【VODで読める電子書籍】『人は話し方が9割(永松 茂久[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。

created by Rinker
¥1,540 (2021/09/28 12:59:04時点 楽天市場調べ-詳細)

※電子書籍『人は話し方が9割(永松 茂久[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『人は話し方が9割(永松 茂久[著])』どうもこんにちは本要約チャンネルなおリオネス2020年ビジネス書ランキングで常に上位につけた話し方の本を皆さんはご存知でしょうか初対面で何を話したらいいのかわからないすぐに話が途切れて会話が続かない何音を相手に伝えたらいいのかわからない上手く話せず失敗した経験があるなぜだかわからないけど相手を怒らせてしまった何を話せば話が盛り上がるのかわからない思っていることを正直に言えない沈黙の時間が強いこんな悩みを抱えている人は少なくありませんそしてそんな悩みを抱えている人達を救い続けている本があります本日ご紹介する本は人は話し方が9割もっと話し方がうまければ人生うまくいくのにそう思ったことはありませんか実は多くの人が話し方にコンプレックスを抱えているんです悩んでいるのはあなた一人ではありませんそんな人のために明快かつ簡単に会話が上手くなる方法を教えてくれている本書は会話に悩む全ての人にオススメしたいとても素晴らしい本です時間が無い方のためにまず最初に結論を申し上げておきましょう会話が上手くなる方法それは苦手な人との会話を避けたい好きな人と話す時間を増やすたったこれだけなんですたったこれだけを心がけることであなたが今まで悩んできた人間関係の悩みがあれは一体なんだったんだろうと首を傾げたくなるぐらいいなくなっていくんです大好きな人と会話することで話し方がうまくなったあなたには苦手な人これがいなくなって人に好かれ出すんです人に好かれるあなたのまわりには人だけじゃなくちゃんお金も集まってきます話し方で得をしている人は特別なことはほとんどやっていません誰にでも身につけることが可能なこのほんのわずかな違いそれを手にしているだけなんです日常生活のコミュニケーションがうまくいくことであなたの人生は豊かなものに変わっていきます逆に言えば少しの考え方の違いで人間関係がうまくいかなくなってしまうんです些細な一言で周りを敵に回している人いませんかちょっと足りないことで損している人いませんか何故この人をここでこんなことを言うのだろうなぜここであの大切なことを言わないのだろう話し方ひとつで相手に与える印象は大きく変わります相手に良い印象を与えることができるのかそれとも悪い印象を与えてしまうのかその分岐点は日常の些細な部分でどんな風に話すのかで決まるんですそのためには言葉だけのテクニックを身につけるのではなく話し方の根本を変える必要があるんです昨今話か後の教室というのはどこも学ぶ側がまずほど大繁盛を見せていますこれはそれだけ話し方で悩んでいる人が多いことの表れなんですしかし単に口から出すこと畑のテクニックをいくら学んだとしても残念ながらうまくいかないんですそれはあなたの話を聞いている人はあなたの口から出る言葉だけでなく総合的なものであなたの話を聞いているからなんですねあなたも相手が口先だけのテクニックを使ったとしてこの人の言葉は信用できるとかこの人はいい人だなとプラスの印象を持つことは少ないでしょうあなたも相手のことを総合的に見て信用するのかしないのか一生持つのが悪い印象を持つのか全て決めているんだと思いますだからこそ話し方についてはその根幹から学ぶ必要があるんです話し方について根本から学ぶことによってあなたの人生を根底から変えていくことになりますそう人は話し方を変えるだけで人生の9割が変わるんですその真髄を学んでいきましょう本日紹介する内容は以下の三つです第一章指定のない空間第2章指定のない空間のつくり方第3章予習せず会話に望むことが間違っていると俺もとても実践的な内容になっています是非最後まで楽しんでみて行ってくださいそれでは早速参りましょう第一指定のない空間子供の頃はおしゃべりすることが好きで誰にでも積極的に話しかけることができたのに大人になるにつれて話しかけることができなくなってしまったそういう人は多いと思います自分は話すのが苦手だと思い込んでいる人はなぜそう思い込むようになってしまうのでしょうか多くの場合それは経験が元になっているんですね人前で話した時急に頭が真っ白になってしまったな匂い 足らないと言われて自信をなくした声が小さいと言われてどうしていいのか分からなくなったこうした苦い経験が積み重なって元になって自分は話すのが苦手と思い込むようになってしまうんですこれは言ってみれば話し方における自己肯定感が失われてしまっている状態と言えます自己肯定感キーワードとして覚えておいていただきたいことかですこの言葉を耳にしたことがあるよという方も多いのではないでしょうか最近テレビや雑誌でよく取り上げられるようになったこの言葉よくご存知ない方のために紹介しておきましょう自己肯定感は読んで字のごとく自分自身のことを肯定できているかということなんです例えば自分は今しっかりと自分の人生を生きている周りの人が何と言おうと自分は価値のある人間だとすぐに口に出せる人は自己肯定感の高い人と言えます一方文に自信がない周りの人からどう思われているのかをどうしても気にしてしまうこういう人は自己肯定感の低い人ということになりますあなたはどうでしょうか自分自身を肯定できているでしょうかここでは一般的に日本人の自己肯定感が高いのか低いのか世界基準から見てどの位置にあるのかをお伝えしましょう高校生を対象にしたリサーチて先進7カ国を対象にしたデータを見るとなんと日本は第7位最下位なんですねなぜ日本人の自己肯定感というのはここまで低くなってしまっているんでしょうかそれには社会的な背景にも原因があるんです戦後の高度成長期において日本人の多くは社会が豊かになる日本が復活するということを目指して頑張ってきました戦後の日本人の多くには素敵な欲求ではなくもっと大きな社会的な欲求を満たしていくような目標や使命感があって日本という社会全体が豊かになっていくという思いを抱いて働いていたんです社会のために働くことで自らの貢献感だったり達成感また自己愛を満たすことができ自己肯定感を高めやすい高めることができた時代だったんです今自分が頑張れば社会全体が豊かになればそうして頑張ってきたんですねしかし現代はいくら会社の為に尽くしたとしても社会がより豊かになるわけではなく逆に自分の立場や収入生活そのものが脅かされるということも出てきたんですそんな社会で生きていると社会のためなどとは言っていられなくなり自分の身を守ることで精一杯になってきますそして自分が頑張ることで社会が豊かになるそれに貢献しているという実感も失われていくんですそうなると欲求の対象外より自分自身へと向かっていくようになりかつてのような達成感が得られにくくなるこうして自ずと事故満たされにくい世の中になっていたんです意外と思われるかもしれませんが利己主義な人よりも利他的な人の方が自己肯定感が高いという研究もあるんです自分が自分がと自分ばかり得をしようと考えていると結果として自己肯定感は下がってしまうしかし今は自分のことを第一に考えないと生き残れないような社会になってしまっているんですだからこそ誰しもが自己肯定感を失ってしまっているこれはとても大きな問題と言えるでしょう何をするにも自信がない状態そんな状態では何をしてもうまくいかなくなってしまうんですもちろん人と会話してもうまくいかないのは明らかですナルシストになるとか全農か表とかそういうことを言っているわけではありません健全な自己肯定感を持つことそれが大切なんですそれは自信の源になるんです自信があるからこそ堂々と話すことができ言葉数も多くなりさらに自己肯定感が高くなる裏を返せばうまく話せない良い人間関係を築けないということは自己否定感の元になってしまいますするとうまく話せないから会話から逃げたらに会話できなくなるという悪循環に陥るんです本来は一度や二度の失敗で話すことが苦手という強迫観念を持つ必要は全くありませんよねしかし話すことが苦手だなぁと思い込んでいる人の多くは数少ない過去の失敗や心無い誰かの指摘が原因となって話すことに苦手意識をもってしまっているんですもっと必要がなかった苦手意識を持たされてしまっているんですこのように過去の苦い経験で失ってしまった自己肯定感を取り戻すにはどうしたらいいんでしょうか全般的な自己肯定感に関しては自己肯定感の専門書にお任せするとしてここでは話すことによって自己肯定感を取り戻す方法これをお伝えしたいと思います特に話すことを通じて失った自己肯定感は 音を通じて取り戻すのが一番ですそこでキーワードになってくるのが全行程なんですね話している相手を消して絶対に否定しないそしてあなた自身も否定させないということですつまり相手との間に指定のない空間をつくるんです人は自分を肯定してくれる人を構成するようにできていますそこであなたが相手を否定しなければ相手もあなたを否定しなくなっていくんです総合全工程の状態ですその体験の中で自然と自己否定感が薄れていき自己肯定感が高まっていくんです元々話すことが嫌いになるきっかけはうまく話せなかったことにより自分自身で自分の話し方を否定するか誰かにあなた自身の話し方を否定されるかのどちらかなんですだからこそ否定しないことこれが何より大切なんですお互いに肯定し合う相手を肯定すると同時にあなた自身が否定のない空間に身を置くことが大切なんです自分を楽に楽しく固定できれば確実に話し方はうまくなっていきますまた人間関係も今よりずっと楽に良好になって行きますこの相手の言葉を否定しない聞き方というのは皆さん大好きマインドフルネスでも言われている方の方法ですほとんどの人が話すのが苦手なのではなく話せるというメンタル状態に持っていくことが苦手なだけなんですそして話せるというメンタル状態に持っていくために大切なのが指定のない空間なんです是非押さえておいてください第1章をまとめておきましょう話すことが苦手という人は誰かから否定されたことが原因で自己肯定感を失ってしまい話せなくなっている話し方のテクニックを学ぶよりも自己肯定感を回復し話せるというメンタル状態に持っていくことが大切そのために相手との間に指定のない空間をつくることが重要ではどうすれば指定のない空間を作ることができるのかそこを詳しく第2章で見ていきましょう第2章指定のない空間の作り方さて第1章では話すことが苦手な人は指定のない空間に自分を置くことによって自己肯定感を回復し話せるようになるんだよということを解説させて頂きましたしかしこの否定のない空間が今現在の日本でなかなか存在していないですよね耳をすませばそこかしこから否定の言葉が聞こえてくるそんな日常を生きる私たちにとって指定のない空間というのは有名な話のようにも思えますしかしほんの少しの心がけで指定のない空間というのは作ることができるんですそのために必要なルールは三つ指定しない頷くクロストークなんですそれぞれ詳しく見ていきましょうルール一時停止ないマイナストークで未来を語るとどんどん現実の未来が暗いものになってしまいます否定的な言葉を使えば使うほど会話の空気はどんどんどんどん呼ばれていきますしかし私たちは否定の言葉を使うのを止めることができませんそれは学校教育に問題があるんです現代の学校教育においては正しい正しくないの判断をすることが大前提の価値観で勉強においても生活においても回れるかバツかが判断をすることが求められていますその教育のせいもあってか私たちは社会に出てからもあらゆる事柄を自分にとって正しいか正しくないかで判断してしまいがちなんです人は他人が語ることですら正しい正しくないに分類してしまいがちなんですがあなたにとって正しくないことでも相手にとっては正しいことがありうるんです社会は学校のまるばつテストの場ではありません会議でよく見かけられる光景ですが誰かが何かを発言した時にそうは言って江本かそれは違うだろうという空気が流れることがありますそういう空気が会議全体を覆ってしまうと人の潜在能力つまりパフォーマンスは低下してしまいますそして誰もが口を閉ざすようになるんですしかし会議において本当に大切なのは意見や感想がどんどん出てくる葉にすることですよね最初から決まっている正しいことを実行するのであれば会議をする必要なんてないんです正しい会議を行うためには意見をたくさん入ってもらうこと意見の質よりも数が重要なんですか頭を出してもらうことで一人一人のパフォーマンスが上がることが最重要課題なんです学校教育で植えつけられたとにかく正解を出さなければいけないという思い込みを捨て遠慮なくいろんな意見を出してもらうことで場の空気は前向きになり人前で話すことが楽になっていきますこれは日常生活でも言えることです例えば子どもの意見を親が全て指定して 子供はだんだんと自分の意見を言わなくなっていきます当然のことですよね否定されると分かっていてわざわざ自分の意見を言う人がいませんするととんど会話が減っていき関係性が薄くなりさらに会話が減っていく悪循環に陥ってしまうんです自分の価値観を挟まず相手の意見を聞く相手の意見には相手なりの考え方があるんです絶対に指定してはいけないそこを頭に置いておいてくださいルールフタツメ頷く二つ目は頷きの徹底です宇奈月ですからただ首を縦に振るだけなんですしかし人間関係においてこの習慣を身につけるとかなり役に立つんですこの宇奈月文化が人の心の扉をあけ安心を生み出していく最高の方法なんです何かを人前で発表するときは誰でも緊張していますしかしその中に頷きながら聞いてくれる人がいたら人は自然と話せるようになります何を言っても頷いてもらいいると安心するからなんですそしてその安心感が話す力をどんどん引き出していきますつまり乗ってくるんです人間のパフォーマンスは力んだ時よりもリラックスしている時の方が上がっていきますまた先ほどの話と繋がっていきますが頷いているだけで話している方は自分が肯定されているような気持ちになるんですすると自分が思っていることを自然と話せるようになっていくんです是非頷くという簡単な動作を意識的に回数を増やして行なってみてくださいできれば笑顔も添えてくださいねサンプラストーク前向きな話は人を元気にします逆に後ろ向き否定的な話は自分自身だけでなく聞く人のエネルギーも下げてしまうんです人を褒めること感動した話をすること今の現状を良くしていこうとする事最近あったいいことを話すことこれらは全てプラストークです明るい言葉が明るい空気を作っていきます先ほども述べたように残念ながら私たちの周りはマイナス言葉ばかりが飛び交っています私たちは知らず知らずのうちに否定的な空気の中に身を置くことが当たり前になってしまっているんです上司の愚痴を言い合ったり面倒くさいやる気が出ないなどという言葉が飛び交っている場所そういう場所をプラスの場所に変えていくことは一朝一夕でできることではありませんまずあなた自身が話し方を変えたいと思っているのであればなるべくそうした場所には近寄らないそうした場所から離れプラストークができる環境に飛び込んでいくべきなんです一対一であればマイナスの話題が出た時にプラスの話題に変えることもできるんですが複数人の会話の場合それはなかなか難しいんですですからまずマイナスの話題を出た時にはその場から立ち去るたっていいんだということを頭に入れておきましょう以上三つのことを意識することで指定のない空間に身を置くことができるようになります指定のない空間に身を置くことで前向きに話すことができるようになり少しずつ本来の自分を取り戻していくことができるんです自分自身を全肯定してくれる場所に身を置くことそれをまず第一に心がけてみてください第2章をまとめておきましょう指定のない空間を作るためにはルールは三つある三つのルールとは指定しない頷くプラストークであるマイナスな話題が出たときにはその場から立ち去っていいんだということを頭に入れておく接種今日から行かせて欲しいと思います第3章予習せず会話に望むことが間違っているさてでは会話をする際に意識するべきことをこの第3章で説明しようと思いますまず人の心理の三大原則を知っておきましょうその三大原則とは人は誰もが自分のことが一番大切であることそして自分に一番興味があるということ本来誰もが自分のことを認めてほしいし自分のことをわかってほしいとねえがっているという事を人は自分のことをわかってくれる人を好きになるということこの3点ですみんなから好かれている会話がうまくいく人っていうのはここをしっかりと理解して人とコミュニケーションを取っているんです最近は会話法の本がたくさん発売されている影響かこの知識自体は知っているよという方多いと思いますしかし実際に実践できている人となるとほとんどいないんです諍いはになると緊張もあってか沈黙を破るために自分の話をし始める何か話すことはないかと頭で考えているうちに相手の話が耳を素通りしてしまうそんなことばかりが起きるんです多くの人が相手の話を聞くことが何より大事だとわかっているのに実践できないそれがわかっているなら実践するための方法を考えなくてはなりませんそのための方法が会話の予習なんですこんな時はどうすればいいのかあんな こんな言葉が有効だなど話を広げるキーワードリアクションをリスト化しておいて覚えておきシチュエーションによって使い分けるんですそんな作り物の会話でいいのかよと思われるかもしれませんがリアクションを完璧に完全に覚えているからこそ余計な事に頭を使わず会話の本筋に集中できるんですいちいち相手を喜ばすようなリアクションを頭の中で考えていては会話の内容が頭に入ってきませんしっかりとキーワードリアクションをストックしておくそれが実りある会話をするためには必須なんですここで著者がストックしているリストの一部をご紹介しましょうそうだよね分かる様大変だったねそうなんだよく頑張ったねよかったね私も嬉しいよそれはすごいやっぱりさすがだねうんなるほどなるほどそれでどうなったのさあ面白くなってきたねとても勉強になりましたありがとう本当に嬉しい大丈夫必ずうまくいくよ私はあなたの味方だからね一緒に考えようあなたのおかげです助かりますこれからも宜しくお願い致しますこのようなキーワードを意識的にストックしておいて話すのとその場しのぎでその場の思いつきで話すのとでは結果は全く違ったものになりますこのキーワード自体もなんだっけなあと思い出すレベルでしか覚えられていないと実際の会話で使うことはできません人の心というのは大きく分けて意識と無意識でできています例えば明日テストがあるという日に一夜漬けで覚えるという記憶法は意識の力を使っています意識の力を使った記憶法の場合テストの時までは何とか覚えていたとしてもテストが終わった瞬間から忘れてしまいます会話のキーワードを覚えるためには無意識の力を使うことこれをお勧めしたいと思います無意識の力を使うというのは結局のところを習慣化することなんです習慣化したものは滅多なことであなたの心の中から消えることはありません日常的に何度も何度も会話で使って身体に染み込ませていく覚えにくいなと思ったフレーズはトイレの壁など何度も目にするところに貼っておき自然と口から出てくるレベルまで落とし込め受験勉強的な努力なんですが話し方で人生を変えようとそこまで思うのならそこまで努力する必要があるんです本を読んで明日からすぐ人生が変わるわけがありません人生を変えたいと思うのなら考え方を話し方を根本から変える必要があるそのためにはもちろん努力が必要なんです帰りと覚えておいて欲しいと思います第3章をまとめておきましょう人の心理の三大原則を知っておくことで相手に好かれる会話術が身につくリアクションはキーワードとして覚えておき無意識に口について出るようにしておく人生を変えようと思うなら努力は必要不可欠であるキーワードを覚えるというシンプルかつこれまでやってこなかった方法是非実践してみてくださいさて動画の最後に第三章で学んだキーワードを応用したうまくいく人たちが自然と使っている話し方のテクニックこれをご紹介しましょうそれが拡張は方です拡張魔法を使えばあなたが話を考え生み出さなくても相手が自分で自分の話を広げていてくれるんですあなたはただ相手の話を聞きながらそれを広げていくだけで相手に好かれ結果的にまたこの人に会いたいなと好感をもたれるそんな魔法のような方法なんです是非身につけてこれからの会話に活かしていてください白鳥は方には順番があるんです簡単反復共感松さん質問です一つ目の簡単は相手の刃梨を聞いた時に受ける漢鳴の表現法とは深そうなんですかこのように会話の上手い人は簡単塩相手の話に合わせてうまく使いこなしているんです簡単のポイントは二つですまずは自分の言葉の割に絵文字をつけるように感情を込めますもしあなたがコミュニケーションが苦手な場合は簡単かける10倍ぐらい感情を込めてみてください二つ目のポイントが伸ばし棒つまり簡単紙を伸ばすことですそうなんですかとそうなんですかを比べてみてください伸ばした部分に感情が乗る感覚が分かると思いますこの感情が相手に伝わるんです二つ目が反復相手の話を繰り返します木冬はスノボ三昧なんだのですが私最近彼氏とうまくいっていなくてそっか彼氏とうまくいっていないんだね 銀河始めたんだまあジョギング会ねこのように話を反復することで相手はそうなんだよ実はこんなことがあってねと次の話をしやすくなるんです是非反復してみてくださいみっつめの教官は相手の話に感情を込めて理解を示します分かります大変でしたね良かったですねつらかったねよく頑張ったねなど相手の感情に寄り添う表現相手の話に深く頷き相手と同じ表情しながら時に一応行く時に静かに言うんですよっつ目の調査は相手を評価すること素敵すごいさすがだねなどなど簡単紙の時にもお伝えしましたがその言葉に感情の生還者をかける10くらいのイメージで伝えてみてください1つ目の質問は相手の話を中心に展開させていくためにその後追いかけて聞くそこからどうなったのねぇもっと聴かせてよ今は大丈夫辛くないなどが質問にあたりますいいタイミングで質問が入ると相手の話にどんどんドライブがかかって行きますそして相手は無理なく自然に話を展開することができるんです以上が拡張は方の5ステップですこれ楽調和砲を使う最大の目的は相手の話を広げることなんですねメインで話しているのは相手であなたが菊川だとしても主導権はあなたにあると意識してください人は基本的に自分のことをわかってほしい生き物です拡張は方を使うと相手は気分良くたくさん話してくれますその気分良く沢山話せたなという印象があなたの印象につながりまた会いたいに繋がるんですここで重要になってくるのが先ほど覚えていただいたリアクションのキーワードなんですね市簡単さんの教官4の松さんは全てリアクションですよねここで毎回同じ言葉を使っていてはわざとらしさが出てしまいますし相手も自分の話ちゃんと聞いてもらっているのかなあなんて不安になってしまうんです様々なリアクションのキーワードを散りばめることにより相手は気分よく話すことができるようになるんですいつつめの質問も質問のフレーズの引き出しが多い人と少ない人では相手から引き出せるものは大きく変わってくるでしょうこのように会話を広げるためにフレーズの暗記というのはとても大切で入ってくるものなんです今日から一言ずつでもいいので使えるフレーズを覚えて実践していただきたいと思いますありがとうございましたよろしくお願いいたしますでは論文解説チャンネルと言っていますのでそちらもよろしくお願いいたしますそれではまた次の動画でお会いできること楽しみにしています
おすすめの記事