【VODで読める電子書籍】『慢性副鼻腔炎を自分で治す (つらい鼻づまりがスッキリ) (北西 剛[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
マキノ出版
¥1,485 (2021/06/23 04:55:57時点 Amazon調べ-詳細)

※電子書籍『慢性副鼻腔炎を自分で治す (つらい鼻づまりがスッキリ) (北西 剛[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【VODで読める電子書籍】『慢性副鼻腔炎を自分で治す (つらい鼻づまりがスッキリ) (北西 剛[著])』の紹介皆さんどうもこんにちは本要約チャンネルの健美でございます今回は北に失業し先生の慢性副鼻腔炎を自分で治すを解説していきたいと思います木谷市さわ耳鼻咽喉科の専門医医学博士でありきたにし耳鼻咽喉科を開業され毎日多くの花トラブルに悩む患者さんを治療されている人物になります張り付いての医学的に正しい知識を学びたいという人や今抱えている花のトラブルをどうにかしたいとか謎の体調不良に悩まされている人にとって本書は極めて有益な一冊だと思いますのでこの動画を見ることでこの方いいなと思っていただけましたらぜひ一度手にとって読んでみて欲しいと思うんですさてあなたは次のような鼻のトラブルを抱えていないでしょうかいつも鼻が詰まっている息をするのが苦しい朝起きると喉がカラカラになっている鼻水が止まらないドロドロの鼻水が出るくしゃみ止まらない喉の奥に違和感がある頭痛がよく起こる目の奥が痛い寝つきが悪い眠れないこれに当てはまる複数の症状があるならあなたは鼻づまりをはじめとする鼻のトラブルをしっかりと抱え込んでいることになりますそして今のあなたのように花のトラブルに悩みを抱えている人は非常にたくさんいらっしゃるんですそれが日々患者さんの悩みを聞いている人に資産の耳鼻咽喉科医の医師としての率直な感想です本書は鼻づまりの代表的な病気である慢性副鼻腔炎いわゆる蓄膿症をタイトルにしているんですが内容としては鼻づまり全体について解説してくれている本人なります誰かが鼻づまりでしょとあなたは馬鹿にするかもしれませんしかしばかり言って来ないんですよ頭痛や不眠以外にも仕事に集中できないとかイライラする体がだるい匂いがわからない味がわからないなどの症状も怒ってきて医大に生活や仕事などに支障をきたすようになってしまうんです鼻のトラブルはそのまま放っておいて良いことは何もありません品処理は病院に通うだけではなく自分でできる花のトラブルを解消するためのセルフケアがしっかりと書かれておりますぜひ本書を通して一緒に鼻づまりや鼻のトラブルを少しでもなくしガッツリとね QOL をあげていこうではありませんがそれでは本日のお品書きは次の通りです1件でなぜあなたの鼻づまりは治らないのかということを2件で自分でできるセルフケアをまとめて3件でアレルギー性鼻炎と副鼻腔炎について解説していきたいと思いますではでは早速市犬のなぜあなたの鼻づまりは治らないのかということから話をスタートしていきましょうかさてきた西さんの言うには全国から様々な患者さんが訪れるそうです例えばいろんな病院で診てもらったが結局良くならなかったとか大学病院で診察を受けたが駄目だったとか一旦良くなってもしばらくするとまた悪くなってしまうとか症状が辛くて日常生活にも支障をきたすようになってしまったなど色々な事情から困り果てて長年悩んだ末にインターネットや雑誌などの情報を頼りに来たにさんのクリニックを訪れるそうです来たにさんのクリニックの来院患者さんの家で多いのはアレルギー性鼻炎で特に花粉症の人達でございます何しろ花粉症は日本人の四人に1人がかかっていると言われるほど文字通りの国民病でございますそれから本書のタイトルになっている慢性副鼻腔炎いわゆる蓄膿症でお悩みの人たちも花粉症に劣らないくらい多いそうです副鼻腔炎は副鼻腔という空洞に炎症が起こる疾患ですアレルギー性鼻炎の人も副鼻腔炎の人も含めて多くの患者さんが治りにくさを感じ訴えておりますその理由は二つにまとめることができると期待した方がいいようです鼻づまりがなかなか治りにくい二つの理由は市鼻づまりの原因が正しく受け止められていないことに原因は突き止められているがその病気自体が治りにくいということでございますではこの二つの理由をそれぞれ簡単にですが解説していきましょうかまずは一つ目の鼻づまりの原因が正しく突き止められないについてですが鼻づまりに関して正しく原因を突き止めるというのはそれほど簡単なことではないそうです鼻づまりというわりとシンプルに見える症状は実はね様々な病気や身体の状態の変化によって起こるからでございます当たり前なんですが鼻のトラブルに関しては専門医以外あまり知られていませんこのため鼻づまりの原因が正しくつく止められていないということもあっさり怒ってしまうそうですこのように鼻づまりを 鼻の疾患では思い込みや様々な事情から正しい診断がなされていないことがしばしば起こるんです当然ですが病名が確定し原因が突き止められていないと適切な治療を正しい手当てをするスタートラインに立てませんよね要するに治すためには正しく病気を突き止めることがまず肝心だということでございます正しく原因を突き止めるために専門医を持っていたり熟練していてちゃんと診断ができる医師を探すといったことが必要になるでしょうそれでは鼻づまりがなかなか治りにくい理由の二つ目原因は突き止められているがその病気自体が治りにくいについて解説していきましょうか例えば多くの人が苦しんでいるアレルギー性鼻炎は一般に治りにくいと言われていますそもそもアレルギー性鼻炎というのは病気ではないからでございますアレルギー反応というのは体の正しい防御機構であってそもそも病気じゃないんです問題はその反応が過剰に怒っていることだけですそのため返って抑えることが難しいんです花粉症などは中には自然に治る方がいらっしゃるんですがそれはやはり少数派でございます多くの方が流れに渡って付き合い続けることになるんですまた本書のタイトルにある副鼻腔炎も治りにくいです副鼻腔炎には急性と慢性があります3ヶ月以上症状が続くのが慢性副鼻腔炎であると定義されています薬屋に内視鏡手術の発達によって慢性副鼻腔炎を重症化させずに治せることが増えてきましたしかし残念ながら全ての人がん治るとは限りません病院に行かず我慢しているため知らず知らずのうち輪番制が重症化してしまっている人もおります版定価重症化した副鼻腔炎はなかなか治りにくいというのは事実ですこのより病名が正しく突き止められていても何も治りにく出棺があるんですではではそういった疾患にかかっているとわかった時にどうすれば良いのか治りにくいニッセイを貼り直そうとすることが重要であると汚い沢井優ですそれは直さないと様々なデメリットが待ち受けているからでございます本処理はそのデメリットが詳しく解説されているんですがここではね直さないとやばいよねということさえ分かってもらえればいいと思いますから詳しくは触れません簡単にデメリットを紹介しておくとアレルギーマーチという考え方があるからですこれは乳幼児のアトピー性皮膚炎に始まり食物アレルギー気管支喘息アレルギー性鼻炎と次々に年齢とともにアレルギー疾患が出現してくる現象でございます例えばアレルギー性鼻炎から気管支喘息になってしまうというふうにアレルギーが次々と連鎖的に怒ってしまうんですいやーこんなことがね怒ってしまったら大変ですよねだからこそちゃんと直そうとすることが重要になってくるわけですではでは鼻づまりを治すために僕らはどうすれば良いのでしょうか次の二つのステップを行えば良いですステップ市鼻づまりの原因を突き止めるステップに原因に応じた治療セルフケアを行うさてまずはステップ1で原因を突き止めましょう少なくとも一度は耳鼻咽喉科などの専門医の診察を受けましょうそして自分の鼻づまりの原因が分かったらそれに応じた治療やセルフケアに進んでいきましょう原因を突き止めて治療を行う部分については基本的には耳鼻咽喉科などの専門医の診察を受けるしかありません鼻のトラブルを抱えていてどうにもつらいよと毎日辛いんだと言う人は信頼できる医師のもとを訪れてください木谷さんの医院を訪れるというのもとても良い選択肢だと思いますそして木谷さんは原因を突き止め治療を受けることに加えて自分でできるセルフケアを実行することも極めて大事であるとおっしゃっております実際に報酬にはセルフケアを実行して症状が劇的に良くなった患者さんの例がたくさん書かれておりますセルフケアの方法に関しましては次の2件でガッツリとまとめて行くので楽しみにしておいてくださいそれでは一見の内容をここら辺でまとめておきましょうかポイント市あなたの鼻づまりが治らない理由はふたつ市鼻づまりの原因が正しく突き止められていないに原因は突き止められているがその病気自体が治りにくいポイントに鼻づまりを治す二つのステップはステップ市鼻づまりの原因を突き止めるステップに原因に応じた治療セルフケアを行うことであるではでは次に入れんで自分でできるセルフケアをまとめて解説していきたいと思いますさて人間ではね 本書に書かれている自分でできるセルフケアをまとめて解説していきたいと思います木谷さんは治りにくい鼻づまりこそセルフケアが重要であるとおっしゃいます特に次のタイプに当てはまる人はセルフケアが進められております19日が長い人に治ってはまた悪くなりを繰り返している人さん薬が効きにくい人4これまで何件もの病院に行っても良くなっていない人さていかがでしょうかあなたはこれらに当てはまるでしょうかこれらに当てはまる人はご自身が行うセルフケアが特に重要になってきますのでここでセルフケアについて一緒に学んでいきましょう本書で解説されているセルフ家は大きく三つに分けられております自分でできるセルフケア市幹部に働きかけるセルフケアに体質を変えていく食事の工夫さん日常生活での注意さてこの三つのセルフケア王寺こうすることによってあなたの鼻づまりはどんどん良くなっていくでしょうではそれぞれを具体的に解説していきたいと思いますまずは一つ目の自分でできるセルフケアである患部に働きかけるセルフケアから解説していきますさて患部に働きかけるセルフケアとしてまずやるべきなのは皆さんご存知鼻うがいでございます副鼻腔炎などによって鼻腔内に炎症が起こっている場合その症状を改善させるためには鼻腔内に溜まった細菌ウイルス花粉会などを除去する必要があるんです鼻をかんだりただうがいしたりするだけではこれらの遺物や海の除去は十分にできないんです鼻うがいはうがいなどでは直接働きかけることができない鼻腔ないよ生理食塩水によって洗い出すことがあってきますつまり鼻腔内に直接働きかけることができるという点が鼻うがいの大きな利点でございます鼻うがいはあらゆる物に効く最強のセルフケアでございます鼻づまり鼻水や頭痛をはじめとする幹部の様々な痛み嗅覚障害喉の違和感風邪対策長引く咳など多くの症状に悩む方にお勧めされております毎日行うことで風邪や花粉症などの予防にも役立つそうなので是非行ってみてほしいと合わんですそれでは鼻うがいの具体的なやり方を解説していきましょうまず小さめのプラスチックボトルが薬局などで手に入る鼻の洗浄用のボトルを用意してくださいそして小さじ1/23 G 程度の塩とぬるま湯330ミリリットルを混ぜ合わせて生理食塩水を作って下さい次に洗面台に顔を突き出し顎を引いてボトルを鼻の穴に当てアート言いながらねボトルを押して水を出し鼻腔内を洗ってください反対側も同様に行いティッシュ腕腹を押さえて鼻腔内の空気を抜いてください本書にはね鼻うがいのセルフケアを行うだけで副鼻腔炎の全ての症状を改善させることができた患者さんの例が載っていました是非ね手軽にできるので効果が高い此花うがいを習慣にしていきましょうそれでは次に紹介するのはオイル点鼻でございます鼻うがい取っ手をよりこれはオールマイティと言えるセルフケアでございます加齢によって鼻腔内が乾きがちになっている方特に鼻の乾燥が起こる加齢性鼻炎におすすめの方法になりますさらには鼻づまり鼻水頭痛後鼻漏喉の違和感風邪対策長引く咳口腔内や喉の乾燥などにも勧められる方法でございます鼻の中が乾燥しちゃうとそのバリア機能が低下し細菌やウイルスが繁殖しやすくなってしまうんですその点オイル天理は感想を禅宗バリア機能を高めてくれるわけなんですね手順としましては鼻うがいで鼻腔内を洗浄した後オイル点鼻を行うことが理想的でございますこれによって鼻がよく通るようになり鼻腔内の保湿に役立ちますここではオイルをつけた綿棒を鼻の穴に入れオイルを鼻の粘膜に塗りつける簡単な方法を紹介したいと思いますオイル天秤のやり方まずセサミオイルまたは梅雨亜麻仁油のいずれかと綿棒を用意してください綿棒に油をつけ鼻の奥に綿棒を入れて油を鼻の粘膜に塗るこれだけでございますとても簡単ですよね品処理は積極的にオイル点鼻を続けたところ花すべての不快症状が投薬なしで改善した患者さんの例も書かれておりましたので是非行ってみてほしいとあまんですそれでは次に紹介したいのが花回路でございます 特に朝起き抜けの鼻づまりがひどい方に聞く方法でございます鼻を温めることで鼻腔内の血流を促すんです朝起き抜けの鼻づまりは夜間の血行不全によって生じているんです鼻腔内の血流が促進されることで鼻づまりが楽になっていきますこれを寝る前や入浴中に行えば翌朝の鼻づまり予防効果だけではなく快眠効果も期待できるので是非行ってみて欲しい方法でございますそれでは花回路の具体的なやり方を解説していきましょうかまずは一つ目としてハンドタオルまたはミニタオルを40°から50°のお湯につけて軽く絞りましょうまたは濡らしたタオルを絞りジッパー付きのポリ袋に入れて電子レンジで30秒から1分程度温めてくださいそしてステップ2として折りたたんだタオルを鼻の付け根から鼻の穴まで応用人乗せて鼻で呼吸するんですそしてタオルが冷めたらゆっくり鼻をかんでくださいいや非常に簡単ですよねこれで鼻の通りが良くなるので是非行ってみてほしいとあまんですさてさてそれでは次自分でできるセルフケアの二つ目体質を変えていく食事の工夫に解説を移っていきましょうかさて次はね食事にメスを入れていきましょう本性で提案されている微弱体質改善のための食事療法のポイントは次の五つでございます市栄養バランスを考えるに食べ過ぎないさんよく噛んで食べる4 LPS 食材の活用語腸内環境の改善さてこれらのうちね栄養バランス考えるとか食べ過ぎ良くないよーとかよく噛んで食べましょうとか腸内細菌を改善しようねと言うのはこの動画を見てくださっているような健康リテラシーの高い皆さんならまあそれは重要でしょと納得してもらえると思うんですですのでここでは皆さんが穴知らないであろう4番目の LPS 食材の活用について深掘りして詳しく解説していきたいと思います皆さんは微弱体質の改善に役立つ最新食材があるということを知っていたでしょうかそれがズバリ LPS 食材と呼ばれるものでございます皆さん LPS と言われてもあまりピンと来ませんよね LPS とはグラム陰性菌という種類の細菌の細胞外膜の成分で日本語ではリポ多糖と呼ばれていますこの物質が優れているのは私たちの免疫細胞に作用して免疫の働きを正常化してくれるという点にあります特に免疫細胞の中でも中心的な働きをしているのが皆さんご存知マクロファージ君でございますマクロファージは花粉から埃がん細胞に至るまで体内のあらゆる不要物を処理する掃除屋の役割を果たしているんですそんな書いて津南マクロファージの働きをこの LPS は活性化してくれるというわけでございます花粉症というのは花粉に過剰に反応するアレルギー疾患ですよねアレルギー疾患は免疫が過剰反応することによって起こるんです LPS はマクロファージの働きを高めて免疫のバランスを整えてくれますからこうした症状の改善に役立つと考えられているんですではでは LPS はどんな食品に含まれているのでしょうか実のところ LPS は特別な食品に含まれているわけではありません私達が日常的に食べている穀物根菜野菜海藻きのこ類などに多く含まれております彼も LPS を多く含んでいるベスト3は1位ひらたけ2メカブさんレンコンの順でございますですからこれらのものをたっぷり取れば LPS をたっぷり取れるということでありますその他にもそばひじき胡麻海苔しいたけほうれん草なめこなどにも含まれておりますからぜひ参考にしてほしいと思いますさてここまででどんなものに LPS が豊富に含まれているのかをしっかり理解することができましたこのような LPS 食材を料理に活用する際には注意したいよっつのポイントもあるのでそれらも押さえておいてくださいまずポイント1は皮ごと食べるということ LPS は皮の部分に多く含まれておりますですから蓮根屋じゃがいもさつまいもなどはよく洗ってまるごと食べることがおすすめでございますまた穀類も LPS は生成されていない部分に多く含まれておりますそしてポイントの二つ目は長時間の加熱は NG であるということであります生で食べるのがベストなんですが LPS は比較的に熱に強い成分ですから加熱しても OK ですしかし揚げ物の様な長時間の加熱ではそう のでお勧めできませんそしてポイントの三つ目は長く水に浸さないということ LPS は水溶性ですから水に溶けちゃいますこのため野菜根菜類はできるだけ水に浸さずに食べるようにしましょうまたスープや煮物の場合は水分中に溶け出してしまいますからスープ類を一緒に摂取するとよいでしょうそしてラストポイントの四つでは乳酸菌と一緒にとるということであります乳酸菌自体には LPS は含まれておりませんしかしですよ乳酸菌と一緒にとることによって LPS の吸収率が良くなるとされております是非ね LPS 食材を取って欲しいんですがその場合この四つのポイントを意識していただけるとより効率的かと思いますまあね食べないよりはマシですからまずは LPS が含まれている食材を食べようと思ってくださいそしてそれができればこの4ポイントも意識してみてはいかがでしょうかそれではラストの自分でできるセルフケアの日詰日常生活での注意について解説を移っていきたいと思いますアレルギー性鼻炎薬花粉症の原因となるアレルゲンは日常生活の中にたくさん潜んでいるんですよですから予防のためには花粉やハウスダストといったアレルゲンを遠ざけるような生活を心がけることが大切です例えば花粉の大きはできれば外出を避けることも大切また外出時に気をつけることは外出時はマスクやメガネスカーフなどを着用することそして帰宅時は衣類やかみから花粉を払い落とします手洗いうがい洗顔もして花も噛むようにしてくださいさらには窓の開閉にも注意して欲しいんです現代の住宅は密閉性が高いですから室内に湿気がこもりがちになりますダニやカビが繁殖しやすい高温多湿の条件が揃わないように換気のために窓開けが必要様でございますしかしその一方で花粉が多く飛ぶ一飛ぶ時間の窓開けは勧められませんですから夏場はエアコンを用いて室内を乾燥させるのも良いでしょうさらにね大切なこととしましては当たり前の事なんですが掃除はこまめにするということでございます室内に入り込んだ花粉やハウスダストを取り除くためにこまめな掃除が欠かせません掃除の際には舞い上がる花粉やホコリなどの影響を防ぐためにぜひマスクをして欲しいですそして意外かもしれませんがストレスを溜めないということもね重要なんですよイライラするとアレルギー症状は悪化しがちになりますできるだけ気分転換してストレス解消を測ってあまりストレスを溜め込みすぎないように注意して欲しいんですそしてとにかく風邪をひかないということも大事なんです風邪をひいたらそれが副鼻腔炎のきっかけとなりますスカラできるだけ風をそもそもひかないということが大切ですアレルギー性鼻炎や花粉症をお持ちの方は副鼻腔炎を併発しやすい傾向がありますから余計に注意が必要です日頃から鼻うがいや降りる準備などを実践し予防を心がけてくださいそして次に重要なものは花はすすらないということ鼻を噛むのがめんどくさいからといってあなたはこっそりねずるずると鼻をすすったりしていないでしょうかこれはよくありません鼻腔内の埃やウィルス細菌などを体内に招き入れることになるからですまた鼻をすすっちゃうと副鼻腔内に残っている鼻水までが逆流しちゃって中耳炎の原因になるリスクもありますですから話すするんじゃなくてちゃんと噛んでくださいませんそして次に大切なのが花を冷やさないということ鼻炎が続くと顔や鼻がほてった感じになりなんとなく冷やしたくなることがあるかもしれませんしかし冷やすのは逆効果であると覚えておいてください花に腫れや炎症が起こっているのは鼻粘膜の血流が滞っているからでございますですから大切なのは鼻腔内の血流を良くすることなんですそのためには鼻を温めることが重要寒暖差のある所移動すると鼻水が垂れてしまう血管運動性鼻炎や加齢性鼻炎でも冷やさないことが大切なケアになっていきます健康な肌を守るためには消えは現金であるということを覚えておいてくださいそれでは2限の内容をまとめておきましょうかポイント市治りにくい鼻づまりこそセルフケアが重要であるポイントに自分でできるセルフケアを三つ紹介しましたまずは一つ目の幹部に働きかけるセルフケアについては鼻うがいオイル点鼻花回廊を紹介しましたそして二つ目の体質を変えていく食事の工夫では LP 活用しようと言いました LPS を多く含んでいるベスト3はひらたけめかぶレンコンでしたねそして自分でできるセルフケアの三つ目として日常生活での注意を開設しました花粉の多い日はできれば外出を避けるそして定期的に窓を開ける掃除をこまめにする花はすすらない花を冷やさないということを解説させてもらいましたそれでは次でラスト3件でアレルギー性鼻炎と副鼻腔炎について解説していきたいと思いますさてラスト3件では鼻のトラブルの二大巨頭アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎についての知識を身につけていきましょうかまずはアレルギー性鼻炎の知識をまとめておきましょうアレルギー性鼻炎とは本来物を体内に入れないための防御機構であるくしゃみ鼻水鼻づまりが標的かつ花常に怒っている状態でございます体がある物質をこれはうつだよと認めるとそれから身を守ろうとして抗体が作られますそして再び鼻から異物が入ってくるとそれと粘膜内の抗体が抗原抗体反応すなわちアレルギー反応を起こしくしゃみ鼻水鼻づまりが生じるんです異物に反応して免疫機構が過剰に働きすぎて生体にとって帰って不利益になるような状態を引き起こしてしまうのがアレルギー反応でございますアレルギーを引き起こす原因のアレルゲンになりやすいのはハウスダストダニスギやヒノキを代表とする花粉犬や猫などのペットカビなどがございます厚生労働省の調査によると日本人の二人に一人がねなんとなんらかのアレルギー疾患にかかっているとされていますまたアレルギー性鼻炎は症状を発する時期によって2年生と季節性に分けられます2年生のアレルギーでは季節に関係なくハウスダストなどによって症状が起こるものでです一方で季節性のアレルギー性鼻炎は特定の季節に症状が起こるものでございます中でも代表的なのは花粉が原因となるものでこれは花粉症と言われています2年生アレルギー性鼻炎の原因物質はダニやホコリなどのハウスダストペットの毛などの身の回りの細かい粒子です排気ガスもアレルゲンとなりますですから汚い空気には注意して下さいそして季節性アレルギー性鼻炎の代表格が花粉症でございますスギやヒノキの花粉がよく知られていますが季節や地域によって様々なものがあります他にも PM 2.5や黄砂も季節性に分類されます2年生のアレルギー性鼻炎と季節性のアレルギー性鼻炎は立て続けに出るくしゃみ鼻水鼻づまりが三大症状ですこの三つが揃っているとアレルギー性鼻炎が強く疑われますそして鼻水は透明でサラサラした鼻水がたくさん流れでますくわい花粉症は目のかゆみや充血喉のかゆみ皮膚のかゆみ頭が重い感覚熱っぽい全身がだるいといった全身症状も出てきます花粉症は花粉の飛散量と症状の強さが比例します飛散量が多ければ症状も強くなるんですつまり期間限定で非常に辛い時期がやってくるということになるんです一方のね2年生のアレルギー性鼻炎は季節に関わらずなんとなく一年中ぐずぐずしているという方が多いです鼻のトラブルを抱えている人はまずあなたの鼻炎がアレルギーによるものかどうかを調べる検査を受けることが重要ですアレルギー性鼻炎あるいは花粉症と分かった場合自分の状態アレルゲンは何なのかを把握しておくことが大切なんですアレルギーを持っている方は自分がどんなアレルゲンに反応するのかを判定してもらうことが重要です何か一つのアレルギー疾患があると他の疾患にもかかりやすくなります自分が何に反応するのかを調べなるべくそれに接触しないようにすれば症状を軽くできる可能性がありますではここまででアレルギー性鼻炎の解説を終わります次は副鼻腔炎についての知識をまとめておきましょうか鼻の周囲に副鼻腔と呼ばれる四つの空洞があるんですよこの空洞に炎症が起きるのが副鼻腔炎でございます以前は蓄膿症と呼ばれていました高齢者にはこの名前の方がなじみが深いかもしれませんねそして副鼻腔炎の原因はいろいろあるんです最も一般的なのが風邪などや細菌感染によって鼻腔に炎症が起こりそれが副鼻腔に広がっていくというものを早い時期に医療機関を受診すれば大抵は薬の投与によって通常1から2週間で症状が治りますそれは急性副鼻腔炎に分類されます一方ですよ連勝がいつまでも治らず する場合もあります放置していたり治療しても治りきれなかったり再発を繰り返したりしていると炎症が悪化し粘膜が腫れてりくと副鼻腔に繋がる通路が完全に塞がってしまいますこうなってしまうと副鼻腔の中に膿が溜まって細菌が増殖するとともに粘膜の炎症はどんどん悪化し更に腫れていきますこうした悪循環が3ヶ月以上続くと副鼻腔炎が慢性化してこの本のタイトルである慢性副鼻腔炎と診断されることになります悪化すると陸運そのものも晴れて狭くなっているのでいつまでも鼻づまりが治りません炎症によって黄色や黄緑色のドロドロした鼻水があってます鼻腔の天井部分の嗅覚を司る部分も晴れちゃっておりますから匂いが分からないとか味がわからないといった症状も起こります副鼻腔の炎症により頭が重い感覚頭痛頬の痛み歯の痛みなどの痛みも庄司ます何より経過しなければいけないのはこうした鼻水は細菌やウイルスを含んでおりそれが喉や気管炎感染や炎症を広げる恐れがあるという点でございます他にもさまざまなリスクがあってたからこそ慢性化症状が重くなってしまう内輪直したいんです早めに医療機関を受診して早めに治療を始めることが重要だということが分かっていただけたと思いますそれは3限の内容をまとめていきたいと思いますポイント市アレルギー性鼻炎とは本来異物を体内に入れないための防御機構であるくしゃみ鼻水鼻づまりが病的か2日常に起こった状態であるポイントに副鼻腔炎とは鼻の周囲にある副鼻腔と呼ばれる四つの空洞に炎症が起こることであるそれでは本日のハイライトに参りましょうか1件でなぜあなたの鼻づまりは治らないのかという二つの理由について解説しましたそして人間では自分でできるセルフケアをたくさん紹介してきました3件ではアレルギー性鼻炎と副鼻腔炎の知識を身につけていただきましたさて皆様いかがでしたでしょうか本日は花について徹底的に考えてきました私の周りにもねやはり鼻のトラブルに悩まされている人は多くやっぱり先進国ではアレルギーがどんどん増加しているんだなあと感じます是非皆さんも鼻のトラブルの原因を突き止めて治療しさらに2件で解説した自分でできるセルフケアを実行することによって QOL をあげていっていただきたいと思うんです今回の動画が鼻のトラブルに悩む皆様の一助となればとても嬉しく思います本日は以上ですこの動画がためになったという人は私のやる気アップと更なる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録ポチッとよろしくお願いしますまた本要約チャンネル論文解説チャンネル残酷すぎる世界の真実という三つのチャンネルを頑張って更新しておりますので概要欄のリンクから他の出るにも訪れていただけると嬉しいです本日はご清聴ありがとうございました
おすすめの記事