どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

野獣死すべし(1980)

戦地を渡り歩いた通信社の元カメラマンが、翻訳の仕事に身を隠しながら、一匹の野獣となって、管理社会の安穏とした生活に犯罪で挑む姿を描く。原作は大藪春彦の同名の小説で、昭和三十四年に白坂依志夫脚本、須川栄三監督、仲代達矢主演で一度映画化されている。脚本は「翔んだカップル」の丸山昇一、監督は「薔薇の標的(1980)」の村川透、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当。[あらすじ]ある夜、警視庁捜査一課の岡田警部補が殺害され、拳銃が奪われた。数日後、秘密賭博場が襲われ、暴力団三人が射殺され、テラ銭三千万円が奪われた。使われた拳銃は奪われたものだった。伊達邦彦は、通信社のカメラマンとして、アンゴラ、レバノン、ウガンダなど血と硝煙の戦場を渡り歩き、帰国して退社した今、翻訳の仕事をしている。戦場でめざめた野獣の血、巧みな射撃術、冷徹無比な頭脳の持ち主だ。岡田警部補の部下だった柏木は、執念深く事件を追い、長身、ガッチリとし体の男という容疑者像を割り出した。そして、伊達の尾行を始める。柏木の尾行をよそに、伊達はコンサート会場で華田令子に接近したり、優雅な日々を送っている。暫くして、伊達は次の行動に移った。高級宝石店の店員を支払いをするからと銀行に呼び出した。店員が預金カウンターに近づくと、伊達は係の男に、前にいる男に金を渡せと電話をした。係員の防犯の合言葉で、何も知らない宝石店の男は、組み伏せられ、一分三十秒後にパトカーが到着した。これは銀行の防犯体勢を調べる伊達の実験だ。大学の同窓会に出席した伊達は、そこで、自分と同じ野獣の血を感じた真田と出会い、彼を仲間に入れる。伊豆山中での拳銃の練習。真田はアッという間に腕を上げた。同行した恋人、雪絵が邪魔になった真田は、伊達に促され動く標的として、彼女に銃口を向けた。銀行襲撃は決行された。巧妙に逃走する伊達と真田。追う柏木。銀行に居合わせた令子も射殺して、伊達は野獣のみちを突き進んでいく……。
※映画『野獣死すべし(1980)』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
大藪春彦の同名小説を松田優作主演で村川透監督が撮ったという1980年の映画。なんか子供の頃テレビかなにかで観たような気がするけどそのときは「こわっ、こんなの子供は観ちゃいけないよな」って思った記憶がある(笑)あらためてまた観たけど面白いですね。当時はオタクとかサイコパスって言葉あったかわからないけど、優作さん見事に演じてますね。クラシック好きのサイコパス。脇役も超濃い。室田日出男、鹿賀丈史、岩城滉一、泉谷しげる、風間杜夫などなど。しかし小林麻美さんきれいですね。ちなみに映画に使われているクラシックの曲はすべて「ショパン」なんだそうです。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】はいどうもみなさんこんにちはいくらですかですねあの映画はね最近映画見に行こうと思ってあの映画館行ったんですけれどももう聞き込みしてましてもうあの本当はのハッピーデスデイっていう音ホラー映画を見に行く予定やったんですけどそれももう完売ということで仕方なくですねプランビー前は作らんでいいということで今日はですねあのまた名作紹介ということでねあの若い人が若い人がま結構この動画見てる方は買い方多いと思うんですけれども是非ねおっちゃんからねあの若い方にあの推薦したいと言うか見てほしい映画をねちょっと取り上げたいと思いますのでね今日はですねそんな訳ではのこの野獣死すべし松田優作さん主演のですね1980年の角川映画なんですけれどもこちらの方でも簡単にちょっと紹介したいと思いますはいで松田優作さんといえば皆さんはねあの若い人はねあんまりご存知ないかもしれないんですけれども1990年ぐらいかな90年ぐらいにも40歳の若さで亡くなってまして伝説的な俳優さんなんですけれどもと息子さんね前の松田龍平さんと松田翔太さんがね皆さんご存知のように今活躍されてますけれども僕らの音アラフィフ世代にとってはもうほんまに松田優作さんってのもほんとすごいですねもう神様なとにかくねあのカリスマ的というかもう凄い影響力がある俳優さんでもみんな憧れましたね特にその松田優作関さんが若い頃やってたの太陽の声の音ジーパン刑事とかにはもうすごい子供の頃見てねもう本当憧れましたけどねまあそんな話はちょっと長くなるんでねもうちょっとサクサクっといきますけれどもこの音野獣死すべしっていう映画はママとか勇作さんが主演されてるんですけどどんな映画かと言うとですねま簡単にいますよ簡単に言うとですね一言で言うとキ***キ***キ***キ***て言葉で本当はまあまあ使ったらダメなんでしょうけどもキ***キ***っていうわけじゃなくてあのそれでも完全なキ***なんですよねまあ今風に言うとサイコパスですね1980年当時はまサイコパスっていう言葉は日本ではそんなにまだ浸透してなかったんですけれども完全なサイコパスででまずこの人がね何をするかというとまあもうええねんなんですけれどもインテリかなりのインテリなんすよねーなんかではっきり出てこないんですけど多分東京東大かなんかちょっとかなり痛い薬も一流大学出て翻訳家の仕事してるんですけどもともとはねあの戦場カメラマンで真夜中口の海外のねあの選手と言うかませんとか紛争地帯とかお***を渡り歩いてきた戦場カメラマンなんですけれども日本に帰ってきては合格合格が堪能ということであの翻訳の仕事してるんですけどねそれなんですけどもあのこの人がですねまた邦彦っていう名前なんですけどもある時ですねあの警察官から拳銃を盗んでですね正之にちょっと寝れそういう事件実際にもありましたけど警察官が拳銃を盗んでそれでですねヤクザがやってるカジノ違法カジノでヤクザ3人ぐらい殺してお金を奪ってですね後で事件を起こすとでさらにですねと鹿賀丈史さんですね鹿賀丈史さんがまこの映画で前が映画はこれが初めてやったらしいんですけど下の出演されるのは鹿賀丈史さんが使うとしてね二人で銀行を襲撃すると銀行襲撃してそこでも柔軟にもねあのコインとか重さとしてて大金を奪って何億円が奪って逃げるっていうそういう話なんですけど何が凄いかって言ったのねこれだけ聞いたらご確認がそのなんか違法カジノを襲撃したりとかねあの銀行を襲撃したりとかそういう悪事と悪事の限りを尽くすだけの映画ちゃうんかっていう風に今聞いてるかと思うかもしれないんですけどちょっとそういう映画じゃなくて実はですね男の主人公の伊達邦彦なんですけれどもお前さっき言ったよねそのあの戦場カメラマンやってて電話も本当に悲惨なも海外の海外の洗浄渡り歩いてるうちに完全に完全にも精神が崩壊してしまってるんですね精神が崩壊してしまっても可能なんですかね になってしまってるんですよもう人に対しても何ですかね感情ってが同情というか同情心というかもう一人の他人に対して全く関心がない人間なんすよこの伊達邦彦っていうのはでは簡単に人を殺してしまうとねどっちかって言ったらお金を払ったりとかするんですけれどもは彼は彼の目的をはっきりは分からないんですけどどうもね人を殺すこと2候補なんて喜びを見出してると言うかただその快諾殺人犯っていうのともまたちょっと違って自分なりの何か独自のなんか哲学みたくの哲学みたいな馬カタログおでんがあるんですけれどもなんかその殺すことお金目的みたいになってしまってるっていう鎌取の恐ろしい人間ですねすごく手間こういうだけ邦子って人物を松田優作さんが命がけでも本当に延期されてると言うか飯酢酢酸当時まだ33そこそこぐらいのねあのまだそれぐらいの年あったんですけれどもこのダテクニヒコを演じるにあたって奥歯をの4本抜いてで体重もだいぶ8キロぐらいから8 kg 減量してでまあそのお芝居してるって言うとなれば命懸けでやってると完全になんて言うんか感情のない場所ところねあのジャケット見たらこうまあこの小林はされたんですけどこのこういう感じの中ハードボイルドヒーローっていう感じなんですけどちょっとちょっと猫のイメージと違って映画の中ではね感情のない青白い顔をしたまああのそういうギャングスター的な感じじゃなくてはほんまにインテリアをじろじろインテリの量的なインテリっていう感じですねキャラクターとしてはまあこういう感じのその子のジャケットにあるかこれで一切感情が死んでしまってるっていうはそういう人間なんですよね僕がなんかこの映画でも何回も見返してるんですけど最近盛り返したんですけど改めてなんかすごいなと思うのはなんか今の時代のなんか犯罪者って言うか今の時代には何年かに一遍になんか玄関に1人ぐらいなんか出てくるじゃないですかなんかなんにも殺したりするようなまさゆきもそういう事件ありましたけど本当になんかそういうそういう事件の犯人像ってのが本当になんかこの伊達邦彦にすごく近くて近くてなんかそのま今の時代の犯罪じゃねなんかその声を経営してるような40年前の映画なんですけれどももう本当に人に対して感情がないので全く高社会性がないっていうかまた人付き合いとか全くしないと彼はまそういう主人公なんですけどでもこの人の趣味ってのがこれで唯一の経路が部屋ん中でクラシック音楽かけてくそのクラシック音楽を聴きながら陶酔するっていうもそれが唯一の趣味なんですけどそれオタク的な性格とかいうのがその今日の上映前はねもちろんオタクって言葉もなかったですけども今の時代のまあそう言うおかしいな人間像にすごいマッチしてるなーって言うな感じがしてたよくなんか40年前にこういう人物像を描けたなーっていうふうになんかを感心しますねはいですねまあそれはともかくとしてこの映画で印象的な場面が二つあってあんまり言ったらね雨面白くないんでちょっとだけいいますけども一個はその銀行襲撃した後に彼が健と松田優作が銀行を剃った後にね別々に逃げていくんですけどま松田優作エンジェルマン伊達邦彦の方が夜行列車に乗って逃げるんですね普通の人の普通の人っていうかまあ普段通りの普段通りの自分のふりをして逃げるんですけど室田日出男さん演じる刑事が追いかけてくると前から目をつけてたんですけれどもね村田英雄さんと慢性期の5両サイド両側に来を向かい合わせに座ってやり取りする場面があってそこがすごいそこがね本当にすごいですねまっすぐな場面なんですけれども村田英雄さんの拳銃を建て方が上手ロシアンルーレットするね場面があるんですけどねそこでそのダテクニヒコがの中の道は尾根リップヴァンウィンクルっていうアメリカの謎の童話お話し始めるんですよその場面は本当にすごいですねその動画の意味ってのが立って乗っていうのちょっとその表してると言うかそういう風な形になってるんですけれどもちょっとちょっとそれもねあのーまぁかなり深い内容と言うか目見て頂いたらわかると思いますけれどもちょっと深い内容になってますねで最後のラストシーンがねあのこれが本当に未だにそのなどと言うか言ってみればまあ言ってみればそのなんか例えばあしたのジョーの一番最初の最後の最終回の場面動画 死んだのかま生きてんのかっていうのがあるじゃないすかそういうなんかローズロースっていう老舗って言うことじゃないけどそれに近いかもしれへんちょっと違うかもしれんけどなんかとにかくね意味がわからないんですけどすごい意味がわかるとすごいラストシーンは出北高校の時に初めて中学か高校の時にテレビ出ないこの野獣死すべしを見て面白かったんですけど本当ラストシーンがそのラストシーンが凄い衝撃的でしたねこんなこんな終わり方映画あるんやと思ってとりあえずその松田優作さんの演技がサイコパス延期っていうのがもう本当にすごいですね今見所この三つちょっとまとめたんですけどもえーとですねまあちょっと付け足しになるんですけどヒロイン一応出てくるよちゃんとしたから知らんですけどヒロインが一応出てきてそれがまあこの小林麻美さんなんですけど小林宇佐美さんも多分若い人全然知らないと思うんですけどねめっちゃ綺麗な人ですねただなんかちょっとなんか若かりしも若い時に引退されてまた最近ちょっと活動されてるみたいですけどすごい綺麗な女優さんなんですけどそれもまああっさりとねママあの映画見ていただいたの分かりますけどねまあその辺もちょっと見どころという小林さんもまあ見所と言うかねぜひこの野獣死すべしまね面白い映画ですね面白い市松田優作さんの凄さがこれ見たら分かりますねママそんなところでねちょっとまあんまりあのこの映画の魅力をそんなに語り尽くせなかったような気もするんですけれどもあの若いかとねあの見てない方は是非配信と金はレンタルとかでぜひ見ていただきたいと思いますというわけで今日はですね野獣死すべしよね紹介させて頂きましたありがとうございました意外でした
おすすめの記事