【VODで読める電子書籍】『残酷な世界で生き延びるたった一つの方法(橘玲[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。

※電子書籍『残酷な世界で生き延びるたった一つの方法(橘玲[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『残酷な世界で生き延びるたった一つの方法(橘玲[著])』さて今回は橘玲さんの残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法を予約して行きます本日のお品書きは次の通りです1件でまず結論残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法について2件で定期性のない努力は努力で向上しないということについて3件で考察をしていきますではまず一見結論ですね現在グローバルな能力主義の時代を生き抜く方法として自己啓発がブームになっておりますね仕事を獲得するために AI に仕事を代替されないために休日僕頑張ってスキルを磨こうそんな自己啓発本が書店には溢れていますよねしかし誰もが感じているように自己啓発というものは少し胡散臭いですよね本当に自分は変われるのか本当に自分の能力は向上するのかという疑いを拭うことができないこの本のテーマはそんな自己啓発に異議を唱えていることでございます自己啓発の伝道師達はやればできると僕たちを鼓舞しますしかしこの本はそんな人たちとは真っ向から対立する必要すなわち能力は開発って来ないと主張しているんです自己啓発は意味がないと言うんですなぜならば努力しても私は変われないからとは言ってもねこれは立花さんが勝手に自分の意見を言っているわけじゃないんです自己啓発が意味がないということを進化論の観点から説明しているのがこの本になってくるんですなぜ自分の能力が開発できず自己啓発しても意味がないかという説明は2限と3限に譲るとしてまずはこの本の結論自己啓発は意味がない自分は変われないということを押さえておきましょうここまで聞いてねガッカリしますよねなんだよと努力しても無駄なのか結局生まれつきの才能なのか努力しても無駄なら結局何を希望に生きていけばいいんだ大丈夫ですそんな風に絶望することはないんです今のありのままのあなたでも成功を手にする方法があるんです残酷な世界で生き延びるための成功哲学はたった二行に要約ってくるんですが卵を捨ててバザールに迎え恐竜のしっぽの中に頭を覚醒何のことか分かりませんよね分かりやすく言い換えましょう今の世の中は頭のいい人が医者や弁護士などの高収入の仕事を独占しているだからみんな自己啓発をして自分の能力を高めて高収入の仕事に就こうと頑張るんだけれども自分の能力は大半入れんだから努力しても自分は変えられないつまり高収入の仕事には就けずコンビニのアルバイトのような誰でも出来る単調な仕事につかざるを得ないそれが嫌ならば自分の好きなことで生きていくしかない今ではアマゾンやグーグルなどのプラットフォームを使えば工夫次第では自分の好きなことで生きていけるそんな道をなんとか探そうこういうことなんですね今の夜中って人間の様々な能力の中で特に言語的知能論理数学的知能の二つだけを評価するんですよもっと分かりやすく言うとですね言葉を操る能力が高い人と数字を操る能力が高い人が勉強ができるとされてね高学歴になって高収入の仕事に就くそんなような花なんですよだからみんな自己啓発をして勉強を頑張っていい仕事に就こうとするんですが勉強ができるというのはかなりの部分が才能や環境で決まっているから個人の努力じゃなかなか難しいんですじゃあ諦めて勉強できない人は基本的にコンビニなど誰にでもできる仕事で働くしかないそれが嫌ならば自分の好きなことで生きていくしかないそして昔に比べてね今はグーグルやアマゾンがあるから自分の好きなことで生きていく方法は見つけやすい例えばね音楽を例にとりましょう音楽が好きならばメジャーデビューすることは難しいけれども YouTube で自分の音楽を配信して少数のファンを持って CD を自主制作して Amazon で売り月に10万円とか生きていくのに必要最低限のお金ぐらいならばなんとか工夫次第では手に入るんだとメジャーデビューできる人なんてほんの一部じゃないですかそれ以外で人は基本的に音楽で食えないわけですしかし今の時代 Google Amazon SNS があるからそれらを上手に使えばメジャーデビューは無理でも音楽でギリギリ食って行くぐらいはできるよっていう話なんです漫画家や小説もこれ同じなんですねジャンプで連載できるような漫画家は一部だけれども Twitter とか pixiv とか YouTube とかで自分の書いたオリジナルの漫画を公開するんですめちゃくちゃ人気なんか出なくても少しでもパンがつけば生きていくのに必要なお金ぐらいはなんとかえられるんですこのように自己啓発には意味がないもうちょっと厳密に言うとですね適正にかけた能力は学習や訓練では向上しないすなわちやってもできないという事実を認めてその上でどのように生きていけばいいのかという成功哲学をね作っていくべきなんですよではでは一見をまとめてみましょう結論残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法自分の能力の大半は入れんだから努力しても自分は変えられないつまり能力に恵まれなかった人は高収入の仕事は無理で単調な仕事に就かざるを得ないそれが嫌ならば自分の好きなことで生きていくしかない今ではアマゾンやグーグルなどのプラットフォームを使えば工夫次第では自分の好きなことで生きていけるそんな道をなんとか探そうこういう では次に原動力は向上するかに参りましょう心よねなぜ自己啓発する意味がないのかやってもできないのかということを見ていきましょうその理由は主に次の二つになります市知能の70%は遺伝で決まる機能だけでなくほとんどの能力も遺伝の影響を受けるに性格の半分は環境の影響を受けるが親の事だとは無関係で一旦獲得した性格は変わらないこの他にもねこの本の中には能力が向上しないというあらゆるデータが書かれているので興味がある人はぜひ手に取ってみてくださいここではこの二つに焦点を当てて紹介していきますこれが二つのことは行動経済学という立派な学問によって証拠が山積みになっているので指定することはできません行動経済学は遺伝的な影響を教育では変えることができないという大量のデータを積み上げているんですシンプルに言うと行動経済学は次のように主張するんですよやってもできないもうちょっと正確に言うと適性にかけた能力は学習や訓練では向上しないやればできる子おはあるかもしれないけれどもやってもできないことの方がずっとずっと多いんですこれはね多くの人が主張していることでございます例えば有名どころで言うとリチャードドーキンスの利己的な遺伝子スティーブンピンカーの人間の本性を考えるなどといった本でも主張されていることなんですねつまり知能や性格は運命のようなもので努力によっては変わらないんですね実際私もこの不道徳な感が降るよね最初もちろんものすごく抵抗はありましたこの本を読んだ時にね本当に何とも言えないね気持ちがしたもんですよ何かね家まで大切に思っていた写真のようなものがガラガラと音を立てて崩れ去っていくような感覚がしました努力がで無意味なら一体何を支えにして生きていけばいいのか知能や性格が遺伝によって決まるならば人生に希望なんて持てるはずないじゃんかだったのに例え嘘でも自分は変われると信じていた方が楽なんじゃないのとそう思ったわけですよでもね事実を認めることというのはめちゃくちゃ重要なんですねもしも僕たちの人生がすよやればできるという仮説に従っているならこの仮説が否定されてしまえば人生そのものが台無しになってしまうわけですよそれよりもやってもできないという科学的な事実を認めてその上でどのように生きていくかの成功哲学を作っていくべきなんですその成功哲学とは一見で述べた通りで努力しても自分は変えられないのだから自分に適した環境が探すということです自分で適した環境を探すというのは好きなことで生きていく方法を探すということですインターネット特にアマゾンやグーグルと SNS などをフル活用して自分の好きなことで必要最低限の金を稼ぐそんな道を見つけるんですでは2件をまとめてみましょう行動経済学によるとやってもできない例えば次のようなデータがある知能の70%は遺伝で決まる知能だけでなくほとんどの能力も遺伝の影響を受けるに性格の半分は環境の影響を受けるが親の子育てとは無関係で一旦獲得した性格は変わらないではラスト3件考察してみましょうさてここまででねみもふたもない話をしていましたよねでもね少し考察してみましょうよ私がね難しいと思ったのは適性についてでございますこの本では適正にかけた能力は向上しないと言っているわけなんですが一番難しいのはですよ自分が向いているか向いていないのかという適性を判断することじゃないでしょうか適正があれば努力すれば伸びるわけですよね勉強に向いている頭があるならば勉強すれば成績は上がるしかし勉強に向いていない頭だったら勉強したって最終成績は上がらないですこういう理屈なんですねこれは分かりますよねでも自分が勉強に向いているかどうかどうやったらこれわかるんですかねまたミュージシャンが自分の音楽の適性があるかどうかってどうやってわかるんですかねあれば漫画家でも何でもそうなんですが自分には才能がある適性があるとどのタイミングで判断すればいいのかこれが難しいですよね自分に才能があると思い続けて10年20年真面目にやっても売れないことがあるわけですよ逆に3年間頑張って才能がないとやめてしまったが本当は才能があってですよあと1年続けていたら売れていたという可能性はってあるわけじゃないですかつまり僕が言いたいのは損切りのポイントが難しいということなんですよクリエイターならば特にいつ売れるかわからない才能があると信じ続けて一生売れないこともあるし逆に才能があっても才能がないと判断して途中でやめちゃうこともあるどのポイントで自分には才能がないと今やっている活動を損切りするのか俺が難しいじゃないですかだって人間は自分には才能がないんだと認めたくない生き物ですからね現状維持バイアスと言って現状維持しようとする本能も持っていますその結果ずるずるずるずると今の活動を引き伸ばして一生売れないお笑い芸人のようになってしまうこれに対してね私なりの解決策は自分で一定の期間を決めて頑張るそしてその期間で結果がでなければその活動は才能がなかったとして損切るぶっちゃけ連呼するしかないんじゃないでしょうかね自分は音楽で食っていくたいしかし才能があるかどうかまでは分からないじゃあ5年間死ぬ気で頑張ってみよう5年間で売れなかったら普通に働こう 考えるしかないんじゃないでしょうかこの自分の適性を判断するという難しい問題に何か解決策や自分の意見があると言った方はぜひぜひコメント欄にて教えてくださいお願い致しますではでは本日のハイライト1件2件3件で次のようなことを学びました本日は以上になりますこの動画は駄目になったという方は私たちの野球部とさらなる動画録を力アップにつながるので高評価ボタンチャンネル登録どうぞどうぞよろしくお願いいたしますでも2月の10日にお会いしましょうさよなら
おすすめの記事