【VODで読める電子書籍】『貧乏はお金持ち「雇われない生き方」で格差社会を逆転する(橘玲[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。

※電子書籍『貧乏はお金持ち「雇われない生き方」で格差社会を逆転する(橘玲[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『貧乏はお金持ち「雇われない生き方」で格差社会を逆転する(橘玲[著])』さて今回は橘玲さんの貧乏はお金持ちを要約して行きます本日のお品書きは次の通りです1件で資本主義で金を稼ぐ唯一の方法2件でサラリーマンは搾取されている3件で搾取から逃れる方法について解説していきますでは早速一見から行きましょう一見資本主義れ金を稼ぐ唯一の方法さてまずこの本のコンセプトを紹介しましょう自由に生きることは素晴らしいよということでございますよとてもシンプルですよねそしてこれは当たり前の思想だと思いますよね誰だって自由は素晴らしい自由になりたいと思っているでしょうしかしですね自由の価値というものは今かつてないほどに貶められてしまっているんですかつてこの国ではサラリーマンは社畜と呼ばれていました自由を奪われ会社に人生を捧げた家畜すなわちってお礼の意味で彼らの滅私奉公ぶりや退屈な日常をあざけり見下すのがかっこいいとされていた時代があったのですがあの人はタイムカードを押すために満員電車に揺られ自由とは程遠い日々を送っていたんですよしかしそれが嫌だからといって会社を辞めて自分や家族が生きていくだけのお金を稼ぐ方法もなかったわけですところが今の世の中はどうでしょうか非正規社員を正社員にせようと皆が大合唱しているじゃないですかそして今の若者に夢を聞くと正社員になることだと答える人も増えてきましたよあれおかしいなでもちょっと待ってくださいお正社員とはサラリーマンでありすなわち社畜のことでしたよね驚くべきことにこの国ではいつのまにか社畜=奴隷こそが理想の人生になってしまい多くの人が自ら会社に監禁される人生を望んでいるんですすなわち自由の価値はかつてないほどに貶められてしまったわけですそんな世の中において今こそ必要なのは自由に生きることの素晴らしさをみんなが思い出すことですよ安定を得る対象に自由を売り渡すのはいい加減もうやめるべきなんだと気づくことでございますなぜでしょうかそれは安定なんて存在しないからでございます安定を望んで会社の奴隷になっても今では変化が激しくすぐに会社が潰れてしまう時代なんですここで言いたいのはサラリーマンを辞めて独立しようとかそういうことじゃなくてこの変化の激しい時代に一人一人が自由に生きるための戦略を持たなければならないということなんですよグローバルな資本主義を生き延びるための方法を自らが考えなければならないということなんですよ今の世の中は未曾有の不景気になっていて安定というかつての夢は急速にしぼんでいるんですよ今の時代に絶対に覚えておかなければならないのは頃より安定した職業なんてものは存在しないということでございます世の中には安定などないと知ることでございます皆さんよく周りを見渡して考えてみてください大企業が安定公務員が安定年金制度が安定それは本当ですか現在大企業でも大規模なリストラが行われることも珍しくなくなりました定年退職ではなく早期退職を募集する大企業も増えてきておりますさらに公務員でも赤字の自治体は職員のリストラ家賃下げが当たり前に行われており公務員になれば安泰であるとはとても言えませんそして年金細胞少子高齢化に大企業が加わって破綻するかもしれないんです健康保険や介護保険だって今のまま続けられるか分かりません私達はいい加減に安定というありもしない夢を追うのをやめなければならないんですありもしない幻想を追い続けるから辛いんですよ絶望してしまうんですよこの世界の大不況が私たちに教えてくれたことは結局クリア会社は何もしてくれないんだということでございますさらに今回のこの中で皆さんが強く実感したのではないでしょうか栗が助けてくれましたか会社が助けてくれましたが国や会社に安定や助けを求めてもそれは逃げ水を追いかけるようなもので決して手に入ることはないでしょうだったらば自分のことは自分で何とかするしかないんですしかし自分のことは自分で守ると漠然と言われてもいったい何をすればいい良いんでしょうか簡単に言うとお金を稼ぐことでございますお金を稼げば自由になれるからでございます自由というのは曖昧な概念なんかじゃないですよそんなものじゃなくてもっと具体的に決められるものです自由とは人生を選択できる経済的な十代のことなんですよ自分と家族を養うだけのお金がなければ結局栗とか会社とかに依存しなくちゃいけない誰かに依存しなくちゃいけない状態になってしまうわけですよそして何者かに経済的に支配されている状態は一般的に隷属と呼ばれます人は皆自分の人生を自分で選ぶべきなのですこのように考えれば自由な人生にとって一番大事なのは自分の手でお金を稼ぐことだとわかりますそこで役立つのが本性貧乏はお金持ちなんでございますよ本書ではお金と世の中の関係が徹底して書かれているんですなかなか難解な部分もありますができるだけわかりやすくまとめているのでお付き合いくださいさて皆さんお金を稼ぐと言われても会社に勤める以外方法が思いつかないよーなんて方は 大きな視点で考えてみましょうか私たちは今資本主義に生きていますよねまずは資本主義の根本原理を抑えましょう資本主義において私たちがお金を獲得する方法はたったひとつしかないそれは資本を市場に投資しリスクを取ってリターンを得るこれだけなんですよそして僕達が持っている手法の中で最も大きいものは人的資本と言われるんですよ人的資本とは働く能力のことです特に若い時はみんな自分の人的資本すなわち労働力は労働市場に投資して給料とよりリターンを得ているんですよそしてこの人的資本は要するに金を稼ぐ力のことですから知識とかスキルによって一人一人違う訳なんですよ例えば医者や弁護士といった大きな人着信音を持っている人はたくさん稼げるし人的資本を少ししか持っていない人は貧しい暮らしで我慢しなければならないわけなんですよだからみんな必死になってこの人的資本を大きくするために高い学費を払って MBA に通ったり簿記などの資格を取ったりしているわけなんですのようにしてできるだけ給料を上げる努力をしつつそのようにしてもらった給料から食事や家賃などの必要なお金を支払って手元に残ったお金が資本金になりますそしてこの資本金を資本市場に投資してお金を増やすことがあってきます最もわかりやすい投資が貯金でこれは銀行にお金を貸して利息を得ることでございますしかし今は金利が少ないからほとんども分かりませんねもっと大きく儲けたいならば株式に投資すること持ってきますしかしこちらは儲けは大きいけれどそうもすれば大きいというハイリスクハイリターンの投資になりますこのようにしてですよ私たちは人的資本を労働市場に投資したり金融資本を金融市場に投資したりして生きていくためのお金を得ているんです一般的に言うとですよ若い時はお金がありませんから人的資本で稼いで年をとって働けなくなると貯金していたし金融資本と年金で生活するというのが一般的なパターンになるでしょうさてでは一見をまとめてみましょうか安定という系統のために自由を売り渡しては行けない僕たちは資本主義社会の中に生きているその中でお金を稼ぐ方法は所有している人的資本家金融資本などの手法を市場に投資してリターンを得る市管内人的資本とは働く力のことで資格を取るなどの自己投資をして大きな人的資本にすればより大きなリターンが得られるでは次に言のサラリーマンは搾取されているに今いる場所をさて体型の人がサラリーマンだとは思うのですが本書ではサラリーマンは搾取されているんだぜということがね何度も何度も強調されております削除されているとは一言で言うとサラリーマンの税と社会保険料が高すぎるよということなんですよ例えば年金保険料を考えてみましょう日本の年金制度というのは自営業者などが加入する国民年金とサラリーマンが加入する厚生年金のこの二つの制度が合体したものなんですよこの家国民年金は所得にかかわらず六十歳まで定額を積み立て65歳から定額の年金を受け取るというシンプルな仕組み何ですよそしてこの国民年金というのは極めてお得な金融商品なんですよ現在の国民年金は年間保険料が約20万円でそれより十歳から60歳までの40年間続けると総支払額は約810万円になりますそれに対して期待できる年金受給額は男性で約1157枚塩女性では160910万円ですから男性は払った掛け金の1.4倍女性は2.1倍が戻ってくる計算になりますそしてこの国民年金の特徴は加入者が自発的に保険料を納めるということなんですよだからですよもし国民年金を払っても払った以上の金額をもらえないならば俺はやめとくわって言って国民年金を納めない人が増えるでしょうこれは当たり前のことですよそうすると分かっていれば国民年金を納める人は誰もいなくなるので国民年金はちゃんと得をするシステムを維持しなければならないわけなんですよ国民年金に入れば国民が得をしますということはですよ皆さん当たり前ですが年金財政は赤字になりますよねだってもらった以上に多くのお金を返しているんだからそうなってくるとですよこの赤字は誰が補填しているのでしょうかそれはサラリーマンが加入している厚生年金でございます日本の保険制度は二つしかないから国民年金のツケは厚生年金に回すしかないんですよそして厚生年金はサラリーマンに対する強制加入で保険料は給料から勝手に天引きされますからぼったくるのにこれほど都合のいい仕組みがないんですよつまり国民年金の赤字をサラリーマンにたかる事によって埋め合わせているわけですそうは言ってもですよ払った掛け金が返ってこないぼったくられてると分かればねサラリーマンだって無事くれますよところが厚労省は将来厚生年金は2.1倍になって返ってくると主張しているんですだからみんなあまり騒いでいないわけなんですよでも先ほど言ったようにこれ絶対おかしいですよ国民年金も得をして厚生年金も得をするならどんどん赤字が溜まっていて年金制度なんて維持できるはずがありませんよねだからどこかにトリックが使われている理由ですトリックは抗生 今日の半額が会社負担になっているということにあるんですよ功労賞はそれを利用してサラリーマン個人が負担する半額の保険料を基準にすることで厚生年金の利回りを2倍にかさ上げしているわけなんですよ実際にですよ会社負担文を加えた全体の保険料で厚生年金の利回りを計算すると何と何と54歳以下のサラリーマンでマイナスになってしまうんですつまり厚生年金は男性に限れば現役世代のほぼ全員が払い損なんですよ損をしちゃうわけなんですよそして現実にはサラリーマンが納める厚生年金の半分は国民年金の赤字に使われて消えていくことになってしまうんですよ辛すぎでございます悲しいでございますしかし悲しみはこれで止まりませんさらにこうした理不尽な行動は健康保険制度でも同じなんですよざっくり言うと自営業者が得をしてサラリーマンが損をする仕組みになっております詳細は省きますがサラリーマンが加入する組合健康保険というものだけが一方的にそんな仕組みになっているわけですここまで聞いてねサラリーマンはそんなに削除されていないんじゃねと先ほどお前が言ったより年金などの社会保険料は会社が半分払ってくれるんだろうと自分半分貼らなくていいからこれ男じゃないかと思った方いるかもしれませんしかしこの会社が負担している社会保険料は人件費の一部なんですよ人件費の一部なので本来ならば新たに支払われるべきものなんですよあなたが毎月10万円の社会保険料を納めなくてはならないとすると半額の5万円を会社が払ってくれるわけですこう聞くと社員になれば保険料の半分は会社持ちじゃんラッキーと考える人がいるんですがこれ間違ってます会社が支払う5万円は人件費の一部なので社会保険料の支払いがなければ本来あなたがもらえるはずのお金なんすよだから社会保険料があるせいであなたの給料は本来よりも下がっているんですよ以上見てきたようにサラリーマンは社会保険料という形で搾取されているわけですよく日本は海外に比べて所得税が安いなんて言われますが違うんですよこれらは全て税負担の重さを隠すためのあやかしの言葉なんですねこの社会保険料を入れると景色がまるで変わってくるんですはっきり言って日本の税はめちゃくちゃ高いですでは実際にサラリーマンはどれだけの税負担をしているのかということを具体的に見ていこうではありませんかサラリーマンが支払わなければならない青といえば所得税住民税社会保険料がありますこれに会社負担の社会保険料を加えたサラリーマンの実質納税の負担額はどのぐらいになるのでしょうかたとえば年収600万円で計算してみましょうまずですね年収600万円のサラリーマンが支払う社会保険料は全部で約172万円になりますこのうち会社が半分負担してくれるからこの半分の約86万円が問答無用で給料から天引きされることになりますこの社会保険料86万円で所得税と住民税を加えると合計で約115万円600万円年収があったら115万円税金で取られるわけですこれは年収の約2割に相当しますそしてよく見てください天引きされる115枚女の家社会保険料が86万円所得税と住民税が29万円ですよねという事は大半のサラリーマンにとって家計を圧迫しているのは税金じゃなくて社会保険料なんですよ所得税や住民税に対して3倍も社会保険料の方が高いんですもうやめてくれよとつらいよという声が聞こえてくるんですが気にせず言っちゃいましょう600万円のうち約2割しか取られないんだったら意外と税金高くないじゃんと思った人いますが実はこれにもトリックがあるんですよ先ほどの計算では社会保険料の半額の86万円で計算しましたよねしかしですよ本当にしはらなければならない社会保険料は172万円なんですよそしてあなたの本当の年収を会社負担文の社会保険料を加えた686万円として税金を計算してみましょうそうすると実質税負担が約201万円実質税負担率は29.29%と大幅に上がるんですよこのようにサラリーマンは実質収入の3割を税と社会保険料で払っております社会保険料の半額を会社負担にするというのは殺す都合な真実を知らせないための通りなんですよ社会保険制度の破綻を避けようとすれば日本は問答無用で給料から天引きされるサラリーマンから保険料を徴収するしかないのですですから公的年金とか健康保険の財政が悪化すればするほど構造的にサラリーマンは搾取されてしまうわけなんですよサラリーマンはほとんど自覚しておりませんが実質税負担率3割というのは衝撃的な数字ですよねさらに恐ろしい事実を申し上げましょう一般のサラリーマンが障害で得る収入の総額は3石から4石と言われておりますこのうち3割が税と社会保険料で問われるならばあなたが生涯に収める実質税負担はおよそ1億円になるんですよいやいやさすがに高すぎるよこんなに税金払っていたらお金持ちになれるはずないじゃないですかですからこの重すぎる不安から逃れるために僕らは頭を使わなければならないわけなんですそのことを3件で見て その割に電話は止めましょうサラリーマンは搾取されている公的年金とか健康保険の財政が悪化すればするほど苦にはその赤字をサラリーマンにたかることによって埋め合わせようとするから構造的にサラリーマンは搾取される運命にあるサラリーマンは実質収入の3割を税と社会保険料で払っているこれを続けると障害に納める金額は1億円になるではラスト3件搾取から逃れる方法を見ていきましょういやもう本当に2件でサラリーマンは削除されているという悲しい現実見てきましたよねそして納める税金や社会保険料が重すぎるよとそれを何とか減らさなければ金持ちにはならねえよーということを見てきましたよではどうすれば具体的に負担を減らすことができるのかそれはサラリーマンを辞めて自営業者になることでございますサラリーマンのように会社から給料をもらっていると問答無用で最初に給料から天引きされてしまうため節税などが一切できないんですよですからできるだけ税金を払わずに節税するためには自営業者にならなければなりませんそして一番強翼の方法が法人を作ることでございます日本の税制度というのは大きく歪んでいてサラリーマンに厳しく自営業者と法人に優しくなっているんですよ簡単に言うとですよ自営業者になれば税金が安くなり法人になるともっと税金がお安くなりますよ安いですよ皆さんこの機会に法人はいかがですか何で自営業者とか法人になれば税金安くなるのといえばそれは自営業者や法人だと節税ができるようになるからですそして自営業者に比べて法人は節税の幅がさらに広いと言われておりますさらにですよ皆さん最近よく聞くフリーランスとかフリーエージェントというのは会社に雇われない生き方を選択した人達でございます金額はこのような人たちがどんどん増えてきてアメリカでは何と働いている人の1/4がフリーエージェントだと言いますそしてですよこのフリーエージェント家法人化したものをマイクロ法人と言いますアメリカでは1303社のマイクロ法人があり11秒に一社の割合で自宅ベースのミニ会社が生まれているんですアメリカでは会社に雇われない生き方が一般化すると同時にフリーエージェントのマイクロ法人化が進んでいるんですなぜなら会社に所属するんじゃなくて自分自身が会社になるのはその方が圧倒的に有利だからですよ会社を作ることによって個人とは異なるもう一つの人格法人が手に入るんですよそうすると不思議なことが次々と起こるようになるんですよざっくり言うとですよまず収入に対する税負担率が大幅に低くなるさらにまとまった資金を無税で運用できるようになるさらにもっと驚くべきことに多額のお金をただ同然の利息でそれも無担保で借りることができますつまり言ってしまえばマイクロ法人とは国家を利用して富を生み出す道具なんですよさて今まで話してきたことを一言でまとめるならはサラリーマンは搾取されているからマイクロ法人を作って税金を減らすなどの様々なメリットを得ようぜということでございますよここまで聞いてさしの意味なさんですから絶対に思う人がいると思うんですよそんなにマイクロ法人んがいいならなんでみんなそれやらないんだという疑問でございますよそれは誰もが正社員に憧れていることから分かるように日本の社会ではサラリーマン以外の生き方が圧倒的に不利であると信じられているからですもっと言えばですよ会社から給料をもらう以外の行き方をみんな知らないんですだって会社に雇われて言われたことだけをやっている方が楽じゃないですかマイクロ法人を建てるとか正直めんどくさいしよくわかんねーよという人が多いんですよまたは自分で何か事業を始めるということが考えられないという人もいるでしょうそんなリスクは冒せないよとしかし先ほども紹介したとおりアメリカでは1/4がフリーエージェントで日本でも1/6がフリーエージェントだと言われております確かに昔ではフリーエージェントとかマイクロ法人というのは珍しい存在だったかもしれませんが今はどんどん一般的になりつつありますですから今あなたがサラリーマンで本当にお金持ちになりたいと願うならマイクロ方針を立てるべきなんですさらに今自営業をしていて儲かっているならそれを法人化してマイクロフォン神にするべきなんですよそうすることによって税制度の歪みからこぼれ落ちる様々なメリットを享受することができます具体的なマイクロ法人の立て方などはここで解説しているともう2時間を超える動画になっちゃいますから興味のある方は個人でぜひぜひググってみてください今回の動画ではとにかくサラリーマンは搾取されていて金持ちになる方法は税金を払わないことそして税金を払わないためにマイクロ法人を立てるという方法があるんだということをね知っていただけたらこの動画を見た価値が十分にあるかと思いますでは3件をまとめましょうサラリーマンの思い出負担から逃れる方法はマイクロ方針を立てること税制度は大きく歪んでいてマイクロ法人になると様々なメリットがあるそれでもマイクロ方針を立てない人がいるのは知らないからかめんどくさいからか自分で商売を始めるのが嫌だからであるでは本日のハイライトに今いる場所を本日は一見で資本主義で金を稼ぐ唯一の方法を2件でサラリーマンは削除されているということを3件で搾取から逃れる方法を観てきまし 皆さんこれを見てどう思いましたかねもちろん今すぐサラリーマンを辞めてフリーエージェントに行ってマイクロ法人を作るというのはなかなか難しいかもしれませんしかし副業解禁で副業が大ブームになっているより今ではあなたが勤めている会社一つに収入源を依存させることは大きなリスクでございますいつ会社が潰れるかもわからないんですからそうなってくるとですよ私が思う現実的な方法は今サラリーマンとして会社から給料をもらってとりあえずそれで生活費にすると会社からもらう給料で生活費を稼ぎそして空いた時間で副業にチャレンジするそして副業が軌道に乗ってきたらマイクロ法人を立てて今ある会社を辞めてしまいマイクロ法人一本でガンガン稼いでいくこれが現実的な方法じゃないかと私は思っておりますもちろんマイクロ法人を建てることが圧倒的に有利なんですがだからといって勢い余って今ある会社を辞めてしまってねマイクロ法人を立てたが全然うまくいかない生活できるとなると悲しいので会社から収入を確保しつつもう一つ副業という道筋お造りその副業が軌道に乗ってきたらマイクロ法人化してがっつり儲けるこのような道筋で言ってみてはいかがでしょうかもちろん今やっている私のこの YouTube これも副業にあたりますそしてもしこれがねうまくいったら私もこれを法人化することを決めております皆さんもマイクロ法人目指してみてはいかがでしょうか本日は以上になりますこの動画ためになったという方は私のやる気アップとさらなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞどうぞよろしくお願い申し上げます長い間お付き合いありがとうございましたではまた次の動画でお会いいたしましょうご清聴どうもありがとうございます
おすすめの記事