【VODで読める電子書籍】『生き方革命 未知なる新時代の攻略法(橋下徹[著], 堀江貴文[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。

created by Rinker
¥1,485 (2021/09/18 07:27:07時点 Amazon調べ-詳細)

※電子書籍『生き方革命 未知なる新時代の攻略法(橋下徹[著], 堀江貴文[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『生き方革命 未知なる新時代の攻略法(橋下徹[著], 堀江貴文[著])』の紹介あゆみさんこんにちはいるチャンネルへようこそ今回は二人のイノベーターから学ぶこれからの行き方革命について話をしてきますこのチャンネルは毎回ビジネスに役立つテーマを決めそれにふさわしいことが書かれている書籍をご紹介し25年以上刑事をやっている私の経験も踏まえながら分かりやすく10分前後でまとめているチャンネルです今後もビジネスに役立つ動画をあげていきますのでよかったらチャンネル登録していただき皆さんのビジネス活動に役立てていただけたら幸いです今回ご紹介する本はこちらの行き方革命未知なる新時代の攻略法という本ですこの本を書いたのはホリエモンこと堀江貴文さんと元大阪市長の橋下徹さんですお二方共に発信力影響力先見力がありともにご自身の主張をはっきりと述べられたなので面白そうだなと思って読んでいましたこの本はこれからの生き方についてお二人がそれぞれの持論を述べられています今回はそんな中で私が特に共感した部分に関してお話いたいと思いますこのお二人の話から感じたことは今までがこうだったからといってそこに凝り固まっていては人生終わるよってことですか世の中はテクノロジーの進化に伴ってとんでもないスピードで変化していてますよねこのイズチャンネルを見ていただいてる方には是非テクノロジーの進化をうまく活用してご自身のビジネスを進化させて頂きたいと思っていますが最低でもこの流れについていてほしいなと思います今回この本の中で橋本弁護士が何度も口にしていた言葉が流動性という言葉でしたいやただ疲れていたので検索してみたら一冊の本の中でなんと57回も更新されてました橋本弁護士はここで人や企業を元気にするための原則は高い流動性だと主張されています流動性とは人の移動場所の移動や企業の新規参入軽食などを言うそうですがとにかく動く変化するねことが大切だと言われています私は普段起業家向けて皆なので話をする大企業は環境に適応し続けないといけないという話をよくしていますこれは企業として常に変わり続けないと生きていけませんよというメッセージなのですがこれからは企業だけではダメな時代になってきましたなんでかと言うとこれからは個人の時代と言われてるからですなんで個人の時代と言われているかというと終身雇用が崩壊し働く側も短期で転職することが当たり前になりましたし雇用する側も一生面倒見ないといけないという責任もなくなりました服業やフリーランスも当たり前か手伝って能力のある個人はお金を稼ぐ選択肢が以前より増えたのではないかと思います今後単純作業は AI やロボットがするようになるわけですし人生100年時代がやってくるともいわれていますそんな中で個人としてどう生きるかが問われているわけですこういう話をするとじゃあこれからどうすべきですかとかいう疑問が堀江さんの所にもたくさん届くそうですそこで堀江さんはそういう質問自体がくだらないと主張されていますこれさんらしいですねなんでかと言うと未来なんて予想できないからです今回のコロナにしても誰も予想しなかった出来事で世界中がパニックになってますよねなのでそういう人生の攻略法だとかを知ろうとする人は自分が現在どんなゲームをしてるのかに気づいてないって言うねつまりこれまでプレイしていたゲーム用は世の中で言うと小さいうちから勉強していい大学に入って大企業に入ったり医者や弁護士公認会計士になるみたいなのがひとつの人生勝ち組の攻略法だったわけですただ今我々がプレイしているゲームつまり1台はそういう決まった攻略法があるゲームじゃなく自分が好きなようにプレーをしていいゲームだということなんですね例としてあつまれどうぶつの森や Minecraft が出されていましたゲームをされる方はイメージが湧くでしょうが今の時代は自分がプレーするフィールドを自分自身で作っていく時代だってことなんですねなので堀江さんは自由に好きなように生きていけばいいんだってことを記帳されています私もその通りだなと思ったんですがこの部分だけを真に受けてはいけないとも思いましたつまり自由ということは裏を返せば誰も守ってくれないとことでもあるわけですというのは終身雇用の時代サラリーマンに自由はありませんでした今で言うとほとんどの会社がブラック企業と言われてしまうくらい会社のために企業戦士として戦うしかなかったのでですただしその代わり一度入れば企業がずっと守ってくれましたこれがトレードオフの関係で成り立っていたわけですで今は個人が自由に生きやすいフィールドが届いてきた一方で誰も守ってくれなくなったわけですつまり自分で力をつけて100年時代を生き抜いて行かなければならないんですねそこで橋下弁護士は流動性が大事だと言われてるわけですこれはどういうことかというと一つの世界で凝り固まって生きてくのではなくどんどん新しい世界に飛び込んでいくということです 弁護士の場合まずは弁護士だったわけですよねただ弁護士って世の中に五万というわけじゃないですかそこで橋本弁護士はテレビに出てタレントになったわけですよねそしてもちろんタレントも世の中コマンドいうわけですが弁護士かけるタレントとなると一気に調整が高まるわけですそれから今度は政治家になったわけですが政治家も世の中コナンというわけですが弁護士かけるタレントかける政治家ってなると橋本さんぐらいしかいないようですねもし橋本弁護士が弁護士しかやってなかったら今みたいな木調整て出せてないわけですなのでひとつの場所に凝り固まるのでなく違う世界に飛び込んでいくことが大切な理由ですねでこういう話をするとそれは橋本弁護士だからできるんじゃないって言われそうですがここで書かれていた言葉で私がいいなんて言葉があったのでご紹介しますと大胆だから動けるのではない動くから大胆になれるのだって言葉です確かにそうだなあと思いました橋本さんご自身も弁護士になったばかりの時に政治家になって大阪都構想とか考えてもいなかったと思いますし動いていく中でどんどん大胆に行動できるようになったんだと思いますでこの橋本弁護士みたいに個人としていくつかの掛け算で自分の希少性を出してくるんで私はすごくいいと思いますつまり弁護士かけるタレントかける政治家みたいな感じですね確かになんかの世界で仕入れることも素晴らしいのですがそれってどれだけ血が滲みでるような努力が必要でしょうかまたその世界で極めたとしても一気に世の中が変わってしまって使い物にならなくなってしまうこともあるわけです例えば今船ストエンジンに呼び出されるかとかって多いと思いますがそれだけで出してる人がいる中で1万人中1番になることって簡単じゃないと思うんですねただこれが100人の中で一番だったらどうでしょうこれだったらできそうな気がしませんかまたそれくらいの努力って最低限しないといけないと思うんですね先ほど堀江さんが好きなように生きるってありましたけどこれって努力もしないで好きなように生きるということではないので誤解しちゃいけないんですね堀江さんの本てそういった努力しろみたいな精神論的なことで書かれてないんですけど人生堀江さん自身もめちゃめちゃ努力されてるそうですここが堀江さんが人と違うところなんですが堀江さんの中では努力するっていうことが当たり前すぎることなのでわざわざ口に出して言う必要がないですねまたそもそも論としてご自身が楽しいことを一生懸命やってるだけなので努力だと思ってないですよねここを勘違いして表面的なところだけ堀江さんを真似しちゃっていつかは俺もホリエモンみたいになるんだって言っていても絶対なれないわけですそれよりも今現在やられてることの中で興味のあることや少しでも人より秀でてるものがあったとするならばまずはそれを研いで100人の中での一番を目指すのが良いと思いますそれができるようになったら次に新しい何かをかけたすればいいわけですねすでに何か二つ欠けたお持ちの方であれば三つめのかけらを探せばいいと思いますそうすることで1万人の中で一番になるのはないのが相当高いですが100人の中で一番かける102の中で一番になることなんて一万人分の1の存在になるのですそこにさらに三つめの掛け算が加われば百万人の中の一人とかなり希少性の高い人間になるわけですよく石の上にも三年と言ったりすると思いますが3年間も一つの事に特化したら相当極められると思うんですねそうやって3年ごとに一つずつやっていたとしても9連で百万人分の1位になりますので若い方ならば三十代前半で一気に希少性の高い人材になることができるわけですそれでは遅いという方や既にもう結構年を重ねてしまったという方はこの3年という時間軸を短くすればいいと思いますし年を重ねている方は既に一つか歌津が1/100の何かを持ってると思うんですねもし何もないという方はこれを機にこれまでの行き方は改め今日からスタートされてもいいと思います以前の動画若いうちにやっておかないと損する三つのことも話しましたがマクドナルドのレイクロックも52歳からのスタートケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダースは65歳からのスタートです能力にはお金と同様複利の効果がありますのでもう一度も若いうちから始めるに越したことはないのですが今からでも遅いということは決してないのです私自身も中年のおっさんの歳になり数年前は一度テベリでしましたけど今新たな掛け算を加えようと絶賛努力中です例えば私の例で言うと現在の職業は何ですかって聞かれると一般的には経営コンサルタントのカテゴリーに入ります私はコンサルタントって言葉が嫌いなので普段は使わないんですが何で嫌いかと言うとコンサルタントって世の中にゴマンといるので一緒にされるのが嫌なんですね 私は21歳で起業してこれまで累計7社立ち上げて25年以上契約した自分の実体験をベースにしているので単なる机上の空論ではないわけですでこれが掛け算になるつまり経営コンサルタントかける21歳で起業し25年の経験ですしかも上場企業のグループ会社の社長も3度経験していますここまで実体験を持ってるコンサルタントはなかなかいないのでここで希少性が高まるんですねその中で私は過去に日本一の販売代理店の営業組織を作ったことがあるのですが営業組織が作れるというもう一つの掛け算がここで終わりますまたその後世界初のビジネスモデルを作り上場準備中結果的に上履きよりバイアウトするという経験も持っていますここで新たなビジネスモデルを作ったりバイトしたというもう一つの掛け算が変わるわけですねそして現在海外でも会社を2社経営してますので海外事業も経験してると言う新たな掛け算が加わるですこのように一つ一つだと他にもやっている人や自分以上に卓越してる人がいっぱいいるわけですが掛け算にすることによって希少性が高まっていくことですそして希少性を高めていけばこれから世の中にどのように変化していても対応していると能力が身につきますし繰り返しますがこれからもますます個人の時代になりますので個人としての能力を高めていかないと企業にしがみついて生きてくことになってしまうと思いますそんな中でこの本はこれからの時代を生き抜く上でのシュートがたくさん降りましたタイトルは生き方革命ですもちろん未来のことは誰も予想できないので正解が書いてあるわけではありませんがもし皆さんがこれからの人生変わらないとまずいよなという危機感を少しでもお持ちでしたが概要欄にリンクを貼ってますので呼ばれてみてはいかがでしょうかもしかしたら皆さんの行き方が大きく変化するかもしれません今回の動画がそんなきっかけになったら幸いですということで本日は以上ですがこのチャンネルでは今後もビジネスに役立つ情報を発信しますチャンネル登録高評価コメント頂けたら嬉しいです最後までご視聴いただきありがとうございましたまた次回の動画でお会いしましょうさようなら
おすすめの記事
新興宗教にハマった芦田愛菜主演!映画『星の子』岡田将生、大友康平、高良健吾、黒木華、蒔田彩珠、粟野咲莉、新音、池谷のぶえ、池内万作、宇野祥平、見上愛、赤澤巴菜乃、田村飛呂人、大谷麻衣、永瀬正敏、原田知世の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
新興宗教にハマった芦田愛菜主演!映画『星の子』岡田将生、大友康平、高良健吾、黒木華、蒔田彩珠、粟野咲莉、新音、池谷のぶえ、池内万作、宇野祥平、見上愛、赤澤巴菜乃、田村飛呂人、大谷麻衣、永瀬正敏、原田知世の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。 星の子「こちらあみ子」「...