どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

殺人遊戯(1978)

大型拳銃マグナム44をひっ下げた殺し屋の姿を描く。脚本は播磨幸治と「高校エマニエル 濡れた土曜日」の佐治乾の共同執筆、監督は「最も危険な遊戯」の村川透、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当。[あらすじ]殺し屋、鳴海昌平がマグナム44をひっ下げて東京に帰って来た。五年前、頭山会会長を仕止めた時、目撃者の秘書、美沙子を殺すに忍びず、ほとぼりがさめるまで外国に逃亡していた。鳴海が銀座で舎弟の文太とホステスのツケの取り立てをやっていると、五年前の目撃者、美沙子に会った。彼女は今では一流クラブのママで、暴力団、勝田組組長の愛人でもあった。バックに関西の大組織を控えた愚連隊花井組と抗争中の勝田は鳴海に花井を二千万円で消すように依頼した。依頼を受けた鳴海、今度は花井に二千万円以上だせば勝田を殺ると持ちかけるのであった。そんな時、花井の組員が勝田組の二宮を殺し、恋人の照子を強姦した。怒った鳴海のマグナムが火を吹き、花井は即死した。その時、勝田殺しを花井と契約した鳴海は、尾行者から勝田の居所を聞きだした。しかし、勝田の隠れ家の晴海埠頭の倉庫には縛りあげられて苦しむ文太の姿があった。人質作戦に鳴海はマグナムを捨て、多勢の組員に袋叩きにされた。夜になって、なんとか脱出した傷だらけの二人は、美沙子のマンションに逃げた。美沙子の手当てで傷の癒えた鳴海は勝田を殺すべく、組の事務所に向かった。組員との凄絶な撃ち合い、そしてマグナムを浴びて、吹き飛ぶ勝田。心やさしい手紙と札束を文太に残して、殺し屋が一匹、羽田空港を飛び立っていった。
※映画『殺人遊戯』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
1978年公開の松田優作主演の遊戯シリーズ第2弾。1作目の「最も危険な遊戯」と同じ年に公開されたようです。1作目も観たけど結構テイスト違いますね。暴力シーンとかは相変わらず多いけど1作目に比べてコミカル色が強いですね。ハードボイルド&コメディ映画みたいな感じ。途中で鳴海昌平演じる優作さんが敵につかまったとき「なんすか、今日、野生の証明観に行かないといけないんすよ」といかいうセリフとか笑っちゃいました。エンディングには野生の証明のテーマも流れてきますしね。あと人間の証明のパロディのセリフもはいってます。あと文太演じる阿藤快さんもいいですね。若いなあ。活舌悪いけど。なんか監督も含め好き勝手やってる感じで楽しい映画でした。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】松田優作主演の遊戯シリーズ第2弾!映画『殺人遊戯』中島ゆたか、佐藤蛾次郎、阿藤快(阿藤海)、草薙幸二郎、竹田かほり、桑原大輔の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説はいどうも蘇る藤井家政婦です今日はですね殺人遊戯やっていきましょうかねまあ遊戯シリーズ第2作目ということですけれどもまあ1978年公開というわけで最も危険な遊戯と同じ年に公開されてますねはいでも最も危険な遊戯とも同じで遊戯シリーズなんですけどねやっぱ第一作目とは若干違うんですよねはいで具体的に言うともみかる食が結構強かったりだとかあとやっぱり勢い重視っていうところですよねもう相当現場ではもう皆ハチャメチャ様ですねんであとこのねまあ松田優作さんの歌ってる歌が流れてくるんですねえこれ舞子本編に出てくるのはこの夏の流れという曲なんですけれどもねこれがまたねかっこいいんですね非常にあのブルース歌謡曲が混ざったような非常に渋い曲で優作さんのあの魅力的な低音ボイスもね堪能できるとてもかっこよくなっておりますね冒頭から流れてきたりとかあと局本部の途中とかでも流れてきますねはいではところもう一つ明後日やろうという曲なんですけれどもこれ本編には出てこないんですけれども何と映画の予告編で使われてるんですねあこれは YouTube とかにもね予告編乗っかってますんでそれ見ていただくとですねなかなかねマッチしてるんですね予告編にあのこの夏の流れっていうのは割とスローなテンポの音曲なんですけれども明後日やろうってのは割とねあのハイテンポというか結構ノリがいい曲なんですよねそういったこのちょっとねタイプが違う二つの曲がこの映画に使われてるわけなんですねま最も危険な音も入ってるとなかったんでまたちょっと変わってきてねはいでゴキブリ用心棒俺が裁くという間になんのこっちゃということなんですけれどもこれは殺人遊戯ねまもとのタイトルなんですねこのタイトルになる前もともとこういうタイトルだったねなんだかゴキブリっていう話なんですけどもまあその音はなぜこうなったかって言うと今最も危険な雪が大ヒットしましたと出て予算ながらやっぱ古里駅曲がるんでもう一個作りましょうとね松田優作かけるハードボイルドのアクションでもう一個作りましょうってなって今この作品がね聞かされるわけですねゴキブリを全部俺が裁くというわけで当初は宝の最も危険な遊戯の続編とかそういうわけじゃなかったんですねま遊戯シリーズっていうまぁ来年はなくて単純には別物が作品としてもう一個いう酒のハートボールで作りましょうって言うか音で企画されていたらしいんですけれども途中から回るタイミングからシリーズ化としてね遊戯シリーズにしちゃえばいいんじゃないのということではこのゴキブリ用心棒俺が裁くが殺人ゆみというタイトルになったらしいんですねこれはやっぱり良い決断ですよね正直このゴキブリ用心棒をよりも遊戯シリーズの第2作目として殺人遊戯って出てきた方がやっぱりちょっとみたいなって思いますよねんでこの音用心棒ってこのワードですよねこれ何で用心棒になったのかって言うとまあ結構ねいろんなレビューとか見てると黒澤明監督の用心棒から影響受けてるんじゃないのっていうことが結構見受けられたんですねはいで用心棒ね僕も見たくんですけどだいぶ昔見たんで全然覚えてなかったんですけどこの対立する二つの組織に近づいてどちらも全滅させるとはそういった要素がこの音黒澤明監督の用心棒とに言ってるんじゃないかとね誘惑なんですねまあ確かにですねまあ後ハナさんあらすじもやっぱそういったねストーリーなんですねメインの話は本当にそういったことなんですよねだからま確かにこの用心棒ってこっから来てるのかなと思いますであと猫のゴキブリってはどこですね一応本編に残ってるんですねま残ってるというか真菜氷で付けたのかもしんないんですけどもこの作品中ですねママ製作さんとあと後解散がですね二人で来しゃっきんトリオやってるんですねはい二人で来軽トラに乗ってですね借金は返しましょうかみたいなそんなことをメガホンで言って回ってるわけなんですけれども 乗ってる軽トラのを横に書いてある名前がゴキブリ勝利というわけなんですねはいなんでゴキブリっていう感じなんですけどもまやっぱ2人組でこういった名前を付けた話ですねはいゴキブリ使用したはいトレジャーあらすじ見ていきましょうかねまあ制作さんが鳴海翔平というのは変わってないですねも相変わらず殺し屋をやってると8日ですねではですねこの寿会とまあ花井組くま二つの子暴力組織がありましてその二つの組合ですでも対立してるわけですねはいでその対立している二つの組の組長から同時に鳴海昌平はあっちの親分ちょっとやっちゃってくれないかとそういった依頼を受けるって言う話なんですねはーいどっちもどっちもから依頼を受けるということで寿会の方の組長が来なかったという男でも佐藤慶さんが演じられてますね非常にかっこいいハイ花井組の組長は花井という男でこれも草薙幸二郎さんが寝られてましてまぁやっぱりお二方ともやっぱ松屋さんはパンだったらもう一人馴染み深いお二人ですよねはいで他にもですね結構割れた登場人物がいるんですけどもここがやっぱりちょっと最も危険な人は違う点なんですねやっぱりこの鳴海昌平の人間的な付き合いが悪いと描かれてるんですね最も危険な役ではもうほんと一匹狼でも荷物移行してナンボみたいなそんなお話なんですけれども例えばねこの後解散処分たという音は射程がいるんですねすごい名前ですけどもぶん断ってねまあ正直これは文太の方が勝手になる三証券に擦り寄ってるだけっていう感じもするんですけれども実際この冒頭の方で二人で5借金取りの業務をやったりとかですね最後の最後はこの鳴海昌平がこの一件の事件でタコ2000万円を超える分担にそっくりそのままねやるみたいなまそういったですねまあつながりも描かれてたりとかするんですねはい電話どこのあきこという女なんですけれどもこれねやっぱ武田カオリさんが寝てるんですね結構で検索作品結構出てますよね俺達に墓はないとか探偵物語とか出てもらっちゃいますけれどもいい女ですねもうちょっと詳しいことは省きますけれどもこの子のヤクザの組に殺されてしまうんですねはいでそれに怒ったなるみがその相手方のヤクザの組を全滅させに行くとそういったところがあってやっぱこれもね最も危険な意見やなかったものですよねなんかこう仇討ちとか敵討ちとか何かそういったものってやっぱ描かれてこなかったんでこういった手間人間関係が結構分かれてるんですねではところ見たことなんですけれども中島ゆたかさんに返事書いてるね非常にも綺麗な人でございますねこのなんだこ黒いねレースとかかぶっている印象があるんですけどもそこまでも非常に美しいですよねでこの美沙子という女ですねもうこの勝田の愛人という設定なんですけれども最後ねこういう風に殺されてしまうんですけれどもそのシーンがねまた美しいんですよねあのスローモーションになりながらですねこう鳴海昌平富作和光口づけをしながら最後は銃で撃たれてみさ子走るというえお話なんですね最後の銃で撃った後おなるみ紹興酒を口に含んで吹き出してねこんなかっこいいことしたいなみたいな山梨たら犯罪になっちゃうますけれどもやっぱ真似したくなるようなねかっこいいシーンなんですよそこのそこの最後のシーンがね音はそういった感じですねまあ今までやっぱり猫の鳴海昌平がやっぱりなんか9月しながら人殺すなんてなかったわけですからやっぱり人間としての付き合いは文太明子三佐子ってねまあそういった3人との関わりも描かれてるって事でちょっとやっぱり前作とは違うわけですねでは最初思いましたけどやっぱりねコミカル息が白くなってますねはいなんかね僕としては結構いい塩梅のコミカルさかなと思いますねやっぱりちょっと探偵物語チックなところありますよね最初の借金取りの国 なんか割と探偵物語の雰囲気そのまんまって感じたんですけれどもそのシーンで優作さんが言うセリフがあってですね後は借金返せみたいなこと言ってるわけなんですけれどもそこでお母さんあの時使った尺八の代金どうしたでしょうねんたいなんだね守る人間の証明のパロディのセリフを入れたりしてるわけですねこれ非常に面白いですねあともう一つこの物語の中盤ですね誰もへぇが取っちゃったからもう1回だったかな寿会のアジトにちょっと偵察に入っているこの国に見つかってですねちょっと前みたいなこと言われるんですけどもそこで言うのが今日野生の証明見に行かなくちゃいけないって言うね誠にですねもういっちゃってますからね野生の証明ってこれ面白いわと思いましてエンディングにはコロネ野生の証明のテーマ曲も流れてくるんですね魔戦士の休息っていう曲ですけれどもまあ最も危険な遊戯の妻ラストは人間の証明の恐怖でしたからねその次の作品では野生の証明のテーマが流れるというね非常になんかこうウィットに富んだゆうまが入っておりますね他にもですねまいろいろ込みからのところがあったりするんだよそこらへんね是非楽しんで頂けたら嬉しいですねあともう一つコロネ細けえこと気にすんなよ大切にとは書きましたけれどもこの作品のみんな好き放題やってるので非常に伝わってくるんですよねやっぱ見てて楽しくないですねあと解散がインタビューで語ってたんですけれどももうみんなでも政府は勝手に変えちゃうわアドリブも勝手に突っ込むはね猫のせんちゃん魚眼レンズて書きましたけれどもあのカメラマンの年齢宣言したんですけれどもこの最後の子中島ゆたかさんが優作さんに鳴海昌平にね打たれて死んで死んだんですけれどもそのシーンがどこへやら魚眼レンズ使ってたって言うんですねまぁ実際見てみると魚眼レンズ広角ではないんですけれどもちょっとよは通常では使わないようなレンズを勝手に使っちゃってたらしいんですねはいでそれも1時も監督に聞かないでやってたらしいですねんで監督やっぱびっくりしたと思うんですけどね誘って出来上がってきやがったの見てみたらレンズ違うじゃんみたいな音鳴ってるわけですけどもそういったことをみんな勝手にやってたとねまセリフも会長はどれ軍を勝手に突っ込んじゃダメでね好き放題やってたわけですね逆に言えばやっぱりこうそれぞれがこの作品お金もいいものにしたいという子やる気に満ち溢れてたもっとも言えますよねねあともう一つこの弾着映り込むということなんですけれどもまだんちゃくっていうのはやっぱ中学校パンって売ったりする家で壁に当たったりすれば勝て金ちょっと弾けるとかそういったものなんですけどもそれた装置のこと言うんですけれどもその装置がですねちょっと写りこんじゃってるところがあるんですねはい鳴海が最後港へ乗り込んで行ってですねあのこう色々銃撃戦をやって色々倒していくところなんですけどもそこでドアが開いちゃうんですねねそのドアっていうのは固定客がついていてことした状態だと何も見えないただ玉がドアを抜けてパンて穴が開いたみたいな感じになってるんですけどもそれなりに行って開いちゃったですねその裏に仕掛けてあった後弾着の装置の子のコードとかが周りとモロ見えちゃってるんですね僕実際やっぱこれ三川見返して見て回るだけではなんとか思って見てたんですけれどもまあ大丈夫だと思いですねでその写りこんじゃったらあれ撮り直しとかすんのかなと思いきややっぱ村かかんとかそんな気にしなかったみたいでそれよりもやっぱりこれねえなるみ翔平のこの勢いはそこの撮影現場での勢いとか熱みたいなものなんですねこねこねこねこ無心というのはカメラの音も不思議な動きしてるですよ柵を乗り越えるみたいなねあれちょっと今どうなったみたいなそういったカメラワークがあってそういったものもねやっぱ2回は同じとできないというか同じでもちょっと微妙に違っちゃったりするんでやっぱり後勢いのあるベストテイクを使うということでね行ったんだと思いますそれに比べたら弾着が映り込んジャグラー別にどうでもいいということだったんじゃないのかなと 南風です間違ったねこっからはあのなんだかのこのこれからの活動ってことなんですけれども本格的シンガーデビューとね書きましたけれどもあの78年の夏ぐらいですね酢酸はセカンドアルバム U ターンというので明日わけですねそこから本格的に今歌をやっていこうということで出したアルバムみたいですねではそこに入ってるのがこの夏の流れであったり明後日やろうというわけでまあやっぱりそういうことですねファーストアルバムの祭り歌はやっぱり若干急ごしらえな感じはあったわけですよね暴力事件で仕事がなくなっちゃってドラマとか出れないけれどもやっぱり音楽の方ならできるよねってことでおかだひろきさんとかお偉いさんがま投稿と掛け合ってまだ下の川デビューアルバムお祭り歌ってわけなんですけれどもそれはちょっとねそういう系で作ったから若干ちょっと足りないところもあったんじゃないのかなと思うわけなんですねでもまあこの u ターンで本格的にシンガーデビューそれということでは実際彼が出てる作品にも買って歌を入れ込んで行ったりとかねしたわけですねで松田美智子さんの本とかを見たりするとですねこの頃からやっぱり優作さんというのは音楽関係者とルネ関係も深めていったらしいですねやっぱり号役者仲間からは得られないような子は新しい刺激が得られるということでどんどんそういった方面のねつながりを広めていったというわけなんですね二条2項松田優作さんぽいですよね常にこう新しい刺激を求めていくということでございますで次これ丸山彰一さんとの出会いと書きましたけれどもこれは具体的にですねまあこの現場で丸山彰一さんとまさきさんが話をしていたかはちょっと定かではないんですけども実はこの殺人遊戯の脚本はですね市丸山彰一さんも書いていたみたいなんですね実ははい結局はもう採用されなかったんですけどもうそれどういうことかって言うとこれを書いていたさ子さんと播磨さんっていう間ベテランの方々がいるんですけどもその二人でこの殺人遊戯のプロットまさしと書いていたみたいですねはいでもどうやらそれがちょっと遅れ気味だったということでプロデューサーである黒澤満さんはちょっともしかしたらやばいんじゃないのかなと思ったらしくてそこで前からちょっと知り合いであった丸山彰一さんにもしものことがあったら危ないからってんで頼んでたみたいですねで結局はそれはまぁ疲れなかったわけですね小さじ3と播磨山の方が間に合ったねこっちは使われたんですけれどもここで丸山商事さんが書いたのがカメレオン座の男という守るだったらしいですねではここでは疲れなかったんですけど後々カメレオンっていう名前だったかなでも映画化されたみたいですねはい私もちょっと見てみたいですけれどもなんか結構お金がかかっちゃうような脚本だったみたいですねまあそういうのもあってたぶんこれで疲れなかったらしいんですけどもまあでもですねここでやっぱ黒澤満さんとま丸山詩織ちゃんが仲を深めたことによって後々やっぱ探偵物語の脚本を書いたりだとか処刑遊戯ね遊戯シリーズの3作目ですね最後の夕日シリーズの脚本丸山商事さんが買取したというわけでやっぱりあの名作さんと丸山彰一さんのつながりっていうのはまた次からはいつ始まったと言ってもらってと書き込んではないかなと思うんですよねはいまぁというわけでやっぱりですねマネーの遊戯シリーズ鳴海昌平っていうコンセプトは抑えつつこれまでにはない要素が猫やっぱいっぱい入ってるんですねいいねやっぱり僕はこのコミックがね強いっていうのが結構好きですねいい塩梅でね混ざってるんですよねこのハードボイルドとコミカルがねこの人間の証明とかね野生の証明のとこなんか非常に面白いですよね今の時代じゃこういうのはできないんでしょうねなんかいろいろこのやっぱり例えばスポンサーになってる会社の車ぶっ来れないとかなんかそういうのがあったりするじゃないですか何からあんまりこういったねフリーダムなことやっぱできないと思うんですけども逆にそれが面白いんですよねを言ったのが面白いんですよねやっぱり本気で遊んでるという感じですよね大人が本気で遊んでるってのが魅力的だアナと思いますよねはい 殺人遊戯最も危険な車ちょっとコミカルでねいろいろ他の要素も入ってますので皆さんも是非ご覧になってみて下さい以上よみがえる振り方会社
おすすめの記事