【VODで読める電子書籍】『本当の自由を手に入れるお金の大学(両@リベ大学長[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。

※電子書籍『本当の自由を手に入れるお金の大学(両@リベ大学長[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『本当の自由を手に入れるお金の大学(両@リベ大学長[著])』皆さんどうもこんにちは今日は両リベ大学長の本当の自由を手に入れるお金の大学を要約して行きます本書の著者である両学長を YouTube で知っている人も多いかと思います2020年8月の段階で両学長が運営する両学長リベラルアーツ大学はチャンネル登録者43.5万人を記録し第2期のチャンネルとなっているんですそこでは学校や会社では教えてくれないお金の知識をメインに発信されていて本書はその内容をわかりやすくまとめた決定版となっております本書あれめちゃくちゃ売れており書店にも山積みになっているので見たことある人は多いかと思います私も気になって買ってみたんですが非常にわかりやすくてとても勉強になりましたさすがずっと YouTube で発信されているだけあって説明の仕方もわかりやすくスイスイ頭に入ってきましたとても素晴らしい本なので皆さんも興味のある方はぜひ手にとって読んでみてくださいでは本日のお品書きに行きます1件で経済的自由への道2件で貯める力について解説していきますでは早速一元経済的自由への道に行きましょうさてまず皆さん今世界中の先進国をある不安が襲っているということを知っているでしょうかそれは死ぬまで永遠に働き続けなくてはならないという恐怖でございます今どんどん寿命が延びていて例えば2007年生まれの二人に一人が100歳まで生きると言われているんですよまた1998年生まれの人は収入の25%を40年以上貯蓄し続けてようやく65歳で引退出来ると言われておりますそしてこの貯蓄率25%というのは普通の貯蓄率のおよそ2から3倍に当たる数字で普通の人にとってはほとんど達成不可能な数字なんですよということはですよ多くの人は言葉通り死ぬまで働かざるを得ない状況になってしまうわけなんですどうですか皆さん苦しいですよね死ぬまで働くなんて考えたくもないですよねこのはの労働から脱却し自分の人生すなわち自由な時間を取り戻すにはどうすれば良いのでしょうか結論を言うとお金にまつわる五つの力を育てて経済的な自由を達成すれば良いのです後ほど詳しく解説いたしますその前にまず厳しい事を先に申し上げましょうお金なくして自由なしこれが資本主義社会のリアルなんです綺麗事は要りませんお金がないと自由がないんです多くの人が自由になれないのは単にお金がないからなんですよそしてお金がない原因はお金についてこれまで真剣に学んで来なかったからでございますそして日本の教育にはお金について学ぶプログラムが一切ないんですよ自由をもたらしてくれるお金という本当に大事な勉強を僕らは今までに何もしてこなかったわけですだからこれから自分で勉強しなくちゃいけないそういうわけなんですよ多くの人が夢見るのは十分な資産を持って働かずにリタイヤしてのんびり暮らすことでしょうその状態は一般的に経済自由と呼ばれますそして経済的自由をもっと厳密に定義するならば経済的自由とは生活費より資産所得が多い状態でございますよ資産所得とは投資で得られる所得のことです心資産所得という言葉が出てきましたね皆さんはそもそも収入には2種類あるということをご存知でしたでしょうかそれは市労働所得に資産所得でございます労働所得とは自分が働くことによって得られる収入のことです最も分かりやすいのは会社から給料をもらう給与所得等ございますその他に自分で副業して稼ぐお金事業所得がありますそして資産所得とは資産を働かせることによって得られる収入のことです代表的なものには配当所得利子所得不動産所得などがございますまず所得には労働所得と資産所得があるということを理解してもらった上で経済的自由を達成するには後者の資産所得を増やさなくちゃいけないんですよ当たり前ですよねロード所得というのは自分が働くことによってお金を稼ぐわけだから自分が働かなくなればそこから入ってくる収入はゼロになってしまうんですよしかし資産所得というのは自分が働かなくても毎月チャリンチャリンとお金を生んでくれるものです例えば不動産投資で毎月家賃収入が入るといった具合ですこの資産所得を運用していかなければ経済的自由は達成できないんですよそして資産所得が生活費を上回った時あなたは経済的自由を達成できるんです例えば家賃収入が月100万円あってあなたの生活費が20万円ならばあなたは何もしなくても月80万円ずつ増えていくということになりますこの状態を経済的自由と言うんですさてではこの夢のような経済的自由の状態になるにはどうすれば良いのが両学長はお金にまつわる五つの力を身につけたら良いと言うんですよ具体的には1貯める力すなわち手術を減らす力に稼ぐ力すなわち収入を増やす家から 増やす力すなわち資産を増やす力4守る力すなわち資産を減らさない力を使う力すなわち人生を豊かにすることにお金を使う力この五つの力を一つずつ身につけていくんですまずは何はなくとも節約して貯める力を身につけるその次に収入を上げて稼ぐ力を身につけるそしてその稼いだ金を増やす力を身につけるそして増やした金を守る力を身につけるそして守った金を上手に使う力を身につけるこの五つのステップを一つずつ進めばあなたは経済的自由に着実に近づいて行くんですよそして始めるのが遅すぎるということはないんです何歳からでも経済的自由には近づくことがあってきます今日が人生で一番あなたが若い日でございますですから今すぐに行動するんですそしてこれ五つの力のうち最も重要なのが一番目のため家から二番目の稼ぐ力3番目の増やす力になります本社でもこの三つの力の説明に95%の塩塩が使われていて両学長本まずはこの三つの力がもっとも大事なのでこの三つの力を重点的に解説したとおっしゃっておりました何故ならこの三つの力をよく見てみてください貯める力=支出を減らす力稼ぐ力=収入を増やす家から増やす力=資産を増やす家からこの三つの力があればあなたは経済的自由に最も必要な資産所得が得られるからですよ要するにこの三つの力だけで経済的自由は達成できますよっつべと五つ目の力は経済的自由を達成した上でそれを維持する力になるのでまずはこの三つの力を身につけていくべきなんですよではこの三つの力の一つ目貯める力を2件で見ていきましょう稼ぐ力と増やす力に関してはこの動画の後に投稿するすぐ次の動画でパート2の動画をあげますそこで詳しく解説しますあまりに素晴らしい本だったので解説したい内容が多く動画が長すぎるので part 1と Part 2に分けてそれぞれ丁寧に解説していきますでは一見をまとめましょう働かずにリタイヤしてのんびり暮らす状態を経済的自由と良い資産所得が生活費を上回った状態をいう経済的自由への道は貯める力稼ぐ力増やす力を鍛えることで開かれるでは2件のための力に参りましょう貯める力とは生活の満足度を下げ釣り支出を減らす力のことです節約と言うとなんか地味な気がしますがまずはこのための力を身につけることが経済的自由を達成するために欠かせない最初の一歩になってきますこれができないとこの先一歩も先に進むことはできませんそしてこの食べる力というのは自分のやる気だけで今すぐ成果が出るんですよ収入を上げるのは難しいけれど節約するのは簡単ですよねですからまずこの高める力からアプローチしていきましょうそして食べる力を身につけるために大事な考え方は次の二つだけでございます11階の支出よりも固定費を先に見直すに金額が多い伊那市室からミラオスこれだけなんですよ生活費を効率よく下げるには毎月かかり続ける固定費を見直すことがポイントになりますそして6万円の買い物と聞くと高いと感じるのにつき5000円の固定費にはそんなもんかーと無頓着だったりしますしかし月5000円の固定費は年間6万円の支出なので同じなんですよそして見直すならば小さな手術じゃなくて大きな手術から見直すことにいたしましょう具体的にカットするべき人生の6代固定費を上げてしまいましょう市税金に通信費3光熱費4保険56社これらでございますよ食べる力を身につけるとはすなわちこの6代固定費をカットすることでございますではそれぞれ簡単に解説していきましょうまずは一つ目の税金からメスを入れていきましょう皆さん分かっていると思いますが税金ってめちゃくちゃ高いですよねですからお金持ちになりたいならば何としても節税という意識を持つ必要があるんですよ普通に何も対策しなければがっぽり取られてしまうのでしっかりと知識を身につけることが必要でございますとは言ってもサラリーマンは源泉徴収れ強制的に税金を取られるためにあまり対策のしようがないんですよサラリーマンは節税に限界があるわけですサラリーマンの税金というのは給料から控除を引いた課税所得で決まるんですよ数式で表すと次のようになります注意を引く控除=課税所得の課税所得に対して税金がかかるのであなたが節税したいときにやるべきことはこの控除の額を増やすことなんですよマイナスがついておりますよねこれをでかくすれば課税所得が減るんですその結果税金も減るわけですよそしてサラリーマンが無理なく使える控除というのは次の三つぐらいしかないんですよ市ふるさと納税に医療費控除3扶養控除そしてこの三つを使ったとしてもはっきり言ってあまり節税はできませんつまりサラリーマンとしてまたは公務員として給料もらってる見て 説明ができないんですよじゃあどうすれば良いのかどうすればサラリーマンも節税できるのかどうすれば源泉徴収の支配から逃れて税金をコントロールすることができるのかその方法はたった一つで副業して事業所得を得ることでございますなぜなら給与と違って授業所得は色々と節税ができるようになるからですよ具体的に言うと事業所得では次の三つの節税が可能になります市経費で計上できるに控除を受けられるさん社会保険料がかからないまずは一つ目の経費で計上できるについて簡単に解説します先ほど申し上げたとおり給与所得は給与所得控除=課税所得でしたが事業所得の場合は次のようになるんですよ売上引く経費費控除=課税所得頃追加された経費が使えるのが非常に大きなメリットになってくるんですよこの式から分かるのは経費を多く申告すればするほど課税所得が減るので結果的に課税所得にかかる税金が減るよということでございますつまり節税できるわけなんですね副業れ事業所得を得ると様々なものが経費で落ちるようになります例えば自宅兼事務所の家賃電気代やスマホ内の一部勉強するために買った本情報交換のために行く飲み会代その飲み会に行くための交通費これがも経費で落ちてしまうんですよいやすごいですよね要するに事業に関連していれば経費が認められるこういうことなんです飲み会代が経費になるのかと思いますがその飲み会は事業に関連する情報交換のために言ったんだということでねちゃんと説明すれば経費に認められるわけなんですよ経費として計上できるこれが事業所得のメリットでございますでは次フタツメ控除を受けられるについて解説です事業所得でしか使えない控除がありそれが青色申告特別控除と言われるものなんですこれは一定基準を満たせば65万円の控除が受けられるというものです控除が65万円んーも増えるということは課税所得が減り結果的に税金も減るわけですねでは三つ目の社会保険料の負担が減るに行きましょう皆さんも自分の給与明細を見た時に社会保険料たけーなと思ってこと絶対にあると思うんですよ実は所得税や住民税よりもこれが一番高いんですそしてなんと服用で稼いだ授業焼徳利はこの一番高い社会保険料がかからないんですよやばすぎでございますよね税金が減るに加えて社会保険料は払わなくて済むんだからそれは手取りが多くなるに決まっているわけですよさて今まで見てきたように授業所得が大事なんだということをね皆様も理解していただけたかと思いますこの事業所得がないと経済的自由への道は遠くなってしまうんですよ要するにサラリーマンは副業したほうがいいということでございます給料を上げて頑張るよりも副業で稼ぐ方が税金的にメリットがあるわけですねでは次カットするべき固定費の二つ目通信費に行きましょうドコモなどの大手キャリアはだいたい月々8000円ぐらいかかりますよね歯科格安 SIM に乗り換えればそれだけで毎月5000円以上節約になるんですよ帰りに寄りん家族全員乗り換えたら月だけでおよそ2万円の節約になります確かに格安 SIM には多少デメリットがありますが普通にスマホを使っている分離は気にならない程度でございますそれよりも毎月5000円安くなるというメリットの方が圧倒的に大きいんですですから皆さん今すぐ格安 SIM を検討してみてください格安 SIM への切り替え方はググればすぐに出てくるのでぜひぜひ固定費を減らすために切り替えて欲しいんですよでは次三つめの光熱費カットに行きましょう2016年4月から電力会社は自分で選べるようになりました皆さんこれ知っていましたがですから安い電力会社に乗り換えた方がお得なんですよとは言っても乗り換えるのが面倒くさいんでしょうと思うかもしれませんが工事もいらないしネットだけで簡単にできるので申し込み手続きはこう1時間もあれば十分でございますよ具体的な乗り換え方法は3 STEP STEP 1まず毎月の電気使用量と金額を確認しましょう毎月ポストに入っている使用料が明記された紙を見るか契約している電力会社のウェブサイトで確認いたしましょうステップ2料金をシュミレーション使用乗り換えたらいくら安くなるのか各所の料金を比較してくださいステップ3新しい会社に申し込みをしようこれだけなんですよ一度手続きするだけで年間1万円以上の節約がずっと続くんです地域によって契約できる電力会社は異なるのでまずはググって電力会社のシュミレーションサイトを調べてそこでお値段を比較してみてくださいいやこれはね絶対にやるべきですよねなんとなく今まで使っている電力会社をずっと使っているという人多いかと思うんですが電力会社にも安いた甲斐があるので Google の比較サイトを開いて料金を確認して今すぐ契約を切り替ちゃってくださいませんでは次見直すべき固定費おすすめ保険に参りましょう実はね皆さん驚くべきことにほとんどの保険は入らないんですよ保険を正しく身直せば障害です の節約になりますでは先に結論を申し上げます日本は公的保険が充実しておりあらゆるリスクをカバーしていますだから民間の保険は基本的には必要ない民間の保険で入るべきものは三つだけ市火災保険に対人対物の損害保険3掛け捨ての死亡保険これだけなんですよさてこの結論をもうちょっと具体的に説明していきましょうか僕たちが住んでいる日本は国民皆保険と言って国民皆が保険に既に入っているんですよ皆さんが病院に行ったら自己負担は原則3割しかかかりませんよねそれはすでに健康保険に入っているからでございます会社員や公務員の人は健康保険に自動的に加入しており自営業やフリーランスの人は国民健康保険というものに入っております健康保険とか社会保険料が給料から天引きされているのでこの数字を見て誰もが高いようと思ったことあると思いますしかししっかりとした金額を払っているだけあってこの保険というのは寝て暑いんですよ僕らはみんなこの社会保険に入っていてこの社会保険が僕らをあらゆるリスクから守ってくれています例えば病気やケガのリスク障害リスク死亡リスク失業リスク老後リスク介護リスク出産費用のリスクこれらは社会保険がカバーしてくれているんですよつまり何かあった時にもう生活できなくなってしまうようといったリスクについては頭のいい人達が考えた社会保険という仕組みで最低限も保証されてるんですだからわざわざこんなに手厚い保険ニュースでに入ってるのに民間保険に入る必要ないんですよそして多くの人は民間保険に結構入っていてその保険料が無駄であるその保険料を削れというお話でございます民間の保険は商売ですからあらゆるリスクを持ち出してきてあなたを怯えさせていざという時のためにこの保険に入ったほうがいい必要と勧めてくるわけですよしかしそれらは要りません具体的に入るべき民間保険は三つだけ市火災保険に対人対物の損害保険さん掛け捨ての死亡保険これが三つの保険に関しては入るメリットがあるので入ってもよいとされているんですまとめると既に入っている社会保険とこれら三つの保険だけで保険は OK でございますその他の保険は入りません今すぐカットしてくださいというのが結論ですでは次いつつめ家に着いてまいりましょう結論から申し上げるとマイホームにはさまざまなリスクがあるので買わないでください賃貸に住む方が経済的自由に近くになりますそして賃貸に住む場合ですが大事なのは安く賢く住むということでございますうまくやればコストカットできるわけですまずは物件を借りる時はっきり言って不動産側はあなたをぼったくろーとしてきます例えば仲介手数料を1ヶ月文取るというところが多いんですが実は法律では仲介手数料の上限は原則家賃の0.5か月と決められているんですよこの法律を無視したり手数料を都合のよい解釈で上乗せしてくる業者がめっちゃ多いのでこれ注意が必要なんですよさらにはやるしようのない鍵交換費用とかハウスクリーニングとか害虫駆除とか言って僕らから金をぼったくら落としてきます彼だけぼったくって実際はあんまりクリーニングしないとか害虫駆除しないなんていう話はあるんですよこの本にはそのような様々なぼったくりの樹齢が書いてあって本当にねよってきて腹が立ってきました読んでいて本当に業者が敵にしか見えませんでしたしかしまぁしゃーないですよ向こうも商売なので隙あらば僕らから搾取することしか考えてないですでは削除されずに費用を安く抑えるにはどうすれば良いかそれはたった二つのステップだけで良いんですステップ市賃貸契約樹林複数の仲介業者に見積もりを取るステップ2相見積もりを参考に適正料金で契約するように交渉するこれだけなんですよつまりですよ一つの業者に見積もってもらうとその業者がぼったくってくる可能性があるので複数の業者に見積もりを作ってもらって比較するんですよそうすれば適正価格が分かるのでそれよりも高いところにおいお前高いだろぼったくってんだろふざけんなということができるわけですよそして音家賃も交渉してしまいましょう向こうは交渉してくることを前提にやや高めに家賃を設定していることが多いんですよさらに驚くべきことは入居後の家賃交渉ってできるんですよだからするとですよ今すぐ出て行かれるよりも多少安くしても進んでもらった方がお得なんですあなたが出て行ってしまったらその部屋から発生する家賃はゼロ円になってしまうからですだから例えば今あなたが住んでいる部屋が相場よりも高いなと思ったら今の相場と同じ家賃にしてください家賃を下げてくれたら長くするつもりです家賃を下げてくれないなら退去しますと言ってみるんですよ結構成功するそうなので行ってみてくださいそして最後に賃貸を退去する時の費用を持っていて成果が組まれてあげましょう当たり前ですがあなたがもうそろマンションを出て言ってしまえばあなたと業者の間には何の関係もないので業者は最後にここぞとばかりにぼったくる落としてきます退去時の費用が5万円を超えてくるとぼったくられている可能性が高いでございます例えば直す必要が あなたのせいにして料金を徴収しようとします法律では払う必要がない時決まっていることでも知らないのをいいことに持ったくろうとしてくるんですよとは言っても確かにどれが必要な料金で必要な料金なのか僕らは分からないですよね調べるのは面倒くさいですよねそんな時は専門家に相談しましょうおすすめの相談先は NPO 法人の賃貸トラブル助けたいでございます是非退去する時に費用を抑えたい方はここに相談してみてください向こうはぼったくる落としてくるんだからこっちもそれにしっかりと対処しなくてはいけませんぼったくられたらむかつくじゃないですかちゃんとこちら側も知識をつけてそれを防衛しなければならないわけなんですでは六つ目車についてですが結論から言うとできるだけ車を持たない努力をしてください車を所有すると障害で約4千万円かかってしまいます好き好きに直すとマイカーは月々維持費に66000円かかります車を所有するだけで間違いなくお金の奴隷に近づくので経済的自由になりたいと思うならイボをコントロールして車を持つのは諦めてくださいさて今まで人生の6大コストについて長々と説明してきました最後に2件のまとめとしてしっかりまとめていきましょう1番目の税金に関してはサラリーマンの節税に限界がありサラリーマンが無理なく使える工場は次の三つぐらいしかいない市ふるさと納税に医療費控除3扶養控除そして本気で節税したいなら副業で事業所得を得よう事業所得は次の三つの節税が可能となります市経費で計上できるに控除を受けられるさん社会保険料がかからないすぎ二つ目の通信費については格安 SIM に乗り換えればそれだけで毎月5000円以上節約可能だと言いました三つめの光熱費については電力会社を自分で選べば年間1万円以上の節約になります四つ目の保険に関しては日本は公的保険が充実しておりあらゆるリスクをカバーしているので民間の保険は基本的にはいらない民間の保険で必要なのは三つだけ市再保険に対人対物の損害保険掛け捨ての死亡保険一爪の家についてはマイホームはやめよう賃貸を契約する時は複数の業者の見積りを比較してぼったくられないようにしようそして家賃も交渉しようそして退去時は NPO 法人の賃貸トラブル助けたいに相談してぼったくられないようにしよう六つ目の車についてはマイカーは障害で約4千万円かかるので経済的自由から遠ざかってしまうさて皆さんいかがだったでしょうか今日紹介した人生の6代固定費は今すぐにメスを入れることが可能でございますまずは食べる力を育てて頂いて次回の part 2の動画で稼ぐ力増やす力も身につけてしまいましょう part 2の動画も必ず皆さんのお役に立てる内容となっておりますこの動画のすぐ次に Part 2の動画を投稿致しますですので合わせてチェックしていただいてお金に対する知識をさらに深めてしまいましょう本日は以上になりますこの度はためになったという方は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンチャンネル登録どうぞよろしくお願い申し上げますではまた次の Part 2の動画でお会いいたしましょうご清聴どうもありがとうございました
おすすめの記事