とする有沢をあの集落事件の犯人として計上をかける北集落事件を管轄する警察署へ連行しようと端同士を出ようとするが初めてのケージに車を停められて大場なる脇を殺した犯人を渡せと迫られる後ろからトラック 自動車の掲示板突然トラックの運転手に撃たれたそのトラック運転手は保険会社のあじさわの部下だった男正体は自衛隊の特殊工作隊員で除隊した有沢の癇癪であったトラックの荷台 付近にある自衛隊の演習地では大規模な編集が行われたちなみに本作でも自衛隊の描写が民間人の謀殺を辞さない組織として描かれていたため自衛隊の協力は一切寝られず原作にはないこの迫力あるシーンを通しても映画に盛り込みたかった角川春樹氏はカリフォルニア州の陸軍周平が訓練する施設を借りてアメリカ陸軍の兵器を自衛隊仕様に塗り替え撮影したそうですさて有沢達は遠州家の近くにある作業小屋に監禁されるが工作員の隙を見てこの地区から脱出しようとした時連絡口で駆けつけた特殊工作隊22年が迫ってくる指揮官は味沢の元上官平瓦まず作業小屋に近づいてきた工作隊小屋の中にあったダイナマイトで吹き飛ばし残りの工作退位を山中で一人ずつ倒す戦法だ追跡してくる工作隊員たちと繰り広げられる激しい戦闘で順子が左肩を 味沢が順子を担ごうとするより強い父を殺した有沢を避ける夜になり自衛隊のトラックを盗もうとしたとき北もう食べてしまった3人は盗んだトラックで山を降りようとするが行き止まりトカゲに突き当たる品詞の北野田運転おかわり味沢に死ぬなよと言って 痛戦車に体当たりをして自爆したよがあけて見つけたトロッコで山を下っていたところ皆川が乗ったヘリ 稲川ヘリから味沢たちに向けて乱射する運良く被弾することはなくトロッコはトンネルに入るそしてトンネルから出る直前で味沢はトロッコを止めたよいこよく聞いてくれこのレバーを押せば進ん引けば止まるヘリの音が止まったら行けそう言って走り出す味沢父を殺したのは私を救うため あじさわは残った弾丸を拳銃の弾倉に込める押し寄せる戦車と歩兵部隊味沢は頼子の亡骸を背負い単身で突撃していくのであった またみんなと語り合いたい映画のリクエストなのコメントいただけると助かりますそれではまた次の掘り出し無理で
おすすめの記事
ヤマシタトモコのコミックを実写化!映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、滝藤賢一の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
ヤマシタトモコのコミックを実写化!映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見、筒井道隆、滝藤賢一の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 さんかく窓の外側は夜漫画...