【VODで読める電子書籍】『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング(赤羽 雄二[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。

※電子書籍『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング(赤羽 雄二[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング(赤羽 雄二[著])』皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの滝見でございます今回は赤羽雄二さんの29万部突破の大ベストセラーゼロ秒思考頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングを要約して行きますすごいですよね29万部とても面白かったので是非皆さんも参考にしてください筆者はまず私たちに次のように言います一生懸命考えているつもりで実際は立ち止まっているという人が意外に多いんだと前に進まないあるいは空回りをする気になることがあると頭が上手く働かず考えがなかなか深くにならない行ったり来たりで結論を出せず時間をかけても深堀できず堂々巡りになるさてこのような状態に心当たりがある人多いのではないでしょうか一体全体それはなぜなのでしょうかそれはそもそも大半の人はどうば深く考えることができるのかがよく分かっていない力でありますもっとよく考えてくださいその考えは再燃などと言われ深く考えることを要求されていることは分かります深く考えられるとなんだか素晴らしいことができそうな気がしますが皆その具体的な方法論を知らないということが問題なんです心の整理をして考えをまとめて深める方法があれば誰でも別人のように成長って行けるでしょう仕事も当然できるようになるコミュニケーションの悩みも減って必要な苦しみから少なからず解放されて生きていくことができる実は筆者が編み出した考えを深め心を整理する効果的な方法があるんですそしてその方法は小学生でも大学生でも社会人で持ってあれでも10個打ってきますその方法とはズバリ頭に浮かぶことを次々とメモに書くだけでございますただノートやパソコン上ではなくて A 4の紙に一軒1ページで書くんですゆっくり時間をかけるのではなく1ページを1分以内にさっと書くんです毎日10ページ書いてフォルダに投げ込んで瞬時に整理しますそれだけでマッキンゼーのプログラムでも十分に教えられていない最も基本的な考える力を鍛えられるんだと筆者は断言しております深く考えることができるようになるだけでなくゼロ秒思考とも言える究極のレベルに近づくことがあってきます心のコントロールの達人にもなりストレスや不安恐怖が軽減されます前向きに明るく生きることができるようになりますしかもお金はほとんどかからずわずか3週間ほどでかなりの効果を体感できるそうですいやーワクワクしてきましたね頭に浮かぶことですよ次々とメモに書くという超シンプルな方法で頭が良くなり深く考えられるようになり圧倒的に仕事ができるようになり不必要な苦しみから少なからず解放荒れて生きていくことができると筆者は入っているんですさて皆さん自分を変える用意はいいですかでは早速もっと詳しく本書の内容に切り込んでいきましょうかそれでは本日のお品書きは次の通りです1件で人は0秒で考えられるということに件でゼロ秒思考を作るメモの書き方について詳しく解説していきますでは早速一幻の人は0秒で考えられるから解説を始めましょうさてまず自分自身に問いかけてみましょうあなたはじっくり考えるタイプでしょうかそれとも即決即断でバシバシ決めていくタイプでしょうかおそらくね頃即決即断でバシバシ決めるぜという人はね少ないかと思うんです多くの人が何かをしようと思った時にあーでもないこーでもないとじっくり考えてより良い方法を探そうとしますしかしそんな人は絶対に覚えておかなければならないことがあるんですそれは時間をかければかけるほど考えが深まるとは限らないということであります多くの人はデスクワークの大半は悩んだり堂々巡りしたりで時間を浪費していますこうしようか味岡小行ったら調子がどう言うだろうかと悩みは尽きません2週間後のクライアントミーティングに向けて企画書を作ることになってもどうしよう関内みます決めてもまた少し変えてみます目次全体構成にまた手間取ります当日して何とか企画原案をひねり出してもどうしてもしっくりこなくて何度も何度も書き直してしまう前回調子に怒鳴りつけられた記憶がありありとしているのでおいそれとも相談に行けないそうこうしているうちにですねタイトルもちょっと違うかもしれないと悩みだしたりあーもうあと2日しかないまた徹夜がこういう経験したことはないでしょうか筆者はこういうやり方では6 しないんだと断言します成長しなければ人生は本当の意味で決して楽しくありません成長しないとか楽しくないというだけならまだしものんびりやっているうちに職を失うリスクが最近は非常に高まっております大企業ですら終身雇用はもうほとんどないですよね今回リストラの対象にはならなかったと喜んでいても近いかもしれないし会社そのものが優れてしまうことだってありえますその時適当な仕事の仕方をしていると再就職のチャンスも非常に小さくなってしまいます一方でですね出来る人とか優れた経営者というのは即決即断なんですゆっくりと考える人が多い中ごく一部の優れた人は高速で動き大きな成果を出します時間を1分も無駄にしません素晴らしいスピードで情報収集をして意思決定をして電光石火でアクションに移しているんですかなりのボリュームの企画書を驚くほどのスピードで仕上げることもって行きますしかも時間をかけるとますます良い内容に仕上げていきますしかしですねそんな人本当にごく一部ですほとんどの人は延々と時間をかけてしまいますそれは先ほども言った通りで考えた時間文の成果が出ると思っているからですしかしこれだけは覚えておいてください残念ながら多くの人にとって考える時間の長さとアウトプットの量低下はほとんど比例しないんですでは優れた経営者優れたリーダーはどうして即決即断ができるのでしょうかそれは普段からその問題について考え続けているからに他なりません必要な情報収集も怠らない常に感度が高くてアンテナが強力に立っているんですその分野の専門家とのネットワークも豊富に持っています信頼できる相談相手が何人もいて最善のシナリオ最悪のシナリオも常に考えていますどこを押すとどうなるか競合の動きなども全部頭に入ってますそういう臨戦態勢にいつもいるから何が起きても驚かない身長でいながら正確かつでんこうせっかということがね十分にできているわけなんです別の言い方をするとですねどんなことに対してもこれは高価なという仮説を立てています仮説を立てた後でしっかりと検証します検証が間違っていればすぐに立て直しますこのスピードがめちゃくちゃ速くて勝つ瞑想していないんですこれは筆者がゼロ秒思考と呼んでいるもので本書のテーマでありますゼロ秒思考ができるようになりモヤモヤとした気持ちをその場で言葉にし考えを深められるようになると考えが進むだけじゃなくてどんどんスピードアップしていきますこれまでさん4日かけて考えていたことが数時間で出来るようになります生産性は数倍から数十倍に上がるでしょう課題が整理され問題点の本質が見えて本質的な解決策とそのオプションが浮かびオプションのメリットデメリットがすぐにわかるようになります問題の本質と全体像を抑えた確実な対策が打てるようになりますそうした思考の質とスピード双方の到達点がゼロ秒思考でございます0秒とはすなわち瞬時に現状を認識し瞬時に課題を整理し瞬時に解決策を考えて瞬時にどう動くべきか美味し決定できることであります迷っている時間はまさにゼロ思い悩んでいる時間はゼロとなります文字通り瞬時にできることが多いですがもう少し時間がかかる場合もありますそれでも従来に比べて驚くほどのスピードアップとなります今目の前で何が起きているのかどういう現象なのか一瞬のうちに判断し判断したら次の瞬間に進むべき道を複数考えて即座に方針を決定することができます普段からも企画や事業について考え抜いている人が突然の変化にすぐ対応できるのはゼロ秒思考が身についているからでありますさてここまででね大切なことを述べてきました時間をかければ考えは深まるとは限らないということや優れた経営者優れたリーダーは即決即断のゼロ秒思考ができるということを述べてきましたそしてゼロ秒思考がどれだけのメリットを僕らに与えてくれるのかということを熱く語ってきました皆さんもゼロ秒思考を身につけて圧倒的な成果を出したいですよねではどうすればこのゼロ秒思考を身につけることができるのでしょうかそれは冒頭でも申し上げた通りメモ書きをすることでありますゼロ秒思考を身につける最短最良の方法がメモ書きでありますメモ書きはこわばった頭をほぐす格好の柔軟体操であり頭を鍛える手軽な練習方法です頭に浮かぶキボンアイディアを即座に書き 頭がどんどん動くようになり気持ちも整理されるようになります知識にとらわれ悩むことがなくなりますメモ書きによって誰でもこの境地に早く到達することができます自分でも驚くほど頭の回転が速くなります具体的にどんなメモを取れば良いのかというのは2件で詳しく解説しますがここで全体像を頭に入れてしまいましょうざっくりとあーこんな感じかと掴んで欲しいんです具体的には A 4用紙を横置きにして一見1ページで1ページで4から6行100行は20時から30時1ページを1分以内毎日10ページ書いてもらいます従って毎日10分だけメモを書くことになりますメモ書きを3週間から1ヶ月続けると頭にどんどん言葉が思い浮かぶようになりますメモ書きよりも早く言葉が湧いてくるんです1ヶ月前にはモヤモヤとしてたものが言葉が明確に浮かびアイディアが次々と出てくるようになります頭の速さに手の動きがついていけずもどかしく思いながらアウトプットし続けるようになりますさらに数ヶ月続けると瞬時に全体像が見えるようになりゼロ秒思考に近づくことが出来ますものによっては瞬間的に問題点が見えたり辛いが整理できたり答えが見えてきますこの変化には性別年齢経験は問いませんいや本当にねでも撮るだけでそんな風になるのかなと思われるかもしれませんが私はめちゃくちゃメモを取るんですが本当にねどんどん頭が早く開店するようになって頭に浮かんだことに手の動きがついていけずねめちゃくちゃな量を紙に書きなぐったりしておりますゼロ秒思考のメモの取り方ではなかったのでこれから私もこのゼロ秒思考のメモの取り方を導入してみようと思いますではそのようなメモの効果を最大限に活かしてゼロ秒思考を作るための具体的なメモの書き方2件で詳しく具体的に解説したいと思いますその前に1件をまとめておきましょうかポイント1時間をかければ考えが深まるとは限らないということを肝に銘じを考える時間の長さとアウトプットの量を成果はほとんど比例しないポイントに優れた経営者優れたリーダーはゼロ秒思考ができるゼロ秒思考ができれば素晴らしいスピードで情報収集をし意思決定押し電光石火でアクションに移せるようになりさん4日かかって考えていたことが数時間で出来るようになるそして生産性は数倍から数十倍上がるポイント30秒思考を身につける最短最良の方法がメモ書きであるメモを書くと頭が整理されメモを書くと自信が出てポジティブになりメモを書くと腹が立たなくなりメモを書くと大きく成長できるさて次に言のゼロ秒思考を作るメモの書き方に参りますかさて次の2件ではね具体的にゼロ秒思考を作るメモの書き方について詳しく解説していきます少し情報量が多くなりますが最後にきちんとまとめるので安心して聴き進めていってくださいではまずは書き方のフォーマットから解説していきますメモを書く際は A 4用紙を取り出して横置きにして右上にタイトルを書いて下線を引いてくださいこれ以上ないほどシンプルですよねノートでもパソコンでもなく A 4用紙ですしかも1ページにびっしり書くんじゃなくては図解4から6行のみ書いて終わりにしてくださいそれこそあっという間に書けるはずですから負担にはなりませんえー4なので文字だけではなくさらっと頭をかくこと持ってきますスペースを切りして小さな字でびっしり書くこともありませんそして右上にはね年月日を入れておきましょうそしてタイトルすなわちメモに確定まは何でも OK です頭に浮かんだまま躊躇せずに書けば OK です少しタイトルの具体例をあげましょうか例えば仕事に関するタイトルならばどうすれば仕事のスピードをあげられるか仕事がうまくできる時できない時どういう時仕事が中断してしまうのか更には将来に関するタイトルの具体例としては自分は本当は何がしたいのかまたは自分が本当に得意なことは何かまたは自分は何に向いているのか何が本当にうまくできるのかそして時間の使い方に関するタイトルの具体例は来週までにすべきこととか今月必ず実施することなどが考えられますこのようにですね頭に浮かぶ言葉そのものをタイトルにしてください難しく考えることは何もありませんむしろ難しく考えちゃった雨です独り見せるわけでもないので頭に浮かんだフレーズを開い 左上にさっと書いてしまいましょうではタイトルの書き方がわかったところで次は具体的なメモの書き方について解説していきますメモはタイトル4から6行の本文各行は20時から30時日付のすべてを1分以内に書いてください頭に浮かぶまま余計なことを考えずに書くんです感じたまま書くんです難しいことは何も考えちゃいけません構成とかもどうでもいい言葉も選ばずふと浮かんだままに書くんです最初は1行から2行しか出てこない人もいるが心配いりませんすぐに描けるようになるので少し頑張って欲しいと筆者は言いますメモの本文はですね4から6行を原則としていますが最初のうちはどうしても浮かばないことありますよねその場合でも頑張って産業は書いてください1000人以上の人にメモ書きをやってもらったそうですが少しだけ頑張れば誰にでも売ってきました誰でも必ずに何か浮かんできますそれを書き出すだけでいいんです慣れてない人も20ページから30ページ各家に書けるようになりますさてここまで聞いて情報量多いよと思われたかた絶対いると思います大丈夫です最後にで2件のまとめとしてしっかりまとめるので安心して聞き続けてくださいではではここまでで書き方のフォーマットはわかったではメモリは具体的に何を書けば良いのでしょうか思いついたこと気になること疑問点次にやるべきことを自分の成長課題腹が立って許せないことなど頭に浮かんだことを何でも書けば OK です頭に浮かんだそのままフレーズを書き留めるんです人に見せるものでもないのでタイトルでも本文でも嫌いな人の名前もぼかさずそのまま書くんです全て具体的に書けば書くほど焦点がブレずにかけるからです遠慮は禁物ですよストレートに書くとでゴミを部屋の外に吐き出すようにすっきりすることができるんです心の中を整理整頓し自分が何を悩んでいるのかをはっきり見えるようにすることで悩みが大幅に減ることを実感できるはずです嫌な事気になる事腹が立つがどうしたらいいかわからないことは私たちをとても苦しめますよね最悪だった光景が浮かんでは消え消えては浮かぶでしょうネガティブなことがあればあるほどそういうことを考える自分が嫌で考えないように努力する努力しても嫌なものは嫌なのでまたふとした瞬間に浮かんでくる消しゴムで消してしまいたいですが頭の中を消去することはこれまで出来ませんでしたところがですよ A 4用紙に一軒1ページでしかも1分でその嫌なことを書き出していくとそのために消しゴムで本当に消していくように心の傷が少しずつ改善していきますやってみてくださいマジでね心の悩み痛みが減っていきます心の中の毒物がね外に出て行く感じでございます考えてはいけないと思いつつどうしても考えてしまうことに対して逆にハッキリと嫌な相手の名前も含めて目の前の紙に書きつけることで不思議なほど自分の気持ちが治って行きます友達にね3時間愚痴を言うよりも効果がありますよなぜなら相手の名前とともに何が嫌なのかどう酷いのが相手がどれほど終わるものなのかどうしてあの時自分は反論できなかったのかどうやって見返してやるのかを目の前の紙に具体的に書くことで自分の気持ちをしっかりと見つめることができるからでございますそれによってただ話しているのとは違って堂々巡りがなくなり気持ちの整理が早まるんです書かなければ10回でも繰り返していた相手の嫌な点絶対に許せない体を紙の上で確定させ前に進むことができるんです一番の親友にも言えない心の奥のどす黒い部分も人りっきりで目の前の紙になら書き出すことができますよねあなたってなんて人なのとは思われる心配がないからです自分の気持ちに思いっきり正直になりますメモリ全部ぶちまけた後それらのメモを見ながらさらに思い浮かぶことやっぱりどうしても許せないことそいつの最悪で一番嫌いなところそんなことを新たにメモに書いて行ってください腹が本当に立った時はいつまでも書き続ければ良いです何百ページでも OK やってみるとわかりますが実はその必要がないんです多分230ページも書けばもうあまりかけないということに気付きますそしてそれに気づく頃には自分の気持ちと状況をある程度客観視できるようになりかなり落ち着いてきますそうなると自分のどこが悪かったのかを築き始めたりこれからどうするべきか少しですが前向きな気持ちを持ち始めたりしますここまで聞いていやいやたかだかメモだろうとメモを馬鹿にしてる人今 そんな人はなんで私がこんなに力説しているのかそして何でこの本が売れない時代でこの本が30番部近くの売れているのかということを少しねよく考えてみて欲しいです効果がないならぶっちゃけこんなに売れませんよですので少し騙されたと思って実際にやってみてから良し悪しを判断してほしいと思いますさてここまででメモの具体的書き方がわかりましたねしかしですよメモを書けと言われてもだいたいどれぐらい書けば良いのでしょうか筆者はメモを毎日10ページ書くことをお勧めされております1ページ1分で書くので毎日10分程度しかかかりませんしかもまとめて書くんじゃなくて思いついた時にサッと書くんです思いついたその瞬間に書き留めることで頭の働きを良くし発想をさらに刺激するので後でまとめて書こうとはしない方が良いですそもそも何を思いついていたのか忘れちゃう子書き留めておくのであればメモ1ページをさっと書いてしまった方が良いという考え方であります毎日10ページと言うとたいしたことがなさそうだしかける人も多いと思いますところがネックレス30ページ1週間で70ページとなるとそろそろ厳しくなってくるかもしれませんよほど向上心がある人でないと脱落しがちれず毎月数回の公演の時にメモ書きおすすめ実際に書いてもらうことが多いそうですが大半の人が非常に喜び是非書き続けたいと言われるそうですところが実際に書き続けられる人は残念ながら少数です毎日10ページだと2週間で140ページ1ヶ月で300ページ半年で1800ページになりますわずか1分で書く簡単なんでもでもこれだけ書くとすごいことになります毎日10ページ10分間だけメモを書くことで誰でも3週間もしないうちにかなりの手応えと自分の成長を感じられますミーティングでみんなが話している内容が以前よりずっと理解しやすくなったとか自分の発言をちゃんと聞いてもらえるようになったとか焦らず人の話を最後まで聞くことができるようになったとかなぜか前より自信が出てきたなどの効果を実感する人が多いです普段色々な事を考えているとはいえ堂々巡りを繰り返し逡巡しているのが大半ですそれを一件1ページで書き出していくとその件については一応ケリがつくので悩むべき考えるべき課題が急激に減っていくんです逆に言えばですよメモを書かないと同じ事ばかりあーでもないこーでもないと考え続けるので一向に悩みが減らないし頭を無駄に使っています時間を大変に浪費しているという証明でございますさてここで次のような疑問を持った人が絶対にいると思うんですメモを書くことの効用は分かったとそしてメモの書き方も分かったとそして俺は今日からメモを書いてみようと思うとしかしお前をと書いた目もめっちゃ溜まっていくじゃないかとその書いたんでもは後で理解すべきなのかという疑問でございます筆者はメモは普段に返さなくていいと言いますメモに書くだけで頭が鍛えられているのでメモの内容は普段に返さなくても良いですただし自分の成長過程を確認するためにも3ヶ月に一度さっと見ると良いそうです毎日10ページ3ヶ月書くと900ページそれを一覧するとものすごい達成感があります見返しているとあの時あんなこと考えてたんだこんなしょうもないことで悩んでいたんだという発見も多数あるはずでございますもし毎日書くペースが34ページ3ヶ月で300ページ程度でも発見は色々とあるでしょうさらに3ヶ月後すなわちメモを書いてから6ヶ月後にまた追加されたメモを整理して前回より回した部分をもう一度だけ見返してくださいそうすると大半がしっかりと頭に入っていることに驚くでしょうメモによっては誰がこんなにいいことを書いたんだろうと思いたくなるほど説得力のあるまとまった内容になっていることがあります誰だってもちろんあなた自身が書いたものです3ヶ月後6ヶ月後にこうやって読み返すことで何に悩んでいたのかどうしようと決めたのかその後どう展開していったのかがすべて一目瞭然で分かるんです自分の軌跡をたどることができるそれ以降はほぼ読み返すのは不要ですつまりすべてのメモは3ヶ月後6ヶ月後の2回読み返し後は原則として読み返す必要はありません書き出した時に最も大きな価値があり2度の読み返しで咀嚼できているのでもう十分なわけなんですそれでは情報量がめちゃめちゃ多かった人間をまとめておきましょうここのまとめだけを覚えてもらえばメモが書けるようにメモの書き方をまとめました メモのフォーマットについてメモを書く時は A 4用紙を横置きにし左上にタイトルを書いて下線を引きましょう右上には年月日を入れておきましょうそしてメモは4から6行書きましょうそして次タイトルの書き方についてタイトルすなわちメモ輪郭テーマは何でも OK 頭に浮かんだもので OK ですでは次メモの書き方についてこれは思いついたこと気になること疑問点次にやるべきこと自分の成長過程腹が立って許せないことなど頭に浮かんだことは何でも書いてくださいそして1ページ1分で毎日10ページメモを書きましょうそしてメモを書いた後にするべきことについては3ヶ月に1回6ヶ月後にもう1回合計2回さっとね今までのメモを流し読みしましょうそれでは本日のハイライトに参りましょう1件で人はゼロ秒思考で考えられるんだというこあと2件でゼロ秒思考を具体的に作るメモの書き方について熱く解説してきましたさて皆様いかがでしたでしょうかこの方はほとんどがメモリーついて書かれておりましたメモをとることがいかに私達の脳を鍛えるのかそして具体的にどんなメモを取れば良いのかというとこまでできるだけわかりやすく解説してきたつもりですそしてこの本に限らずメモのメリットを視聴する方は本当にたくさんあります前田裕二さんが書かれたメモの魔力という本であったり樺沢紫苑先生の著書の中でもメモを書くことのメリットがふんだんに強調されておりましたさらに私は論文解説チャンネルというチャンネルもやっていて論文を読むんですがメモをとることや日記を書くことのメリットについての論文も数多くありますあらゆる本や論文がメモのメリットを保証してくれているので安心してメモをとるという知的作業に取り組んで欲しいと思うんですさて本日は人はなぜ深く考えることができないのかそして今までどこでも語られることのなかった本当に役立つ思考のトレーニングについて解説してきました今回お伝えしたい内容は人が本来持つ考えるという能力がいかに阻害されているのかそれをどうやったらスムーズに取り出せるかという観点から筆者自身が何万ページも書いて1000名ほどの方にお伝えしてきた方向になります大多数の人はまとめようとすると頭が動かなくなりますまとめようとせず考えようともせず感じたままをメモに吐き出すことでいくらでも思考が進むんだということを解説してきましたその究極がゼロ秒思考でしたね考えるということに対して苦手意識がなくなり現状把握も課題整理も実際の行動に関してもすっと浮かぶようになります毎日10ページのメモ書きを数ヶ月続けていくとこのゼロ秒思考の感覚がだんだんとはってもらえるようになるんだと筆者は言いますではこの動画を見てくださった皆様がゼロ秒思考を目標にメモ書きに取り組んでいただきスッキリとした気持ちで切れ味の良い仕事をしてプライベートも充実させていただけることを武美は願っておりますよ私の体験的にもメモを書くということはめちゃくちゃ思考を整理したりとか頭の回転を上げることにとても役立つと思うので是非メモをとるという習慣お願いいたします本日は以上ですこの動画は駄目になったという方は誰君のやる気アップと更なる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンチャンネル登録ポチッとお願いしますまた新しく論文を開設する論文解説チャンネルを立ち上げましたので興味のある方は概要欄のリンクから訪れてみてください本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事