【VODで読める電子書籍】『DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール(ビル・パーキンス[著], 児島 修[翻訳])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。

※電子書籍『DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール(ビル・パーキンス[著], 児島 修[翻訳])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール(ビル・パーキンス[著], 児島 修[翻訳])』の紹介自分が失った大切なものに気づきました今日は学識サロンの前です今回はビルパーキングさんの著書第ウィズ0について紹介していきたいと思いますいやこの本読んで良かったです実はこの本以前の動画ワークハック大全の今日のおまけで私が言ったことに対してこの本を読んだ方がいいですよって視聴者の方がたくさん入ってくれた本なんですよそのおまけで何て言ったかというと老後二千万円問題があって確かに老後のお金を貯めないと不安でもその老後のために今を犠牲にするのはおかしいんじゃないかなという意見なんですよ静香わからないんだから今を楽しみつつ老後のこともしっかり考えていこうみたいなことを言ったんですがまさしくその答えがこの本に書いてありました最初は動画にしようかちょっと迷ったんですがもうね読む前の自分を殴りたいですね1ページ目を呼んで動画にすることを切りました1ページ目がアリとキリギリスの民話の説明なんですがあれは冬のためにせっせと働いて食料お宅へますよねそしてキリギリスは自由に遊んで暮らします結果冬になりあるいは生き残りキリギリスには悲惨な現実が待っていたという話ですこの本の1ページ目にさらにこう書いてあるんですよこの車の教訓は人生には働くべき時と遊ぶべき時があるというものだもっともな話だだがここで疑問は生じないだろうかありはいつ遊ぶことができるのだろうそれがこの本のテーマだもうこれ読んだ時に確かにを連呼しちゃいましたねお金は確かに大事ですでも人生にはいろんな考え方があって生き方があるんだということをこの本は教えてくれる本です特に三つめのエピソードでは私が最近めっちゃ後悔したことを話していますおそらくとする人が続出するかと思いますそれでは早速やっていきましょうと爪喜びを先送りにしてはいけないという話です先ほども言ったように大半の人は老後のためにお金を貯めてるかと思いますやっぱ不安ですからねでも本当にそれでいいのかこうやって思わせてくれるエピソードがあるのでそれを一つ紹介します弁護士をしているある夫婦映倫と状態は3人の子供にも恵まれ幸せな生活を送っていましたしかしある日ジョンの体に腫瘍が見つかりそれは背中と脚の骨に広がっていました著者は襟に対してしばらく仕事は休み家事もヘルパーに任せた方がいいジョンがまだ元気な間は一緒に過ごすんだこうやって伝えその費用の援助を申し出たんですしかし妻のペリーはすでに退職することを考えていてちょんと過ごすためにすぐにその後会社を辞めたんです二人は治療の合間にただ二人でいる喜びを味わえました一緒に公園に行き映画を見てテレビゲームをして授業を終えた子供たちを学校に迎えに行きましたその間も治療は続けていましたがしかし治療の効果はなく病状は急速にあったして今日はベッドに寝たきりとなってしまいます子供の成長した姿をこの目で見ることなくえーりんと一緒に年を重ねていくことも叶わずわずか3ヶ月でジョンは天国に旅立ちました当時の事を思い出すとエリンは今でも深い悲しみに襲われるといいますしかしそれでも仕事もうやめてほんと少しでも多くの時間を過ごしたことはお良かったとエリーは思っていますこの話を聞いてもしあなたがエリンと同じ立場だったらどうしますかね私たちは神を意識した時に自分が本当に大切にしたいことやりたいことに気づくんですねりんはチョンと家族と過ごすことが何より大切なことだと4の死をきっかけに気づくことができたんですちなみにこれは大切な人の死でもそうですが自分の子でも一緒です私達って普段から世界が見えに続くかのように言ってるんでしょうでも本当に死ぬかなんてわからないんですもしかしたら明日死ぬかもしれない多くの人が手遅れになるまでにやりたいことを我慢してただただお金を節約し喜びを先送りにしてるんですだからといって鋭角なく散財すればいいというわけではありませんが自分が死ぬときに後悔するような生き方だけは選びたくないですよね二つ目人生で一番大切なのは思い出作りという話です当然ですが人間最後の瞬間貯めたお金は使うことが出来ませんこの本のタイトルは0で死ぬという意味ですということはお金は蓄えた貯金はゼロ円で死のうということを表していますこれがなぜなのかつまり人間結局最後に残るのが思い出なんですそもそも人生というのは偏見の合計でできていますあなたが誰であるかは毎日毎週毎月毎年さらには一生に一度の経験の合計によってしまって行きますそして最後の瞬間を振り返った時その合計された経験の豊かさがどれだけ充実した人生を送ったかを測る物差しになるんですこの考え方著者に教えてくれたのは著者の父親でした晩年の父親は肉体的に衰弱していて思うように体を動かすことができませんでしたそこで旅行の代わりに思い出が詰まった iPad を著者はプレゼントしたんです駐車の父親は大学時代優秀なフットボールプレーヤーでしたその輝かしい映像を映し出してデジタル化して iPad で再生できるようにしたんですそれはとても喜び画面に映し出される映像を見ながら時には笑い時には泣いて思い出に 老いた父親は新たな経験は望めませんが過去の思い出から埃や喜び甘酸っぱい思い出に浸ることはできたです俺本当思い出が大事だって分かるエピソードですよね人生で大切なのは金を貯めることではなく思い出なんだと分かるエピソードですちなみに注意しなければいけないのは本はお金なんていらない今とにかくやりたいことをやって浪費しろと言った話ではないんです著者は浪費ではなく経験になるようなことにお金をかけて投資するべきだと言っています若いうちにしか行けないような海外旅行新しい知識を学ぶセミナーこういったお金をかけなければ体験できないことにお金はかけるべきだと言ってるんですよねまた老後に向けて貯金するなと思っているわけではありませんアリとキリギリスの話で言えば軽いの行き方の蜂が持ち上げられすぎてる一方キリギリスは生き方が軽視されすぎているこうやって考えているんですよキリギリスはもう少し節約するべきだしあれはもう少し今この瞬間を楽しむべきだと言ってるんです私はものすごく遅い件に賛同したんですがあなたはこのことについてどう考えますかね是非コメント欄で意見くださいみっつめお金を稼ぐことだけに費やした年月は二度と帰ってこないという話ですこれは読んでいて私もハッとしたエピソードだったので紹介してきます注射の友人には4という友人がいました後に億万長者になる嬢はケンタウルスというエッチファンドを立ち上げその目的はエネルギー専門の知識を活かして財産を築き良い人生を送ることでした時は毎日ヘトヘトになるまで働きましたそしてジョンがあるときを言いますもし僕が戦後100万ドルを稼いでもお仕事を続けようとしたらぶん殴ってくれしばらくしてその目標は達成されましたが著者はパンチを繰り出すことはしませんでしたそして今日はひたすら働き続けますジョンは実際優秀でどんどん稼ぎましたが一方で一定の富を築いたら残りの人生は好きなことにお金を使って過ごす方がずっと意味があることもいい会話していたんですそれでも引退までの目標金額はどんどん上がり続け1500万ドルだったのが2500万ドルになり最終的に1億ドルになりました稼いだぶんだけどんどん忙しくなり8日の時間はどんどん減ってきました稼げば人生が豊かになると思っていたのに実際にはそうではなかったですそしてジョンは38歳で働くのを辞めたとき子さんは40億ドルに膨れ上がっていました38歳で引退し今で言うファイアほとんどの人にとって夢のような出来事ですよねしかし常にとってはそうではなかったんです30代の価値ある時間が過ぎ去りその割に稼いだお金はもう使い切れないほどの大金になっていたんですジョンはもう二度と三十歳にはなれないし自分の子供達が赤ちゃんに戻ることもないすでに豪邸に住んでる子欲しいものは全て手に入れているという状態だったんですそんな状態になって初めてもっと早く引退していたらこうやって情報公開したんですジョンがなぜこんな結末になったのかこれは働くのが楽しかったからそれではないんですよただ働くということが4の習慣になっていたんです働けばお金という社会に認めえられた報酬が必ず手に入りますよねつまり働くことが一種の中毒になっていたんですこれどうですかね私は別にこのように対応したわけではないんですがこれと似たような感覚を最近感じたんです私ももう社会人になって10年以上経っているんですが子供も0歳の息子と3歳の娘がいるんですそしてこの YouTube 始める前もとにかく毎日働いていたですよ日曜だって家で働いていましたから休んだのは年間で数日インフルエンザになった時以外は本当に毎日働いていたんですでも全く苦痛とかじゃなくて後はやっぱ仕事で成果が出て給料が上がるのが嬉しかったしそれで家族も痩せないでいたので何の後悔もなかったんですそして今はフリーになって YouTube というものをメインに仕事をしているんですがサラリーマン時代と比べて時間の融通がとにかく聞くんですよもちろん毎日働いてるのはあまりないんですが前より圧倒的に家族と過ごせる時間が増えたんですしながら娘の保育園の送り迎えをしたりこにミルクをあげたいできるんですそしてふと最近気づいたんですよね娘のエロ歳の時の顔があんまり思い出せないんでなんかないと言うと語弊があって写真を見るとローゼン思い出すんですけど今は息子の顔白山見てるんですでも娘が同じように0歳だった時当時はこんなに今みたいに長い時間ゆっくり時間をかけて薄めと変わってなかったことに今更気付いたんですよ娘が0歳の期間って今日戻ってこないじゃないですかそれを失いながら自分は働いていたんだなって気づいた時に本当に後悔したんですよねでももう行った事っておそらく気づいてないまま頑張って毎日過ごしてる人もたくさんいると思ったんですよね皆さんはこんな後悔はしないでください今1番何が大切か一度考えてみてくださいさらっとまとめ DEATH 市喜びを書送りにしてはいけないに人生で一番大切なのは思い出作りさんお金を稼ぐことだけに費やした年月は二度と帰ってこないという話でしたいや今回は結構皆さんも考えさせられる内容だったんじゃないでしょうか コメント欄でくれたら嬉しいですさらに詳しく知りたい方はぜひ説明欄から落ちてみてくださいこの前メンタリスト DAIGO さんの動画を見ていてそこで言われてたのがお金をたくさん持つことで自分が一番何が大切なのか分かるこうやって言ってたんですよね例えばお金を持ったらタワマンに住みたいとか港区住みたいとかガッキーみたいな人と付き合いたいとか高級な車が欲しいとかこうやってよくを出す人って確かにいますよねでも大誤算あれだけめちゃくちゃ稼いだ結果猫と過ごすこと本を読むことこれが最高の幸せだったそうなんですそしてそれにお金を持ったからこそ気づいたそうなんですこれってお金を持つからこそ確かに築けるのかもしれないですけどよく考えてみると今気づけば良くないってもいません何かもう20年とか30年生きていれば自分が好きな事とか大切にしていることってはならずあることに気づくんですそれを落ち着いて考えてみるとたとえば私の場合は家族と過ごすとか自然だとか本を読むこと温泉行くことを知らない駅で降りて街を散歩することみたいに今も普段から行っていることが1番好きなんだろうなって感じるんですよねこれまさに春を知るですよねお金がなくても人生を豊かにする事って出来るんだと私は思っていますではまた
おすすめの記事